はっかといちご - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


はっかといちご    

薄暮のなか 海岸線をなぞる 境界をたしかめるように ここちよい列車のゆれに 身をまかせている 二人は 終着駅をしらない 水仙のささやかさを ときどき分かちあいながら 春の雪 魂の話をしたくなる ふ    雪    水  る   の   に   の  結  と    で 晶 け     すはて     再時天    び が に   地  く  の  上   れ   ぼ に    ば    り いつからか 二人は乗り合わせていて いつかどこかで 降りることになる から てのひらに 飴玉をおとして はっかといちごがまざった 奇跡みたいな味を ためしてみよう


作成日時 2020-03-03
コメント日時 2020-03-29
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

はっかといちご ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1783.4
お気に入り数: 2
ポイント数 : 78
#現代詩
項目全期間(2020/04/09現在)投稿後10日間
叙情性285
前衛性51
可読性62
エンタメ128
技巧145
音韻31
構成106
総合ポイント7828
 平均値  中央値 
叙情性42
前衛性0.71
可読性0.91
 エンタメ1.71
技巧22
音韻0.40
構成1.41
総合11.19
閲覧指数:1783.4
2020/04/09 10時32分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

はっかといちご コメントセクション


コメント数(20)
トビラトビラ(2020-03-04):

個人的な話になるのです、今、「トビラ・ザ・ヘヴンズドアー」という謎のレスラーキャラでコメントをするときがあるんですよ。 ただ自分で、これは長続きするものじゃないな。一過性のものだろうな、と思ったりもします。 だから、 >いつからか >二人は乗り合わせていて >いつかどこかで >降りることになる から >てのひらに >飴玉をおとして >はっかといちごがまざった >奇跡みたいな味を >ためしてみよう というところが、心にしみました。 一期一会の出会いで発火するようなこの時間を大切にしたいですね。 そんな美しい気づきをさせていただきました。 ありがとうございます。

0
渡辺八畳 (2020-03-04):作品へのコメント

雪の結晶のところ、はじめどの順番で読めばいいのかわからなくて、んで深く読んでみるとこれ幾通りか順番あるなとわかり、すごくおもしろかった 願わくば結晶以外のところも面白みがあればと。オリジナリティに欠けるんですよね、ほかのところは。ただただやさしい言葉ってだけでは今時Twitterでいくらでもそういう詩は流れてくるので、なにか自作だけの強みが無いと苦しい。

0
石村利勝 (2020-03-04):作品へのコメント

すばらしい。 匿名ですが、この作者、私のよく知っているあの方の作かな。ビジュアルの仕掛けがあるのでそう思ったのですが、筆致の練度や確かさ、抒情の洗練など、どちらにしても相当な書き手の方ですね。

0
沙一 (2020-03-07):トビラさんへの返信

トビラさんへ この詩の物語はフィクションですが、この詩を書いたときの心情はたしかなものでした。そうした情念が伝わったのかなと思います。心にしみたとのご感想、ありがとうございます。

0
沙一 (2020-03-07):渡辺八畳さんへの返信

渡辺さんへ 本作は気恥ずかしさもちょっとあり、匿名投稿は都合がよかったですね。 作者名の先入観があったら、あえて指摘なされなかったかもしれない、渡辺さんからのコメントを、うれしく思っています。 雪の結晶を模したテキストについては、ほぼ狙い通りの反応で、おもしろいと感じていただき、ありがとうございます。

0
沙一 (2020-03-07):石村利勝さんへの返信

石村さんへ 過分な評価をいただき、恐縮であるとともに光栄です。まことにありがとうございます。

0
真清水るる (2020-03-09):作品へのコメント

あまい春の一日の幸福感がたまらなく良いと思いました。 雪の結晶の部分も面白かった。 ただ、水平の文字列もあったらよかったのになあと なんとはなしに おもいました。

