日付の無い日記2 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

日付の無い日記2    

【イフ…】 25歳位からだったと思う。もっと前にも考えたりしたんだけど、この歳から考える頻度が増えてきたような気がする…。自分は詩をそれなりに書いてきているけれど、本当にずっと詩を書いていて良いのだろうか?ずっと詩を書いていきたいのだろうかと考えてしまう。「本当に好きな人はそんなことを考えない!そんな事を考える暇があるなら書いているし、読んでいるし、そんなの考える時点で好きじゃないんだよ。」「君にとって、まだ書き切っていないんだよ。だからそういった雑念が生まれるんだよ。」「別に離れれば良いじゃん!強制でも義務でも無いんだから。そんで書きたいときに書けば良いじゃん。」多分、この中のどれかを言われて終わる話なんだけどね。なんか考えちゃんだよね。詩を書いてきた時間を他に使って生きている自分の姿とか。何に使っていたのかな?って、そっちの方が楽しくやって生きていたりするのかな?って。まぁ、考えたって無駄なんだけどさ。でも、中学の時に買ったベースは未だにピックで好きな曲の1フレーズを弾く程度のレベルで収まっているけど、これとかスラップ演奏でバキバキやっていたりしてたんかなとか考えちゃう。詩が無いときの自分…私はバイクに乗るけど、方向音痴だったり近場で満足しちゃう性格で、なんだか持ち腐れみたいな所がある。だけど詩に時間を使わない自分がいたら、今頃はバイクで何処でも行っちゃう奴になったりしていたのかなとか考えちゃう。誰かが言った「続けること、それが大事だ。」違う誰かはこう言った。「終わらせることで新しい事が始める事が出来る。」あれだろうか…私の永遠の課題である「決断」という奴が詩に対する揺らぎを作っているのかも知れない。書いたり、時には読んだりしているけど、なんかフワーッとやって来てしまったからなのだろう。それが今になって迷いを作っている原因なのだろう。取り敢えず、「マジで詩を好きじゃないのかも知れないけど、書き切った感覚が出るまで書きたいときに書く。」この優柔不断さがやっぱりベストなんかも知れない。拡大解釈すれば、生まれてきたからには生きがいを持てとか、使命や意味があるんだと思いがちだけど、そんなの別に持たないでも良いのかもね。フワーッと生きても良いのかもね。 【潮の香り】 人には体臭があって、生活習慣でそれは変わっていくそうだ。私は酒と煙草をしているから臭いだろうな。でもどうなんだろう…。水を沢山飲んで、汗を沢山かいて、老廃物を溜め込まないで出すように心掛けているけど…やっぱり臭いかも知れない。実はもう加齢臭とかしちゃってんのかな?誰にも言われないだけで…だったら嫌だなぁ…。そう言えば、犬や猫に癌の匂いを覚えさせて発見させる研究みたいなのあったけど、あれは何処まで進展したのだろうか…。やっぱり機械の方を精度高めた方が良いのかしらね?でもさ、嗅覚に優れた動物じゃなくても、体調の問題で死期の近い人の匂いって何となく分かったりするよね。あれなんだろうね?潮の香りがしてくるんだよね。オシッコ垂れ流しの意識ない人の中に確かに死期が近い人は多いけど、何というか…本格的な潮、海の香りがするんだよね。だから職場の仲間同士で「○○さん、潮っぽくない?」「ああやっぱり?そう思っていたんですよ!」「こりゃ、近いうちにあるかもね…。」「塩対応の準備しておきます?」「なんでだよ。死後の対応の準備だろ?」「ああ~言葉って難しいっす。先輩の言った対応に決まってんじゃないすか!なんで素っ気ない態度しなきゃなんないすか!」みたいなテンプレ会話が行われて、1週間以内にお亡くなりなるみたいな流れがある。だからもし、私と親しい人が目の前でそんな匂いを出したらビビっちゃう。出来れば知りたくなかったなぁ~って思っている。海の町だからさ、ちょっと出掛けると直ぐに海の匂いがするんだよね。ああ~死の匂いだなと思っている。 【犬とレゲエ】 動物達には音楽を聴くという概念は無いらしい。しかし音楽に好みがあったり、精神に影響が出たりするらしい。これ嘘だろって思っているのは、蚊は電子音楽系を聴くと血を吸う気持ちにならなくなるって話。私は寝る前にアンビエント掛けながら寝たことが何回かあるけど、ガッツリ吸われまくってた。