あいつはジャイアンツにいったよ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あいつはジャイアンツにいったよ    

あいつはジャイアンツにいったよ 野球が嫌いな君でも ジャイアンツくらい知ってるだろ 僕の応援していたあいつが 僕の応援していたチームから そのジャイアンツに移籍したんだ とてもうれしそうだったよ ジャイアンツもうれしそうだったよ 移籍会見をスマホで見てたよ ジャイアンツは来年も優勝するらしいよ 僕の応援していたチームより ずっと強かったけど あいつが移籍して もっと強くなると思うよ その会見のあと 眠りについて 夢を見たよ 東京ドームのバッターボックスで あいつはジャイアンツに抱かれて 頬を紅潮させて うっとりしていたよ 僕はそれを画面越しに見ていて スマホを放り投げて 走り出して 電車に飛び乗って 水道橋に向かったよ ドアのガラスにもたれて 泣いたよ 目が覚めると 頬が濡れていたよ あいつはジャイアンツにいったよ けれどあいつは ジャイアンツにいく前から 僕のことなんか知らないよ あの日の試合 エラーしたものだから 一塁側のスタンドから あいつのことをヤジったけど その時だって あいつは 僕のことなんか知ることはなかったよ あいつのいったジャイアンツは 強くて 人気があって お金持ちで 僕の応援しているチームは 弱くて 人気がなくて 貧乏で あいつは ジャイアンツにいったよ みんなジャイアンツにいくよ みんな僕のことなんか知らないまま ジャイアンツにいくよ そして僕は 弱いチームの一塁側のスタンドで みんながジャイアンツにいく うれしそうな背中を見つめながら ずっと動けずにいるよ たぶんずっと 動けずにいるよ


作成日時 2020-12-17
コメント日時 2020-12-20

あいつはジャイアンツにいったよ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 719.5
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 2
#現代詩
項目全期間(2021/06/18現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント22
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合22
閲覧指数:719.5
2021/06/18 17時16分18秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あいつはジャイアンツにいったよ コメントセクション

コメント数(4)
百均
作品へ
(2020-12-17)

一読してよかったです。 ジャイアンツに対するイメージとか思いで読み味が変わってくるよなと思っていて、そこら辺で読み幅がある作品だなと思います。あと、かなりしつこくジャイアンツって繰り返してるんですけど、しつこく感じないのがよいですね。音が気持ちいい。 後は指示語の使い方もいいですね。想像力が掻き立てられてよいです。それを支える文体という呼びかけと、ジャイアンツのイメージがよいです。たまにカタカナ混じるのもジャイアンツと呼応していいですね。 後は、全体的な内容としては後ろ向きな要素も入ってる作品だなとおもったんですが、凄く軽いフットワークを持った作品だなと思いました。 後は下の四行がとても好きです。 ドアのガラスにもたれて 泣いたよ 目が覚めると 頬が濡れていたよ 泣くだけだったかかると思うです。ただ、そのあと目が覚めて頬が濡れているってもう一度さっき泣いていた自分を皮膚の感覚からもう一度味わうみたいなニュアンスの書き方がとてもいいです。一つ一つの表現が読みやすく、また想像力を掻き立てられ、更にこうした小さな工夫を積み重ねる事で読み味を演出している用に思われるのに、かと言って技巧的な嘘臭さは感じなく自然に読めてしまう。みたいなところがすごいなと思いました。

1
小林素顔
百均さんへ
(2020-12-19)

コメントありがとうございます。 自分語りの詩になってしまったかもしれないと不安だったのですが、ご評価いただけたようで、少しほっとしています。 語の繰り返しや、指示語やカタカナの使い方も含め、「ジャイアンツ」という言葉をどれだけ普遍的・抽象的なレベルに持ち上げられるか、それによって「僕」の応援している「あいつ」への思いを普遍化できるか、ということに気をつけながら書いたつもりです。それが一定の効果を得ているとするならば、ひるがえってジャイアンツという存在はやはりそれを受け止めるほどの大きさがあるのかもしれません。悔しいですが球界の盟主という事なのでしょう。 皮膚感覚ということに関しては、あまり自覚的に書いたわけではないのですが、夢と現実の一致ということを意識して件の四行は書きました。結果的に詩情として成功しているようなので良かったです。しかし、もうすこし作品の隅々まで自覚的に意識した詩を書かなければならないなと思いました。

1
neue Ära records
作品へ
(2020-12-19)

ものすごくおしい感じがしました。いろんな意味でおしいと思いました。内容もスタイルもかなりいいとこまできていて。でもその止め方が諦念っぽくてよいのかもしれません。空を突き抜けそうで、みてるままで終わるような。その感情の揺らぎが作者さんの持ち味のようでいて哀愁のようでもあり、たぶん書いては破りを繰り返される方なように思いました。広島ではなくて横浜のイメージがありました。私の気のせいです。おそらく。

0
小林素顔
neue Ära recordsさんへ
(2020-12-20)

コメントありがとうございます。 おしい、ですか…そのおしい感じがこの詩の持ち味なのだとしたら、この詩の妙味を改めて言語化頂けたような気がします。書いては破りを繰り返す癖は直していきたいです。そしておっしゃる通り横浜です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1