君の舌を思い出してる - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

君の舌を思い出してる    

僕が君の唇を奪った夜 あの子は僕を笑ってた 目の前で 指をさして 余裕だったんだろうね 君の彼女だったことに 居酒屋は賑わっていた 君があの子を語った夜 肛門を許してくれないと 腕組みして相談したね 真剣だったんだね 互いを飽きないために ファミレスに人はまばらだった あの子が僕に寄り添って歩いた夜 僕はそこにあった手を取れなかった 君は割って入り あの子の手を取って ホテル街に向かった あの子が好きだった そして 君も 終電は満員だった 君の唇をこじあけて 舌を絡めた夜 ムシャクシャしてやったけど 誰でもよかったわけじゃなかった あの子を君が追う あの子と君を僕が追う 三人の蹴る足が地球を回転させる 自転なんかしていない 僕らが動かしてるんだ でも疲れたよ もう君たちを追えない 誰かが僕を追うことはない 地球は自転を終えるだろう さよなら 二人とも 人類も そんな風に何度も思ったけど 君の舌の 唾液の雫と ざらついた苦味を思い出すと 僕は立ち上がってしまうんだ あの子と 君と 人類に懲りずに また駆け出してしまうんだ

scroll


作成日時 2021-03-19
コメント日時 2021-03-28

君の舌を思い出してる ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1056.6
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 1
#縦書き
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント11
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合11
閲覧指数:1056.6
2022/07/07 19時13分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

君の舌を思い出してる コメントセクション

コメント数(11)
白犬
作品へ
(2021-03-19)

極めて個人的な設定の物語がべーすになって居て、頭の悪い私は読み解くのちょとめんどいなと1瞬思ってしまったのですが、面倒な関係性とそれらの先に、それでも他者に対する希望を抱いてしまう、みたいな終わり方は、判る、というか、普遍性がある感じがして、好感を抱きました。ただ、文がすごくしんぷる過ぎて、殆ど詩の骨格しか描かれて無いような印象も受けたので、もっと文章に色気を出すというか、色々表現を工夫してみても良いかも?

0
小林素顔
白犬さんへ
(2021-03-19)

コメントありがとうございます。 この作品は個人的なことを掘り下げて普遍的な域へ達することが出来るかということを重点に書きました。なので、白犬さんに普遍性を感じていただけたのだとしたら、この作品は目標の一つに到達したと言えるかもしれません。また同時に、色々な表現の工夫に関しては、私の文章力では課題が多く、今回は「色気を抑えて書く」ことに気を付けて書いたので、白犬さんのご指摘は図星でして、今後の作品で、文体やレトリックを磨いていきたいと思っています。

0
白犬
作品へ
(2021-03-19)

ごめんなさい、言葉足らずでした。文章に色気を出す、では無く、「文章を書くこと」にもっと色気を出して良いんでない?みたいな意味で。色っぽい文章にしろという風に受け取られたなら申し訳無い(むしろそういう文体はこの詩にはあまりそぐわない気がするので、抑えて良かった気がする)或いは、狙ってしんぷるな文章にしてるということでしょうか?前から小林さんの詩を読んでいて、文章がすとれーとだなと感じて居て、それが小林さんのすたいるなのかもですが、もっと表現を磨いたらより光る作品のような気がして居たので。。。て、私自身、稚拙な表現しか出来無いのに、偉そうにすみません。お互い磨いて行きましょう!

0
小林素顔
白犬さんへ
(2021-03-19)

>「文章を書くこと」にもっと色気を出して良いんでない?みたいな意味で。 大丈夫です、伝わってます。むしろこちらの返信が誤解を招いたようで失礼しました。色気というか、私の場合は、下心ですよね。いままでそういう下心で詩を書いてきたもので、そのあたりを先輩方から「ネタに走ってる」「頭から上で書いてる」と指摘されたものですから、近作はそれを抑えて「詩を読まれることへの下心を抑えて書く」という試みに取り組み、今回もそれを行っていたのです。以前の詩は文章が剛速球ストレートでもバックボーンの浅さが否めなかったのは事実なので、その「剛速球でストライクを取りたい下心」を抑えて、遅いストレートでも丁寧にコーナーを突く詩作を心掛けていたのです。 >もっと表現を磨いたらより光る作品のような気がして居たので。。。 実を言うと、いまの「下心を抑える詩作」に一つのめどがついたら、「表現・技巧の鍛錬」に取り掛かる予定なのです。私は文体とレトリックが本当に苦手で、その部分にまだ手を入れられる技巧が備わっていないのです。現状は「下心の抑制」で、無駄な文体の癖を取り除いている作業を行っていると言い換えてもいいかもしれません。何らかの形で「下心の抑制」がうまくいったとき、次こそは表現・技巧の鍛錬に移りたいと思っています。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-03-19)

