おちんちんの皮の中に住んでいるよ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

おちんちんの皮の中に住んでいるよ    

おちんちんがメルトダウンしたね うんしたね、したした、 たくさんした いっぱいいっぱい たくさんした スカンジナビで 知らない人が死ぬ 僕のおちんちんの皮の中で 天使も死ぬ そして、雨が降る おちんちんの皮の中で 皆が眠る 今日も 平和だ ちくしょう 神様の住処を作ってあげる 僕のおちんちんの皮の中に 全部優しく包んであげる この世の悲しみも 苦しみもすべて 僕のおちんちんの皮で ちくしょう おちんちんの響きと お姉ちゃんが僕を呼ぶ声 夕焼け空の下 皆で出したおちんちん とってもちいさくりっぱだった ちくしょう プリン体ゼロのおちんちん 糖質ゼロのおちんちん ちくしょう 過呼吸な僕のおちんちん しらないおじさんについていく僕のおちんちん 僕のおちんちんの皮に包まれた家族 ちくしょう ちくしょう 僕のおちんちん 大人になって初めてのお給料で大きくなった僕のおちんちん 皆を幸せにするんだ 僕のおちんちん まだ生きているなめくじ 僕みたいななめくじ 人生に溶け続けている 負け犬のなめくじ ちくしょう メルトダウンした僕 フクシマみたいにたくさんの迷惑をばらまいて 海をめちゃくちゃにして皆を巻き込んで溶けていく僕 ちくしょう おちんちんをたくさん洗う 皆のために一生懸命洗う そしてみんなに見せるんだ りっぱになった僕のおちんちんを ちくしょう はは、 このサイトには 個人の死しかなくて もう、多くのものが描かれなくなった 今しかない はは 今しかない 今しかない言葉には 未来も過去もない あるのは私だけだ はは 皆、怖いんだね 未来も過去も怖いんだね てにとれることばかりが えがかれて てにとられなかったものばかりが えがかれない 描かれない 僕のおちんちん 君のおちんちん ずっとメルトダウンしてる この世界 なめくじと今 世界は平和です ちくしょう 天使と神様は 包茎です りっぱな黄色人種的な包茎で 絶望的な短さの中で それを隠しています だから僕は隠しません ちくしょう 早く洗いなさい 今日もおちんちんを 仕事に行く前に 戦争に行く前に 死ぬ直前に 世界を破滅させるそのスピードで 今日もおちんちんを洗うのです ちくしょう

scroll


作成日時 2021-11-20
コメント日時 2021-12-10

おちんちんの皮の中に住んでいるよ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1587.9
お気に入り数: 1
投票数   : 3
ポイント数 : 7
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性11
エンタメ11
技巧11
音韻11
構成11
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性11
可読性11
 エンタメ11
技巧11
音韻11
構成11
総合77
閲覧指数:1587.9
2022/01/17 04時51分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

おちんちんの皮の中に住んでいるよ コメントセクション

コメント数(14)
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-11-21)

皆も早くおちんちんの皮の中においでよ。

0
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2021-11-22)

それって無料ですか? そうならいいなーと思いました。

0
cold fish
cold fish
よんじゅうさんへ
(2021-11-22)

無料も何も、おちんちんの皮の中はギャラクシーですよ。 偉い人にはわからないです。おちんちんの皮の中で天使が死ぬことや歌われるはずだったブルースが全部、白人のおちんちんになっちゃったことが。僕は白人のおちんちんではありませんでした。りっぱな黄色人種のそれで、やっぱり、カミカゼ的に生きていくしかないな、と思って、おちんちん切腹論を書き始めました。 今日も、下水道やビルからたくさんの人が溢れていて、溺れそうな十一月は水中でした。皆、おちんちんを持っているはずなのに隠しているんですね。悲しいですね。今日、ずっと書こうと思っていた夢の話を忘れてしまったことに気づいて、手が震えているんですね。おかしいですよね。でも、震えているんですね。やっぱりおかしいですよね。それでも、震えているんです。なおさらおかしいですよね。うん。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-11-22)

飽きた

0
yamabito
作品へ
(2021-11-23)

男性器や女性器を詩句として用いるのは、私は好きではありませんが、この作品は適切に用いられているかと思います。というか、考えられていると思います。 私のような老人は思考することがとても疲れ、文章を書くことがとても重労働なのですが、筆者さんはいとも無造作に書かれているようなタッチで凄いなと思いました。

