「三途川」 上 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

「三途川」 上    

 【性的・暴力的な表現があります。ご理解の上、ご閲覧をお願いいたします】  わたしには、生を受けたということがおかしいのです。  母の名前は蝶、きらきら光る目をした人でした。  わたしはあかんぼうの頃から、自分の目で世界を見るよりも、母の目を一度覗き込んでから、外を見るのが好きでした。母の目のなかは無限のきらめきに満ちていて、まるで世界が変わったかのようになります。  わたしが見ている、そこらの土くれの道、平屋の少し古ぼけたような柱や屋根、くすんでいる障子の色が、とたんにはじめて歩く町の風景になるような気がするのです。そうして、晴れた空の輝くような青、井戸から汲んだ透き通る清涼な井戸の水、手入れが行き届かずに生えているぼうぼうとした草でさえ、どこもかしこも、自然に、きらきらと息づいて輝くのです。  「あかんぼうなのにまるで大人のような目をしている」 わたしが母の腕の中にあるころから、わたしはおとなの言葉が分かっておりました。  多くの大人に、間違えて悪くした味噌汁のような声でいわれます。わたしはとたんにあどけなく笑うふりもしました、けれどもそういった一連の演技すら分かる人には分かったのでしょう、預かってだっこしてくれるような人はおりませんでした。  そんなわたしを母はただ、儚く笑って優しくわたしを抱きしめ、お乳をくれたのでございます。  わたしは母に恨まれても当然の出生です。犯されて生まれた赤ん坊、それがわたしなのですから。  裏店住まいの娘にしては賢く、美しい人でもあり、町の男衆にもてはやされたのではないでしょうか。そうしておごり高ぶることもなく、ただ、梅の花のように凛として生きてきたのでしょう。  そして蝶は十六の時、おおらかで誰からも好かれる、いずれは大工の棟梁になるであろう人に嫁ぎました。つましいながらもよろこばしい祝言を挙げ、すぐに男の子も生まれました。心根の優しい娘がたどる、しあわせの道ともいえましょう。  その男の子が、もう手も離れようという十二になったとき、蝶は男に犯されました。  かけつけた父は、乳房の片方を鎌で切り取られ、局部から血と精液をしたたらせて気絶している母を見て、ぼうとしながらなにかしらを叫んでいました。それを聞いてまわりのものが蟻のようにわらわらと集まってきて町医が呼ばれました。  わたしはその様子を腹の中からじっと伺っておりました。    下手人はいまだに上がっておりません、なぜ母にそんなことをしようと思ったのか? 誰にも分からない、いえ、わたしは少し分かるような気がするのですが。何しろ、わたしの中の半分の血は、その残酷で猟奇な男のものなのですから。  わたしを孕んだのをまわりが知ったとき、まわりのものはおろせと当然言いました。  母は、失った乳房の痛みに耐えながら、どうしても、どうしてもこの子を産むと聞きませんでした。もし子を産まなんだら、私にされたことは本当に無駄なことになってしまう。そうしてまた子は天からの授かりものであるし、今まで長男のほかどうしてかできなかった子があったのはなにかの知らせだ。  このお腹の子を愛せれば、しっかり育て上げれば、また違うふうにあの時のことを思い出される時が来るだろう。そうさせてくれなければ私は今すぐ舌を噛み切ります、いま止めても、いつか私は絶対に自害します。  そう、母が叫んでいるのを、わたしはうとうとと子宮の中で聞いておりました。  腹の中にいるころからも、外に産まれ落ちてからも、そんな風に思ってくれるのは、優しくしてくれるのは、母だけでした。あたりまえのことです。  そんな母にあかるい先を告げたものがいました。母が、あれはわたしと心中しようとしていたのかもしれません。  「あなたは私のほかにだれにも可愛がってもらえないね、赤子なのにもう人の目のなかをよまなければいけないのだね、ごめんねぇ、ごめんねぇ」  静かに母はそんな言葉を繰り返しておりました。  おぶられて、いつまでもいつまでも歩いていて、ずいぶん遠くの海にきたと思ったとき、魚のような顔をして襤褸をまとった醜い老婆と浜でとおりすがります。すれちがうとき老婆がつぶやいたのです。 「あんた早まるんじゃないよ、その赤子は、何か人と違う、めずらしい運命をたどる存在になるだろう、あたしは人魚の肉をくろうて死ねずにさまよっているが、そんな目をした赤子をみるのははじめてだよ」 母がぼろぼろと泣いたのを覚えています。  乳房から滴り落ちる豊かな乳のようにあとからあとから耐えず滴り落ちる澄んだ涙。  わたしはめずらしい運命をたどる存在になろう。  わたしは両方の祖父母と父、そして兄に折檻されていました。あかんぼうの頃から、母のいない場所で言われ、時につねられ、もう少し体が大きくなると、打ちのめされ。 「顔も見せないで疾風のように母の片方の乳を刈り取っていった狂人のかおが、お前には現れている」 「ほんとうは産ませたくなどなかった。子堕しの婆に引きずり出してもらってよかった」 「母さんさえ許してくれるなら、俺はお前を殺すのに」  そういったことに気付くと、母はわたしをかばいました。 --かばってくれた、わたしはそれが嬉しかった。  だからわたしはもっともっと、祖父母に父に兄に、殴られるように、わたしを演じていきました。そうして母に抱きしめられ、熱い涙をひらひらと落されるのが、わたしにはほんとうに至福の時間であったのです。  そのうちに時間がたち、父は醜いわたしの容姿に母を犯した男を重ねたのでしょう、酒に溺れて行きました。  そうしてわたしが五の秋、十七の兄はわたしを犯しました。  外で遊んでいると兄が来て、竹やぶへわたしをさそいました。  兄は私の目の前で自分のものをいじって、目が宙を浮いて、白いものがポタポタとたれました。そんな日が多く続きましたが、やがて、 「おまえの父が母さんにしたことだ」 といってわたしの中にねじりこんできました。それをわたしはぼんやりと、体から浮かび上がって見ておりました。  ますます得意になって、兄は、夜、私の布団へ忍んできました。広いとは言えない部屋、奇妙な気配。神経が昂ぶって良く眠れない体質になっていた母に見つかったのは、何回目かの、ことでした。  母は、狂いました。  きらきらした人はもういません。貧しい生活の中で、目の中に輝いた世界を持っていたひとはどこかに行ってしまいました。笑ったり泣いたり、ふらふら歩いている。誰かが何を話しかけても、言葉は返ってくることもあったけれど、それは言葉ではなかった。目の前にいるのに、遠い、とても不思議です。  きっとあの、燦然と輝く世界の中に、母はわたしをおいて、行ってしまったのかもしれませんね。  おめえがいるからおかしくなったんだ、と父に、祖父に犯されました。  家の中はもうめちゃくちゃでした。  祖母が人買いに話をつけて、わたしを売りました。お金になり、母の薬に食べ物になればいいと思いました、母はもう、人が振り返るほど痩せこけていて、目ばかりがギラギラと化け物のように大きく、光っているのでした。  売られていったのは、わたしが七つの時でした。  「母ちゃん、さよなら」


