メメント・モリ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

メメント・モリ    

砂取船が音もなくすすむ 行き過ぎたあとには しずかな波紋が 裾へ向かって ゆっくりひろがっていく 行き場をなくした言葉 対岸へ届かない想いの 滓が浮かんでくる 芥になってしまえば よかったのに まだ なにか言いたげな音を立てる 引き返してくる船に 浄化される時を待つ ひとの思いと川砂を おもたげな様子で 一緒くたに積んでやってくる あなたの罪もぼくの罪も 終わりに向かって さらさらと落ち 岸辺で美しい円錐となる いつか いつかと ささやく鳥のこえ


メメント・モリ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 3731.3
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 108

作成日時 2020-01-03
コメント日時 2020-02-02
#テキスト #受賞作
項目全期間(2024/02/26現在)投稿後10日間
叙情性4814
前衛性50
可読性104
エンタメ61
技巧134
音韻80
構成187
総合ポイント10830
 平均値  中央値 
叙情性4.42
前衛性0.50
可読性0.90
 エンタメ0.50
技巧1.20
音韻0.70
構成1.60
総合9.83
閲覧指数:3731.3
2024/02/26 23時46分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

メメント・モリ コメントセクション

コメント数(13)
萩原 學
萩原 學
(2020-01-03)

「メメント・モリ」は「死を思え」って意味なので、死体の一部をどこかに入れるのが伝統なんですよ。髑髏とか花びらとか。静物、動かないものでないと。 このままだと表題に対して一声足りない感じ。死はフィニッシュじゃなかったりするので。

0
afterglow
(2020-01-04)

萩原 學さん お読みくださりありがとうございます。 荻原さんが言及されているくだりは、以前「ヴァニタス」(vanitas、「空虚」)と呼ばれていた静物画についての考察でしょうか。 普段死についてなかなか深く考えることはありませんが、生きていると不本意ながら失敗や過ちを犯すことが時々あります。そうした時のメメント・モリ(「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」、「死を忘るなかれ」)という警句が目を覚ます役目を果たすのでは、という意味でタイトルにしました。 さまざまな解釈があってもいいと思います。

1
afterglow
(2020-01-05)

ガムのくつべらさん お読みくださりありがとうございます。 そうですね、仰る通りどちらも効力を失って死んだものです。伝わってよかったです。

0
右肩ヒサシ
(2020-01-05)

afterglowさん、こんにちは。 静かに川を行き来する砂取船、いいですね。乗組員の姿は影のようにかすんでいて、錆びた船体や鉄の機材がギイギイと軋む音だけが聞こえて来るようです。 僕の鑑賞では、人の思いは言葉を離れると意味を失くすので、砂の質量としてのみ存在し砂の溢れるがままに流れて「あなた」や「ぼく」の時間の中に円錐状に堆積するのです。 「メメント・モリ」とは死んだ自分から今の自分を振り返ることかもしれません。「罪」は言葉を失った死者にとっていつまで「罪」なのでしょうか、ずっしりと堆積する重みとして残ることには違いないのですが。

1
つつみ
(2020-01-05)

この詩でまず惹かれたのは、 砂取船であるということでした。 どういう船なのか調べてから 読ませていただきました。 海底に今まで沈んでいた ゴミなどの物理的なものから 生き物、魂などの息遣いなどが 砂と一緒にくみ取られるのが とても怖いとも感じました。 >行き場をなくした言葉 >対岸へ届かない想いの >滓が浮かんでくる >芥になってしまえば >よかったのに まだ >なにか言いたげな音を立てる 読んだときは、滓と芥は同じなのでは? とも思いましたが、 芥は確実に捨てられるもので 滓は捨てられることもなく 何となくさまよっている雰囲気を 感じて、やはり魂のようなものを 感じました。 >あなたの罪もぼくの罪も >終わりに向かって >さらさらと落ち >岸辺で美しい円錐となる 罪ってなんだろう、と思いました。 タイトルにヒントがあるのかもと思いましたが、私は敢えて目をつぶりたかった。 なぜなら、海底の砂がさらさらと円錐になるイメージがあまりにも美しかったからです。

2
るる
(2020-01-08)

砂取船が 良いなあと思いました。 父が造船業だったので、海を見ながら 様々な船を教えてくれて、砂取船のこともおしえてくれたことをちらと 思い出して、遠い目になりました。海辺で砂のことを想うと、潮騒も聞こえており なんともいえない感慨になったものです。 >岸辺で美しい円錐となる 個人的にはなんですが なんとはなしに砂時計の砂が円錐になっていることを想起しました。

0
afterglow
(2020-01-11)

ABさん お読みくださりありがとうございます。 そうですね、この詩を書く前、無力感で心が折れていました。気持ちの切り替えをする必要があり、この詩を書きました。 ラストはぼくの願いです。ある程度具体的に書くことによって読者にメッセージが伝われば幸いです。

0
afterglow
(2020-01-16)

右肩ヒサシさん お読みくださりありがとうございます。 砂取船をご存知なのですね。 今朝も見かけましたが、仰る通り逆光のせいで、へさきに居る乗組員の姿は黒くはっきりと見えなかったです。 言葉を離れた人の思いは一度闇に葬られるのかもしれません。 それが違う形で生きるためには、時が必要なのです。

0
afterglow
(2020-01-24)

つつみさん お読みくださりありがとうございます。 作中の砂取船、紛らわしいので後半に >ひとの思いと川砂を と書いて川の作業船であることを示したのですが、確かにちょっとわかりづらかったかもしれませんね。 また滓(おり)というのは文字通りのものではなく、すっきりと吐き出されないで心の中にかすのようにして積もり、たまるものです。 ずっと気分が晴れないときのあのモヤモヤした感じです。 この詩で怖い気持ちにさせてしまったようで申し訳ありません。

