ちがう星 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ちがう星    

別れと出会いが渦を巻いている。あたらしく旅立つ人や引力に寄せられてやって来る人。こんな小さなわたしにも、驚くような出会いがあったりして、やがてまた、たったひとりに還っていく。 おともだちがちがう星に行って、みえなくなった。 おいかけるつもりはなかったけれども、暫くしたら空をみあげたくなった。 いつもどうでもいい話ばかりしたり、読むはずもない本を勝手に何冊も送りつけてきたり、夜中に家のちかくのコンビニエンスストアで待たれたり、なんという非常識な人間だろうとたくさん笑ったけれども、ずっときらいにはならなかった。もらった下手な文字の手紙はたぶんどこかにしまってあるし、それにいまも、ちがう星で頑張っていてねって思う。 詩を書くようになってから、もうじき4年になる。 時々ふらりと現れるいろいろな人達のおかげで、わたしはいまもこうして詩を書き続けているのだけれども、そのおともだちはわたしの「ありがとう」がもっとも似合う人のうちのひとりで、離れてからも変わらなかった。 生きることにとってどうでもいい、それなのにやっぱり見過ごせない、すごくくだらないわたしたちという人間の、愚かしくて、見ようによってはとても詰まらない、でもそれだけじゃないこと、どうしようもなく滑稽で、とにかく小さくて、でもなぜかこんな命だからこそ、よけいにいじらしく思える日々のこと、なのに今日も変わっていくこと、わたしのこの小ささすらも、見失いそうになること、 そういうあれこれを考えるとき、なぜか頭をかすめたりして、 一日に何度もかけた電話、 例えようのない、かといって取るにたらない、なんかもうただただ通過するだけの時間、けれどわたしの存在は許されていて、だからかけがえがなかったはずなのに、なぜかふっと手放した。 わたしは公転をしないとならないので、距離はどんどん離れていくし、あらゆる通信だってもうずっと届かなくなってしまうのだけれども、今もときどき、ほんとうは空をみあげている。


作成日時 2020-12-11
コメント日時 2021-01-12

ちがう星 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 2294.8
お気に入り数: 4
投票数   : 6
ポイント数 : 34
項目全期間(2021/10/21現在)投稿後10日間
叙情性116
前衛性30
可読性73
エンタメ30
技巧51
音韻00
構成52
総合ポイント3412
 平均値  中央値 
叙情性3.73
前衛性10
可読性2.33
 エンタメ10
技巧1.71
音韻00
構成1.72
総合11.37
閲覧指数:2294.8
2021/10/21 06時45分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ちがう星 コメントセクション

コメント数(16)
r
r
作品へ
(2020-12-13)

0
沙一
作品へ
(2020-12-13)

会っているのに離れている心もあれば、離れていても想っている心もあるなと感じます。 ちがう星に行く、という表現に、死んでほかの世界に生まれ変わることをはじめは思いうかべていたのですけど、おなじ時代にいるのに生きている世界がちがうんだなと感じることも現実にはありますね。でもそれも、太陽系のなかをまわる星のように、離れてはいてもやはりおなじ宇宙に生きていて、みえない引力に影響されあっているのかもしれません。 夜中に家のちかくのコンビニで待たれたり、一日に何度もかけた電話など、非常識だけど人間味のあるエピソードが、実感あっていいなと思いました。

1
武田地球
沙一さんへ
(2020-12-13)

書ききれず、反省点が多いです。 人間味のあるエピソードがよかったと言って頂き、うれしく思いました。地に足のついた表現を絶対に忘れずに、自分なりの世界を書きたいと思っています。コメントありがとうございます。

0
AB
作品へ
(2020-12-15)

二連の自然さ、全体の抑えた表現、いいと思います。悲しさ、寂しさ、あったかさも溶け合ってるような印象は、かなの使い方も効いてるかもしれません。

1
武田地球
ABさんへ
(2020-12-15)

あげて頂いた点、自分の書きたいものだと思います。 きちんと心に留めて、今後も精進いたします。読んで下さってありがとうございました。

0
宵月
作品へ
(2020-12-16)

