ヘビと戦う - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ヘビと戦う    

    朝起きて、俺 ヘビと戦った 朝からとにかくひどい洪水で 俺の大事にしていたポシェットも流され 銀行などの床も水浸しになり 家の冷蔵庫は野菜室まで水が入り込み それでも、俺 ヘビと戦った ヘビは鎌首をもちあげ 毒があるのかないのかは 種類がわからないのでわかるはずもなかったが どうせヘビにも俺の種類なんてわかりはしないのだ だから俺、頑張って ヘビと戦った 手をこうして、それからこんなふうな格好をして そうこうしているうちに朝がきて、俺 ヘビと戦った 洪水のせいでさっきから 父と母の身体が見つからないのだが 俺は俺の膝みたいなところまで水につかりながら 街を歩いて探しまわり 時々、交差点で信号待ちしながら、俺 ヘビと戦った、むしろ戦っていた 途中、母方の叔父さんと会ったが 俺のあまり知らない叔父さんだったので会釈だけして 新任研修の時に習った角度どおりの会釈をして ヘビは鎌首をもちあげ 誰もヘビとの戦い方なんて教えてはくれなかった 生まれてからずっと誰も教えてくれなかった とにかく、冷蔵庫の野菜室の水をくみ出し キャベツの類とニンジンの類とほうれん草の類に分類し けれど、時々開いてはまだ知らない世界を夢見ていた俺の 大事な食品成分表もポシェットといっしょに流されてしまったので 含まれているミネラルやカロリーも調べられずに、俺 ヘビと戦った 俺はけっして戦うために生まれてきたわけではない けれど 俺はヘビと戦うために生まれてきたのだ そんなことを考えているうちに朝がきて、俺 ヘビと戦った 窓を開けると、あんなに探していた父と母が 身体ごと家の方に泳いでくるのが見える もう、水は全部引いたのに、泳いでやってくる その見事なフォームに見とれているうちに ヘビは俺の脚にかみつき 俺の身体からは少しずつ空気が抜け ついに俺はヘビになった 正確に言うと、やっとなれたのだと思う ヘビになった俺は隙間のようなところから外に出て 俺になったヘビは、またどこかで戦おうと心に誓うのだった 父と母はようやく家に泳ぎ着き 俺になったヘビが、おかえりなさい、を言うと 父は、今日の夜は出前でいいだろう、と言い 母は、おまえを産んでよかった、と言う もう数十年も前の話なのに まるで新品の思い出のように おまえを産んでよかった、と言う  


作成日時 2020-03-07
コメント日時 2020-04-05

ヘビと戦う ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 2333.9
お気に入り数: 5
ポイント数 : 160
#現代詩
項目全期間(2020/07/07現在)投稿後10日間
叙情性5855
前衛性98
可読性52
エンタメ135
技巧5855
音韻22
構成157
総合ポイント160134
 平均値  中央値 
叙情性5.81
前衛性0.90.5
可読性0.50
 エンタメ1.31
技巧5.80.5
音韻0.20
構成1.51
総合166.5
閲覧指数:2333.9
2020/07/07 14時24分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ヘビと戦う コメントセクション


コメント数(18)
羽田恭 (2020-03-07):作品へのコメント

安定のすばらしさ、かつ理不尽さ、シュールさ。 ヘビと戦いつつ、同時処理していく洪水への対応、片付け。 いや、自分自身を片付けしているのか? 皇帝マルクスは「全ては連鎖をなして切れ目なく繋がっている」と言い、華厳経は三本足の鼎の如く支えあっていると言う。 そのせいか、ヘビと俺は繋がって支えあっているからか、俺はついにヘビになってしまった。 健闘を称えあって。 俺はヘビ おかえりなさい 水の中 皇帝とお経 繋がってたよ

0
トビラトビラ(2020-03-08):作品へのコメント

かっこいい詩ですね。 腹をかっさばいて中身を全部出して、それでも倒れない。弁慶の仁王立ちのような、不撓不屈の精神を感じました。

0
沙一 (2020-03-08):作品へのコメント

シュールなお話で、これはなにを云いたいのだろうかと思いながら読み進めていたのですが、終盤、骨身に沁みるような叙情に、目頭が熱くなりました。落差が、やばいです。 もう数十年も前の話なのに まるで新品の思い出のように おまえを産んでよかった、と言う 抗いながらも結局は、うねうねと、蛇行するような人生だったのかもしれません、このお話の主人公は。

0
みみずみみず(2020-03-09):作品へのコメント

俺、が秀逸です

0
たけだたもつ (2020-03-09):作品へのコメント

羽田恭さん  コメントありがとうございます。マルクスの言葉、ありがたくいただきます。ヘビも俺も繋がっていて、今度はまた俺になったヘビがヘビになった俺と戦い、やっとヘビになれた、と思う番かもしれません。 トビラさん  コメントありがとうございます。ある意味、とてもださいこの詩、かっこいいと言っていただいて、喜んでます。 沙一さん  コメントありがとうございます。前半うねりすぎで、途中で飽きてしまった人、いるかも。色あせない思い出は優しく人を寂しくさせます。 みみずさん  コメントありがとうございます。俺も喜んでます。

