鈴木 海兎君と喧嘩するために書いていてうんざりして破棄した作品 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

鈴木 海兎君と喧嘩するために書いていてうんざりして破棄した作品    

柳田國男は「涕泣史談」で日本人は、あまり泣かなくなった、と語っていた。 悲しい出来事を表現する、それ自体がどんどん失われている、という社会学者もいた。 私達が、当たり前のように、悲しい、とする表現は、過去においてはもっと違う形で、 もっと多くの場面でなされていたというのだ。そして、私達は忘れてしまったようだ。 何を忘れてしまったのか、かも忘れてしまった私達が今ここに生きているのだ。 でも、自分たちは何かを知っているかのように、何かを書いている。 本当にばかみたいだろう。それがまた悲しいのだ。 ―海面 夜の海が恐ろしかった。 何の色も溶け込まないただただ黒いだけの色が恐ろしかった。 それは幼い頃の私の記憶の中にあって、二十を超えたあたりで 祖母の口から溢れ出てきた黒いたくさんのものと重なった。 祖母は吐血しながら死を意識し、自らの指輪を外し、母に渡そうとする。 母はそれを拒絶した。それは、死でしかなかったからだ。 拒絶された死が、また生に転じることはなかった。 救急車が到着し、すべては持ち去られた。 死を意識し、死に行く人を初めて目の前で見た。 あの光景は忘れることができない。 そして、多くの伝記や物語で描かれたような美しい死は 今はもう、病院の中での簡素な死へと置き換わっていった。 祖母は、物語の中にあるような死の儀式を、行おうとしたのだ。 指輪は渡されなかった。母の泣きながらの拒絶によって、 でも、それもまた物語だった。 ―仏 この子がまた私達の元へと生まれてきますように、そう願って、 昔の人は、幼くして死んだ子の口に魚などをくわえさせ、 自らの手で家の床下に埋めたのだ。 悟りを得て、成仏し、仏になってしまっては、もう生まれ変わることがない。 悟りを得て仏になることは幸せであるはずだが、それでもなお、幼くして死んだわが子に、 もう一度会いたい、この今の世で、つまり来世ではなく現世でもう一度、 という願いは、仏教の倫理を破壊するものなのかもしれないが、 その願いを、否定することを私達はできるだろうか? 死の穢れを自らの手で我が子に与え、輪廻転生の終わりのない苦悩の世界へ 誘うものであっても、それでも、我が子との再会を望む残された両親たち。 これもまた一つの過去にあった物語なのだ。 この過去に現実にあった儀礼、もはや忘れ去られてしまったもの、よりも 私達が今書いている物語は、強度があるだろうか? ただ、私はこの物語を知っている。他の人が知らなくても知っている。 その私が貴方達の物語をまた読んでいるのだ。 ―私は想像することができない 釈迦の母親は、釈迦を産んですぐに死んだ。 法然、道元、明恵もそうだ。幼くして母親を失っている。 幼くして母を失った子が、仏門をくぐり修行へと入っていく。 そういう時代があった。私には想像することができない。 あまりにも幼い、十にも満たない子が、母を失い仏門へと 入っていく姿が。私には想像することができないのだ。 ―私は誰かの想像された悲しみに触れることができない 書いていてうんざりしたからここでやめた。

scroll


作成日時 2021-12-27
コメント日時 2022-01-26

鈴木 海兎君と喧嘩するために書いていてうんざりして破棄した作品 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 1680.9
お気に入り数: 2
投票数   : 4
ポイント数 : 15
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性99
前衛性00
可読性66
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント1515
 平均値  中央値 
叙情性4.54.5
前衛性00
可読性33
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合7.57.5
閲覧指数:1680.9
2022/05/21 01時45分25秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

鈴木 海兎君と喧嘩するために書いていてうんざりして破棄した作品 コメントセクション

コメント数(9)
鷹枕可
作品へ
(2021-12-31)

酔っ払ってるから、おかしなこと(ぽえむ、)書いちゃうけどゆるしてね。 わたしたちは知っている、この物語が何処へもつづいていかないことを この道が竟には断たれていることを 皆似たようなものだと、あなたは笑うでしょう、あの家もその町も、たとえばそのこどもたちも、 泥だらけになって、擦りむいて、淀みもなく笑いあって、 打たれて泣いて、叱られて、怒られて、かなしくて、寂しかった それでもその小さな傷の一つ一つが思い出だから だからあなたにいてほしい

0
深尾貞一郎
作品へ
(2022-01-02)

読んでいて面白かったです。 終盤は、いまひとつかなと感じました。

0
きょこち 久遠恭子
作品へ
(2022-01-02)

読んで、泣きました。 と書くとまた何か言われそうですね。 涅槃とは何でしょうか。そこを踏まえて手に入れられるものがある意味でこのやり取りではないでしょうか。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2022-01-03)

あの光景は忘れることができない。 歳を重ねていくと、そんな光景ばかり。

0
作品へ
(2022-01-03)

レベルが高いと思いました(小並感)

0
B-REVIEW
B-REVIEW
作品へ
(2022-01-24)

coldfishさん、お世話になっております。運営のmmmです。 こちらの作品ですが、作品タイトルに不快感を持たれている方から問い合わせあり、また、改めて作品タイトルが適切か運営内で協議した結果、オレンジカードを発行する運びとなりました。 本件単体としては、運営としては厳重注意に近い内容かとは考えておりますが、前回イエローカードを発行している以上、coldfishさんにはサイトをより健全に使用してほしいという思いもあり、カード発行となりました。 作品投稿されてから、お日にちが経過してのご連絡で大変恐縮ですが、ご理解いただけますと幸いです。 今週中を目途にカード発行についての発表をいたしますので、それ以降、1か月サイトの利用を停止となります。こちら、特にログイン制限などはありませんが、コメントや作品投稿などをされた場合は、レッドカード処分となりますので、よろしくお願いいたします。

0
cold fish
cold fish
B-REVIEWさんへ
(2022-01-26)

不快感をわざわざ問い合わせる人にしろ、この作品のタイトルはどう読んでも、書こうとして、自分にうんざりした事、ということが示唆されているんであって、どこがが違反なのか教えて カード発行は構わないけど理由があまりにも、批評をし合う場にしては、違反の内容が語られてないから教えて 自分達で私達は読めないんですよ色々、って言ってるようなもんじゃん 不快感=倫理的にダメ、って言うのは本当にくだらないし、不快感はそれが悪であることの理由には、ならないよ だったら例えば体臭がキツイ人は存在していること自体がダメになるよね まさか誰かが不快感を覚えたから違反なの?そんな幼稚な理由しか出せないなら詩なんて読んだり書いたりするのをやめた方が良いね まさかそんなくだらない理由じゃないよね?

0
cold fish
cold fish
B-REVIEWさんへ
(2022-01-26)

あ、やっぱ理由はいいや 聞いてもどうせくだらない理由しかでてこなさそうだから まぁ、そこまでこのサイトや作品に執着もある訳でもないしカード発行でいいよ 運営頑張ってね お疲れ様でした 手間かけさせて申し訳なかったね

0
エイクピア
作品へ
(2022-01-30)

「書いていてうんざりしたからここでやめた。」 最後の一行が印象的です。気儘に書いているように見えて、筋の通った考え方、祖母からの仏教の世界。母の早死に。仏門への弟子入り。一番初めの柳田國男の著作の提示。日本習俗の変化への言及など、少し長めでも読んで見ようとする意欲がわいてくると思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2