自分にもこんなおともだちがいたと思います。そして今いるおともだちにも、いずれ違う星へ行ってしまうであろう人も。 わたしは公転をしなければならない、というところがズシンと来ました。

1
もなか
作品へ
(2020-12-16)

急に速度の上がる5連にこそ、しんじつはあり、たとえ雑で拙い表現でも、あるいは拙い表現だからこそ、嘘のない、ひとの心を震わせる何かがあるのかもしれない。 そんな事を思いました。

1
武田地球
宵月さんへ
(2020-12-16)

共感して頂き、ありがとうございました。 コメントを読んで、自分は公転をしなければならないと思い込んでいたのかなと、 そんなことを感じていました。

0
武田地球
もなかさんへ
(2020-12-16)

なかなかどうして拙い表現しかできませんが、それでもだれかの心を震わせることができるよう、自分らしくがんばって行きたいと思っています。どうか見守っていてくださいね。コメントありがとうございます。

0
stereotype2085
作品へ
(2020-12-28)

この詩は…何気ない日常的な回想から徐々に、ちがう星に行ってしまった人を想う気持ちが昂っていくところが見せ場になっている。しかもその様子が過度に饒舌にならず偏った恋愛話にもならず、あくまで「別れと出会いが渦を巻く」という視座の延長線上で描かれているところが絶妙である。そう、この詩の話者は今はちがう星に行ってしまった人のことを想うのがとにかく楽しくて仕方ないのだ。この詩を読んでいると、話者が朝紅茶を飲むように、トーストを頬張るように、あるいは出掛ける前の準備をする時のように、ごく当たり前の日常の1ページとして、コロコロと彼?のことを想い出しているのが目に浮かぶ。それこそ仕事中についうっかり彼のことをにこやかに話し出しても本人は気づかない、そんな息遣いを感じる。それほど彼が話者の一部になっているのが読み手に伝わる。これは技術を超えたレベルでの伝播と言ってもいいだろう。今はちがう星にいる人に想いをつのらせて空を見上げるだなんて最高に、しかし読み手との距離が出来ないほどにロマンティックではないか。頬がつい緩んでしまう。この詩は例え一人きりに見えても例え孤立しているように見えても、確かに大切な人とあるいは世の中の諸々の事象とすべての人が繋がっていると感じさせるエッセンスに満ちている。メッセージ性を持たせるのでもなく技巧で仄めかすのでもなく、ただ彼のことを心楽しく、心地良くつい夢中になって回想するというだけでそれを成し得ているのは、ひとえに筆者の生への向き合い方がひたむきであるからだろう。押し付けがましくなく大上段に構えるのでもなく、この世界の登場人物の一人を描き切り大きなテーマを感じさせた今作は文章表現の原点の一つだと、そう私には思えるのだ。

1
stereotype2085
作品へ
(2020-12-28)

0
武田地球
stereotype2085さんへ
(2020-12-28)

技術を超えたところでの伝播、文章表現の原点の一つ、諸々の事象とすべての人が繋がっている、 そんな風に読んでくださり、ありがたいです。またがんばって書きます。 わたしは空を見るのがすきです。コメントがうれしかったから、今から空を見てきます。

0
わをん。
わをん。
作品へ
(2021-01-03)

好きですねえ

0
武田地球
わをん。さんへ
(2021-01-03)

好きをありがとうございます。またがんばります。

0
右肩ヒサシ
作品へ
(2021-01-11)

何万光年も離れたところにある星も人にとっては大きな意味がありますね。 悲しみは理屈にすると常識に吸われてしまうけど、うまく逃げ切るとそのまま文字になりますね。

0
武田地球
右肩ヒサシさんへ
(2021-01-12)

こんばんは。 読んでいただきありがとうございます。 悲しみはうまく逃げ切ると文字になるんですね。 よく考えて、理解したいです。 そういえば今日は新月みたいです。そこにあるのにみえないお月さまもすきです。おやすみなさい。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1