バナナはおやつに入りますか - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

バナナはおやつに入りますか    

    先生、バナナはおやつに入りますか バナナはおやつに入れますか 入ってもいいですか 構いませんか、そう思っても 皮はついていていいですか それとも皮はむきますか 皮はむけますか 川は今日も流れていますか いいえ、川の話はしていません ガンジス川の水はもう飲みたくありません インダス川の水はまだ飲んだことがありません 世界中の人々が川の水を汲んでいる間 世界中の牛は皮に加工されている って本当ですか 先生、そんな話じゃありません それを話、と人は呼びません それともおやつはバナナに入りますか 入れますか、バナナの仲間に もしくはバナナの奥深くへと おやつは好きですか おやつは嫌いですか 好き嫌いをしてはいけない、というなら おやつは好きでも嫌いでもありません だからおやつを持って行っていいですか バナナもいいですか それは遠足ですか 先生、遠足はいつですか 何時間後ですか 何ヵ月後ですか 遠足はあるのですか もしあるのなら そこに僕はいますか いますか、誰か見つけてくれますか みんな見つけるのに飽きて帰って行きますね 背中が一つまた一つと帰っていきますね 先生はバナナの絵を描いてください 僕は足の絵を描きます この足で行きます この足で遠足に行きます セミも捕まえていいですか たくさん捕まえていいですか そして目的地に着いたら バナナを逃がしてもいいですか 命のあるうちに    


作成日時 2020-02-17
コメント日時 2020-03-15

バナナはおやつに入りますか ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1837.0
お気に入り数: 3
ポイント数 : 46
#テキスト
項目全期間(2020/07/08現在)投稿後10日間
叙情性106
前衛性33
可読性44
エンタメ117
技巧95
音韻22
構成73
総合ポイント4630
 平均値  中央値 
叙情性1.10
前衛性0.30
可読性0.40
 エンタメ1.21
技巧10
音韻0.20
構成0.80
総合5.12
閲覧指数:1837.0
2020/07/08 16時40分05秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

バナナはおやつに入りますか コメントセクション


コメント数(13)
笠山平笠山平(2020-02-17):

バナナって、滑らかなカーブを描いているじゃないですか。 そのカーブの中に吸い込まれてしまうような、むしろ拒絶されているような。 バナナの婉曲が恐ろしいので、指でなぞって、バナナの腹を押し潰してしまいたい。 そんな魅惑的で薄寒い美しい詩ですね。

0
真清水るる (2020-02-18):

おもわず、「そんなバナナあ。」って思いました。わたくし、シュールは 大好物です。 「先生はバナナの絵を描いてください」この行を 読んだときに、脳味噌が ぐらぐらしました。バナナのトリックアートの草案が、頭の中を駆け巡ったからです。そして、しばらくして  そして目的地に着いたら バナナを逃がしてもいいですか 命のあるうちに ここを読んだときに、バナナの皮が魚になっている絵を思い浮かべたのですけれど、 そういえば、冗談ぬきに バナナの皮に 芸術的彩色をほどこす アーティストがいることを思い出しました。すごいですよ。よかったら検索して動画を見てみてほしいです。 チョーヒカルとおっしゃる愛らしいアーティストの方のが描く東洋紡PR映像がスゴイです。それを思い出しました。 おかげで、 私は今。頭の中が、バナナだらけです。たもつさんの自由な発想のおかげで、まったりあまい生き物のとりこです。 命あるうちに 私もバナナを放流したいです。 私にとって刺激的な作品でした。たのしかったです。ありがとうございました。 そんなバナナ どんな生き物も まったり味  (雛祭イベントで、五七五調でコメントしてます。) https://www.breview.org/forum_blog/archives/668    

0
羽田恭 (2020-02-18):

バナナ踏み 世界一周 皮流れ (雛祭イベントで、五七五調でコメントしてます。) https://www.breview.org/forum_blog/archives/668

0
萩原 學萩原 學(2020-02-18):

僕が住むアパートの下にあるスーパーマーケットでは今、バナナ一房を100円で売っています。バナナの絵と言えば僕にとっては、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのアルバムジャケットを飾ったアンディ・ウォーホルに尽きるのですが、当時のバナナは今よりずっと高級品だったような。 当時も今も主にフィリピン産が輸入されていて、円高というだけでなく、中国とやり合ったフィリピンの産物が嫌われて日本に流れて来ている側面もあるとか。フィリピン頑張れ。 という訳で、さっき一房買ってきました。これはおやつに入らないと思います。 インダス産バナナは食べたことないのでわかりません。そもそも有るのか無いのかも知りません。先生に言ったら植えてきてくれるのでしょうか。

