薬売り - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

薬売り    

 ふと誰かが呼ぶ声にはっとして玄関に出てみた。やや関西訛りのする初老の胡散臭い中年が立っていた。薬売りだという。昔ながらの熊の謂だとか、小さなガラス瓶に入った救命丸など、まったく利きそうもない薬をずらりと並べた。  そんなもんいらねぇ、と言おうとするのだが、なんとなく巧妙に遮り、薬売りはするすると勝手に会話を続ける。並べてふっと一息吐き、「いかがですか?」と言う。意気込んで喋ろうとすると、「心の薬もあるんですよ」。真っ直ぐ物怖じせず一矢射るように言葉を発した。  行商人だから重い大きな風呂敷に包まれた箱を背負って歩いてきたのだろう、しかし蒸し暑い季節なのに汗ひとつかいていない。胡散臭そうではあるが、一本どこか筋のとおったような頑なさがあり、ロマンスグレイに近くなった毛髪をびしっと横わけにしている。 一流のマジシャンが行う巧妙な話術と沈着な物腰と所作、それらが何の変哲もない一家の玄関先で繰り広がられている。  「心の薬?そんなものあるわけないでしょう」 なるべく意地悪く吐き捨てるように言うのだが、薬屋は物怖じせず一点を射る様に見、「利きます」、と断定的に言う。四洸丸のパッケージのような袋に入っていて、五角形である。外側に草書で 心がよくなる薬 と書かれている。橙色の少し固めの袋を振ると、からからと一〇粒くらい入っているのだろうか音がする。 「とてもいい按配になりますよ、必ず変わってきます」 淡々と事務的に医師のように言い放つと、「一〇袋入って税込みで三一五〇円です」返事も聞かぬうちに、「ハイこれ」と領収書を切ってしまっている。たしか、買う、とは言っていなかった筈だったが、言ってしまったのだろうか、誰かに指図されたかのようにぼんやりとしながらお金を渡し、薬売りを見送った。  心が良くなる薬 なんとまぁ、大雑把でアバウトでそのまんまなんだろう、しかし、この大胆なネーミングが人を食っているようで憎めなかった。一億パーセント利くはずがないと口に出して言う。  一回一袋食後とある。未だ午後五時過ぎたばかりだったが、冷奴を半分胃に収め、水で薬を流し込んだ。甘く酸味のある薄灰色の薬は胃に収まっていった。  一〇袋入りのその薬は、三食後の服用だったので、ほぼ三日でなくなった。やられたな・・・、あり得ないと思っていたのだが、上手いマジシャンのような手口にやられてしまったというわけだ。舌打ちをしつつ、雑用をこなしていると、ふと聞き覚えのある声が玄関先で響いている。 「その節はどうも。ちょうど薬が切れている頃かと思いまして、伺いました」 文句を早速言おうとすると、「どうですか?毎日自分の心を見つめる事が出来るでしょう?それが大事なのですよ」 ・・・とまた、薬屋は領収書を切り始めた。「今度は一〇日分です、二回目だからお安くして、五二五〇円です」 しゃがんだ姿勢でするすると板の間に領収書と共に手を這わせ、右手で薬を同じ場所に並べて置いた。要らないと意思表示するのを手で遮ると、薬屋は一呼吸置き、射るような視線で薬屋は語り始めた。  自分の心が今何処にあるか、どういう風になっているのか、風邪をひいているのか、熱があるのか、傷がないのか。体のそこらへんが痛かったりすると薬や医者に行きますが、心がそんな風になっていても、人は無頓着なものです。自分の心が今何か困っているのではないか、その原因はなんなのか、あまり考えてはいませんよね。この薬の成分は申し上げることは出来ませんが、心の中身を見つめてあげる薬なのです。心が一番大事なのです、生かすも殺すも、死ぬも生きるも。どうですか?この薬を飲んで、少しは自分の中の心を白い紙に広げてみたりしませんでしたか? たぶん、あなたはこの三日間と言うもの、自分の心を客観的に観察者として観察し、見つめてきたのではないですか?今度はあと一〇日です。この薬を飲んだ時、或いは飲む時にでも良いのです、心を眺めてみてください。それだけ。それだけで心が良くなってくるのです。そして心というものはすべての根本なのです。人は一つのありがたいことに対し、感謝することから始まるのです。それは可も不可もない平凡な日常のなかでさえ当たり前に体験できるものです。感謝の心は待ち受けていた豊穣の土に種を蒔き、やがて成長し、それがあらたなる豊かな実を実らせ幸福を引き寄せるのです。 あなたが私の為にこうして玄関のあかりをともしてくれたこの光、この電灯というものを作り出そうとした人ですら、きちがい扱いされてきた時代があったのです。ありえない発想、つまり、心という無の物からあらゆるものは誕生したのです。あなたの周りにあるすべての事象、いえ、あなた自身の今、それらはすべて無からあなたの心が作り出した作品なのです。そのために、心が良くならなくてはどうしようもないのです。  一気にまくし立てるように言い放つと、最後にとびきりの笑顔をまき散らかした。 いつのまにか、結局頷いたりするのみで、いいように言い包められてお金を払い、薬屋を見送っていた。  薬が切れかけた頃、テレビで薬屋の逮捕が伝えられていた、薬事法違反である。 きびきびとした態度、眼光の鋭さ、定規で当てたような七、三の髪は煌々とひかりに照らされて輝いていた。背骨を軽く折りたたみ、一礼すると、何かをやり遂げたような安堵が漂っていた。  「利く薬がまたひとつ消えたのか」 私は、そうつぶやき、最後のラムネ菓子を口に放り込んだ。