0
ほば
(2020-02-01)

僕は砂取船というものを知りませんでした。だからこそこの一連目で静謐で不思議な心象が頭のなかに拡がってきました。この言葉選びで読み手を掴んでいると感じます。(実は最初、砂上を船が行きその跡に川が流れはじめる、或いは砂が流れる川がみえた。この光景は僕をかなり虜にした。そのためにその先をなかなかうまく読めなかった) 川のイメージとして僕は此岸と彼岸をへだてるものを思い浮かべました。彼岸は大雑把に言えばあの世、なのですが僕らは言葉を彼岸にはもっていけません。行けないし此岸からどれだけ叫ぼうと届かずに川に沈んでしまうのです。彼岸に届くのは言葉にならない祈りだけなのではないだろうか。川のなかでなにか言いたげな未練や残念に音を立てる言葉の残滓を砂取船が絶えることなく行き来して、人の言葉だけでない浮世の諸々を救い(掬い)あげていく。そのときにはもう自他の区別なく人の思いや言葉は此岸のどこかで円錐となり積み重なっていく。人が生きる限り犯す罪さへ関係もなく。確かに詩句にあるようにうつくしい、と思えるものがありました。砂取船が何を表しているのか?を個人的に思うのは詩人や創作をする人の魂のようなものかもしれません。彼岸と此岸の境界を行きては帰る。砂取船が積み上げていく円錐こそいつか詩となり歌となり絵となり、此岸の誰かがそれをみて心震わせるものとなっていくのではないでしょうか。

1
藤 一紀
(2020-02-02)

おはようございます。「言葉」は「行き場をなくし」ており、伝えたかった「想い」は形にならないまま、しかし消え去ることなく川底の土砂のように、苦く重く堆積しています(2連目)。「砂取船」は川底から浚った重い土砂と、浄化を願い待つひとの思いを積んで引き返してきますが、それを見る「ぼく」には異なった意味をもっていて、「引き返してくる船」に積まれた「川砂」は、「ぼく」の心の川底に堆積していた、土砂や塵芥の類として表さないでいられないほどに苦さを伴った「想い」、「浄化を待つひとの思い」とは他ならぬ「ぼく」自身の思い(願い)です。  それらを積んだ船が引き返してくるとき、「ぼく」は自分が内部に抱えている苦く重いものが浄化され晴れていくさまを見ているのではないでしょうか。「ぼく」の瞼の裏に浮かびあがる(とは書かれていないが)この光景は幻であったとしても(というのも現実にはまだ「浄化」されていないから)美しく感じます。  恐らく「ぼく」は相当の時間、苦く重い気持ちを抱きつつ、またそれに対処しながら生きてきたのでしょう。一方では〈川底に汚れた土砂や塵芥を溜めた川〉として、他方ではそれを往復する〈砂取船〉として。そして、いつかその日々が洗われるであろうことが微かに思い浮かべられるようになったのだと思います。  乱暴に言うと「罪」と名づけられた否定的な感情によって色づけられた経験の記憶を、ある程度離れた距離からながめることができるほどには時間が経過している。その間には自責の念や「あなた」を責める気持ちや悔恨などを抱きつつ生きねばならない辛い〈贖い〉があり、その期間をようやく通過して、未だに浄化しきれたとは言えないまでも、そのようになっていくだろうとどことなく思えるようなところまで来た。そういう内容であると読みました。またそう読むことによって、1~3連と4連のアンバランスさを解消することができました。恐らく「終わり」が指すのは、「罪」に苛まれてきた(贖いの)時間の終わりであり、それに向かってそれまで心の一部分を占めていた否定的な感情の堆積が剥がれ落ちる、ということなのでしょう。さらさらという音には(感情を連想させる湿っぽさがなく)乾いた響きがあります。暗澹とした苦しい期間を(振り返られるまでに)通過したからこそ思い浮かべられる円錐は語り手の瞼に美しいのでしょう。  しかし、この「罪」には単に否定的な感情によって色づけられた経験とひと言に言い切れないところがあります。なぜなら、強い感情によって点火され燃え上がる肯定的で親密な関係としての「恋」もまた罪であり、それがままならぬものである時には想いが強けれぱ強いほど打ち消すことなしには持ちこたえることが難しいだろうから。いずれにせよ、〈贖い〉もしくはそのような〈喪〉の過程の終わりがかすかにも見えはじめるとき、否定的な感情の堆積が剥がれ落ちるばかりでなく、それに重なるようにけっして苦くはなかった美しい記憶が甦りもするように思います。「円錐」が美しく浮かぶのはその両方が集約されたものとしてモニュメントを築いているからかもしれません。

0
afterglow
(2020-02-02)

真清水るるさん お読みくださりありがとうございます。 海にも砂取船がいますね。 お父様からお聞きになったかもしれませんが、河川や港のように土砂が流入する場所は次第に水深が浅くなるため、定期的に海底をさらう必要があるのです。 >岸辺で美しい円錐となる 砂時計の砂のようだとぼくも思いました。 この砂もいずれはまた違う場所へと船で運ばれてゆくのです。 この一連の様子は具象でありながら「ぼく」の心象風景でもあります。ここから何か伝わればいいなと思います。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2020-02-25)

死に限らず、何かをテーマに書く時にその人の人柄とか想像したりするんですが アフターさんは穏やかに死を想う、自然と想わせてくれるんだなと それはきっとアフターさんの穏やかな人柄なのかなと思いました。 私もメメントモリを書きますが、死を想え!感じろ!味わえ!ってやり方なので ここまでアンビエントな詩を書けないです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2