まごころをこめて、君の詩を批評で人格攻撃するね♡ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

まごころをこめて、君の詩を批評で人格攻撃するね♡    

あるときは、作品に自分の何か(心だとか思いだとか)が書き込まれているといい、 あるときは、テクストと自分を切り離す、そこの君! 都合よく切り替えるのは良くないぞ! だって、作品を読んで人格攻撃なら、 作品には、貴方の何も書き込まれてない、と言わないといけないでしょ? 伝わるとかそんなことも言っちゃだめだぞ! 大人の約束だ! さぁ、俺を人格攻撃してくれ!思う存分殴ってくれ! 今から俺をめちゃくちゃ書き込むぞこの作品に! 全部見て! テテククノノヘヘヘと、 千年が、長かった、 人の時代が、 トイレへ、真っ逆さまに、 垂直落下していく、 そんな季節だった、 持病の名前は、 宮沢賢治、と 書かれた漢字だった、 この世紀は、 改めまして、 呪われている、 (手を引いた  冷戦が、  熱を帯びなかった、  それだけでは済まされなかった、  死ぬことに慣れていく、  体だけが、この、家の中で、  生き残った、  君の人格を、  攻撃するよ、  雨の中やってくる、  トトロが、  ジブリが忍び寄ってくる  濁音を落としながら  ドドドドドっと、    僕の幼少期、  映画は蒼かった、  すべてが薄暗い、  中で、映画だけが、  蒼かった、  でも、  宮沢賢治は、  青ざめていた、  魂が、  引かれていく、  雪の中で、  妹が死んでいくこと、  が、青ざめていく、  映画だった、  そそそそししして、  すべての映画は青ざめている    そそそそししして、  宮沢賢治に、引用されていかなければならない  この映画は、青ざめていかなければならない、  かしこ  僕は今、やってるソシャゲ全部で、「湿地帯の方へ」という名前でキャラを作っている  その前は「雨と祝祭」だった  恐らく次は「ケンジとヤクザ」か「どらえもんと百年の孤独」になるだろう  人に救われていかない、  椅子、  座ることへの、  鉱脈、  また、枕から、  掛けられていく、  海、と、  沿岸、  船は、垂らされた、  涎、  宿らなかった、  神、  なぜ、人が神を捨てることができるのか  sensei  ima,kara,boku, ha  ドボン、と、  日本語の、  ドツボに、  やっぱり、  ドボンと、  ビバ!、札幌、  と、言いながら、  ドボン、と、  落ちていきますね、  ドボン、  失われた作者を求めて、  まごころをこめて、  君を、ぶん殴るね  良かったね!  そしたら出てきた、  君の、ろくでもない人格!  大好き!    詩の話はしない、  だってくだらないから  それは何一つとして  自分以外の何かを救わないから  大好き!  「わたくしはいまこころからいのる」  僕は賢治のこの詩句を本気で信じている    言葉が、私だった、  季節はない、  私が、言葉に燃やされた、  時代はない、  私が、  言葉だった、  作品はない、  貴方がもし、  言葉だったら、  貴方は燃えているだろう  燃えているよ、  この、私が、    「せわしく、明滅し、   いかにも、たしかに   ともりつづける   交流電灯の   ひとつの、青い、照明として」  燃えているよ、  貴方の作品を燃やしつくす、  作品を書くために、  燃えているよ、  青く、引用されていく、  賢治が、雪の日に、  祈ったように、  私は、私を、絶え間なく、  引用していくよ、  だから、  今すぐ、  俺を人格攻撃しろ、    大好き!  皆、大好き!  本当にくだらなくて、  どうしようもない馬鹿ばっかだから、  大好き!  修羅がやってくる  トイレを借りに、  この春に、    僕は、貴方を知らない、  だから大好き!    いま、まごころをこめて  君を人格攻撃するね、  愛、  なんで皆そんなに自分を信じてるの?  意味わかんない  なんで、そんなに言葉だけで書かれた世界に自分があると思ってんの?  意味わかんない  俺が馬鹿だからなのかな  でも、皆大好き!  お前らの事全然知らねーけどな  大好き!                            

scroll


作成日時 2021-07-10
コメント日時 2021-07-20
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

まごころをこめて、君の詩を批評で人格攻撃するね♡ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 25
P V 数 : 2271.4
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 106
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/07/26現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性100100
可読性00
エンタメ22
技巧22
音韻00
構成00
総合ポイント106106
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性5050
可読性00
 エンタメ11
技巧11
音韻00
構成00
総合5353
閲覧指数:2271.4
2021/07/26 07時55分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

