KQ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

KQ    

   今日の電車はゆれる こんな日に限って いつも以上にゆれてる ゆれてなんぼなんやろか ゆらしてなんぼやろか こころは、こころは かっくんって こころが、こころが、 かっくんって 川崎-横浜間で 君の顔が浮かぶ とりあえず昨日は去って 明日がやってくる 間も無く「   」が通過します 間も無く「   」を通過します どこから私ですか どこから今日ですか 君はいつですか 通過します 個体発生は系統発生をたどって 夕陽があらぬところに射し込むと 新しい何かが始まるかもしれない かもしれないでは何も 何も解決できない かもしれないけど ほどけた点に射し込む 光や眼差しや言葉や温度が 編み込まれてゆくのかと あの人に似ている影を追う それは若い姿の父と母か まだ幼いころの自分か 探しているつもりはなかった 探しているつもりはなかった かもしれない なんて 三崎口行きに乗り込んだとんぼは 電車と僕と同じ速度で すいとする 同じ状況を 相対速度で穏やかに説明してた先生 のことは好きだった 久里浜で降りた君は文庫に帰れるのかな 百の眼に映る知らない景色は 楽しいかい すっかり乗り過ごした僕も すぐに引き返す気にはなれない 今日も電車はゆれている こころは、こころは かっくんって 間も無く「   」が通過します 間も無く「   」を通過します   


作成日時 2020-01-03
コメント日時 2020-02-02

KQ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1526.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 43
#テキスト
項目全期間(2020/06/03現在)投稿後10日間
叙情性2517
前衛性00
可読性87
エンタメ33
技巧11
音韻55
構成11
総合ポイント4334
 平均値  中央値 
叙情性3.62
前衛性00
可読性1.10
 エンタメ0.40
技巧0.10
音韻0.70
構成0.10
総合6.12
閲覧指数:1526.4
2020/06/03 15時51分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

KQ コメントセクション


コメント数(17)
いまりいまり(2020-01-03):

こんにちは。 ABさんの詩は読みやすいのに、心の深いとこまで入ってきます。そしてやっぱり切ないなあ。さみしいなあ。それを言ってしまえばそれしか言えなくなるのだけど、風だけが吹いている。そんな感じがします。

0
ゆいゆい(2020-01-03):

はじめまして、こんにちは。 電車の通過と、存在や心の流れゆく様の重なりがとても響きました。

0
AB (2020-01-04):

いまりさん それではボブ・ディラン風と騙っていいですか? コメントありがとうございます。

0
AB (2020-01-04):

ゆいさん コメントありがとうございます。 すごくお若い感性の方かな、と思います。 受け入れられる範囲でいろんな方の詩に触れていただければと思います。 失礼しました。

0
いすき (2020-01-04):

ABさん、こんばんは。 第一感として、アンバランスな詩だと思いました。たとえば僕は >ゆれてなんぼなんやろか >ゆらしてなんぼやろか を関西弁だと思っているのですが、舞台となってる場所は関西でなく、しかもここでしか使われてませんし、また >こころは、こころは >かっくんって 以下は反復とオノマトペによって他の部分よりいくらか幼い印象でした。 このアンバランスさは難解で、もうすこしこのようにひねった理由がわかりやすい方がいいかもしれない、と思いました。 方言についてはわかりませんが、語り手の幼いという印象についてはそれでも一貫性があるかもしれません。反復説の標語の引用など、大人になりかけた少年の独白というイメージで読むとなかなかピッタリな気がしました。 詩語「すいと」がわからず、はじめからこれは謎を残したままにしておくつもりの個人的な詩かもしれないとも思っています。

0
めぐる (2020-01-04):

通過駅の呼称は聞こえているのに、聞こえない。 ゆれるこころがそうさせる。 電車の喧騒が、耳のおくで圧縮されるみたいな、そんな情緒を感じました。

0
右肩ヒサシ (2020-01-05):

ABさん、こんにちは。 列車に乗り込んだトンボの相対速度の話、いいですね。先生の登場も。 僕は読解力に乏しいので、トンボの存在が「こころ」とどう繋がっているのか正確に理解できませんでしたが、心理の流れのなかに兆す情景と論理の脈絡が心地よく感じられました。 最後の二つの連は推敲の余地があるかもしれません。簡単に作りすぎているような気がします。

