変光星 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

変光星    

匿名の電灯は、 やや流れっぱなし、昨日 スノードームの頂点で 指先の荒れた季節 首も荒れて、喉も荒れて、 あなたの使いつぶした冬眠を こめかみに流し込む 重力加速度が少し大きくなる 曳航された雪解けを これを飲むのだと、確かに思った 硫黄の臭いと隣り合わせで 名前が空と触れ合って 水を飲む 引力は質量にあって 情報に質量があるかもしれない エネルギィは質量だ これが力なら、洗い流した情報は 脳髄から垂れ続ける これが代謝なら 輪郭もやはり質量にあって 引力にあって 斥力に、非、輪郭、 気泡のことを知らなくて 有限の速度を 平面の広がって 空に向かって嘘をつく 潜熱の帰ってくる混色 甲殻類が色を開けて 天井と地面を泳ぐ また点滅をする半導体に ここで点灯した歪みを 紺色の呼吸に封をして 山脈の速記と雲海は高く しわくちゃになった心臓に よく似せた呼吸 流体の体を捕まえて 跳ね上げた 第三宇宙速度 容積のある銀河には無数の 私的な電灯を並べて 肉声で残す

scroll


作成日時 2022-05-09
コメント日時 2022-05-18
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

変光星 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1057.3
お気に入り数: 3
投票数   : 4
ポイント数 : 89
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性2525
前衛性1515
可読性22
エンタメ1010
技巧2020
音韻22
構成1515
総合ポイント8989
 平均値  中央値 
叙情性2525
前衛性1515
可読性22
 エンタメ1010
技巧2020
音韻22
構成1515
総合8989
閲覧指数:1057.3
2022/05/21 03時26分08秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

変光星 コメントセクション

コメント数(10)
ささら
ささら
作品へ
(2022-05-09)

各連がすっと昇華するように締められるなか、最後の「肉声」が力強く感じられました。とてもきれいな眺めです。

0
三浦果実
作品へ
(2022-05-10)

以前と作者名が変わっていらっしゃることに最近気がつきまして、お久しぶりです。物理や化学などで使われる言語って私は仕事柄、普段から交わしていたりするんですが、なかなかこれが齟齬が生まれにくくてコミュニケーションがスムーズだったりするんですよね。それらの使っている言語は定義されている意味の共有の精度が高い。本作は、その精度の高い語句が客観的に用いられながらも、私という語り手にある情という主観さが重ねられていて、心地よい読後感がありました。

1
自由美学
自由美学
作品へ
(2022-05-11)

スノードームに入ってしまう気泡は心のすき間に似てるのだろうか。 情報過多社会でますます薄まっていく自己存在感。低重力空間での夢見心地な浮遊感(仮想)から「肉声」で現実へ落とすラスト。 脳がオーバーフローしないように私達は情報の断捨離をしないといけない。 まったく的はずれかもしれませんが、個人的には楽しく読むことができました。

0
川﨑雄山
ささらさんへ
(2022-05-11)

コメントありがとうございます。 言われてみれば各連がちゃんと締められてますね。

0
川﨑雄山
三浦果実さんへ
(2022-05-11)

コメントありがとうございます。 そういえばちゃんと自己紹介してなかったですね。お久しぶりです。 僕自身もその精度の高さを使って書いているのですが、読み手がそれを意識してくれたのは初めてのような気もします。

0
川﨑雄山
自由美学さんへ
(2022-05-11)

コメントありがとうございます。 僕が考えた内容とは違いますけど、距離感はそんな感じで書いたなぁと思います。 僕に改善を要求しない限りは、お好きに読んでください。

0
つつみ
作品へ
(2022-05-14)

