ツララ、ツェラン、ラララ、ツェラン、パパパパパパ、パウロ、ツェラン、つらたん(´;ω;`) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ツララ、ツェラン、ラララ、ツェラン、パパパパパパ、パウロ、ツェラン、つらたん(´;ω;`)    

『手の届くもの、身近な失われなかったものが、数多の喪失のなか、ひとつだけ残りました――言葉が。  言葉、言葉だけが、失われず残りました、そうです、あらゆることに関わらず。 しかし、言葉もくぐらねばなりませんでした、自らの当て所無さを、恐るべき沈黙を、死をもたらす饒舌、幾千の闇を。 起こったこと、さまざまな出来事を、言葉はくぐり抜けていきました。そして再び明るみへ出たのです、あらゆることに「豊かにされて」。』 http://paulcelan.blog45.fc2.com/blog-category-16.html より引用 燃やされていく、 身体の、脂が、 発光し、暗い、 事から、 また、轟いていく、 蠢いていく、 音が、垂らされて、 流れていく、方へ、 この、足が、 そして、また、 足が、手が、 手が、足が、 眼が、口が、 口から、舌が、 這い出ていく、 すべてが、這い出ていく、 あの、夜から、 朝から、 昼から、 すべて、という、 すべてが、這って、 出ていくのだ、 この、熱で、 凍えで、 飢えで、 恐ろしさで、 さようなら、ムック、 砂浜では、ガチャピンが、 透明な小さな蟹を、 たくさん集めて、 ―暴力は、純粋でした、  たくさんの、たくさんすぎるほど、  の、透明な、ものが、  焼かれていきました、  水面には、もう、何かが、  飛び立った、後も、  そこに、何かが、いた、  形跡もありませんした、 頭のおかしくなった、  ガチャピンが、 「ルイジアナ」と、 そして、「ああ」と、 落としていく、 「マグラダのマリア」、と、 「ああ」が、重なり、 最後に、 「うう」と、呻き、 鳥が、飛び立った、 鳥の名前は、 「カルフォルニア」、だった、 私は、カルフォルニア、だった、 雨が、甘く、 果実のように、流れては、 柑橘が丘に広がっていく、 砂浜を、渡り、 人に会いに行った、 陽に焼けた、肌に、 編まれていく、この、 声を、晒して、 遠くまで、かけていった、 何もかも、 自由であるような、 ―だった、って、言わないで、耳が遠くて  何も聞こえないから、貴方の口を私の  鼓膜にあてて大きな声でゆっくりと  話してください、  でも、だった、は絶対に言わないで、  そこで、止めないで、  音が大きすぎて、外の、  音が、とにかく、  大きすぎて、  私は何も聞こえなくなった、  うるさかった、  静かだった、  だった、は、  濁点に、混ざって、  大きな音だけが、  だけが、していた、   つらたん (´;ω;`) 彼ぴっぴから返信が来ない なんで? 私はずっと待っているのに、 なんで、返信が、 5秒で帰ってこないの? つらたん 手紙が、 投函された、 透明な、 場所で、 まだ、温かかった、 手の中に、 あったものが、 零れ、零れ、 落ちていく、 のを、 (魂が、  心と、  体を、  伝って、  零れ、零れ、  落ちていくのを、  感じている、  透明に、  なっていく、  人ばかりが、  立ち上がって、  遠のいていく、  零れ、零れ、  落ちていくのだ、  私を残して) 肉声、 肉と声、 が、へばりついて、 ひきはがせない、 肉についた声が、 その、声だけが、 まだ、響いている、 響いている、声に、 未だ、こびりついて、 とれない、肉が、 人の、肉が、 赤いだけの、 滴って、落ちていく、 だけの、 滴り落ちていく、 (それを舐めとって  詩を書くのが、  お前だろ、  その気持ち悪い、  舌で、  声を出すな、 発声が、汚れている、  お前の声は、  誰かの声じゃない、) ここからは、肉の、 言葉だ、 手、は、 共に、契られる、 こともなく、 千切られて、いった、 多くの、 さらに、多くの、 人や、人が、 手を、手を取り合いながらも、 契られる、ことなく、 千切られていく、中で、 結ばれていかないことが、 契られていた、 声が、先に、 焦げていく、 のを、私の体が追う、 あの、焦火の中を、 野を、抜けて、 焦げて、落ちて、 滴っていく、 囀りを待つ、 舌が、 目撃するのは、 彼ぴっぴ、 彼ぴっぴ、 つらたん  彼ぴ、ぴっぴ、 ぴー、 新しいことば、を、 聴くと、感動する、 彼ぴ、 彼ぴっぴ、 の響きを聴いたとき、 もう本当に、 現代詩はいらない、と思った、 (だって、ネットにも  詩雑誌にも、  新しいことばはないんだもの、  どこかでみたことあるような、  表現と、感性ばかり、  きっと、詩を書いているような人達は、  「あたらしいことば」を創れない  なのに、何が面白くて、  すごいのかよくわからない、  のに、皆、褒め合って  喜んでいるのが、  平和で、最悪だな、  きっともう、周回遅れなんだろう  とっく昔に死んだ感性で、  死んだ人たちが、いるだけなのかもしれない  皆、ゾンビだ!) 水温と、 体温の、 間に、AirPodsを、 浸して、 詩と、 詩を書いている、 感性の死んだ、 人達と、 今を、まだ、 生きている、 若い人達の間で、 あたらしいことばが、 作られていく、 取り残された、 言葉の人達、 もう、ことばのひとたちの 間からは 「あたらしいことば」は生まれない、 大阪、 環状線、 深夜、 ひたすら、 走って、 彼ぴ、 彼ぴっぴ、 の響きの良さに、 詩を書いていることにうんざりする、   ツララ、 ツェラン、 ラララ、 ツェラン、 パパパパパパ、 パウロ、 ツェラン、 パウロ、 つらたん、 彼ぴ、 彼ぴっぴ、 なんて、 心、騒ぐ、 響きなんだろう、 これは、削除してしまった、 行だ、 (本当に、  暴力が、  純粋に、  振るわれたなら、  言葉なんて、  圧倒されて、  粉々に、  されてしまうだろう、  純粋な、暴力、  圧倒的な、  ものは、それだけで、  ただ、それだけで、  あるのだから、  純粋なんだろう、  そう思って、この、  詩を書き始めて、  途中でうんざりするのは、  書いても意味がない、と、  いつも気づいてしまうからだ、  ぴっぴ)