scroll


作成日時 2021-03-03
コメント日時 2021-04-18

薬売り ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1414.3
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 8
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧22
音韻00
構成11
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成0.50.5
総合44
閲覧指数:1414.3
2021/10/28 03時27分38秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

薬売り コメントセクション

コメント数(12)
沙一
作品へ
(2021-03-05)

薬売りの胡散臭さがたまらない。怪しくて、不思議、しかし奇跡的なことなどはなにも起こらない、そのバランスが作品を堅実なものしていると思われます。文体にも艶があって好きです。おもしろい掌編を、ありがとうございました。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-03-05)

心に効く薬なら私も買いたいですが、そんな薬は無いのでしょうね。でもこの薬売りとの会話がなによりの「薬」だったのかもしれませんね。

0
yamabito
作品へ
(2021-03-06)

沙一さん、おはようございます。面白いと言ってくださり、ありがとうございます。励みになります。

0
yamabito
作品へ
(2021-03-06)

福まるさん、おはようございます。仰る通りだと私も思います。お読みくださり、ありがとうございました。

0
IHクッキングヒーター(2.5kW)
作品へ
(2021-03-07)

薬屋の胡散臭さ、語り手の反応、そしてオチ、絶妙なバランスの上に成り立っている作品だと思いました。引き込まれました。

0
yamabito
作品へ
(2021-03-07)

IHクッキングヒーター(2.5kw)さん、こんばんは。 詩でも散文でもSSでもそうですが、どう落とすかというのが難しいですよね。高評価、恐縮です。

0
IHクッキングヒーター(2.5kW)
作品へ
(2021-03-13)

投票をし忘れていたので入れておきます。返信等不要です。

0
afterglow
作品へ
(2021-03-19)

我が家にも隣県から年に何度か薬屋が配置薬の交換にやってきます。この作品に登場する人物のように長台詞を喋るわけではないのですが、父の生前からの付き合いが不思議と続いているのです。 「心の薬」が医師の処方箋も無く簡単に出てくるというのはよく考えれば怪しい。それはこの語り手も承知しているけれども、薬屋の堂々たる態度と所作とに妙に説得されてしまうあたり、読んでいてぐいぐいと引き込まれてしまいます。 プラシーボ効果、つまり偽薬であっても心理的暗示で効果が現れる話なのかなと思いましたが、そうではない落ちが待っていました。本当に最後まで作者に上手く導かれたと思いました。久しぶりに面白い作品が読めて嬉しかったです。

0
afterglow
作品へ
(2021-03-19)

すみません、妙に納得さ「せら」れてしまう、でした。

0
yamabito
作品へ
(2021-03-20)

 afterglowさん、おはようございます。お読みくださり、ありがとうございます。  文章を書くというのは本当に難しいものだと日々思いますが、時として、スルスルと書くことができる場合もあります。この文章も過去作ではありますが、ほぼ毎日のように創作をしていた頃だったかなと記憶添ています。やや手癖のようなもので書き綴った感はしますが、落としどころなどお褒めいただき大変うれしく思います。afterglowさんの御作も読ませていただこうかと思います。

1
ゆに
ゆに
作品へ
(2021-04-17)

 最後には結局、薬屋の意味する「いい薬」に納得してしまいました。いい薬とは何なのか。どんな薬もその人の心の持ちようでは効くものも効かないものだというのは妹の闘病生活から感じ取っていたのですが、言葉にして伝わったきた感覚は、なんとなくわかっていた今までの感覚と全く違って、妙に説得力に優れているように思えました。ただ、その説得力さえもなんだか少々胡散臭いようにも思えて混乱しましたが、そこがまた面白かったです。

0
yamabito
作品へ
(2021-04-18)

ゆにさん、お読みくださり、ありがとうございます。こんな薬売りが実際いたらなんか楽しいだろうなぁ~という、遊び心で書いたものですが、いろんなふうに感じていただいたようでうれしく思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2