変光星には様々な分類がありますが、この詩を読んで、自分の中では食変光星を連想しました。引力のことが書いてあったので、連星が影響した変光星なのかなと。 >匿名の電灯は、 >やや流れっぱなし、 光には質量がないのに、光速不変では静止しようがないという性質から、物体と同じエネルギーと運動量の関係が成り立ちます。この特殊な「光」の性質が電灯で表されており、このあとに続く「質量」をもつ物体に比例する重力の変化が、話者や「あなた」の心の変化を表しているようでおもしろく拝読しました。 最終連でも電灯が出てきますが、ここでは「匿名」となっているところ、どう展開されるのか気になるところでした。 曳航された雪解け、という表現から、自然に春になったのではない、冬を終わらせたくない「あなた」と、終わらせてあげたい話者がこめかみに押し込んだ「あなた」の冬。地球における重力加速度は物体の質量に比例します。話者は何か重いものを抱えてしまったのかもしれません。 >硫黄の臭いと隣り合わせで >名前が空と触れ合って >水を飲む 何となく、硫黄の臭い、と、水を飲むという行為からひょうたん星雲を連想しました。水を飲むことで、こめかみに押し込んだ重い冬は洗い流されたのかどうか。 >有限の速度を >平面の広がって >空に向かって嘘をつく 光の質量は0だから、速度は無限に加速するようなイメージがありますが、「光速」という有限の速度があります。ビックバン初期、宇宙のエネルギーが高かった時代は、物質や光や重力を伝える「超ひも」は水分子として自由に動き回っていましたが、だんだん宇宙エネルギーが下がっていくと、それまで自由に動き回れていた「超ひも」は相転移を起こし、水分子が氷分子となって固定されてしまい、光は「光速」を越えられなくなったという話を聞きました。 この話を聞いたとき、「あなた」の冬が、限りのある「氷分子」で、話者は「あなた」に限りない「水分子」になることを求めていたのかなと感じました。 >潜熱の帰ってくる混色 氷に熱を加えても溶けるまでは温度が変わらないことを潜熱といいますが、何となく人の心に似ているなと感じました。人を変えるのは難しいですが、せめて自分だけでも、自分の中で固まってしまった考えや先入観を、すべて溶かし、変化させるエネルギーを、私は親しい友人からいつも与えてもらっているような気がします。 >また点滅をする半導体に >ここで点灯した歪みを >紺色の呼吸に封をして 半導体、ということは、最初に出てきた電灯はLED電灯だったのかなと。LEDは点灯しているように見えて、電子と正孔がぶつかる時のエネルギーが光となり、その周波数が決まっているので、実は目では確認できないほど高速で点滅しています。「変光星」にも重なるものを感じました。 >潜熱の帰ってくる混色 に対して、 >紺色の呼吸に封をして 「こん」の響きが心地よく、初めはよくわからなかった色が「紺」となっているところも好きです。「紺」は、これまでの流れからいくと、重圧で重いという印象のカラーでもあります。そんな呼吸に封をして、次の連で一気に空へ舞い上がるところがいいです。 >しわくちゃになった心臓に >よく似せた呼吸 「紺色」の呼吸と相反して「生きている」イメージがあります。 >第三宇宙速度 さらに遠く遠くへ行くための、太陽の引力を振り切る速度。大きなエネルギーを感じます。 >容積のある銀河には無数の >私的な電灯を並べて 宇宙は限りないけど、銀河には「容積」があるという表現がとてもリアルで、第一連の「匿名」に対して「私的」な電灯となっているところに、なにか温かいものを感じます。そして、これらの電灯が地球から「変光星」として見えていたら素敵だなと。 >肉声で残す 最後の行だけ離してあったので、何を肉声で残す、といっているのかわかりませんでしたが、無数の私的な電灯をを肉声で残す、という意味だったら、この電灯は永遠に消えないような気がしました。

抒情:25 前衛:15 可読:2 エンタメ:10 技巧:20 音韻:2 構成:15  
0
川﨑雄山
つつみさんへ
(2022-05-15)

コメントありがとうございます。 細かく読んでくれてありがとうございます。一つ一つ返していくのも面白くないのでどうしても気になるところだけ。 『話者がこめかみに押し込んだ「あなた」の冬』とされていますが、作品には「こめかみに流し込む」と書いてあります。

0
よびな
作品へ
(2022-05-16)

この詩を読んでの感想です。 文章全体が行の空白で五連に分けてあり、それぞれの連に高校の科学の科目のテーマがあり、一連目が化学、二連目が物理学、三連目が生物学、四連目が地学(天文学)という仕掛けだったら面白いなと思いました。科学は世界を説明しようとする試みだと思うのですが、詩も世界を説明しようとする試みという側面があると思います。世界を正確な名称を使用して定義することで説明していくという目的意識があるのだろうか、とコメント欄を読んで思いました。 すごく肉体感覚的な言葉が使われていて、それが外界と接続しているところに読んでいて感じたリアルさというか文章の訴えかけの強さがあるのかなと思いました。科学は観察と推論の成果だと思いますが、それを感覚や体感につなげるというのは面白そうだなと思いました。

0
川﨑雄山
よびなさんへ
(2022-05-18)

コメントありがとうございます。 各連にテーマを持たせた自覚はないのですが、読み返してみるとそのように見えてきて、自分で書いたのに面白いなと感じます。 「説明していく目的意識」と言えるものは語りそのものにあって、僕としてはそれを使って書いてる意識です。 肉体感覚と科学の関わり方は結構単純なもののように僕は思っています。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2