初夏/のと・かが - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

初夏/のと・かが    

ハルジオン(春紫菀)  みんなでつくりあげることが たいせつなんだよ それは間違いない のだろうけど 花壇の外れの ハルジオン の小さな花の前で シジミが順番待ちしている その風景もまた真実なんだろう 春が待ち遠しかったり 冬に憧れたり やがて まるくなったねなんて言われる頃も過ぎて 君も僕も 誰かの風景になってゆく ハルジオン 少しゆれた花 もう少し優しくなれたらいいと 思った                 ニワゼキショウ(庭石菖)          やらなければいけないことが          たまっている          そんな時にかぎって          思い出すことがある          親水公園からの帰りみち          あの             ふたつめの花がかわいかった          と聞こえたのだけど          あぁ           と答えた僕には          どんな花だったのか検討つかない          そうこうしているうちに君は          いくつの花を見つけていったのだろう          あいかわらずの僕は          ときどき縁側の端からこうして          君の             こえ を          庭先にこぼしてしまう ムラサキサギゴケ(紫鷺苔)      ただいま 毎年の 「ただいま」 が年々ぎこちなくなってゆくのを 自分で感じているのに      おかえりなさい あなたの 「おかえりなさい」 は年々なじんで 小川の ゆれる水面のようになってゆく 田植えの終わったころ なんとなしに咲く 小さな花が好きだった 何年も忘れられたたんぼの脇で 今年も咲いている はず 散歩 しませんか  いえ      私がそうしたいのです           シャガ(著莪)                   少し湿ったね と           旧道沿いの           あしもとのほうから           梅雨のにおい と           祖父のにおいがした           ふりかえると           あたり一面にシャガの花           思い出すひとがいるから           咲くのだろう           もう一度ふりかえると           祖父の家           明日から空家となる スナビキソウ(砂引草) あの子は 気分のいいときも 泣きたいときも 海を見に行った ブレーキの利かない自転車を 力いっぱいこいで 砂をかんでぱたりと倒れた              のは初夏 そこに 咲いた花が そこに 咲いている花が 海を見ているとか 風を待っているとか うそぶく前に 生きている そのことだけを そのこと     だけを 感じて ぱたり     と倒れた          ヤマホタルブクロ(山蛍袋)          光る様子を          じんじん          と言って追っかけて          転んで擦り傷だらけになった          この川沿いには今でも          白いホタルブクロが咲く          目を閉じてひとつふたつと数えると          す っと          あの娘の          笑顔が浮かんだような気がした           たぶん          そんな気がしただけで          今日も          光には会えない          目をこらせ          じんじん          ほら          まだ消えていないから          まだ消してないから          じんじん          壺屋の水は甘かったか          久茂地の水も甘かったのか          今は          酒屋の水も          なんだかとても酸っぱい          じんじん          今も          その花に隠れているのか          そこからも          誰かの光は見えているのか          じんじん          あの娘の涙を飲んで          落ちて来るか          じんじん                じんじん ハマダイコン(浜大根) 船が出るのを 見ていた 風が吹いていた 揺れていたのは 波なのか風なのか 花なのか僕なのか 船が帰って来るのを 見ていた もう帰って来ないものも 見ていた 揺れていたのは 集魚灯の光 と帰れない風 その揺れる花の種を 耕した畑に撒くと 太くてきれいな大根ができる 君もやがて 標準語で恋を語るようになる それもいいかもしれない けれど ただ 揺れてるだけでもいいと 微笑む花もいい 明日 晴れるかもしれない 雨かもしれない 風に揺れるだけで いい             


作成日時 2017-08-08
コメント日時 2017-10-10

初夏/のと・かが ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 305.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:305.0
2020/06/02 06時29分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

初夏/のと・かが コメントセクション


コメント数(7)
Yoshi (2017-08-09):

