クロッキー 1(美味しいお菓子のつくりかた) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

クロッキー 1(美味しいお菓子のつくりかた)    

      架空少女事典  あ から ん までの  きみ のこと  ろくがつ だけが  かすんで る 水田  帯解寺の帰り道  奈良の盆地の五月晴れ  水田若穂に渡る風  あぜ道道草帰り道  生まれくるもの帰り道  生まれゆくもの帰り道 美味しいお菓子のつくりかた  いつものとおりだと  泣いてしまうので  美味しいお菓子のつくりかたで  カレーを作る 民謡  夢やぶれて帰途  どこからか  いしころ一個のうなり声     んんん ん     ああああああ      えええ        あんあああああ  ずるいよ  まだ帰れない  まだ帰れない 大地に翔る    アフリカ西海岸港町フリータウン  片足のない子供達のサッカーチーム  瞳はダイヤモンド以上に輝いている  鉄鉱石、ボーキサイト、ダイヤモンド、  カカオを産出する  富める大地の国の平均寿命が  四十に満たない  子供達の瞳は輝いている 夏が逝く  日焼けあとのしろとくろでは  味が違うのだ  違うと思うから  何度も確かめようとしているのに  その境目でほら  邪魔が入って  夏はまだ終われない  感じるままを確かめるまで  横たわったままの夏は  まだ終われない 考古学者になりたかった  届かなくなったんじゃなく   手を伸ばさなかったんだろう  今じゃスーツにネクタイ  ぼやくことが癖になっても  振り返れば置き去りの夢が  今でも僕に笑いかけている 全自動じいさん  全自動じいさんは全自動ですが、梅干しを混  入させると、寂びてしまう恐れがありす。  そこで、改良されたグレート全自動じいさん  は耐性が強く、決して寂びることも侘びるこ  ともないのですが、面白味はありません。政  府としては、グレートタイプを強烈に推奨し  ていますが、東京都神田中古市場では、現在  廃盤となった桃太郎侍センサーの付いている  タイプなど、圧倒的に旧タイプが人気です。   巻き戻しは効きません。 デリシャスピンク  卵を産もうとするシャケは身が白くなる。  まずまず白くなっても味は変わらないと思  うのだが、それでも紅いほうが美味しそう  に見えると、おじさんは卵を取り去った腹  に紅麹をなぶりつけて、物干竿に吊るす。  紅麹は亜硝酸と違って身体にいいこともわ  かるんだけど。なんで白くなるのかおじさ  んに聞けばすぐ答えてくれるのだろうけど、  つまんない。腰の曲がったおばばに問うて  みると、見事に頬を染めてくれた。 あとがきにかえて  最後の頁は白  いくつもの空を渡って  うたが君の心へ届いたなら  いくつもの虹を越えて  ことばが君の心へ入り込んだのなら  君の心の中でもひとつのうたが生まれる  としたら  最後の頁は白        

scroll


作成日時 2021-06-08
コメント日時 2021-06-10
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

クロッキー 1(美味しいお菓子のつくりかた) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 571.0
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:571.0
2021/06/18 16時55分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

クロッキー 1(美味しいお菓子のつくりかた) コメントセクション

コメント数(6)
鳴海幸子
作品へ
(2021-06-09)

調べてみると、なかにはだいぶ昔に書かれた詩もあるようですね。何年経っても同じような詩を書くことが出来るのだとしたら、それは面白いなと思います。小詩集のようになっている投稿は僕はコメントしづらいのですが、「架空少女辞典」が良いと思ったので、それだけ書いておきます。

1
沙一
作品へ
(2021-06-09)

架空少女辞典、まるで澁澤龍彦の著書にありそうなネーミングが好いですね。

1
neue Ära records
作品へ
(2021-06-09)

ABさんの作品って、私のなかではヒットする時としない時があるんですよね。で、それっておそらくは読む側の私のほうのコンディションとかおかれてる状態に依ってるんだろうなとはいつも思っていて。ABさんは淡々と作品を投稿されていて、特別に変わることがなくて。ABさんがみえているその情景、表出されてるものが私のなかでヒットするタイミングって、おそらくは私が余裕があるとき、遊びの気持ちが満載な時なんですよね。今作、ABさんのラフスケッチ的な要素が多分に含まれていて、心地よい感じがあります。

1
AB
鳴海幸子さんへ
(2021-06-10)

そうですね。 17年ぐらい前で、その時に前世紀末を思いながら書いてたような、とかいうものを掘り出してます。 今でも読んでもらえるのがひとつでもあってよかったです。 コメントありがとうございます。

0
AB
沙一さんへ
(2021-06-10)

んん、そうですよね。いいですよね。 即興ゴルコンダのお題です。自分ではこういもの出てこないので、楽しかったりします。 コメントありがとうございます。

0
AB
neue Ära recordsさんへ
(2021-06-10)

お読みいただきありがとうございます。 もう、なかなかわいてはこないので、と前にも言い訳したような気がしますが、何か自分でひっかかる昔のものをつぎはぎして、投稿してます。 そうか、余裕がないときは、逆に読むより 書く方がいいのかもなんてコメント読んで感じました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2