私達の川に帰ってくる魚 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

私達の川に帰ってくる魚    

世迷言のだもうどしゃべらぃでも 心のまま、心のままよど 思うで来だのみにで 何が間違うだのが そんだ何がかは間違うだんべ 日ノ本の国の 日昇るべど沈むべど 何も感ずられぬままのふどに せめで 心のまま、心のままよど 願うのみにで ねの何気ね言葉で 傷づいでまるふどがいる ねの何気ね言葉で 突ぎ進んでまうふどがいる わんどが生ぎるべぎ道は 考えぃば考えるほど逸れでまったりで 何がにすがみづぐように すがみづぐように すがみづぐように すがみづぐように ああ とりづぐ島がまるでまぢがってど 何がゆうべぎなのが 何も感ずられぬままのふどに せめで 心のまま、心のままよど 願うのみにで そこそこに 願うのみにで        

scroll


作成日時 2021-01-21
コメント日時 2021-02-09

私達の川に帰ってくる魚 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 23
P V 数 : 1811.0
お気に入り数: 4
投票数   : 1
ポイント数 : 6
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧22
音韻22
構成00
総合ポイント66
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻11
構成00
総合33
閲覧指数:1811.0
2021/04/17 22時30分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

私達の川に帰ってくる魚 コメントセクション

コメント数(23)
なかたつ
作品へ
(2021-01-24)

 いつものようにすらすらと書くのはできなさそうながらも、思ったことを箇条書き方式にしてみます。 ・最初に調べたのは、どこの方言か。「か行」「た行」の濁音が多いことから東北系なのかなと。 ・タイトルが素敵。しかしながらも魚はどこに。 ・「土着」という言葉について考えました。言葉って何気なく使うことが多いのですが、こうやってコメント書きとかしていると、一つ一つの言葉の意味をよく考えるようになるんですね。あと助詞の使い方がすんごく気になるんです。  「土着」という言葉を分解するといろいろ考えが拡がります。「土が着く」なのか「土に着く」なのか「土を着ける」なのかなどなど、いくらでも拡がります。「人に土が着く」とか「人が土に着く」とか、こうやって助詞を入れ替えると主体が変わるんです。というのも、方言とか言葉って、「言葉が土に着く」とも言えるし、「言葉に土が着いた」とも言えるし、「人が言葉に土を着けた」とも言えるような。いずれにしても、言葉には土が着いていそうですね。そして、土の着いた言葉を使うことで人もまた土が着けられるような気がしていて。つまりは、方言を使うということによって、「人は土に着く」ことができるというか、証明できるというか、その一つの手段なのかなあと。 ・土があるから、川もできるんですね。土がなかったら、川は拡がってしまい、湖や海といった、だだっぴろい水になってしまいます。そして、土があるから、道もできるんですね。かな~り無理やりの思い付きですが、さっきのことと結びつけると、土の着いた言葉を使うことによって人は土の中の道や川を歩めるのかと。多分、この辺の考察を深めると、この作品がば~っと読めてくるような気がしてきました、というところです。

2
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

どの地方の言葉かは分からなくて意味が全部は分からないのですが温かみのある詩だと思います

1
AB
なかたつさんへ
(2021-01-24)

なかたつさんコメントありがといございます。 以下作者の説明という無粋なものになるので、読み飛ばしてもらえばと、、、 昨年、とある野暮用から、知人にアイヌの食文化のお話をうかがいました。多くの食材とともにエピソードもたくさん紹介してもらいましたが、その中で、鮭の漁業権の話がありました。全く知らなかったので驚きでした。本来の土地の民の神の川に帰ってくる神の魚なのに、漁業権がないのです。その思いを「カムイペッ/ア・カムイチェㇷ゚」(神の川/私達の鮭)というタイトルで書き始めてみました。アイヌ語がまともには書けないので、標準語で書いてみましたが、何かものたりず、津軽に近い言葉で、ごまかしている感じになってます。標準語バージョン、不要ですが、次のコメントにあげます。 で、その回帰に何かを感じてもらえれば嬉しく、私個人の場合は偽善かもしれませんが、世の中いろんな騒動もありますが、性善説で言われるようなほんとの自分に帰ってください、という気持ちがあります。

1
AB
作品へ
(2021-01-24)

(標準語Ver.) 世迷言をいうと言われても/心のまま、心のままよと/思って来ただけなので 何か間違ったのか/そう、何かは間違ったのだろう 日の本の国の/日が昇ろうと沈むもうと/何も感じられないままの人に せめて/心のまま、心のままにと/願うのみにて あなたの何気ない言葉で/傷ついてしまう人がいる あなたの何気ない言葉で/突き進んでしまう人がいる 私が生きるべき道は/考えれば考えるほど逸れてしまったりで 何かにしがみつくように/しがみつくように/しがみつくように ああ とりつく島がまるで間違ってると/何かゆうべきなのか 何も感じられないままの人に/せめて 心のまま、心のままよと/願うのみにて あたりまえのように/願うのみにて  

