果実 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

果実    

産まれたときの空気のような 苦さとえぐみだった 涙とともに吐き出しても 周りの大人たちは 美味しいよと笑顔で 勧めてくるのだった あの大人たちと同じになるのかと 思ってますます泣いた つねに果実はあった それは境地とも言えた 勝利と言ってもいいかもしれない 大人たちはその果実を 家族のようにそばに置いた だが つねに家の中心に置かれた こちらの憎しみを見透かしたような つやつやとした果実に 子供のころから怯えていた その果実は あらゆる場面で現れた 進学 就職 転職 初めてのセックスの時でさえ 私の目の前に出されて 皆 美味しそうに食べた 私は目をつむって 一息に飲み込んだ 胃酸と嗚咽が込み上げた いつの間にか その果実を 食べられるようにはなったが それは果実への降伏だった 進んで味わうことは今もしない 今日も果実はこの世界で 生産され 流通し 販売される 果実はつねに人と共にあった 果実は境地であり勝利であった そして私は 未だに丸飲みにして 喉詰まりしそうになるのだった

scroll


作成日時 2020-05-01
コメント日時 2020-06-08

果実 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 26
P V 数 : 2668.1
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 17
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性66
エンタメ11
技巧55
音韻00
構成33
総合ポイント1717
 平均値  中央値 
叙情性0.70
前衛性00
可読性22
 エンタメ0.30
技巧1.70
音韻00
構成11
総合5.75
閲覧指数:2668.1
2022/01/17 04時46分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

果実 コメントセクション

コメント数(26)
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2020-05-01)

この果実の正体はなんだろうと考えながら読みました 聖書やらに出て来る禁断の果実、善悪の知識なのかなと思いまず読みました。 これでも十分しっくりと来たのですが、恐らく答えは無く十人十色。 私の場合ですが、苦労と不幸が一番ピッタリでした。 好き好んでなのか、そうなっていった人を見て来たのもあるので その人達の事を考えながら読ませていただきました。

1
鈴木夜道
鈴木夜道
作品へ
(2020-05-01)

   この果実は  存在しないとも言われる  わたしたちの「時間」のことにちがいない。  時間のどん詰まりには  「死」が立っているのに  むせ込み涙を浮かべながら  今も口いっぱいに果実をほおばってる  

0
小林素顔
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2020-05-01)

コメントありがとうございます。 果実の正体は人それぞれ、と言うとありきたりですが、読み手のそれぞれがあてはめられるように配置したつもりです。 「苦労と不幸」をあてはめて私も読み返しましたが、また新鮮な印象で読み返すことが出来ました。ありがとうございます。

0
小林素顔
鈴木夜道さんへ
(2020-05-01)

コメントありがとうございます。 「果実」に「時間」をあてはめて私も読み返してみました。これも面白い解釈ですね。 時間への憎しみ、時間への嗚咽、時間への降伏…私の想定していなかった解釈なのですが、自分の詩が思ったより深いところに届いている気がして驚いております。 改めて、新しい視点を提示くださりまして、ありがとうございます。

0
IHクッキングヒーター(2.5kW)
作品へ
(2020-05-02)

気になる詩です。なんというか、見落としてはいけない気がしました。

0
小林素顔
IHクッキングヒーター(2.5kW)さんへ
(2020-05-02)

コメントありがとうございます。見落とされず、気にかけて頂けて、この詩も誇らしいと思っているでしょう。私も作者として光栄です。

0
ネン
作品へ
(2020-05-02)

果実とは一体何か。 たとえられるそれは全く見知らぬ物の様で、私達読者も、 いつかどこかで毎日食べている気がします。現在進行形で。 無駄のない運び方が不気味さを増していると思いました。 食べるのを止めたい、等とはとても言えない世界に、生きているんだなあ。

0
羽田恭
作品へ
(2020-05-02)

なんとなく思い出したのは釈迦のこの言葉です。 「快楽は短く苦痛に満ちたものである」 よく実った果実、でもそれは苦しみの始まりだったのか。 なのに、食べてしまう。 果実への降伏とは、人生に対しての諦めなのでしょうか。 ここでの果実には、もう不気味ささえも感じますね。

0
小林素顔
ネンさんへ
(2020-05-03)

コメントありがとうございます。 >果実とは一体何か。 >たとえられるそれは全く見知らぬ物の様で、私達読者も、 >いつかどこかで毎日食べている気がします。現在進行形で。 そういうものってたぶん誰にでもあるのだろうなと思い、この作品を書きました。 >無駄のない運び方が不気味さを増していると思いました。 不気味さはこの詩で表現したかったものの一つだったので、意図が伝わってありがたいです。 >食べるのを止めたい、等とはとても言えない世界に、生きているんだなあ。 そういう辛い世界に、皆、生きているのだと思います。

0
小林素顔
羽田恭さんへ
(2020-05-03)