一人が自転をやめるだけで人類は終わっちゃうんですね。でも思ったことはひとを好きになれるという事は尊いことだと思います。

0
小林素顔
福まるさんへ
(2021-03-20)

コメントありがとうございます。 >一人が自転をやめるだけで人類は終わっちゃうんですね。 言われてみればその通りで、反論できずにいます。 一応説明すれば、「『僕』一人が自転をやめるだけで人類が終わってしまうと思えるほどに『僕』自身を取り囲む世界の存在証明が儚いものであり、その幻想ともいえるような自分の周囲の世界を支えているのが『君』と『あの子』で、『僕』はその二人を追いかけることでしかこの世界を維持できない、その『僕』の必死さ」を読みの一つの方法として提案できるのですが、自分で説明してて酷い自己嫌悪に陥っています。本当に、自意識の虚飾ですよね、これって。 私が福まるさんを凄いなと思うところは「自分の語彙を確信していて、詩作品に書かれている語彙にすり寄ることは全くしない」という、ある種の読者絶対主義的な確固たる矜持を感じるところです。私、詩人がどんな意図でこの単語使ってるのだろう、とかすぐ考えてしまうのですが、私が思うに福まるさんは、今まで覚えてきた語の意味を信じ、この世界の語がすべて共通の意味で書かれていると確信していると見受けられます。私などは、「今その単語、どういう意味で言った?」みたいなことをずっと考えて暮らしているのですが、福まるさんはそういうことは無かろうかと思われますし、多くの日本人がそういう「日本語の絶対的共通性」の中で生きているのだなと思います。何が言いたいのかというと、私をはじめとした詩を書く人間の多くが一字一句をちょっとしたレトリックで「察してほしい」と思っているのに対して、多くの日本語話者は、そんなこと知ったことではないし、もっと分かりやすい言葉で伝えてくれと思っている。そういうことを、福まるさんは私に教えてくれたのです。 勉強になりました。少し、考え直してきます。

0
白犬
小林素顔さんへ
(2021-03-20)

伝わって居たようで、良かったです。 >「ネタに走ってる」「頭から上で書いてる」と指摘されたものですから、近作はそれを抑えて「詩を読まれることへの下心を抑えて書く」という試みに取り組み、 なるほど。上のれすで、小林さんの作品は文章がすとれーとだなと感じて居たと書きましたが、実はそれはある時期から後で、その前はむしろわりと捻くれた印象の詩を書かれる方だと感じて居たので、れすを読んで納得しました。今は意図的にこうした作風を試みて居られるのですね。自分の弱点?を見極め、改善して行こうと鍛錬する努力、すごいなと思います。見習いたい。私は指摘をいただいても聴く耳を持たない(持つ余裕が無い)ので。。。 同時に、福まるさんへのれすを読んで、詩を書かれる方は、色々考えるんだな、とw作家の柳美里が、昔、「私的な言語を持つことは狂気に近いが、それでも、私的な言葉で書いていきたいという欲望を持っている」みたいなことを(読んだのだいぶ昔なので、違って居るかもしれませんが。。。)書いていたのを思い出しました。社会を覆う言葉の絶対性と、自分自身の言葉に対する感性(私的さ)、その間で葛藤もありますが、すり合わせたり、戦ってみたり、言葉を探っていくことが、詩の文体を作っていくことになるかなぁ、なんて考えたり。色々考えさせられ、勉強になりました。福まるさん、れす横入りしてしまってすみません。丁寧さを増した上で、再び速度も上げれば、それこそ詩の精度も威力も増した、すごいぴっちゃーならぬ詩人になっていけるかもですね。また、詩を読ませていただきます。では。

