インターチェンジ / interchange - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

インターチェンジ / interchange    

ふるさとが無い 根を張る前に引っこ抜かれて あちこち連れ回されたから 義務教育制度とセットの卒業は、骨組みのみ吹きさらし思い出の家屋 鉄骨の冷たさだけずっしりと背負わされて終わらない 父が「何処にも行くな」と言うから 家事手伝いという名の鎖 先に居なくなる癖に 持ってゆけぬのに まるで生前贈与、わたしをバラバラにする 鋼鉄製の乳母より、やわらかい父を求めて 応えようと捧げた分すり減った 愛情とは子どもからの ポリエチレン食い込む指の赤 交通量の多い道路、野良猫の横断 荷物とストレスでパンパンのトラック 射し込むライト、宝石の散らばる 路傍の陰、風雨に劣化したビニール絡みつく町の赤 伝達に大敗の焼け野原 命からがら逃れた先に芽吹いた草花 火をくべる側に立ち回りやり過ごしたやつら 繰り返されるセリフとシンバルの鳴り続くおもちゃ 狂気の表情で笑っている 電池切れの時計 全員負け 都会の喧騒 ぶつかることなくすり抜けていく 黙って困り顔で笑う 花が揺れる 予期せぬタイミングで友が舞い戻る ふざけたこと言っていて腹が立つ 心配していたから お帰り友よ それでもまだ伝えようだなんて いつかの陰が 居るはずのない誰かの顔に、この街に映し出される 舗装工事 作業前と後の違いがわからない、作業員にすら 明け方、ヘルメットから垂れていたしずくがつたうのをやめる しばらくして、幾つものタイヤがしぶきを上げて踏み潰していく 「一期一会、そんなもの知るか」という轟音で イヤフォンをつけながら、液晶に触れながらハンドルが切られていく 誰かの嗜好の為、パネルは明日もきっと機械的カウント 人の手を借りて 冗談めかして「ローンだけ組んで取得をやめた」と笑う ちっとも楽しくないのに その後も何度も同じ場面を見て来たな そんなことを考えていたら切符投入口に小銭を入れそうになった 「何ヘラヘラしてんだ!笑うな!」 その時のことを「忘れられない体験」と語るだけに留めて、一体何になるというのか その声を、いつか教室でも聞いた気がする あいつも今、息も絶え絶えやってんのかな 映画で観た 孤島の寂れたバーの 男の腕より太いジョッキが持ち上がったきり空になる モーションのスロー 店の外、ヘリのプロペラ、回転数を、上げて (本当にこれで、いいのだろうか) 浮き上がるのと同時、飛び乗った ふるさとが無い 父が言った「何処にも行くな」 横断する野良猫 伝達に大敗の焼け野原 繰り返されるセリフ鳴り止まぬシンバル 「一期一会そんなもの知るか」 「ローンだけ組んでやめた」 「何ヘラヘラしてんだ!笑うな!」 「忘れられない体験」と語るだけに留めて何になるのか インターネット 痛み分け、骨の鳴る音を聴け 「やるな」「お前もな」 いつかの川辺 ボロボロの少年 薄汚れたち、その微笑み インターネット 肉体や心、破壊なんかせず インターネット オンラインオフラインを問わず インターネット オンオフ問わぬ繋がりへ インターチェンジ 痛み分け、骨の鳴る音を聴く為 炭鉱のカナリア、警鐘に留まらず 超えて、超えてゆけ必ず 言葉をとめるな その道をゆくな 大袈裟に「世界の為」と そこに暮らすお前の為 言葉を繋げ 言葉で繋げ

scroll


作成日時 2021-10-03
コメント日時 2021-10-26
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

インターチェンジ / interchange ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1458.1
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 19
#ビーレビ杯不参加 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性65
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧88
音韻00
構成55
総合ポイント1918
 平均値  中央値 
叙情性33
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧44
音韻00
構成2.52.5
総合9.59.5
閲覧指数:1458.1
2021/10/28 05時32分48秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

インターチェンジ / interchange コメントセクション

コメント数(16)
沙一
作品へ
(2021-10-05)

インターチェンジを、車を運転しながらではなく、高架下付近から眺めているかのように感じられました。つまり高速道路を走っているのではなく、高速道路からは外れた者の、ブルース。

1
てんま鱗子(淑白)
作品へ
(2021-10-06)

詩は孤独であるスタンスが強いけれども、書ける人が書いたら、闇を照らす明かりを出来る。書けない人でも、一方それも、一見下らなく見えるが、心を繋ぎ止めてくれる綱をして、 読み手の、優しさについて考える。 人に言いたいことも色々ある、言わないで考えていたことを書いたら言葉になる。また、言葉でお洒落がしたい。いずれも詩だと思う。

1
クヮン・アイ・ユウ
沙一さんへ
(2021-10-06)

コメントありがとうございます。同じ高さでの主観や俯瞰のイメージに、新たに見上げる主観というイメージをくださりありがとうございます。誰がどこから何を見ているのか、それにより全く捉え方が変わり面白いなと感じました。ご覧くださりありがとうございます。

0
クヮン・アイ・ユウ
てんま鱗子(淑白)さんへ
(2021-10-06)

ご覧くださり、またコメントまでくださりありがとうございます。詩の包容力にはいつも驚かされるばかりです。このまま決して達成することはできない恩返しを、詩に対して向かい合っていこうと思います。ありがとうございます。

1
ほば
作品へ
(2021-10-06)

ふるさと、は生地や慣れ親しんだその場所を離れないと現れないもんですね。立体的にものを観ながら歩きたいと思った。20年前、知らない土地で働きはじめすぐにそこから追い出されて、うろうろしていた頃をなぜか思い出します。印象だけですみません。