2
AB
福まるさんへ
(2021-01-24)

福まるさん お読みいただき、温かいコメントもありがとうございます。

0
なかたつ
ABさんへ
(2021-01-26)

ふむふむ、やっぱり月に1度くらいでもいいから対話をしてみたいなと改めて思いました。 ABさんが描く土地は乾いていなくて、やっぱり湿っているんですよね。それが何によってかというと、やっぱり、人。人の血と汗と涙と言えば安易すぎてしまうのですが、それらも含めたひろいひろい人の水分によって湿った土地。 それでいつも感嘆とさせられるのは、あまりにも多くの土地について「知っている」というより、湿った土地によってABさんもまた湿っている、とでも言えるような。 その話を聞いてすぐに浮かんだのが、最近読んでものすごく感銘を受けた上間陽子氏の『海をあげる』という著書です。沖縄のフィールドワークを主とする氏のエッセイ集なのですが、この「海をあげる」というセリフは、決してロマンチックなものではなく、背負ってきた沖縄の海をあなたにあげる、という意なのです。その沖縄の海が何を指すのかは、著書及び沖縄に住む方々がよく知るところで。多分、ABさんはこうやって、その土地に住む人が背負ってきた土地を背負うことができるのではないかと思わされました。僕にはそんな器量はなくて、改めて、書かねばならないという必然的な契機を求めて、地に足をつけ、時に旅人になりたいものです。

2
AB
なかたつさんへ
(2021-01-29)

なかたつさん 再度のコメントありがとうございます。 でも、僕はそんなことはないです。わかってなくて、うわっつらで、間違って、気づかなかったり、気づかないふりしたりです。で、僕も旅していたいです。 今、読み返すと標準語のほうがいいかもとか。 「海をあげる」さがしてみます。

0
長谷川哲士
作品へ
(2021-02-01)

初めまして。何方の言葉か、私不勉強でわからないのですが。リズムの感覚が良いなと思い、何度か声に出して詠みました。コメントページに訳詩が有って。そういうことかと得心しました。下手な感想ですが、良い詩ですね。ありがとうございます。

1
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-02-01)

方言が効果的に使われていると思いました。

1
AB
長谷川哲士さんへ
(2021-02-02)

はじめまして 繰り返し音読されたとのこと、ありがとうございます。それで何を感じられたか気になります。

0
AB
田中宏輔さんへ
(2021-02-02)

お読みいただきありがとうございます。 自分で読み返すと、甘いなと感じています。

0
藤 一紀
作品へ
(2021-02-03)

こんにちは。ABさんはこちらの作品だけでなく、方言を用いた作品を屢々書いていて、今回はまた違う地方の方言みたいなんだけど、やあ、また響いてくるなあと感じました。 で、なんで方言は響いてくるんだろうとここ何日か頭の隅っこに置いていました。 でも考えてみると、面と向かって方言ばりばりで話されたら、「何言ってんだかさっぱりわからん」みたいな気持ちで、耳を傾けるどころではないと思うんですね。知らない方言だとなおさらやりにくくて対応に困るだけだと思う。日常会話としての方言というのはそんなふうに、同じ土地に暮らす人々にとっては気にすることもないくらいのことだから、意識して耳を傾けずにすむし、知らない土地の人々からすると戸惑うので手一杯なとこがあって、耳を傾ける余裕がないものなんだろうな、と思いました。それが作品を作り出している書かれた言葉だから、その言葉の語りに耳を傾けることができるし、汲み取ろうとすることもできるんだろうな、と。 というのは標準語が一般的な書き言葉の空間では、方言は異質の言語であるという面もあるかと思います。 それから、なかたつさんも「土着の言葉」と書いているけど、書き言葉の時空間では失われた響きを方言の言葉が持っているんじゃないかと考えました。このあたりはクレオール語とかピジン語とかを連想するのだけどそれは置いても、標準語で語る言葉には方言の言葉に含まれる感情が漂泊されているんじゃないかということですね。意味を標準語に置き換えることはできても、音に含まれる感情までは置き換えられない。或いは置き換えることはできても、どうも座りが悪いと感じるのはそういうことなんじゃないか。 そういう標準語の書き言葉に慣れてしまった私に、方言の言葉が、標準語の世界では失われた音と音が持つ感情を立ち上げてくるから、それが私たちのなかの失われたというかいつのまにか置き忘れてきた音、それでしかぴったりこないような感情を呼び覚まして、それでこんなに響いてくるんじゃないかなと考えた次第です。 ついでにいうとそこのあたりで賢治と繫がってくるようにも思いました。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-02-03)

