初めて覚えた言葉が最期の言葉になるのなら、言葉なんかいったい何になるのとあなたが言ったから - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

初めて覚えた言葉が最期の言葉になるのなら、言葉なんかいったい何になるのとあなたが言ったから    

困窮 心の病 殺人 誰でもよかった 自分の人生を、破壊するということ 与えられた役割 「君は、かかしのようにただそこに立ってさえいればいい」 そう命じられているのだとして、いったいどうするというのか それでいったい、どうするというのか 「破れたの?はい」 と言って、呆れ顔とともに渡された布切れ 補修して、形だけ服を着た人になった 色への親しみ、愛着とは無縁 雇い主は、麦わら帽子にお気に入りのワンピース、夏の音色が誘う方へ去っていった 美しい海の残像が、かなしみを強調し打ち寄せる 見送る私はかかし、用無し、縁なし ときどきカラスが肩や背中をついばむけれど、私に動かせる手はないの ほんとはあるけれど「ただじっとしてろ」と言われたから 食事なら食べた 雀と一緒に、地面にかぶりつくみたいにして食べた その時にしんだ 誰にも言わないけれど、この生活にときどき涙が出るの 涙がこの大地に滴って やっとの思いで乗り切った夏の終わり 出来た野菜をあの人は一言、「貧相ね」と言って放り投げた 私には命を育てる権利はなくて ただ消費されるだけ それでも私、誰のことも消費したくないの なくなった後にもそこにあるものを、知っているから 白い封筒が青や黄色になって、文字がだんだん赤くなる crisis あなたの人生が狂い出す うそ ほんとはもうずっと前から、隠してただけ 「crisis」 英語で書くとかっこいいね そう言って嗤って、君がカバンに詰めたそれが夜には、束になって襲いかかって心臓がドキドキと鳴って、眠れないね crisis、今日と明日と明後日の、昼ごはん削って税金納めた はたから見たらまともな人その人がcrisis 夢とか味とか新しい服とかないよ もうないよ あちらとこちらの話は、別だから 「良い暮らししてるやつとにかくぶっ飛ばしたい、腹立つから」と話す君の怒りのしたの悲しみに気づいてたけど、 言葉なんて、 何も、 かけられ、 なかった 短期的展望で誰にも迷惑をかけず人知れず自らをころして 長期的展望でけっきょく自分も誰かもころして、そうしていくのだから悲しいね 悲しいって、こんななんだね 困窮 心の病 殺人 誰でもよかった おめでとう 自分の人生を、破壊するということ あ


作成日時 2017-09-01
コメント日時 2017-09-04

初めて覚えた言葉が最期の言葉になるのなら、言葉なんかいったい何になるのとあなたが言ったから ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 639.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:639.5
2022/01/17 03時54分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

初めて覚えた言葉が最期の言葉になるのなら、言葉なんかいったい何になるのとあなたが言ったから コメントセクション

コメント数(8)
花緒
(2017-09-01)

例のごとく、楽しく拝読しました。楽しく読めるし、構成も良いし、一読し、佳作という印象を受けました。社会の歯車のようになってしまうこと、ただつったたカカシのように、物のような扱いを受けること、そこから脱する言葉を持たないこと、現代人のありようが描かれているように思います。白い封筒がー以降の連で、もっと詩情があれば、というようなことを思いました。やや意地悪な目で読めば、社会批判、社会風刺、あるいは実存を描いた作品、というよりは、愚痴っぽくなってしまっている印象もあります。楽しく拝読しましたが、突き抜けた作品になり損ねている一作といった印象も持ちました。

0
ユーカラ
(2017-09-02)

初めてかかしを見たのは夕暮れでした。肩先に黒いカラスが止まって小首を傾けていました。 「あ、かかしって、本当に居るんだ!」と思いました。何とも美しく、悲しい、胸を打つ光景でした。 ポツンと取り残された、動けないかかし。 留まることを命じられたかかし。心を持ったら、苦しくて堪らないだろうから、そうでないことだけを念じるのは、自分に重ねて見てしまうからでしょうか? タイトルの言葉は、心を持ってしまったかかしの呻き声、だったのでしょうか?

0
クヮン・アイ・ユウ
(2017-09-02)

花緒さま おはようございます。今回も私の詩をご覧下さりましてありがとうございます。 良いと感じていただけたところをお伝えくださり、ありがとうございます。嬉しいです。 >>「もっと詩情があれば」 こちらについてはお返し出来る言葉もないです。読み手の方のおっしゃる通りです。 狂気のままと言いますか、疾走と言いますか、そういう類の感覚で筆を進めるとき、どこかで冷静な自らをある程度保ちつつ書くのですが、その配分がとても難しいなと最近は感じております。 「何か足りない」ということですよね。ありがとうございます。もっと勉強してゆきたいと思います。

0
クヮン・アイ・ユウ
(2017-09-02)

ユーカラさん コメントをくださりありがとうございます。 ユーカラさんは、かかしをご覧になられてそのように感じられたのですね。 タイトルについてもそのように受け取っていただけたとのことで、こうして詩にコメントをいただくことで、どのように届いているのかがわかるのでとてもありがたいです。ありがとうございます。 読み手の方が受け取られたものがすべてと私は思います。ユーカラさんの中にある美しさ、さみしさの情景と本作が繋がれたこと、嬉しく思います。

0
sonetira
(2017-09-02)

赤ちゃんのとき最初に発するのは言葉にすらなっていない鳴き声ですが、最後の「あ」は音ではなく言葉の「あ」で、ここではしぬときの言葉だと察しました。 それでも、「あ」からはあっけない死を想像してしまいます。 しにたいとおもってるわけでもないのに、どこか無気力で。 現代詩にぴったりな題材です。

0
クヮン・アイ・ユウ
(2017-09-02)

sonetiraさま コメントをくださりありがとうございます。 「音ではなく言葉」と受け取ってくださり、とても嬉しいです。 ちっぽけさや無情のようなものを受け取っていただけていたのだとしたら幸いです。 ありがとうございます。

0
survof
(2017-09-02)

焦燥というんでしょうか、生き急ぐようなリズムが文章としてはとても心地よく、ぐっと引き込まれて最後まで一気に読まされました。投げやりに言葉を叩きつけていく感覚もあってそれが全体の疾走感と合間って、息苦しさをうまく表現されていると思いました。 花緒さんは「愚痴っぽくなってしまっている」と書かれていて、そのご指摘は的を射てるものだと思いますが、私にとってはその「愚痴っぽさ」がこの詩の最大の魅力です。そして終盤の皮肉めいた「おめでとう」がとても胸に刺さります。

0
クヮン・アイ・ユウ
(2017-09-04)

survofさま コメントをくださりありがとうございます。 「一気に読まされた」というお言葉がとても嬉しかったです。 愚痴っぽさが魅力と言ってくださり、ありがとうございます。 「おめでとう」が届いてよかったです。 ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1