作成日時 2017-11-05
コメント日時 2017-12-07

「三途川」 上 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 822.1
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:822.1
2023/02/09 07時49分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

「三途川」 上 コメントセクション

コメント数(5)
完備
(2017-11-27)

長いなあと思いながら読みました。そんな長い作品に短いレスしか返せなさそうで恐縮ですが。 読みやすい文章だとは思いました。内容もスッと入ってくる。話自体もつまらなくはない。ただときどき出てくる下手くそな直喩はださかったです。というより、褒める点を見つけるのが難しい作品であるようにも思いました。「わたし」が母親のお腹のなかにいるときから意識があったところと、海で老婆に会うシーンは印象的だったかな。上ってことは下もあるのでしょう。いずれ読みます。

0
yamabito
(2017-11-27)

上下とも、読ませていただきました。 力作ですね。こういう長編はわりと好きですので、また読ませいただければと思います。 一度読んだだけなので、適切なコメントはできませんが、上下で言うと、前半の方が私は好きでした。 前半は詩的であり、後半は物語的で、話しのスピードが上がってくるイメージです。 若干気になったのは、行頭1文字空けの部分ですか。 底まで気にしなくてもいいんじゃないかなと個人的に思いました。 でも、高校生の時書いたとかは抜きにしても、惹きつける文体でしたよ。

0
yamabito
(2017-11-27)

底まで気にしなくても→そこまで・・・ お分かりかと思いますがタイプミスでした、

0
田中修子
(2017-12-07)

ださい、という率直で斬新なコメントをありがとうございます!! 批評というのは底に「この作品のここは好き」という愛があってするものです。 (私は批評は書けないので感想ばっかりです) ですので『「わたし」が母親のお腹のなかにいるときから意識があったところと、海で老婆に会うシーンは印象的だったのに直喩がへたくそでださかったからもったいない』、というふうにとらえさせていただきますね。 コメントありがとうございました~!!

0
田中修子
(2017-12-07)

おはようございます。微妙な長さのこの作品、目にとめていただいてうれしいです。 静かな視界さんは前半のほうがお好きなんですね。前半が詩で後半が物語りかぁ~!! 後半に向け一気にスピードがあがっていったり、崩壊していくのは私のこういう系の文章のクセのようです。 いや~いろんな視点で感想がいただけて嬉しいな~。 行頭一文字についてですが、これは私が掌編にも満たないけれど、一応小説として書いたものなのでどうしても必要なんですね。 詩なら空けないんですけれど。 詩とも読め小説とも読める変な作品ですねぇ。どうしよう~。 コメント嬉しかったです、ありがとうございます~!!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1