コメントありがとうございます。 >なんとなく思い出したのは釈迦のこの言葉です。 >「快楽は短く苦痛に満ちたものである」 私は仏教に詳しくないのですが、興味深い一節ですね。 この「果実」は快楽なのか、苦痛なのか、人生に対しての諦めなのか。 それらも読み手の解釈にゆだねられていますが、釈迦の言葉が導き出されるとなると、恐れ多い気もします。 >ここでの果実には、もう不気味ささえも感じますね。 不気味さはこの詩で表現したかったものの一つだったので、意図が伝わってよかったです。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-05-08)

拝読。思い浮かべたのは「成果」という語でした。植物としての果実がなるのは嬉しいものですが、成果や成功といった大人たちが好み、また求めるものは、求められた側にとってはじつに苦いものです。そのようにして求める側もその「旨み」に降って踊らされているのかもしれません。そうやって成功神話の類は社会を席巻している。穿った読みではありますが、味覚という身体性として書かれることで、言葉がその苦々しさを経験させてくれる作品です。

0
小林素顔
藤 一紀さんへ
(2020-05-09)

コメントありがとうございます。 たしかに「成果」という視点でも「果実」は捉えられますね。改めて自分で読み返すと、「成果」をなす「苦み」と「旨み」を天秤にかけることは難しいという事実の一方で、その「天秤にかけたくなる気持ち」が表れた詩になっているのかなと思いました。 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とは申しますが、この詩の語り手は「成果」の喉越しの苦みを忘れられない人間なのかもしれません。それが幸せなのか不幸なのかは分かりませんが。 >味覚という身体性として書かれることで、言葉がその苦々しさを経験させてくれる作品です。 身体性への評価、ありがとうございます。無自覚でしたが、五感にフォーカスして書けたことは良かったと思います。

1
いすき
作品へ
(2020-05-10)

果実の不気味さの表現が、とにかく鮮烈なイメージです。喉に詰まらせる気持ちの悪い感覚がありありと伝わってきました。筆者の方がどういうイメージで書かれたかはわかりませんが、いろいろな読み方ができる作品で、面白い作品だと思いました。 勝手な僕の話ですけど、果実っていうのは物の総体が持っている以上のなにか過剰な部分を意味していると思いました。商品でいえば北欧家具とかそういう、ファイトクラブでぶっ壊されてたやつ全般です。また人間に当てはめれば、なにか常識みたいなものかなあと。空気を読めっていわれるところの空気みたいなものです。僕は小さいころ、たとえば自分が泣く時には「あっ、これおれ泣くな」という予感と「この泣き方は感情として正解だな」という感じがありました。もっというと人間同士の会話というのは全部台本があって演劇のようなものだと思っていました。なにかいつも予定調和的で、内容ではなくムードが話の方向を決定していると肌で感じていました。そういうのは大人になるに従って感じなくなったのですが、果実を食べるってのはこういうことなんかな~、と。商品に関して言えば、幻想を受け入れてあげることなのかなと。 果実に対していろいろ言及していながら多様な読み方を可能にしているのは不思議です。そう思って読み返すと、果実についての言及は基本的に「イヤだった」で通されていて、実は良い感じに説明不足のままになっているとわかりました。なぜ嫌だったかを言わず、どう嫌だったかを述べる、その話し方が巧みだったので最後まで読めたんだと思いますが、そういうやりかたもあるのかとすごく勉強になりました(でもまねできるとはおもってもいません。。)

0
みつき
みつき
作品へ
(2020-05-10)

幼少期のトラウマが人の性質を作るのだ と聞いたことがあります。 登場人物は産まれるときの空気のえぐみや苦しさを覚えていて 生きていく過程で、姿を果実に変えたそれと、度々再会している様子に見えました。 人の抱える弱みや課題は、他人と共感できるものではなかったり、常にそばに置いてうまく付き合っていく必要があったり、します。 課題の克服は間違いなく成長ですが、降伏と感じることもあるでしょう。 そして、人それぞれが異なる意味の果実を持ち 克服、共存し、再生産する。 人間社会はそうやって回っているのである。 そういう風に読みました。 全然違ったらすみません。勘違いだよって言ってやってください。 私は上記のように読んだので、読んで気合いが入りました。 ありがとうございました。

1
小林素顔
いすきさんへ
(2020-05-10)

コメントありがとうございます。面白い作品という言葉を頂き光栄です。 >果実っていうのは物の総体が持っている以上のなにか過剰な部分を意味していると思いました。 面白い解釈だと思います。人間は生物として以上に過剰な部分を持って社会を構成しているのかもしれませんね。そうなると旧約聖書の知恵の実の話もなんだか「過剰なもの」として知恵を捉えているようにも思えてきますね。 >なぜ嫌だったかを言わず、どう嫌だったかを述べる、その話し方が巧みだったので最後まで読めたんだと思いますが、そういうやりかたもあるのかと ある部分では「果実」の正体を述べずに語り終えるのは卑怯なやり方かもしれませんが、この詩は「書き手と読み手の双方で完成させる詩」という形式をとっているということでご容赦ください。 改めて、丁寧な解釈のコメント、ありがとうございます。

