客観的な当選に於いて(2) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

客観的な当選に於いて(2)    

 社会問題の合わせ弥。ボールペンで孤独な文筆をとろけさせる、読者が居り=答えとは間違って居たら良くないので、水を切る思いでふるえる光の輪郭をただ取る。其れは、良いか悪いかのみで有る。個人的の情熱昇る、相手は受け止めて呉れるだろうと云う考えで有るが、あなたも(しや)。  偬(わたし)は物作りに関しては、人形町の生まれやし、祖父は印刷業を営んで居たから、器用と想う。 天然とか、ほんわかさんとか、不正直! 甲う云われるが、天然は良くて、偬繊細そうにせけん患いをするので、もごもごして仕舞い、でも、三島由紀夫が「吃音をする」と真赤なバラを沿えて書いて居りましたけど、其思えて、亜れ、亜の詩は、どんな風に書いたのでしょう、と勝手に思い、昭和のなかの弥ろ、処欲に言葉は威圧して来、友人の間では懸命に、学問は避けられ偬も一緒に、丸い猫のように見られ温く沍って居ましたの弥。  春草の闇は金色で、其れくぐり抜ければインターネット上の愛を、煩悩をぷかぷか、浮かべ、浮せいの間を本当の事が照らされるの自惚れて也。  LEDと月を見比べて、どちらが綺麗か等を議論為すべく…、頭、良くなりたいとは思う。一寸気に為り、接、此んなこちらが悩んで良いものかはっきり解らん、解っても、して(あいつはわからん)或る時は、人見知りをするのですから、甲う云う、淡い興懐が、淡く、文章に落ちて居るのなら抱き止められても、良いものでは無いかと偬も考えて居る。  猫の方が仕っかりと、偬の膝の上に着いて居た。グラウンディングと云うの二三年前こづきでCHALLENGE、地球とチャンネルを合はせると云うもので、其れが「オメコ」から、チャクラが始まって居て、精神は、我は木で有ると云う教えよう。木は動かぬと思うて居たら、ガジュマルとソクラテア・エキソリザは移動し歩く木で有る。猫の話しにもどるけれど、すず、と云うのと大自然を瞑想してん。  何か誰かを憎しいと思う所を、覚ゆ牙に依って(波々)、羽織り仮止めを為し。そいつのそんざいと愛ひをくすの木に認知させ。譬えば父のたった一つの悪に自己が疲れてもう調和せざんぬ、夢、そら、其う計って仕舞い。偬を善く思われる様に彼に恋をしても、かなうめ、仕方が無いと云う偬は憎悪の自身と為り、けふの一人を決め込み。四月二十八日。  父が柔らかく傷付いて偬の周囲を居る。偬は尊敬し、其の別れ目が長い世間を海思うて海思うて侘びし、と。荘厳。情け能ならん様に糸褞巳ひ。世の長き睫毛を見つめるだけの芸術家に合うて。  偬は煙草や呑んで居るが、体が本当に痛いので堪忍してもらって前進をする。此の処が単純な事で可笑しく。父に、此ちは「堪忍」と云い、街が古いからと云う理由で善と為って居る、と、発展とか、左に曲がって醜いとか、あくとか、良う知って寂しいのと云ゐ伝え。  文字の美しい弥ら、其葉に水をやりたき、偬は其う嬉しがらせて貰うて居る所今。   ☆彡

scroll


作成日時 2021-05-12
コメント日時 2021-05-27

客観的な当選に於いて(2) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 991.9
お気に入り数: 0
投票数   : 4
ポイント数 : 1
#現代詩 #画像 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント11
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合11
閲覧指数:991.9
2021/10/28 04時57分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

客観的な当選に於いて(2) コメントセクション

コメント数(7)
三浦果実
作品へ
(2021-05-13)

作者の作品歴ってけっこう大事だと思うんですよ。評する上で。匿名の作品だと別ですが。やっぱ、一作品だけだと、この人なにがやりたいか判らないというのがざらにある。時々、一見であーってわかる時もあるけれども、大概は、あー、この人は暇潰しに適当に書いていてなんも魅力ないわ、あなたの暇潰しに付き合うほど時間使わねえよってなる。てんまさんの作品からは、適当な感じでありながら完成度がいつも高い。本作も、添えられてる画からもその完成度を思うし、テキトーさって言い方換えれば、作者の自己主張をスマートに感受出来るということ。 最近のてんまさんの作品、いいですよね。

0
てんま鱗子(淑白)
三浦果実さんへ
(2021-05-13)

言わせたみたいで何かすいません、幾つか思考のレイヤーがあって、レイヤー、こうしていけば良いんだと思った矢先で精神が崩れた時、文章もばらばらになってしまい、文極でそのまま練習させて頂いていました。書くのが楽しくて継続していると最近になって色々取り戻して来て、ゼロになって、嬉しく思います。語彙もブランクがあります。自分のやつを放蕩かなと自信のないところです。話して頂けて有難うございます。 自由を取り組んでいるのではなく、 客観主観共々包めたらいいなと大きく思って、結果的に自由について考える事になったのです。色々イメージしますが深く話すのは難しいからぽろりと文章にしているだけで、詩に紛れる力はあっても客観的に詩だと言われなければこれもこの作品も詩じゃないので、それで悩みは特にありませんが自分に石ころの様な違和感を抱えています。今詩人はテクニシャンでは無いとはっきり分かります。この辺でやや幕を引く事が、未だ詩を書けない詩人生命として子を守るのかなと、あなた様も詩をお探しでしょうか。また話してやって下さい。

0
楽子
楽子
作品へ
(2021-05-26)

すごい好きです。 「文章」そのものが面白いというか。元々はすごいちゃんとした文章を書けるんだろうなというのが解る。 すごいちゃんとした原文が、途中で解けたり固くなったりするんですよ。面白い。その緩急の付け方というか、抑揚の在り方とか、本当に綺麗で面白くて歪んだ文章だと思いました。 かっこいい。

0
&
作品へ
(2021-05-27)

このところ、誠実とは言い難い作品をいくつか――もちろん考えあってのことですが――ビーレビに投稿しているので、このような作品をみると諌められているような気分になり、身が引き締まります。 つまり、あなたの詩において言葉が縷縷として破綻せず、しかし柔らかさも兼ね備えた韻律を紡いでいるのに僕は感じたのです。 やはり血肉によって書くことをやめるべきではないのかもしれません。あなたの作品を読んでそう思いました。ありがとうございました。

0
てんま鱗子(淑白)
楽子さんへ
(2021-05-27)

ご拝読ありがとうございます。 考え事を最後までちゃんとする、事をしてたらどんどん書けるようになって、言いたいことが溢れて来るんです。考え事を最後までするのに、自分に向かって刃を向けたり、そう「夜」に備えるようなコツがありますが、これをしとけば後がゆったり安心していられる。励みになるコメントありがとうございます。「水の都」としての文章が前から書きたく、なんとドブ川がテーマで練習していたのですが、感想をもらい、けっこう水の表現が出来てる感じがして、やっと成功感があります。

0
てんま鱗子(淑白)
楽子さんへ
(2021-05-27)

ご拝読ありがとうございます。 上記に書きましたコメントのようにいくつかレイヤーがあります。いくつかあるレイヤーを纏めて丸ごと思い切って書いてしまったら、すっきりしました。好きなことを書いていたら、続ける時間があるうちは追求出来ますからね。感想頂けて、私もしっかりした文章をこれからも表現したく思っています。

0
エイクピア
作品へ
(2021-06-10)

絵が独特で個性的ですし、詩の言葉遣いも独特で。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3