こんばんわ。 これは僕の草花ノートからインスパイアされたのでしょうか? もしそうならば、こんなに嬉しいことはありません。 なぜ嬉しいかというと、僕は草花が好きだからです。 そして、こうして草花が咲いている光景を、 心象で眺め捉えておられる。 これも、写真でキュレーション(Breview用語)すれば、 きっと僕の元祖草花ノートよりもっと涙ものになると思います。 僕は海辺に住んでないから生ハマダイコンみたことないのです。 ………………… 個人的には、僕の勘違いだったら申し訳ありませんが、 このように、この作品が、たまたま、僕の草花ノートがきっかけだっとして、 それでも、もしも、この作品を僕とまったく同じ様式で詩作しておられたら、 それはパクリとか、そういう意味ではなく、僕の草花ノートは 人の心のなかで、遺産になってしまうと考えていたからです。 だけど、こうして違う形で、(違う心で)マイナーチェンジしながら、 草花に触れてもらうと、草花で詩に触れるという根本的な行為が、 伝統になって引き継がれていくと思うからです。 そうなれば、誰もが草花を実際に見たとき、ちょっと気持ちよくなって、 この瞬間の喜びの気持ちを、また誰かに伝えたくなる。←ここが肝です。 伝統ではなく、遺産になっちゃうと、その形状、形式のみを守ろうとするあまり、 人ってバカだから、保守したいが故に、草花の周りを傷つけてしまうと思うのです。 だから僕は、ユネスコの世界文化遺産の概念には賛同なんですが、 山(自然の見た目だけの形状)守るために、マタギという尊い文化を事実上排斥した、 世界自然遺産の概念には猛反対なのです。 そもそも自然は生き続けているので、遺産じゃないですから! ………………… すいません、興奮のあまり話題が政治へすっ飛びそうになりました。 ………………… 僕はこの作品の、画像キュレーション(Breview用語)も作ることを推奨します。 まずその理由に、テーマの花を画像を通して実際に見て知れること。 第2に、その花の由来と、(若しくは生態←個人的オタク趣味) 詩文を合わせ読みできること。 第3に、新たな詩情が連想されること。 最後に、読者としての観覧者が、画像草花と実際に出会ったとき、ちょっと嬉しくなること。 これについては、賛否はあって当たり前ですが、ツイッターでも言いましたが、 100人中、99人が反対でも1人賛同なら、それは制作に対する大義になります。 なぜなら、賛同なするよりも反対する方が気軽ですから。 気軽なのですから、その作品が、人のために心根で善ければ、反倒していた人も、 気軽に賛同に転じてくれますし、きっと時勢とはそういうものだと思うからです。 長々と失礼しました。とにかく僕は、草花ノートを遺産としてではなく、 伝統として作者の中で変化しながら継承されていることが、 この際、僕の思い込みでもいいです。嬉しかったです。

0
yamabito (2017-08-09):

全体を通して、しっかりとした観察眼と、それに伴うエピソードが巧く描かれていると感じました。 一般に、高山植物などの花がもてはやされますが、実は雑草の花が美しいと私も感じています。 それらの変哲もない草花を鋭い視点でそれぞれ書かれている。巧いですね。 今、私も詩作に悩んでいますが、何かいいヒントをいただきました。

0
AB (2017-08-09):

北さん ありがとうございます。 まず、ご気分害されてなくて 大変ほっとしています。 北さんの(初夏の)草花ノートの花言葉の項まで読んで、あぁどうしようかと迷ったあとで、投稿しました。 9年前の春から夏にかけて、仕事半分、趣味半分で野花をつんでました。触れて初めてじわじわと感じることがあったのかと思います。数十種あった中で、7つだけが小詩で残ってました。 「誰もが草花を実際に見たとき、ちょっと気持ちよくなって、この瞬間の喜びの気持ちを、また誰かに伝えたくなる」 ということの一助になるとしたら幸いです。なにせ北さんにレスをもらえたことがうれしいです。 拙詩投稿したあとで、「草花ノート」の花言葉以後の文章を拝読しました。特に印象的だっとことについて、ほんの少しですが、あとでレスさせていただきます。

0
AB (2017-08-10):

静かな視界 さん お読みいただきありがとうございます。 ほんとに、知らない花が多くて、小さい花でもちゃんと見るとなかなかなものです。 何か響くものがあったとしたなら幸いです。

0
Yoshi (2017-08-10):

気分を害するなんてありえないですよ! 喜んでますよ。超めっちゃスゲー喜んでます。(^O^☆♪

0
AB (2017-08-11):

北さん 8年間ほったらかしのブログがまだ生き残ってました。 草花ノートのおかげです。探してみるものですね。 初夏の項→ http://nakahodo-ab.blogspot.jp/2008/05/ もし、このレスにお気づきなりましたら、ご笑覧いただければ幸いです。 系統だててませんが、その当時の詩作の動機は、「草花ノート」に似ていたかもしれません。 *運営のみなさま、すみません、不適当なレスとご判断あれば削除お願いします。

0
AB (2017-10-10):

いまごろすみません。 8月選評で 「仲程さんの北さんにインスパイアされた作品」とされた とこだけ訂正したくて、たしかにインスパイアされて投稿しましたが、 花の写真を撮ったり、詩を書いたのは9年前です。 とまあ、たいしたことではなくここに書くことではないかもしれませんが、 選評おもしろかったです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1