0
真清水るる (2020-03-11):作品へのコメント

この蛇と戦いは、不条理ですね。 蛇との がむしゃらな戦いは、やぶへび。蛇に、自分の立場を入れ替わってしまう。 >俺の身体からは少しずつ空気が抜け ってところが漫画チックで 好きでした。空気ですよ。身体は バルーンみたいな感じなものだったということになる。いいなあ。個人的には、ここのところのディテール好きです。

0
AB (2020-03-11):作品へのコメント

タイトルから想像してた内容とは全く違っていて、今日拝読したのでということで、思わずお昼に手を合わせるの忘れてたな、と気づきました。 たましいが、もしかしたらたましいだけ(彼方のも此方のも)がたくさんあるような感じがします。 なんだか、ずっと前の、シバさんとか、嘉村さんの書かれた不思議な世界の詩を思い出してます。

0
ベイトマン(レッドカードにより凍結)ベイトマン(レッドカードにより凍結)(2020-03-11):作品へのコメント

ヽ(・◇・)ノそう、ヘビの正体は芋虫のディックだったのです! ヽ( ・◇・)ノそしてベンウェイ医師はカエルと一緒にゲコゲコ鳴きます。 ヽ(・◇・)ノ李博士のポンチャックディスコはヘビとともにあり、不滅なのです。

0
たけだたもつ (2020-03-14):作品へのコメント

るるりらさん  コメントありがとうございます。その話の転換点がある意味、肝なので気に入っていただけて嬉しいです。 ABさん  コメントありがとうございます。懐かしい名前を久しぶりに見ました。ABさんがシバさんや会計担当さんの詩が好きだった ことはなんとなく覚えてます。  たましいの不確かな存在、でも、ある、と思います。 ベイトマンさん  健康そうで何よりです。

0
AB (2020-03-26):作品へのコメント

たびたびすみません。 イブをそそのかした娘とノアの方舟に思えてきた。そう思えてきただけですが、個人的に楽しんでます。

0
たけだたもつ (2020-03-27):作品へのコメント

ABさん  再コメントありがとうございます。  ああ、なるほど…、楽しんでいただけて何よりです。

0
Um Fantasma (2020-03-28):作品へのコメント

昔からたもつさんのことはポエムマシーンだと思ってます。すごすぎ!

0
たけだたもつ (2020-03-29):作品へのコメント

Um Fantasma さん  コメントありがとうございます。  今はマシーンからの脱却を図るため に色々と試行錯誤しています。またど こかで見かけたら、読んでやってくだ さいね。

0
藤 一紀 (2020-03-30):作品へのコメント

こんにちは。タイトルが『ヘビと戦う』で、「ヘビと戦った」という文も出てくるのだけど、戦いの具体的な内容まではわからなくて、一般的にいう〈語り〉が成立していないところ、というか、一般的な〈語り〉の既成の枠組みを食い破ることで成立している語りのフォルムが気持ちいいです。こうなるともう、「ヘビ」も「ヘビ」じゃなくなって、「戦い」もなんなのかということがさっぱりで意味を問うこと自体が無意味に思えてきます。言葉が日常的な空間から離れて夢の空間で動き回っているような気持ちよさを感じます。

0
tOiLeT (2020-03-31):作品へのコメント

冒頭から『あ、現代詩ぽい!』と思いました。 たぶん自分の中に現代詩の典型的なイメージが幾つかあって、その中の一つ?に近いと感じたのかもしれません。 読み進めて『やはり現代詩ぽい!』と思いつつ、つっかえるような所もなく、最後は不思議な感動すら覚えました。 ちょっとズルいと思うくらいです。 “俺“は最初からヘビだったとか想像して楽しんでみたり、あとにも残りますね。 よって、自分の中で非常に肯定的な『現代詩ぽい』になりました。 ヘビよありがとう。

0
Hoba (2020-03-31):作品へのコメント

これはまた凄い絶景かな、と言おうとしてヘビとの戦いの描写もないし、これヘビはヘビなのだろうかと悩みました。洪水だと思うとヘビは氾濫する川かと安易に考え、俺もヘビになったし違うのかな? 水害が多い地域に住んでいるのでこれは死者も生者も入り混じった詩なのかもと思いました。ヘビになったのも川がヘビだとしたらその場所で生きていくには、自然の脅威も呑み込み難いが飲み込まなくてはいけない時があるからだろうかと考えてしまいます。 父母との会話や叔父との会釈、魂と対話しているような祈りを感じました。

1
たけだたもつ (2020-04-01):作品へのコメント

藤 一紀さん  コメントありがとうございます。気持ちよさを感じていただけるところまで読んでいただけて嬉しいです。ヘビの存在が  危ういように、私たちの魂は肉体に甘えすぎている、非常に儚い存在かもしれません。 tOiLeT さん  コメントありがとうございます。いわゆる現代詩っぽいものを書きたいのですが、いつもずっこけてしまいます。  多分、「現代詩」書くのが下手なんです。おかげで?楽しんでいただけたのが幸いです。 帆場 蔵人さん  コメントありがとうございます。信仰を持たない私が、祈り、という言葉を簡単に使ってよいものかわかりません。  ただ、やはり私は祈りたいと思います、生きているもの、生きていないもののために。祈りという言葉の重さと軽さに  ついて考えています。

0
こうだたけみ (2020-04-05):作品へのコメント

おもしろかったです。 > だから俺、頑張って > ヘビと戦った > 手をこうして、それからこんなふうな格好をして この部分が好きです。いや見えないしって突っ込みたくなりました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1