1
沙一 (2020-03-09):真清水るるさんへの返信

るるさんへ 春はつかのまで、だからこそ甘美なのかもしれませんね。感想をありがとうございます。 るるさんのご要望にお応えして、平らなテキストをここに載せますね。   雪の結晶は   水にとけて   天にのぼり   時がくれば   再び地上に   降るのです じつは、この文章がさきにあり、結晶化はあとから思いついたのでした。

0
白川 山雨人白川 山雨人(2020-03-17):

幾つか作品読ませていただきましたが、この静けさはなんだろうと、何度か感じました。 言葉を選ばずに言わせていただくと、なんの嫌味でもなく、素敵なのです。 そして、この作品に関しては、寂しさがトーンとしてありながら、決してその寂しさの中に落ち込んではしまわない、軽妙なバランス感覚が心地よく。また、少し時を経たフィルムのような、おぼろで淡い景色が浮かび、心をとらえます。

0
白川 山雨人白川 山雨人(2020-03-17):

“たぶん“、幾つか、、、ですね。失礼いたしました。

0
ゆいゆい(2020-03-17):

とても美しくて大好きです。 水仙のささやかさをときどき分かちあいながら、でも、あの強い香りを、てのひらに飴玉がおちた時、思い出したきがしました。

0
沙一 (2020-03-18):白川 山雨人さんへの返信

白川さんへ 静けさや、寂しさは、私の底流にあり、程度はあれ、どの作品にも滲み出ているのかもしれません。 少し時を経たフィルムのよう、とは、うれしい感想ですね。どちらかというと、解像度の高いものよりは、そうしたくすんだ風合いに、私は惹かれます。 コメントありがとうございます。

1
沙一 (2020-03-18):ゆいさんへの返信

ゆいさんへ 気に入ってもらえて、うれしいです。ありがとうございます。 水仙の香り、私も好きです。下品な意味ではなく、官能をしげきするような詩を書きたいな、とは思っていました。

1
AB (2020-03-18):作品へのコメント

結晶のところ、とても好きです。 それと、次の連の から の前まで。 この二連だけであったら、読んでテンションが上がったかもしれません。 もちろん個人的な好みということで。

0
AB (2020-03-18):作品へのコメント

あ、今みなさんのコメント読みましたが、渡辺さんとかぶってます。 るるさんのコメントは、結晶の形でもう一行、水平に真中通ることばが欲しいな、ということでは? 難しそうですね。 横槍失礼しました。

0
沙一 (2020-03-18):ABさんへの返信

ABさんへ 雪の結晶は、六花といわれるように、基本的には六角形だと思うんですね。この結晶は、作者としてはおまけ要素だったのですけど、本文以上に気に入ってもらえて、それはそれでうれしいです。ありがとうございます。

0
ミリウェイズ (2020-03-19):作品へのコメント

やはり目を引くのは結晶型に並んだ文章。ただそれ以外にも、全体的にうすぼんやりとした情景がいい。

0
沙一 (2020-03-21):ミリウェイズさんへの返信

ミリウェイズさんへ 夢か現かさだかではないような雰囲気が好きなこともあり、うすぼんやりとした情景を感じてもらえたなら、うれしいです。ありがとうございます。

0
ささらささら(2020-03-28):

二人の関係について多角的に表現されていて何度も読み返し味わえた気がします。 例えば、いつ終わるとも知れず、それでいていつまでも続くような青春の一時的永遠性。 あるいは、情熱的とは違い清廉な、そしてすこし官能的なふたりの交流。 そして雪の結晶を模した文字列では、その内容よりも形から、そんな二人が溶け合う様子を感じました。 個人的には、雪の結晶の行では、内容が全後段と連続している方が読む流れを止めないのかなと思いました。

0
沙一 (2020-03-29):ささらさんへの返信

ささらさんへ はじめまして。 情感あふれる感想を、ありがとうございます。本作の叙情について、うまく解説してもらえたようで、うれしいです。 雪は、舞うように降ってきますね。雪の結晶の行も、安定しているよりは、舞う感覚を味わえてもらえたらいいなと思い、くるくると視線を動かしてしまうように配置してありました。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1