ワクチン - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ワクチン    

緑のトンネルを抜けたところに街がある 日よけ帽子を被ったおばあさんが  今日ワクチンを打ったのよ!と 花が咲いたみたいに笑って話している 東京オリンピックの年に結婚をしたおばあさんは おじいさんを去年亡くした いっしょに東京オリンピックを見るのが最期の夢だったのに!と言いながら それでもうれしそうに揺れている 会いたかった人に会いに行くの そんな声が街のあちこちから聞こえるものだから 飛行機は大きな音を立てて飛んでいる パン屋は美味しいパンを焼き 広場の清掃員はベンチをきれいに拭いている こどもの蹴ったサッカーボールが目の前に転がってきたり 電線に並んだ鳥が一斉に飛び立ったりしている この街の今日は、いくらかよい気分だ 何丁目の誰の家で患者がでたと噂が立ったこと 長く続いた老舗の料亭がひっそり店じまいをしたこと 職にあぶれた若者が部屋の中で動けなくなっていること 誰かが誰かにうつしてしまったのをずっと悔んでいること そういうものを街の奥にぎゅっと抱えこんだまま どうしたってどこかに向かって進んで行く 街のはずれには四つ角がある カーブミラーはしずかに脈打ちながら いつもと変わらず太陽の光を反射させている


作成日時 2021-06-02
コメント日時 2021-06-10
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ワクチン ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1357.4
お気に入り数: 1
投票数   : 2
ポイント数 : 3
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成11
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成11
総合33
閲覧指数:1357.4
2021/06/18 18時09分33秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ワクチン コメントセクション

コメント数(14)
羽田恭
作品へ
(2021-06-02)

北海道の田舎でさえもコロナ発生の話はしばしば聞きます。 東京や大阪の医療関係者だと相当苛烈な日々だったかと思います。 身近にいる牛が死んでいくでさえ、苦痛を感じるものなのですから。 (今は肉牛の子供を世話しています) 記録としてもこの詩は重要ではないでしょうか。 即興で川柳の返詩を。 日常 生と死超えて 合掌 晴れた日に まずは心へ ワクチンを

1
武田地球
羽田恭さんへ
(2021-06-03)

記録としても重要、ありがとうございます。 後で読み返して、そんな風に思えたらよいなあと思います。 即興の川柳の返詩、とてもうれしいです。だいじに読みます。

0
沙一
作品へ
(2021-06-03)

東京オリンピックの年に結婚をしたおばあさんが、おじいさんといっしょに東京オリンピックを見るのが最期の夢だった。そのおじいさんはもう亡くなっているのですけど、もういちど東京オリンピックを見ることが、結婚の思い出をふりかえることにつながるのでしょう。それを心に留めながら次の行を読んだとき、不覚にも琴線にふれました。  会いたかった人に会いに行くの 思い出にふれるとき、人は、会いたかった人に心のなかで会えるのかもしれません。 いまこのご時世さえも、未来には一つの思い出となっていることでしょう。会いたい、そう想う人がいる、想ってくれる人がいる、なんて幸せなことだろうと感じます。 街で見かける人たちも、誰しも想いを抱えながら生きているのかもしれませんね。

0
武田地球
沙一さんへ
(2021-06-04)

頂いた感想で泣いてしまいそうになって、誰かとこういう交流ができるのは、本当にありがたいことだと思います。 またがんばって書きます。

0
otonano_furi
作品へ
(2021-06-05)

今までと変わらない何気ない風景の中でも、今まで違うどこか引っ掛かりが生まれるような今。今だからこそ生まれた哀しさと喜びが入り混じった世界が言葉からひしひしと、伝わってきました!どこに向かうのか誰にも分からない思いに共感しました!

1
エイクピア
作品へ
(2021-06-05)

気持ちのいい詩かと。全然違いますが好川誠一の詩をふと思い出しました。またその詩を読んでみたくなるような。

1
武田地球
otonano_furiさんへ
(2021-06-06)

おはようございます。 共感してくださってうれしいです。 >>今だからこそ生まれた哀しさと喜びが入り混じった世界 今日を一生懸命に生きて、そんな詩を書いて行きたいです。 ありがとうございました。

1
武田地球
エイクピアさんへ
(2021-06-06)

おはようございます。 何かをおもいだしたり、何かを感じてもらえる詩になっていたら、とてもうれしいです。 またがんばって書きます。

1
azul2010
azul2010
作品へ
(2021-06-07)

なんとなく「希望」のようなものを感じました。 「いろいろと悲しいことや辛いことはあるけれど、 そんな中でも素敵なことや嬉しいことがしっかり存在している」 ということを感じて、素敵な詩だと思いました。

1
よびな
よびな
作品へ
(2021-06-08)

この詩を読んでの感想です 家の中、と外の町、という情景が浮かびました。外の町はいつも秩序立っていて、外の町の秩序は家の中をぎゅっと重たくさせるのかもしれないですね。

1
neue Ära records
作品へ
(2021-06-08)

村上春樹さんは長編と短編とエッセイを一定のスパーンで出されるわけなんですが、武田地球さんの詩的な作品とエッセイ的な散文を、ほぼ一定に交互に出されてるのって、妙に気になるところ。詩的な作品を書くにあたっては、何かしらのエネルギーが充満するのが必要なのかもしれません。それはけっこう負のエネルギーの密度みたいなものがあるようにおもうんです。日常には負の粒子たちがうようよしていて、武田地球というアバターを形作るみたいなもの。形状化されたアバターが語り出す詩、みたいなもの。一方でエッセイ的な散文はその負の粒子たちの観察日記だったりする。今作はいうまでもない、観察日記だろう。ここに出てくる街や飛行機やパンやベンチやサッカーボールたちは、武田地球さんの自意識から認知された分身たちで、負の粒子たちに覆われ、形状化されている。つまり形状化とは生かされてるものたち。操作維持するパン屋さんや清掃員たちに自我はない。なぜならば無自覚だから。いうまでもなく現実の世界のその人らが自我がないのではなくて、村上春樹が書くのっぺらぼうな人物たちと同じに「物語」にしてしまえば多くのオリジナルがどこにでもある「ような」生に変えられる。死んでるみたいに。殺すわけではなくて生かされているということ。それは共感を増すことで今の時世にあっては訴求力が認められる。 時代や流れは変わる。思うに僕は、今必要な、、、いや、今、僕が欲しているのはそんな自我無しの物語を殺す別の物語だと、そう思うのです。ワクチン。

0
武田地球
azul2010さんへ
(2021-06-10)

希望、すてきな詩だと言っていただいてありがとうございます またがんばって書きます!

0
武田地球
よびなさんへ
(2021-06-10)

家や街やなにかの情景が描けているのならうれしいです。またがんばります!

0
武田地球
neue Ära recordsさんへ
(2021-06-10)

ちょっと難しいコメントをありがとうございます。たしかに観察日記は好きです。 みんなにもきっと詩を書けるときと書けないときがありますよね。わたしはあせらずに、そのうちにもっと素敵な詩をかけるようにがんばります。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1