まぁ、汗っかき・O型・酒飲み・ニンニク健康信者の倍満みたいな奴だから仕方が無いのかも知れないね。ただ、何となく動物ってジャズとかクラシックとか静かな曲が好きそうなイメージがあるんだけど、サメはハードロックが好きらしい。活発的になるんじゃなくて、大人しくなるらしい。サメが出る場所ではミスタービッグとかギルティギアのサントラとか流していれば襲われないのかも知れない。そして犬はレゲエが好きらしい。特に子犬がその傾向があるらしい。犬の心拍数に近くて2・4拍子の繰り返し、ゆったりとしていて攻撃性のない音楽だからストレス解消されるみたいなデータがあるそうな。私は昔から願望みたいなのがあって、家庭が出来たら音楽が常に流れている空間にしたい願望だ。だが、私には赤ちゃんはいない。だけど、犬と猫がそれぞれ2匹ずついる。こやつらでその生活をやろうではないか!そうやってスピッツやラルクを流して過ごしたけど、なんか音楽に癒されているんだか分かんなかった。だからミッシェルガンエレファントをずっと掛けて過ごしていると活発になった。私はこいつらをロック好きな犬猫にしてやろうと思い、ブレイクコアやスピードコア、グラインドコアやデスメタルを聴かせたら狂ったみたいに暴れまくった。ここまで行くと身の危険とか攻撃行為に当たるのだなと理解した。じゃあ、仕方が無いとジャズ・ヒップホップ・クラッシック・レゲエと流すようになったら癒されてる感じの様子が見られた。そして動物と音楽みたいなネットニュースを目にしてからはずっとレゲエを流している。理由は単純、この中で私が聴くのはレゲエだから。冬だろうが、心が荒んでいようが、ボブ・マーリーのONELOVEが空間を包んでいる。 【CPU同士の対戦】 CPU同士を戦わせるという訳の分からない事をしている人達が居るらしい。でも意味があるらしく、格闘ゲームならデータを取る為に行わるらしい。コンピューター同士で戦わせてキャラ相性を見ているのだそうだ。対人の動画を見ればいいのにと私は思っていたのだけれど、そうすると人の操作レベルも考えて見なきゃいけないし、使用キャラに偏りが出るそうだ。これを弟から聞いた時にほえーとなったよね。そんな弟はある日、パワプロ君をCPU同士で戦わせていた。「これもデータを取ってんの?」って聞いたら「いや…暇つぶしだよ、面白いよ♪」なんて言うからさ「ゲームを楽しむならさ…ほら…自分でやった方が楽しいと思うよ?」と言ったんよ。そしたら「あ~姉ちゃん。姉ちゃんだって、音楽は触るけど、基本は聴いてる側でしょ?これはね、そういうのと一緒だと思ってもらえば良いよ。」だってさ。「で、でもさぁ…ほら、見るなら実況動画とかあげてる人が居るじゃん。その人達の動画を見た方が面白くない?」って言ったら「面白い人の動画は見るけど、同じゲームで何回もしてくれるわけじゃないし、実況プレイヤーと相性が悪いと何やってんだよコイツってイライラしちゃう事もあるからあんまり…。」なるほど、CPU戦を見ている人はこういった理由があるのか…。私は酒と肴を買って来て、弟と一緒に格闘ゲームやレースゲーム、スポーツゲームの観戦をしてみた。意外に空しさを感じる事は無く、「いけいけー!」と声を張るくらいに楽しんでいる自分が居た。それから暫くの間、野球なんて好きでもないのにパワプロ君のCPU戦を何度もしている自分がいた。例えコンピューター同士でもドラマはあり、熱くなれるのだ。自分でやった方が楽しいじゃん!って考えは絶対ではないんだなと知った出来事だった。


作成日時 2021-03-06
コメント日時 2021-03-06

日付の無い日記2 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 0
P V 数 : 305.6
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:305.6
2021/06/18 17時48分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

日付の無い日記2 コメントセクション

コメント数(0)

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1