scroll


作成日時 2021-09-09
コメント日時 2021-10-08

ツララ、ツェラン、ラララ、ツェラン、パパパパパパ、パウロ、ツェラン、つらたん(´;ω;`) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1383.4
お気に入り数: 3
投票数   : 2
ポイント数 : 10
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/08/10現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧22
音韻22
構成00
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性0.71
 エンタメ00
技巧0.71
音韻0.71
構成00
総合3.34
閲覧指数:1383.4
2022/08/10 20時35分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ツララ、ツェラン、ラララ、ツェラン、パパパパパパ、パウロ、ツェラン、つらたん(´;ω;`) コメントセクション

コメント数(11)
室町礼
室町礼
作品へ
(2021-09-10)

不思議なことがあるものだ。 だれかを待っている。 ずっと待っている。 それが現れることを待っていたのに それが現れるとなにかつまらないような気がして背を向ける。 背を向けると、途端に、またすぐにそれを見たくなる。 一つのことしか書いていないのに、 とはいえ、現在ではそれがまたすべてなのかもしれないが。 考えてみると。 これが現代詩のさいたるものなのかもしれない。 いまや、ただひとつのこと、幻滅と絶望を書くしかないのかもしれない。 ああ、またわたしはこの作者の次の作品を待つだろう。 そしてまた同じことが書かれていることに少し落胆し、 また、次の作品を待ち続けるのだろう。 これが現代詩なのかもしれない。

0
トビラ
作品へ
(2021-09-10)

彼ピと彼ピッピの違いを検索しないとわからないくらい遅れていますね、僕は。 そうですね、ナウなヤングのチョベリグな言葉と、いずれ死語になるかもしれないと揶揄することは簡単なのかもしれませんが、でも、たしかに今までになかった言葉なんですよね。 「つらたん」もそうですけど。 なんだろうな、明治時代、外来語を日本語に翻訳した言葉はたくさんあって、科学も哲学も当たり前のように使っていても、その当時の新語。 「現代」もそうなのかな? 今は片仮名を使ってそのまま言ったりすることも多いですね。 パンデミックとか。 「彼ピ」にしろ「つらたん」にしろ、圧倒的に感性が今だと思います。 「ナウなヤング」や「チョベリグ」もその当時の感性を鮮明に表現していると思う。 だからこそ、その時代と強烈に結びついる。 たった今を表現する。 それは、今を生きているということ。 回想詩。 今書かれている多くの詩がそうなのかもしれません。 個人的には、それを否定するつもりもないです。 色んな人が好きなように書けばいいと思っているので。 ただ、今を書くというのは楽しいことだとも思います。 色々書きましたけれど、「彼ぴ」と「つらたん」は、暴力的なほど圧倒的に現代の感性だと思います。 この作品の中でも際立っている。 ガチャピンもムックも昔ながらですしね。 今を捉えられないのって、歳を取ったとかそういうことじゃなくて、今に生きれていないということだと思います。 個人的には、コロナについてはもっと書かれていいように思ったりしますね。 コロナの前の生活を懐かしむも、マスクをしていないドラマも、今に追いつけていないと思います。 長くなったのでこのあたりにします。

0
cold fish
cold fish
室町礼さんへ
(2021-09-10)