まごころをこめて、君の詩を批評で人格攻撃するね♡ コメントセクション

コメント数(25)
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-07-10)

泣きなさい、諸君。生きているのなら。今ここで。

0
蛭子子
蛭子子
作品へ
(2021-07-10)

宮沢賢治のくだりにしっとりとした物悲しさや、郷愁みたいなものが込められていて好きでした。人格攻撃のくだりとか、みんな大好きのくだりとかはちょっとつんのめってる感じがしました。

0
紅茶猫
作品へ
(2021-07-10)

ダベりという設定で、本当にただのダベりになってしまっているなという印象でした。 宮沢賢治という下書きもリスペクトの前をうろうろしているというか、タイトルのインパクトがあまり感じられない本文でした。

1
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-07-10)

えと、ダベリの設定なんて設定してないんだけど・・・。てっかそれどんな設定なん? ま、いっか。

0
cold fish
cold fish
蛭子子さんへ
(2021-07-10)

はい。すみませんでした。 でも、皆の事が大好きなんです。 この気持ちは抑えられません! だから書きました

0
森石 州未州
森石 州未州
作品へ
(2021-07-11)

フォーラムにおいて、この作品および氏の発言について言及させて頂きました。 サイトの健全性のため、なにとぞ建設的なご意見をお聞かせください。 ここで語るのは氏の思惑でしかないため、お勧め致しません。

1
不変蟹藻
作品へ
(2021-07-11)

じぶんのなにかをかいていようが かいていなかろうが おれのしにジンカクコウゲキがこないときは おれはさみしくてさみしくてしかたがないなぁ みんなはさ、ごじまんのことばのナイフとやらをもっているらしいからさ それでおれのしをころしてくれよ ジンカクコウゲキしてくれよ おれはおれがしぬときに はじめてしがもたらされる はじめていかさせてもらえる じぶんのこころをかいていようが かいていなかろうが おれはおれのしにとってジャマモノでしかないから はやくころして〜〜〜〜〜

0
不変蟹藻
作品へ
(2021-07-11)

「ここで語るのは氏の思惑でしかないため、お勧め致しません。」 このような言葉がありましたが、私は作者さんに向けて一層強く伝えたいがために、ここで書きました。

0
cold fish
cold fish
森石 州未州さんへ
(2021-07-11)

返信しておきました。 モリッシースミスさん。 頑張って。大好きだよ。

0
cold fish
cold fish
不変蟹藻さんへ
(2021-07-11)

お前も俺と同じように粛清だな。

0
トビラ
作品へ
(2021-07-11)

僕はおもしろいと思います。 どこにおもしろさを感じるかというと、知覚できないものを知覚して言葉にしようとしている感じがするところですね。 そして、作者自身が書き込まれたものほど、批判するのは難しいとも思いました。 というのは、作者自身が書き込まれたものを批判することは、作者のパーナリティを批判することでもある。 難しいですよ、それは。 どんな関係でも相手に対して、それは違うんじゃない?と言うのは。 自分の方がわかっているという前提がないと、わかっていない上司のようになってしまう。 連呼される「大好き」もたぶん嘘ではないと思えるのもおもしろいですね。

0
よびな
よびな
作品へ
(2021-07-11)

この詩を読んで思ったことです。 人格攻撃が恐ろしいのはどうしてなんでしょうか。 人格=私=自己の肉体、生命(肉体や生命は自己のもの以外にありえません。他者の肉体や生命は物体です。私たちは言葉によってしか他者の肉体を認められません、かね?)=自己の肉体の保全=死への恐怖 でしょうか

0
沙一
作品へ
(2021-07-11)

展開が変則的でアシッドなロックを聴いているような文体に、酩酊感を誘われる快楽があります。 云ってる意味内容はべつに重要ではない気がするんですね。扇動的な文面に、皆さん踊らされ過ぎです。主張の是非を検討したいが為に詩を読んだり書いたりしてるんでしょうか。詩ならではのことばの妙味を、もっと楽しんだらいいのにと思ってしまいます。

1
cold fish
cold fish
トビラさんへ
(2021-07-12)

人間は矛盾だらけですねはい。 でも人間だもの!

0
cold fish
cold fish
よびなさんへ
(2021-07-12)

人格って何なんでしょう。 私にはよくわかりません。 精神も人格ももとはドイツ語の翻訳です。 私達はたくさんの外国語でできています! だからじぶんのことがよくわかりません。

1
cold fish
cold fish
沙一さんへ
(2021-07-12)

意味なんていらないんです。 そんなものはいくらでも作れるからどうでもいいんです。 センスで真っ向勝負するんです。 最後に残るのはセンスだけなんです!

