山の中の孤独 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

山の中の孤独    

 八月十五日、登山道の除草を開始した。四カ所の登山道コースを一人で受け持っている。トータル十日以上はかかるだろう。  人は「大変ですね」と言う。大変なんかじゃない。変なのだ。変だし、思考的に病的ですらある。その実、大変なことなど何一つない。思い悩むことはないし、他者に頭を下げる必要もない。上司の顔色をうかがう必要もない。重い荷を背負い、所定位置から草を刈り始めるだけで良いし、ゴールまで刈ればよいだけだ。  何が厭かと言えば、孤独の中にいると言うことだろう。朝、車に乗り込む瞬間から孤独は始まる。現場に着き、それぞれの道具ですらも孤独であり、孤独一式を一個のザックに詰め込んで歩きはじめる。スパイク長靴のザリッという摩擦音ですら孤独を演出してくれる。  単調な作業は、頭の中に様々な思考を呼ぶ。脳とは勝手なものだ。何か特定のものについて、思考しようとしなくても、勝手に次から次へ出てくる。掛け流し温泉のように次から次へと湧き出てくる。思考は止まることがない。脳とは誰なのか?ろくな機能しかないのに、こんな時だけせっせと働く、ふざけた脳だ。私の孤独を慰めるために、脳は何かをわざわざ思考させるというのか。ご苦労なことだがいい加減うんざりしてくる。  さっきからどれだけ働いているのだろう。単調なエンジン音と背中のザックの重みが脳内を粘る。腕時計を見る。未だ一時間半分しか作業していない。あと三〇分頑張る。二時間。刈り払い機とベルト、ザックを投げ下ろし、濁音の入った声で息を吐く。ヘルメット、虫除けおよび防塵ネットを取り、薄くなった頭髪を掻き上げる。防水手帳に作業記録を書く。喉を鳴らしながら水を飲む。  こんな貴重なくつろぎの瞬間に害虫は吸血しに来る。一匹のアブを仕留める。ブチッと頭部の破壊を知らせる音とともに、アブは絶命する。自らの生命を顧みず、害虫は玉砕覚悟で吸血しにやってきている。生命の危機と言うよりも、本能。それはどうしようもない勝手な思考を増産する私の脳にも似ている。少なくとも私はアブに産まれてこなかっただけましなのだろうか?それと引き換えに孤独を味わえというのだろうか。  私の作業を監督する者も、指示する者もいない。しかし、休憩を済ませた私には、再び作業を行えと私が指令する。装備を整え、またはじめるか、と私に言う。  作業を終え、道具とガタガタな体を運転席に投げ出し、車を運転するときに、私の孤独は解放される。唇からゆるい吐露が流れ出て、それが疲れ切った私の全身をマッサージす

scroll


作成日時 2021-09-06
コメント日時 2021-09-07
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

山の中の孤独 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 422.1
お気に入り数: 2
投票数   : 2
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:422.1
2021/10/28 05時21分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

山の中の孤独 コメントセクション

コメント数(10)
削除アカウント
削除アカウント
作品へ
(2021-09-06)

おはようございます。 プロレタリア文学なのかどうか、それをのっけから考えさせられました。 でも、きっとどちらでもないのかなぁと。 プロレタリアでもそうでなくてもどうでもよくて、ただ「生きる」とか「生活する」とか「営む」という印象が読後感としてありました。 淡々とした作業の流れが、引っ掛かりなく入ってきました。 大変なんかじゃない。変なのだ。 孤独一式を一個のザックに詰め込んで歩きはじめる。スパイク長靴のザリッという摩擦音ですら孤独を演出してくれる。 自らの生命を顧みず、害虫は玉砕覚悟で吸血しにやってきている。生命の危機と言うよりも、本能。 この辺の言葉にじわりと共感しました。 ありがとうございました。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-09-06)

作品内で、「変なのだ。変だし、思考的に病的ですらある」とありますが、 読ませていただいて、変だとはまったく思いませんでした。 変と言うなら、毎日毎日本当はやる気がないのに、やる気のある顔をしながら 働いているサラリーマンなんかは変で病的だなあ、なんて思います。 私は散文を読むのがとても苦手なのですが、 隅から隅まで活きている文章で、すんなり入ってきました。 全身をマッサージす、の後が気になります、、

0
yamabito
作品へ
(2021-09-06)

つなしさん、こんばんは。プロレタリア文学ですか。以前、すでに廃止されましたが某サイトに参加していた時にそういったコメントいただいたことはございました。小林多喜二など、共感できる部分は多々ありますし。 いずれにしましても、各所に印象に残るフレーズがあったという事でうれしく思います。こちらこそ、ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-09-06)