1
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-03-28)

セックスしたことないよと書いていたのに 君の舌を思い出してるを書いているっていう矛盾っぽさが小林の素顔なんですな。 でもね、私はさ「私は詩です」の文章が総掛かりで挑んでもね >あの子を君が追う >あの子と君を僕が追う >三人の蹴る足が地球を回転させる >自転なんかしていない >僕らが動かしてるんだ ここには勝てないと思うほどに好きです。 だから私はこっちの詩を担ごうと思います。

0
小林素顔
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2021-03-28)

コメントありがとうございます。 >セックスしたことないよと書いていたのに >君の舌を思い出してるを書いているっていう矛盾っぽさが小林の素顔なんですな。 どうでしょう、まだまだ隠れている素顔があるかもしれません。自覚がない部分も含めてですが。 >でもね、私はさ「私は詩です」の文章が総掛かりで挑んでもね [引用文] >ここには勝てないと思うほどに好きです。 >だから私はこっちの詩を担ごうと思います。 ありがとうございます。「私は詩です」に関する説明はそちらのコメント欄でいたしますが、その作品以上の詩情を引用部分だけで醸し出せているとしたら、嬉しいです。

0
田中修子
作品へ
(2021-03-28)

ああ、こういうことがほんとにあったのかなーと思わせる実感がこもっているなあって。 >でも疲れたよ >もう君たちを追えない >誰かが僕を追うことはない >地球は自転を終えるだろう >さよなら 二人とも 人類も > >そんな風に何度も思ったけど >君の舌の 唾液の雫と >ざらついた苦味を思い出すと >僕は立ち上がってしまうんだ >あの子と 君と 人類に懲りずに >また駆け出してしまうんだ こういうことがあって、その後素顔さんがヘテロセクシャルの男性トシテハー、などと大音声で言うようになってしまったのかなと。笑 でも、丁寧に書かれた良い詩だなあと思いました。 >自転なんかしていない >僕らが動かしているんだ ここ、いいですね。 懲りずに人類に駆け出してほしい。これからも。 私はセラピーの落とし子なのでどうしてもコメントとかもセラピー的になってしまうかもしれないし、多く自分のためのセラピー詩(たまたま成育歴がある思想の問題点を突いていたから、思想に対する批評という一面をある意味幸運に持てた)を書いてきた身だけれど、セラピー詩それ自体はそれほど問題ではなくて、ただ終着点になってはいけないのだと思う。 一回一番トラウマティックな部分を書いてしまうとしばらく抜け殻になって焦ったりするけれど、生きている限りどうしても物事は進んでいき、暮らしの中に詩になるものもたくさんあり、ゆっくりとこれからの作風を模索していけばいいのかなと思います。

0
小林素顔
田中修子さんへ
(2021-03-28)

コメントありがとうございます。 「実感がこもっている」「丁寧に書かれた良い詩」というお言葉を頂けて嬉しいです。 >こういうことがあって、その後素顔さんがヘテロセクシャルの男性トシテハー、などと大音声で言うようになってしまったのかなと。笑 ええ、まあ、そうなんです。笑 >セラピー詩それ自体はそれほど問題ではなくて、ただ終着点になってはいけないのだと思う。 >一回一番トラウマティックな部分を書いてしまうとしばらく抜け殻になって焦ったりするけれど、生きている限りどうしても物事は進んでいき、暮らしの中に詩になるものもたくさんあり、ゆっくりとこれからの作風を模索していけばいいのかなと思います。 おそらくは今後も、今作と同様に自分の詩作の中で避けられないテーマが持ち上がったとき、セラピー詩のアプローチは手段の一つとして使っていくと思います。それは、私にとってセラピー詩の「技法」が、思想面はもちろん、文体面で大きく作品に影響をもたらすものであると分かったからです。ただ、修子さんの仰る通り、終着点になってはいけませんから、その「技法」と、その他の技法とを組み合わせて、また新しい一歩を踏み出していけるように詩作していきたいと思っています。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1