0
たけだたもつ (2020-02-19):

笠山平さん  コメントありがとうございます。バナナはしみじみと見ると何とも言えない  色と形をしていますね。美しい、と言っていただけて嬉しいです。 るるりらさん  コメントありがとうございます。るるりらさん、日当たりの良い部屋で背筋  をピンとして詩を書く凛としたイメージがあったので、シュール大好きと言  っていただけると得した気分です。  ご紹介いただいとチョーヒカルも見ました。いやあ、すごい。いいもの見さ  せていただきました。  なお、いただいた雛祭りのコメント、どこも五七五になってない(笑) 羽田恭さん  いつも読んでくださってありがとうございます。  遠足の おやつのバナナ 皆殺し  お粗末様でした。 萩原 學さん  コメントありがとうございます。  The Velvet Underground & Nico は私が生まれた年に発売されたもので、私  の心の名盤です。  中国との経緯もあり、バナナはフィリピン産を買うことにしています。  台湾バナナが好きなのですが、あまりお目にかからず、あったとしてもお高い。  実は、インドはバナナの生産量、世界一なのです。

0
渡辺八畳 (2020-02-20):

晴居彗星というリーディング系の詩人に先日会ったのですが、即興で詩を詠まなくてはならなくなった時はとりあえずリフレイン、そしてリフレインからの同音異義語合わせをすると仰っていました。例えば「夏の日に君はアイスを食べる。アイス、アイス、アイス、愛する君の顔を僕は横で見つめる」というように バナナの連続、川から皮への変化からそのことを思い出しました。この詩はリーディングでも映えるかもですね 大島健夫という方の「ハムを買ってください」というリーディングも思い出したので貼っておきます https://youtu.be/sQS6AV2sNuY

0
あさぬま (2020-02-20):

やはりたもつさんの詩は素晴らしいです。一つの語が持つ力が文章の論理を捻じ曲げて行くような力強さがあります。 それは例えば同音異義語だったり、この語が来たら次はこの語という反射だったりで、言葉の呪術性というか引力というかそういったものを強く感じます。まさに詩の言葉の次元に到達していると思います。

0
たけだたもつ (2020-02-22):

渡辺八畳さん  コメントありがとうございます。「ハムを買ってください」見ました。テキストもリーディングも素晴らしいですね。  今のリーディングシーンはどうなのでしょうか。私も何度かお呼ばれして、上野野外音楽堂のイベントにも参加させて  いただいたこともあります。実際にお会いしたことはありませんが、当時だと斉藤インコさんとかが有名だったかな。  この詩もリーディングを意識したつくりにしていました。日の目を見ることはなかったですが。 あさぬめさん  コメントありがとうございます。言葉の呪術性という言葉をいただきましたが、まさに詩を書いているときは、おまじない  をぶつぶつと口にしている感じです。今、少しずつ作風を変えています。受ける受けないは別にして、自由に自由にたくさん  おまじないを唱えたいと思っています。

0
萩原 學萩原 學(2020-02-22):

なるほど、おまじないですか。詩の言葉に呪力がないと、読んでてつまらないけれど。元々言葉には呪力があったのじゃないかとも思ったり。 まじないを 呪いと書いて バナナ踏む

0
kagerou (2020-02-22):

たもつさんの詩には不思議と惹き付けられます。詩初心者の僕にはまだその理由はわかりません。ですが、流れるような言葉の力、魅力があることだけはわかります。次回作も楽しみです。

0
たけだたもつ (2020-02-23):

萩原學さん  バナナ踏み 河童は今日も 川流れ  お粗末様でした。 kagerouさん  コメントありがとうございます。  少しでも楽しんで頂けたら幸いです。  また、投稿したら読んでやってください。

0
まろふにまろふに(2020-03-15):作品へのコメント

 ああ、いつの頃だったかなぁ…。  たもつさんが、バナナ握って立ってたのを、見た覚えがあるような無いような…。  構いませんよ…。  そっとリュックの底に忍ばせて…。 

0
たけだたもつ (2020-03-15):作品へのコメント

まろふにさん  こんにちは。お久しぶりです。細々と活動を再開しています。  あの姿を見られていたとは…  まろふにさんらしいコメントに少しホッとしています。  またよろしくお願いします。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1