3
よびな
よびな
cold fishさんへ
(2021-07-13)

返信ありがとうございます その通り!だと思いました。その通りですありがとうございます!!私たちは日本語話者ですから、私たちは儒教や仏教語の翻訳や、キリスト教、近代ヨーロッパ哲学の翻訳でものを考えていると思います。それがどうでも良いことか、それとも感心を持つべきことか、断言はできませんが、私は明治維新を習ってからそこが気になります。 ありがとうございました。

1
名無しの右派アナーキスト
名無しの右派アナーキスト
作品へ
(2021-07-13)

なんかアンチとゆーか反骨とゆーかそーゆー感じなんかもしれへんけど、結局ちゃんとした詩になっちゃってるところがダサいわ。いやこれゆーてもどーせちゃうゆわれるやろうし、飄々と返されるんやろうけど。読む人をおちょくっとるような部分がちゃんとした部分の邪魔しとるしちゃんとした部分がおちょくってる部分の邪魔しとるわ。おちょくるなら最後までおちょくらんと。素人意見やけど。

1
cold fish
cold fish
名無しの右派アナーキストさんへ
(2021-07-13)

いや、普通に詩にするつもりで書いてるんや。 おちょくり続けるのは簡単なんだよ。でもそれって私の中ではつまんないんだよね。 こういったほうが良いかな。全部、俺だ、私だ!、おちょくってる部分もちゃんとしてる部分も 全部含んだうえで私だ、俺だ!

0
白川ロイヨ
作品へ
(2021-07-18)

そもそも言語を用いて人格を攻撃する、なんて本当にできるのかしら そんなことを思いました

0
狂詩人
狂詩人
作品へ
(2021-07-19)

ピ!ピ!ピ!ピ!と鳴っているのは、詩自体ではないのか?詩人か?我々は宇宙人か?宇宙人ではないのか?←如何せん陳腐!ちんぷんかんぷん!馬鹿げた何者も馬鹿げてはいないのですよね。作者さま、言葉のゲル流動は飛散し、拡散するが宮沢賢治はどうだ、動脈、静脈、ハレルヤ土足で疾走する低画質の恐竜どもをぶち殺せるだろうか?は?姉の妹である掘削機を破損して、貴方は無数である溢れる逆説を狂うストップ。

0
cold fish
cold fish
白川ロイヨさんへ
(2021-07-19)

そうなんですよね。 僕は馬鹿なので良くわからないんです。 皆の言ってることが。

0
cold fish
cold fish
狂詩人さんへ
(2021-07-19)

ぬ、ぬ、ぬ、狂ったのです、ね、とにかく、 く、狂ったのです、か、か、か、 と、走っていくしかなったのです、 ケンジミヤザワは、埋められました、 私は言葉をしっています、いえい、 あなたにもあいを、

0
作品へ
(2021-07-20)

筆者には書きたいことがなくて、ただ奏でたい欲望があるといった印章。意味は無いと、筆者は断っているが、少なからず言葉の関連性はあると思う。トイレがヒントになった。糞、そして糞野郎も書かれてあると思う。ドボンとか濁音とか、糞を捻り出す時の音だし、そしたら出てきた、君のろくでもない人格という詩句からは、出てきた=糞と考えれば、君のろくでも人格、つまりは糞野郎なのかと。何でこの作品に宮沢賢治が出てくんねーん。青色繋がりか。連想ゲームのようだな。宮沢賢治を知っている人には嬉しい小ネタが多々出ていて面白かった。北野ブルーも意識されたのだろうか、何となくそう思った。筆者には音が先にあって、意味は全て偶発的なものだろう。テテククノノヘヘヘと、そそそそししして、音が良い意味で面白い。テクノへと、そして、と書くより印象に残る。

0
cold fish
cold fish
類さんへ
(2021-07-20)

書きたいことは全部、音にした。あああ、いいい、ううう、でも悲しみや喜びは描ける。だから、意味をすべて音に変えたんですよ私は。君たちがくだらない意味をくだらない言葉で書き込んでいる間に、私はもうそんなくだらないことを全部やめたヤクザなんです!意味を書き込むより、ただ音だけのほうがよりそれを描くことが可能なんですよドカーン。 意味が欲しければいくらでも書いてあげるよ。でもそんなものはいくらでも作れるから飽きちゃったんですとほほほ。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2