1
小林素顔
みつきさんへ
(2020-05-10)

コメントありがとうございます。気合が入ったということで、嬉しい限りです。 この詩は「書き手と読み手の双方で完成させる詩」なので、勘違いの解釈というのはほとんどないと思います。書いた当人も、自由な解釈が許されている作品だと思っているので。まあ、解釈の自由はあるとはいえ、何かに利用されるようなことがあれば話は別ですが。 ともかくも、みつきさんが気合が入ったという事でしたら、この詩を書いた甲斐があります。こちらこそ、ありがとうございました。

0
Comoestanuqui
作品へ
(2020-05-20)

果物の通し、ひとつの生命が放つ、水々しい言葉の鮮度、そして何れは熟れ、衰え、土の還る自然の鮮度に、健全なサイクルを想いました。作者の生々しい叙情が、儚く美しいと感じました。

0
小林素顔
Comoestanuquiさんへ
(2020-05-24)

コメントありがとうございます。一つの果実から様々なものを受け取ってくださったようで、嬉しいです。

0
Comoestanuqui
小林素顔さんへ
(2020-05-25)

僕の拙い感想に対して、嬉しく感じて頂き、僕も嬉しく思いました。ありがとうございます。 ところで、 >ひとつの果実から、様々なものを受け取>ってくださったようで、 の、文章の中の、様々の中に、僕の感想は予想されていましたか? この作品に対して、僕が想った情景は、小林さんの作詩の情景の中で、既に予測済みで有りましたか?

0
斉藤木馬
作品へ
(2020-05-25)

0
小林素顔
Comoestanuquiさんへ
(2020-05-25)

度々のコメントありがとうございます。こちらの返信が言葉足らずだったようで、申し訳ございません。 >様々の中に、僕の感想は予想されていましたか? >この作品に対して、僕が想った情景は、小林さんの作詩の情景の中で、既に予測済みで有りましたか? 実を申し上げれば、かなり予想外なご感想だったもので、こちらの返信が遅滞してしまったのは事実です。 また、その予想外なご感想に対し、こちらの返信内容も拙いものになってしまったことも認めざるを得ません。 そして、Yoshiさんのご感想に対して、私はまだ、ご満足いただけるような返事を書くだけの技量も精神性もなく、今回のことを恥ずべきことだと思っております。 大変申し訳ございません。

0
Comoestanuqui
小林素顔さんへ
(2020-05-26)

おはようございます。 あ、あ、あ、いやいやいや、そんな、つもりで、質問した訳ではないので、あ、あ、あの謝らないでください。 とても音が綺麗だったので、作者は作詩しながら、読者がその音を、例えば、川のせせらぎとして聴くのか、或いは、海の潮騒として聴くのか、作者の小林さんは、おやすみイメージしながら、楽しかっただろうなぁ、と想像してしまって、僕も、その世界を覗いてみたくなったのです。 とうぜん、僕自身の技量を向上させたいと思ったからです。 なんか、すみませんでした。これからも、楽しみにしています。

0
Comoestanuqui
小林素顔さんへ
(2020-05-26)

訂正させてください。 作者の小林さんは、おやすみイメージしながら、× 作者の小林さんは、イメージしながら、◯ すみません、予測変換を確認してませんでした。

0
夜野 群青
作品へ
(2020-05-27)

読むのつらかった。 やはり果実はなんだろう、と云うことでした。問題を提起する詩はやはり刺さるのです。だから痛いんですけど。 私の場合の果実は二元論の「境界線」 とても考えさせられた詩です。 なのでコメントするのが遅くなりました。

0
夢うつつ
作品へ
(2020-05-28)

この「果実」を何か具体的な言葉に置き換えてしまったらこの詩はただのご意見発表文になってしまうので、問題提起として読むよりただのSFとして読んだ方が健康的かなと思います。通して私が何を言いたいのかというと、この詩はあくまで詩を道具としてしか使っていないようで、あまり好きにはなれませんでした。

0
白目巳之三郎
作品へ
(2020-06-08)

どこか、聖書のアダムとイブの話を私は思い起こしました。禁断の果実がこの詩の中での果実のように私には響きました。私はキリスト教の中では異端に分類されるグノーシス主義の神話が好きで、その神話の中では、アダムとイブが楽園追放されたことをある種肯定的にとらえています。グノーシス主義の中では禁断の果実を食べたことは、人類は偽りの王国から脱出することが出来た、という解釈がされており、蛇はいわゆる悪ではないとされています。この詩の果実を食べるという行為に対するアンビバレンツな感情はどこか、正統派の聖書の話とグノーシス主義的な聖書の話の狭間における心の揺れ動きのように思われ、とても楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2