恋の林檎 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

よしっ

るるる

走るるる!

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(╹◡╹)久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

恋の林檎    

林檎の皮をむく ふたりがならんで どちらがどれだけ ながく皮をむけるか お互いをうかがう そんな恋だった ぐるぐると皮がまわって プツンと床に落ちて 唐突な終わり そのとき私は相手の顔を正面からみた 赤い顔になっていた 私もきっと耳まで赤いだろう むかれた林檎のような 言葉が喉につまっている

scroll


作成日時 2020-03-02
コメント日時 2020-03-18

恋の林檎 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 1868.9
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 20
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/01/17現在)投稿後10日間
叙情性65
前衛性00
可読性97
エンタメ42
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント2015
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性2.31.5
 エンタメ11
技巧0.30
音韻00
構成00
総合55
閲覧指数:1868.9
2022/01/17 04時43分04秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

恋の林檎 コメントセクション

コメント数(15)
宮田
作品へ
(2020-03-02)

いいうたです。 そんなならこんながききたいです。 互いのむいた皮の厚さが知りたいです。 一人でいられない人。 一人でいられない人。 そんな印象を受けました 主張はいつだって

1
クヮン・アイ・ユウ
作品へ
(2020-03-02)

「むかれた林檎のような言葉」ってどんなものだろうと考えていました。「喉につまっている」という表現を受けて、私にはせいぜい〈丸裸の言葉〉というものしか想像出来ませんでした。最期に、言いたいこと全ては到底言えなかったのかなと考えました。 顔にも耳にも人間の感情がありありと出るもので、特に耳は冷静さを装うことすら出来ない部分だなと思っていました。 「どちらがどれだけながく皮をむけるかお互いをうかがうそんな恋だった」 という表現が面白いなと感じました。皮を全てむいたらどうなるのでしょうか。ここまで書いて、先に丸裸の言葉という単語を自らで使っていたなということに気がつきました。 淡く甘い時間、恥じらいや怒りや戸惑いがよく現れた詩だなと思いました。読ませていただきありがとうございました。

抒情:3 前衛:0 可読:5 エンタメ:0 技巧:0 音韻:0 構成:0  
1
メンヘラクレス
作品へ
(2020-03-02)

宮田さんへ お褒めのコメントありがとうございます。知りたいことがあるとのことですのでできるかぎりお答えしようと思います。 まるで一緒に踊りうたうように さしのべられた言葉が 私には嬉しかったので♪ 皮の厚みとのことですが 林檎の花言葉のひとつに 「選ばれた恋」というものがあります。 それは、「ひとりでいられない」というよりは恋せざるを得ない恋。愛さずにはいられない相手ということになりますね。 恋愛ってだいたいそういうものじゃありませんか笑 だから、これは私の作品ですが、いち読者としての想像はきっと皮の厚みは繊細で、傷つきやすく、全体的にかわむきが下手くそだと思います笑

0
メンヘラクレス
作品へ
(2020-03-02)

クヮン・アイ・ユウさんへ 一番最後の部分は 実はちょっとまだ納得がいってないのです。いっそ、登場人物たちに林檎をまるごと喉につまらせて死んでもらおうかなとも思いましたが、無駄な殺生は良くありませんからね笑 ユウさんのコメントのなかで私が気になったのは、この詩に「怒り」のイメージをお持ちになったことです。私は実は怒りのイメージは持たせようと意図していませんでしたが 確かに一寸、考えてみると むきだしや丸裸の言葉というものには 「好き」というのも 「馬鹿ッ」というのも、それはそれでむきだしですね。 そして、「恋」ってなかには 確かにうまくいかないことだらけで 怒りが含まれることは当たり前ってことを忘れていました。 しばらく恋をしていなかったから忘れてしまったのですね笑 読んでくださったお礼に もうひとつ林檎の花言葉を むきだしの言葉を ひとつ送らせてください。 『もっとも美しい人』

1
萩原 學
萩原 學
作品へ
(2020-03-03)

林檎の皮って、薄くて紅くて綺麗ですよね。途中で切れたくらいで終わらなくても。前半は良い詩なのに。 自分の場合は剥いても剥いても終わらない代わりに痩せ細ってしまう、玉ねぎの皮みたいなことばかりだったので、何ともこれは比べ物にならないというか…

2
メンヘラクレス
作品へ
(2020-03-04)

萩原 学さんへ 恋っていいですよね。 その事だけに没頭できるからいいですよね。欠点としては相手のことが分からないから自分の想像で作った相手ばかりになってしまいます。あまりよく相手のことを知らないはずなのに 好きという感情を無条件で信じている。 まさに恋はファンタジー。 皮むきも結構恋と同じくらい没頭できる作業のひとつです。もちろん恋と並べるのは変かもしれません。 しかし、かわむきがぷつんと切れたとき。それは本当のリアルな相手が現れたときはなかなかドキマギします。 それはファンタジックな自分中心の恋がおわり、 相手を含めた、リアルな恋愛のスタートが始まりなのかもしれません。 なーんてのはどうでしょう? 恋だったとは書きましたが、 こんな解説は卑怯かもしれませんが、まだふたりのストーリーは終わることなく続いているとご想像いただけたらと思います。

1
ふじりゅう
作品へ
(2020-03-13)

比喩が比喩として非常に弱い部分を惜しく感じます。りんごの皮(恋)が切れて、終わった、悲しい、といった断片的な情報へ熱量を与えるための比喩、が今ひとつ物足りないように思います。 例えば、あくまでりんごを題材にするなら、 >えいえんに、真っ赤な色だと勘違いしていた >後ろ向きの皮、はとても真っ白な肌 >とても冷たい、果肉から吹き出る果汁は >とても、まずくて、しぶくて、すぐに吐き出しそうな 何か長くなりましたが、りんごひとつでも、こんな感じでもっと沢山書けるような気がします。

