炊き出しヴォランティア - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

炊き出しヴォランティア    

知り合いの、生活保護の五十路のおじさんが、カレー目当てに炊き出しに並んだ。 前日からカレーを楽しみにしていた。 しかし、どうも彼はそこで機嫌を損ねたようだった。 ヴォランティアの人たちは、上から目線というわけでもなく、普通の人たちだった。 しかし、施される屈辱に彼はさらされたのだ。 ヴォランティアの女性は優しく、童貞の彼は、勘違いしそうになった。 しかし、彼も、その優しさが社会的弱者を見る眼差しであることは気付いていた。 男として見られていない。単なる弱者として優しくされている。 そのことに彼は傷ついたのだった。 自分の傷ついたプライドを立てなおすために、ヴォランティアの人たちを愚痴るほかなかった。 「なんでぇ、社会は、生保までこっちを落としといて、助けるという名目で傷つけてくるんじゃ。」 私は考えた、布施が、双方にとって修行だったのは、自我を落とすためだったんだろうな。と


作成日時 2022-10-02
コメント日時 2022-11-02

炊き出しヴォランティア ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 744.1
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 29
#現代詩
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性100
前衛性00
可読性50
エンタメ50
技巧20
音韻20
構成50
総合ポイント290
 平均値  中央値 
叙情性1010
前衛性00
可読性55
 エンタメ55
技巧22
音韻22
構成55
総合2929
閲覧指数:744.1
2023/02/09 07時51分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

炊き出しヴォランティア コメントセクション

コメント数(12)
Snydam
Snydam
作品へ
(2022-10-02)

二十数年後の私の究極悲惨ルートを見せて下さってありがとうございます。痛快なまでに喰らいました。お蔭でもう少しマシな方の悲惨ルートを選択できそうです。素敵にクール過ぎます貴方。 使い方合ってるか分からないけど、色即是空空即是色。熱暴走した自我を落として、いつか程好い冷たさの自我を手に入れます。

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-10-02)

いろいろ考えさせるいいお話だった。 ただ、みなさんは裏側を知らないでしょうけど 炊き出しというのは今はけっこうなビジネスになっている。 NHKの「心の時代」という慈善風の番組に「現代のイエス」だと喧伝されて出演した 大阪釜ヶ崎のH神父は元ヤクザでちんぴらのHという男を使って炊き出しビジネスを つづけさせ莫大な富を貧者からかっさらっていた。 山口組抗争で名を知られた大日本正義団の事務所も西成スラムドヤ街の近くにあって ここも炊き出しの旨味を知ってからは、毎週、ホームレス相手に炊き出しをしていた。 全国から同業のヤクザを招いて炊き出しビジネスがいかに儲かるかを説明している光景にでくわしたこともある。 現在、総会屋的な大企業への金銭要求は法律で禁止されているが、慈善事業への 企業への寄付呼びかけは取り締まれない。そこで炊き出し風景を写真にとって 全国の企業に献金を呼びかけていたのだ。 これはH神父も同じで日本全国のカソリック教徒に炊き出し風景を撮った小冊子を 送りつけ寄付を募っていた。多いときには現金で数千万が寄付されたこともある。 しかしたいていは衣類や本や貴重品などでこれをH神父は元ヤクザのHに手下を 使って弁別させていた。もちろん貴重なものはHがかすめとる。 結果、炊き出しを求める貧者にわたるのは寄付総額の7%ほどだった。 Hのもとで無償で弁別作業をしていたある敬虔なカソリック教徒はその事実を 知って精神的におかしくなり入院した。 H神父はHに炊き出しをまかせていたがHはあるとき棒をもって炊き出しに並ぶ人たちに 「ごちそうさまでした」「ありがとう」を強制させていた。 生きるために仕方なく炊き出しを食べていたある日雇いのおじさんはわたしにこういった。 「おれたちは炊き出しを食わされているんだよ」 このおじさんも数カ月後に亡くなった。 炊き出しなどといっても、まったくもって世の中とは万事こんなものです。はい。 山本太郎だの辺見庸だのがときたま炊き出しのパフォーマンスをするが、 この方々はな~んにもわかっていない結構な方々だというほかはないです。

1
アポロン
アポロン
室町礼さんへ
(2022-10-02)

読んでくださってありがとうございます。人間の闇は深いですね。本田神父には一度お会いしたことがあります。

1
アポロン
アポロン
Snydamさんへ
(2022-10-02)

読んでくださってありがとうございます。現実世間は厳しいですね。

1
きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト
作品へ
(2022-10-13)

可哀想だと相手を思うこと自体、自分がその人を上から目線で見ているという結論になるのかもしれませんね。

0
つつみ
作品へ
(2022-10-13)

ヴォランティアと生活保護のおじさんに限らず、弱者として優しくされることって、日常にたくさん溢れていると思います。自分が逆の立場になることもある。しかし、冷たい対応をすればそこでクレームとなってしまう。難しいですね。 おじさんは、大好きなをカレー渡させるとき、カレーだけを見ておけばよかったかもしれませんね。そうすればカレーがもっと美味しく感じたと思います。 私もこれからは、カレーを渡す側の時も、受けとる側のときも、カレーだけを見るようにします。

抒情:10 前衛:0 可読:5 エンタメ:5 技巧:2 音韻:2 構成:5  
0
紅茶猫
作品へ
(2022-10-13)

タイトルの「う」に点々と小さいぉがいい味出していて秀逸だなと思いました。どなたかがSNSで心が疲れてゐる時は、淋しい花の方に行かないで、大きな明るい花を買って部屋に飾りなさいみたいなことを言っていたけど、大事なことですね。

0
妻咲邦香
作品へ
(2022-10-18)

ヴォランティア、イタリア語だとヴォランティーノ、大型の爬虫類か、もしくは高貴な室内楽器か、発音の際は下唇を噛む必要がありますね。しかも血が出る程強く。

0
アポロン
アポロン
紅茶猫さんへ
(2022-11-02)

読んでくださってありがとうございます。

0
アポロン
アポロン
妻咲邦香さんへ
(2022-11-02)

読んでくださってありがとうございます。

0
アポロン
アポロン
つつみさんへ
(2022-11-02)

読んでくださってありがとうございます。

0
エイクピア
作品へ
(2022-11-10)

布施と言う名前が唐突に出てきた感じを受けました。生保的な文脈ですね。俗語で生ポと言うらしいですが。布施さんが生活保護受けている五十路のおじさんなのですね。唐突に出てきた感じが詩なのかもしれません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1