ガチで何かを創作しようとするたびに、自分が書いているものが、誰かの何か、でしかないことに気づくのは現代で創作する人間の呪いかもしれない。でも、それでも書いてしまう、ということに、可能性はあるのかもしれないね。ただ、ただ、何も知らずに、何も考えずに、書かれること、は、はっきりいって、読めたものじゃないテクストばかりだ。まさにこのサイトも作品の多くがそうである様ね。私は、それらに意味や価値を見出せない。だって、いくらでも簡単に作れちゃうもん俺。まぁこれも呪いだよね。誰かが言ったけど、敗戦、は決定づけられている。まぁそれでもまったりやろうよみたいな。

0
cold fish
cold fish
トビラさんへ
(2021-09-10)

いつまでも、似たような、ネットにいくらでも転がっているポエムの使い古された表現で何かを表現したつもりになったり、何かを表現したような、人達を一切信用してない。私達の心や魂や世界は、いつまでたっても使い古されたどうでもいいような表現で書き直されて、書かれて、もはや、そこには何の可能性もないかもしれない。何かを語るのは、語るための言葉が必要だが、その言葉が適切でなければそこから零れ落ちるものが多い。いつまでもいつまでもうんざりする似たような使いまわされた言葉と表現は、安心と安易な理解をもたらすけれども、それは本当はもう意味や価値を失った、何もないものなのかもしれない。彼ぴっぴや彼ぴには宮沢賢治が宿る、そう信じていて何が悪いのか、と内心思うくらいにね。

0
ネン
作品へ
(2021-09-12)

ツェランの美しい言葉も、ぴっぴというあわぶくのような言葉も、この作品の中では等しく存在できるのだと思いました。 ツェランが言わんとした言葉の内にも、ぴっぴを含まれるのですね。明日や明後日には死語として笑われても、いつか使われていたことには変わらないから。 大事かどうかというより、本当はそういうものです。分かった上で詩を紡ぐことが出来る感覚に、憧れを感じます。私だったらどうするかな、と考えましたが、 言葉にまで優劣を付け、差別して、美しさや醜さを選別して使うので、言葉に対して冷酷過ぎるかもしれません。 ぴっぴになりたい。ツェランもそう思ったりするのかな。感じたのはそんな所です。

0
ْ
作品へ
(2021-09-12)

だった、って、言わないで、がぶっささりました女子高生の造り出した言葉は肉体的です貴方の詩は読みやすいです。

0
cold fish
cold fish
ネンさんへ
(2021-09-12)

統一されたトーンや語彙を用いて創作するのは結構簡単で、もう飽きてしまったんだよね。 色んな社会や時代、世代間の違い、を文体と技術で強引に統合する事には意識的だね。方法論的な批評的な読解によって、抽象度だけが高い指摘にはうんざりしてる。だって指摘するのは簡単だもん。だれだってできる。実際にそれをいかにしてやるか、行うかは全く別問題なんだよね。俺は書き手の意識が強いから、作品でそれをやる、って意識。読解や批評を叩き潰すために。

0
cold fish
cold fish
ْさんへ
(2021-09-12)

この作品の作者の裏テーマは、真清水るるさんの戦争に関する詩にコメントして、その中で、フィクションでも現実を超える事がある、と自分で言ったんだけど、だったら、自分でしたこともない戦争体験を詩にしてみようと思った。これは、俺の空想の「戦争体験詩」で、体験したことないもので、どこまで「書く事」ができるかと思って書き始めた。ムックだとかガチャピンだとか、つらたん、だとかは書いてる途中で挿入していったもので、ひたすら陰鬱な行をいくつも作っていたけど、なんだか、自分でうんざりしちゃったんだよね。自分でいうのもなんだけど、実際に体験していないけれども、よく「できてる」と思うよ。だから、ある意味で最低だよね。

0
狂詩人
狂詩人
作品へ
(2021-10-08)

突然ですが、あなたの詩が私の内臓を縫うように好きです!これはあなたにとって突然の【暴力驟雨】であるかもしれませんが、それは私もそうだ!私も突然だった!それは、唐突、忽然と、やってきました、アリガトウ。一つだけ尋ねます。『オゲンキデスカ?』

0
狂詩人
狂詩人
作品へ
(2021-10-08)

何故か他の作品にコメントが出来ないので、ここで。『cold fish』という詩(詩というコトバがすでにそれっぽさが香っていてアレなのだけど)を書きたいと思うくらい、逆説になるがこの作者には「詩」を感じる。ヒップホップがお好きなのかな?私もです。あの思想ないし概念が、詩のようにウロウロしないように(ストリートをウロウロするのはとても良いよ!)願っています。あなたはそのウロウロをウロウロ疾走、ウロウロ爆走しているようで心地がいい。変な日本語で申し訳ないが、現代詩人よりもっとより良く変な日本語を使いたいと常々思っているのでヨロ。しかし、あなたは意外と骨のような詩を書いてるような気もするし、何とも不思議だ。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-10-08)

最終行がかわいい。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2