0
stereotype2085
作品へ
(2021-10-08)

抽象的な言い方ですが、クヮンさん自身が光を発するような詩を読んでみたいです。今作、素晴らしいんだけど闇の中、泥の中でもがいてる僕というところからやはりまだ抜け出せてない。苦しんでいる人に寄り添うのもよいですがクヮンさん自身が光になれ!光を放て!と思いました。もがくだけでは届くのにも限界がある。僕は敗北三部作という三作を作ったのち、少しずつもがく、苦しむ自分から離れていきたいと思うようになりました。僕はクヮンさんの作品、作風を「終わりなき挫折」「繰り返される挫折」と呼んでいるんですが、作品ごとに濃密にはなっていても、クヮンさん自身は「終わりなき挫折」から脱出出来ていない。クヮンさんは敗北者の天国に行きたいのか? 安息の地に行きたいのか? 敗北者の天国というフレーズは僕の好きなバンド、marionの「miyako hideaway」に出てきます。そのバンドのvoは周囲の期待に潰されて、また周囲の期待に応えるように薬物中毒になってしまった。素晴らしい才能があったのに。それじゃ余りに悲しすぎる。そんなことを逸脱しながらも想い起こしてしまいました。目の前に幸せは転がっているよ? 光になれ! クヮンさん。以上長文失礼しました。

1
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-10-08)

終わり方が安易かな。

1
クヮン・アイ・ユウ
ほばさんへ
(2021-10-09)

コメントをくださりありがとうございます。ふるさとと道中と現在地、何か感じていただけるものがあったのなら幸いです。 立体性、わたしもそれを意識して世界を見つめながら関わりたいです。 ありがとうございます。

0
クヮン・アイ・ユウ
stereotype2085さんへ
(2021-10-09)

作品をご覧いただいた上に、想いのこもったコメントまでくださり、ありがとうございます。「敗北者の天国」について知りたいと考え、検索してみましたがうまく調べることが出来ませんでした。 「終わりなき挫折」、「繰り返される挫折」というのは、何度でも再起するということにもなるのでしょうか。不条理や理不尽に遭っても、何度でも立ち上がるという光もまたあるのかなと考えていました。何度も折られるという事実だけを見れば確かに苦しいですよね。 私のことだけを言うわけではありませんが、炭鉱のカナリアとしての、感受性豊かな詩人は、人間は、もしかしたら真っ先に傷ついたり最悪居なくなってしまうのかも知れません。しかしそれで終わらずに感受性の豊かさから痛みを知る人間がさらに前へゆけないかということもインターチェンジでは考えています。そういう意味では正の扇動、光の扇動を意識したところもあると思います。 私の作品に真摯に向かい合うエネルギーを割いてくださり、お言葉もとてもありがたいです。ありがとうございます。

1
クヮン・アイ・ユウ
田中宏輔さんへ
(2021-10-09)

ご覧くださり、コメントをくださりありがとうございます。 締めくくりについては当時悩みました。そして私なりに熟考の上での表現となりました。コメントを受け、それはきっと田中様と私の何らかの力の差なのだということを想像します。私は私で現在地から進むしかありませんので、お言葉ありがたく受け止め精進したいと思います。ありがとうございます。

0
王生蓮蒔
作品へ
(2021-10-11)

冒頭の“ふるさとが無い”というフレーズに心惹かれます。ふるさとの意味するところが、帰属なのか、安堵なのか、郷愁なのか、あれこれと思い巡らせつつ拝読致しました。善し悪しはさておき“根無し草”という言葉がありますが、こちらの作品からは、そういった精神的な拠り所を持たない、或いは持てないような人々の悲しみを受け取ったような気がします。拙い感想で恐縮ですが、どこか自身に重ねあわせ読むことのできる稀有な詩だと感じました。

0
クヮン・アイ・ユウ
王生蓮蒔さんへ
(2021-10-12)

はじめまして。作品をご覧くださり、コメントまでくださりありがとうございます。 ふるさとの件、ありがとうございます。立場によって異なる、言葉が持つ意味へのイメージの違い、そこが届いているように感じられてとても嬉しいです。 「精神的な拠り所を持たない、或いは持てないような人々の悲しみ」まで受け取っていただけて幸いです。ありがとうございます。「持てない」という表現に、王生蓮蒔様の他者へのお心遣いや想像力の深さを感じます。 稀有とまでおっしゃってくださり、ありがとうございます。

2
AB
作品へ
(2021-10-19)

とても上手いな、浸っていたい好きな作品だと感じました。最後はもう少し先を読みたい気もしますが、そこまでひかれる雰囲気堪能できます。(投票ボタン押したかった)

1
コーリャ
作品へ
(2021-10-20)

すごい これもコメントなんてできないなあ あんまりすごいアートをポエムをみると 言葉なんてほんとにかけようがなくなってしまう 力強いんだけどすぐに崩れてしまいそう 絶望のブルースなんだけど生命を歌ってる 言葉で繋げかあ 頑張ります

1
クヮン・アイ・ユウ
ABさんへ
(2021-10-26)

詩をご覧くださり、コメントまでくださりありがとうございます。また。投票についてまでおっしゃっていただき幸いです。ありがとうございます。 締めについては他の方にもおっしゃっていただけたのですが、やはり現時点での私で書けるのがここまでだったのだと思います。この先は、ぜひ可能なところまで生きて行って辿り着きたいと願います。

2
クヮン・アイ・ユウ
コーリャさんへ
(2021-10-26)

ありがとうございます。感性豊かな人から傷ついて死んで終わりということではなく、そういった方々から更に先へ進んで欲しいと願います。わたしも精進します!ありがとうございます!

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2