0
cold fish
cold fish
yamabitoさんへ
(2021-11-23)

皆、あまりにもまじめに自分の事や自分の事や自分の事や自分の事や自分の事ばかりを書いていて、読んでいてうんざりしちゃうんだよね。さらにそれが、つまんなくてつまんなくてつまんなくつまんなくて、ありきたりでありきたりでありきたりな形で表現ばかりで埋め尽くされていて、どーしようもねぇな、って思って書いたんだけど、こうやっておちんちんを連呼しながら、イーリアスやオデュッセイアみたいな叙事詩はなく、どこもくそみたいな叙情詩ばっかりで、うんざりしちゃったんだよね。英雄や神、そして出来事や物語は失われ、あるのは、私、私、私、ばっかで、もうおちんちんでも見せつけるしかないよねみたいな!

1
羽田恭
作品へ
(2021-11-30)

下品の中に、悲しさと真理があるように思えてしまいます。 即興で短歌を。 ちくしょう 俺おちんちん ちくしょう メルトダウンだ パンツの中が

0
エイクピア
作品へ
(2021-11-30)

どうしても東北大震災と福島第一原発事故を思い出すのですが、繰り返されるおちんちんは幼児語としての機能以上に、この詩の中を泳いでいるような気がしました。ちくしょうと言う慨嘆。おちんちんを洗う所作など全てが社会に対する不満以上に、己と社会との距離を測って居る様な、そんなメジャー的な思考、巻き尺的な思考をこの詩から感じました。

0
cold fish
cold fish
羽田恭さんへ
(2021-12-05)

どんな題材でもおいしくしちゃうのが技巧であって、全部見せつけちゃうよ。ぼくのおちんちん。

0
cold fish
cold fish
エイクピアさんへ
(2021-12-05)

恐れるなおちんちん!

0
狂詩人
狂詩人
作品へ
(2021-12-06)

cold fish !! 私のメルトダウン、『cold fish』メルトダウン、メルトダウン、広瀬大志のメルトダウンをメルトダウンさせるようなメルトダウンで広瀬大志が逆転するように溶けて出てくる、その「出てくる」と「メルトダウン」の不思議な離反と一致(そのこと自体のメルトダウン)がとてもメルトダウン的にメルトダウン(おもしろ!)。あなたの詩ぶつかりとか詩あらぶりとか詩けやぶり(「ぶ」が多いね、きっとぶ的なのだね)とか?それがメルトダ…

0
鷹枕可
作品へ
(2021-12-06)

寧ろ、科学、合理性を免れた民間伝承や、たとえば希臘人の想像の所産である、種々の架空混成動物や、土着の神話的モチーフと謂った物を嫌悪なさっているのだと思っておりましたが。 私が私である事の自明性が喪われた、現代に有っては。「私」を命題とした一般社会の構成員的な弁明がもてはやされる風潮もむべなるかな、とも(大概はつまらないですけれど)。 蛇足、ですが。 ネット詩を渉猟致しますと、自称現代詩がよりポエムに接近し、ポエムがより現代詩性を附帯している様な。その様な感覚を受けるのも、屹度視力が耄碌を来しているからなのでしょう。 所詮、睡眠薬の副作用と思われる、ナチュラルハイな精神状態が溢した馬鹿話でございますから。そっと捨て置き、読み流して頂けますと幸いです。 屹度老害である何様な目線より。

0
cold fish
cold fish
狂詩人さんへ
(2021-12-10)

みんなぼくのはやさについてこれないみたいでぼくだけがずっとずぶずぶめるとだうんしているちきゅうのまんなかでみんなのためにずっとぼうぼうもえているだけのはしりかたできょうもあすもあさってもきのうもきょねんもずっとまえからぼくだけがめるとだうんしているだからせかいもめるとだうんしてる

0
cold fish
cold fish
鷹枕可さんへ
(2021-12-10)

ハイパーポエムを目指してるよ。現代詩は死んだ、皆、死んだ。生きている者はいない。もう、世界は、すでに、沈んしまった。だから、ポエムをもう一度やり直さならなければならなくなった。歌は死んだ。歌われることのない物語。声はあるが物語がない。物語はやり直せない。なぜなら、私達には、初めから物語だけが欠けて失われてしまっているからだ。声だけがある、声しかない。だから、声ばかりが溢れて、あまりのうるささに私はもう何も聞こえない。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2