あ、投票忘れた。

0
AB
藤 一紀さんへ
(2021-02-05)

クレオール語、ピジン語 というのですね。形成の過程ではいろいろ厳しい争いなんかもあったかもしれませんが、ロマンを感じます。私はあまり深くは考えずに、読み手に沁みるかもしれないというものは阿漕に詩(ぽいもの)に入れていきます。考えすぎると失敗することが多いようです。それが土着という感覚に繋がっているかもしれません。 私の感覚では、沖縄も文法的にはヤマト、朝鮮半島と同じです。方言の端々に万葉言葉が残っています。中央でできた言葉が、時代とともに新しい言葉によって同心円上に僻地におしやられたかと、 あ、ずれたレスですみません。 コメントありがとうございます。

1
AB
なかたつさんへ
(2021-02-05)

なかたつさん 「海をあげる」検索しました。私、へたれで、紹介文を読んだだけでこたえてしまいそうで、まだそんな感情とか感覚が俺にも無意識にでも内在してたのかと。実際に読むにはかなり覚悟が要ります。でも、そのうちに。

0
長谷川哲士
作品へ
(2021-02-05)

北国出の、昔々に亡くなった母方のおばあさんの声を思い出した、と言う事を感じたのです。 全く個人的な印象です。作品に依って呼び起こされました。

1
AB
長谷川哲士さんへ
(2021-02-05)

長谷川さん 再レスありがとうございます。 たぶん、おばあさまからしたら、なってねえって叱られそうな言い回しですけど、、 何かひっかかるものがあって良かったです。

0
なかたつ
ABさんへ
(2021-02-07)

「海をあげる」という本は、ウチナーに住んだことがない僕でも十分すぎるほどに訴えかけてくるものがあって、一番よかったのが、一つ一つの個・生を丁寧に切り取っていたことなんですよね。その一つ一つの個・生というのが、様々なことによって一緒くたにされてしまうということ。しいては、僕らは本当に一緒なんだろうかと。僕が生きるうえで非常に気をつけているのが、「わかる」という言葉をむやみに使わないことです。視力だって違う、聴力だって違う、同じ出来事を目にしても、その感じ方は違うわけであって。でも、簡単にわからないからこそ、人は遠回りしつつも言葉を重ね続ける。そして、これもまた創作し続ける理由の一つでもあって。 傲慢で大変に申し訳ないですが、「海をあげる」という本を紹介できたのは勝手ながら嬉しいことですが、ただ、お時間とお気持ちが整って、然るべき時にでも手をのばしていただけたら幸いです。

1
R
作品へ
(2021-02-07)

以前、現フォでアイヌ語の題の作品を拝読した時は、カムイペッが概念的なものか実際にある川の名か判断に迷いましたが、こちらのコメントで納得です。私はこの作品、標準語バージョンの方が良いのでは?と思いました。 以下、感想が文章としてまとめられなかったので、代わりになるか分かりませんが返詩を。 故郷の川さのぼるシャケどもみてぇに 人も傷ばこさえながら帰(けー)ってくんだべか シャケが子っこば遺して死ぬみてぇにな 最期にゃ何か……ちゃんこくても何か光るもんば遺してぇて はっちゃきこいて伸ばした手へさ掴まさったもんが よそからは間違いに見えっかもしんねぇけどもよ 傷つけんで取り上げることもできねんだもんで 私も心のまま ……んだな、心のままさ したっけ、いつかは私の間違いも血肉さなってくれるべか

1
ABさんへ
(2021-02-08)

標準語の文も読みましたが、分かりやすい平易な語で婉曲な言い回しもなく、でも力を感じさせるすごい作品だなと思いました。語り手は誰かに向けて祈っているようにも思えつつ、でも実際には、祈る対象も言葉を訴えかける対象も不確かではっきりとは見つけられないでいるようにも思えました。というかこの語り手自身が神様みたいというか卑近な格好をしてるけど実は高僧みたな人が衆生を救うにはどうしたらいいだろうどうしたらいいだろうと苦悩している様子に見えました。宗教は全然詳しくないので適当なことを書いていますが、それでもこの作品が説教臭くも胡散臭くもならないのはそれだけ真剣味が感じられるからだと思います。

1
AB
なかたつさんへ
(2021-02-09)

はい、明日手元に届きます。

0
AB
Rさんへ
(2021-02-09)

Rさん その返詩、たまらなくいいです。ありがとうございます。 上にも書きましたが、私のは今では標準語Ver.のほがうがいいと思いますが、Rさんの道弁、とてもいいです。なまらいいです。響きだけでなく、とくに最後の一行もたまんないです。

1
AB
まさんへ
(2021-02-09)

お読みいただき、コメントもありがとうございます。 なにかしらの祈りを入れて書いているつもりです。今回は祈りそのものでもありますが、何か感じていただけたのなら幸いです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2