まささん、こんばんは。そうですね、変ではないかも知れません。たぶん、そう、なんというか、自分だけの感覚なので、そこらへんは強引に行っちゃった感がありますね。申し訳ありません。 散文は、私も得意ではありませんが、なるべく本とか読むようにはしてます。いい年なので今更かとは思いますが、それでも得るものはそれぞれありますから。  あっ、それと最後の一文ですが、またやらかしてしまいました。「る。」が抜けてました。全く頭も抜けてますね( ;∀;)

1
羽田恭
作品へ
(2021-09-06)

>人は「大変ですね」と言う。大変なんかじゃない。変なのだ。変だし、思考的に病的ですらある。その実、大変なことなど何一つない。思い悩むことはないし、他者に頭を下げる必要もない。上司の顔色をうかがう必要もない。重い荷を背負い、所定位置から草を刈り始めるだけで良いし、ゴールまで刈ればよいだけだ。 ここに大変共感できました。 以前勤めていた牧場で一日に最大13時間働く事がしばしばあり、このような思考でやっていました。 牛のために働き続ける事、それがただただ喜びでした。 同じく労働への喜びがあるからこの作品ができたのだと思います。 あまり日の目を見ない仕事への誇りを描いた事を評価したいです。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-09-06)

お疲れさまでした。作業中に孤独だと思考が働くのはよくわかります。清掃業や単純作業は切ないですが、詩人に向いているんじゃないか、と思います。辛い人間関係のある仕事より、孤閨を括り、思考をある程度守れるなかに、ちいさな祠のように自由がある、と。 あと、アブの孤独を想像しました。あるのかなぁ。ある気がする。寂しい時には旅のように、唇に歌があるといいですね。

0
てんま鱗子(淑白)
作品へ
(2021-09-06)

「孤独は解放される」と言うのが、 表現についてぐっとされていて、人の複雑な心の表情を、その豊かさを、 言葉を知らなきゃ、これからでも遅くはない、と思います。 脳、と言う「顔」も優しく感じ得ますし、何か大事なことを言ってしまった後、登場する主人公。  自分の感情を記録化して、物事を覚える。極限に正しく捉えてる、極限というのは真実という値に対してはプラス心でないと間に合わないから。 そして、ただ淡々と語っていくだけでも「発見」は必ずあるものだし、「悪くない、というのがまして詩の本質」だと思う。カテゴリーにしないんじゃなくて、カテゴリーにもへんげするけど、カテゴリーにならないという規律を守る。 それを感知出来てる。 前も好きだったのですが、やっぱり感動をしました。人に聞かせたくも思いますので、この作品を自分のブログにあげていいですか?

0
yamabito
作品へ
(2021-09-07)

 羽田恭さん、おはようございます。  酪農に従事されておられたのですね?とても素晴らしい仕事だと思います。私は今、こういった作業のほかダブルワークをこなしております。本業は昨今のコロナで、良い時の数割といったところです。余談でした。  そうですね、仕事のことを作品にするかたはあまりいらっしゃらない気が致します。仕事に限らず、平凡な日常などを抉っていくことで面白いものが書けそうな気がしています。  お読みくださり、ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-09-07)

 湖湖さん、おはようございます。  労っていただきありがとうございます。  作業の種類にも拠るかと思いますが、こと、私のように淡々と草を刈る作業は単純作業ですから、最も脳が動いているわけです。一方、料理などを作る仕事では、料理についてひたすらイメージし、作り上げるので脳は目的に向かって進んでいくのがわかります。  アブに孤独はあるか?とのことですが、あるのだろうと思います。それは彼ら、彼女らがそれを認識しない所での孤独なんだろうと。つまり孤独を感じる機能はないんだろうとは思いますが。  お読みくださり、ありがとうございました。

0
yamabito
作品へ
(2021-09-07)

 てんま鱗子(淑白)さん、おはようございます。  御講評の文章がちょっと私の中で消化できなかったのですが、ニュアンス的に何となくわかった気がしています。今回の作品は、自分的には散文と散文詩の中間のようなものとして投稿いたしました。月に二作ほど他サイトで散文を投稿し、あとの3~4作は詩を投稿しています。散文は一歩間違えると「作文」になってしまいがちです。そこが難しい部分ですよね。  お読みくださり、ありがとうございました。あと、どこにでも貼り付けていただいて結構ですよ、このようなもので良ければ。感謝します。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2