1
メンヘラクレス
作品へ
(2020-03-14)

ふじりゅうさんへ kemuriのPMA(positive mental attitude)といった肯定的姿勢と批評の間で 何がBreviewにおいて、己にとって、 正しき言葉なのだろうと 日夜悩む皆様に僭越ながら言わせていただくと critism的批評ばかりで、 review的批評が少ない。 Breviewと名乗るわりには昔から少ないのがさみしいところだなと思う今日この頃です。。 つまり投稿された詩とコメントという名のデュオダンス(review)、それらを見守る観客でもってして『作品』は完成するのが事実であれば 演者を生かし、観客を湧かせることが reviewの本質なのかもしれません。 そして、私はこの作品は 文学育ちの詩人の専門的慧眼の前では簡単に指摘できる欠点はあるだろう。 しかし、簡単に大衆に迎合される表現があり、ポピュラーであること。 比喩的表現は味があり、されど完全なデオチであることは否めない作品だと思っております笑。 つまり、 どちらが どれだけ長くむけるか お互いをうかがう そんな恋だった。 これを越える表現は 私の後半の詩にもありはしない。 そんな作品でしょうね。 あとはただ単に お互いの顔をみつめて 顔が赤くなって (好き)って言葉が 喉につまってる シャイでエネルギッシュな恋を ジャジーに吟遊してみたかったのですが、 ふじりゅう様のいうとおり 後半の比喩が弱かったのかもしれません。 ただ率直にいえば、 「いやいや、前半を越えるのは無理だって。」 と私は両手をあげて降参しています笑

0
沙一
作品へ
(2020-03-14)

シンプルな作品で、好感をもちました。林檎といえば、禁断の実、つまり性的なものを連想させ、比喩としてはいささか安直ではあるのですが、ゆっくりと林檎をむくようにおたがいを知っていき、恋心があらわになったら、あとはかじるだけ、みたいな展開が、なかなかいいなあと思いました。

1
イツカ
イツカ
作品へ
(2020-03-14)

おもわず「わかる…!」と言葉が漏れました。恋のもどかしさや急展開、胸に詰まって言葉にならない感じがすごく伝わってきます。

1
メンヘラクレス
沙一さんへ
(2020-03-17)

リンゴと言えば アダムとイブの話が有名でポピュラーですが、私は時々思うのです。 楽園を追放されるにあたって 蛇にそそのかされ、禁断の実をイブは食し、アダムにも食べさせたというお話が有名ですが 「父」に逆らうこともできない甲斐性なしより、自分のために楽園を捨てることができる男の方が魅力的だとすれば さて、イブは本当に蛇にそそのかされたのでしょうかと思うこの頃です。 安直で伝達力のある詩を目指していますので平々凡々な作品ばかりになると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

0
メンヘラクレス
イツカさんへ
(2020-03-17)

恋って唐突に終わって すぐに復活して また終わって やっぱりまたはじまってとせわしないですよね。 落合 恵子 さんという詩人が 「私はもうあの少女のようにリンゴをまるごとかじれない。一口サイズに切って食べるのだ。」 という詩文を、たしか『herstory』という詩集で読んで印象深く覚えています。 私も一口サイズに食べる歳になってしまいましたが、リンゴをまるごとかぶりつく若さと勇気や決断力はもちたいなぁと思うのです。 私の想定していた意図とほぼずれていないので少し安心しましたが 次にこの詩を書くときは、 ほとんどの人が イツカさんが描いたイメージに近づけるように考えてかいて見ようと思います。

0
ほば
作品へ
(2020-03-17)

シンプルな言葉で綴られながらも丁寧な作品。懐かしいものが頭によぎりました。ただそんな恋だったの一行はなかった方がよかったと思います。タイトルでも文脈でもわかってしまう事だと思います。しかしこのぐるぐると皮がまわってぷつんと床に落ちて唐突な終わり、という情景がとても響きました。好きな二人が別々の林檎を剥いている。微笑ましくもあり気持ちよい作品ですね。

1
トビラ
作品へ
(2020-03-18)

返詩です。 「にらめっこみつけっこ」 君が腹を立ててるのは 顔を見ればわかる なんで怒ってるのかわからないけど 君が怒鳴ったことは一度もなくて きつい言葉だって 甘いオブラートに包まれてた 僕よりも僕のことを信じてくれた女(ひと) この想いは怒ったら負けのにらめっこ 愛のサイン探すみつけっこ

1
メンヘラクレス
ほばさんへ
(2020-03-18)

文学的完成度を最短距離で高めるには 確かに「そんな恋だった」は余計に過ぎないのかもしれませんが 私のここの部分における真の反省点は時制を作り出してしまう書き方だったために、自分が意図していた効果を思ったより得られなかった結果を見つめています。 これは読者を否定するものでなく、 ひとえに私のミスリードであった。 私の傲慢さが私の詩をとらえることができなかった結果なのだと受け止めています。 未練たらしいですが そんな恋だった、 ではなく、 そんな恋 としておけば まだ良かったのかもしれぬ 過去や喪失、失恋のイメージの呼び水になることはなかったろう いや、いっそ言われた通り1文いれない方が本当に良かったかもしれない。 だが、それじゃ少女漫画的イメージが薄れてしまう気がする。 なーんてぐるぐるしながら 次に書くときはどうを書こうか悩んでいます。 さて、次回は林檎の実を食べた詩でも 書いてみようかなとも思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2