0
AB (2020-01-06):

いすきさん、右肩ヒサシさん 書いていて客観的になれないので、有難いコメントです。 自分自身では各連別の3人のつぶやきのつもりでしたが、おっしゃるように最終連反復したのは、何とか納めたいと、手を抜いてしまったかもしれません。 あと、 東京、横浜は地方出身多い、ということ、 すい、はオノマトペのつもりです。 コメントありがとうございます。

0
AB (2020-01-06):

めぐるさん お読みいただき、情景を感じていただき幸いです。

0
いすき (2020-01-06):

ABさん ご返信ありがとうございます。言われてみて、ハッとしました。確かにそのようです。すみませんでした。

0
AB (2020-01-08):

いすきさん いえいえ、どのように読まれても自由ですし、つっこんでもらえるのはありがたいです。

0
たけだたもつ (2020-01-10):

ABさんらしい、センチメンタル溢れる詩。そしてABさんらしい、単なる感傷ではなく、深く入り込んでくる詩。 タイトル忘れましたけど、昔読んだABさんの電車にのって、がたーん、ごとーんの詩を思い出しました。  どこから私ですか  どこから今日ですか  君はいつですか  通過します ここ、とても好き。

0
楽子楽子(2020-01-10):

>今日も電車はゆれている >こころは、こころは >かっくんって まずこの詩句が好きで。 この言葉のリズムのゆれから、本当にゆったりとした「カタンカタン」という、電車の結合部が鳴らすリズムを感じ。 そして電車の中でどうしようもなく揺らされている人たちの、 穏やかだけど切実なこころを感じ。 ああ、詩だなあ…。と思わせる、 なんともいえなくなる詩でした。 どちらかといえば都会というよりは田舎の電車を思い浮かべるノスタルジックさも面白いです。

0
AB (2020-01-13):

たもつさん 「帰る」の中の 足をぶらぶら/おうたのとおりにガタンゴトン/えほんのとおりにガタンゴトン だったかな。こちらにも投稿してあります。 お示しの部分、ああ、やはりというか。考えて出てくるものと、ふってくるようなものとで、その部分はふってきたものです。 このごろは、なかなかふってきません。 コメントありがとうございます。

0
AB (2020-01-13):

楽子さん コメントありがとうございます。 詩と感じてもらえて、というより、なんかいいなと感じていただければ幸いです。

0
なかたつ (2020-02-01):

 いつものただのファンです。  「今日の電車はゆれる」という、当たり前すぎる一行から始まるのですが、この当たり前に気づいたのもきっと「こんな日に限って」といういつもとは違う状況があることが示唆されています。電車がゆれているはずなのですが、それに呼応するようにして「こころ」もまた「かっくん」となります。つまり、こころがゆれて音をたてているのをいつも以上にゆれていると思われる電車のせいにしているのかな、と思わされます。  この詩で否が応でも目に付くのは「間もなく」のフレーズなのですが、誰もここに言及していないのが不思議なくらいで。というのも、この「が通過します」と「を通過します」の違いが何であるのかということ。何でもないのですが、考察をしようとすると、いくつもの分岐が出てしまい、それを詳細に書くことは省きます。うそです。  「が通過します」は、日常でも耳にしやすいフレーズで、ホームにいる人間側が通過する電車を目にする時に聞くフレーズです。「を通過します」は、電車に乗っている側が駅を通過する時に耳にしやすいフレーズです。つまり、「   」内に入る言葉も、「が通過します」の方は電車そのものであって、「を通過します」の方は駅そのものであるという違いがあります。(蛇足ですが、電車と助詞の詩と言えば、藤井貞和さんの「あけがたには」が思い浮かびますね)この立脚点の違いがあるからこそ、「私」と「君」のいる場所が違うということを思わせる装置になっているのでしょう。その違うということもまた、「通過」という言葉と相性がいいですね。  そして続くのは、なんだか小難しい印象をもたらす詩行ですが、「かもしれない」の重複による仮定のお話。その仮定の中で語り手は「あの人に似ている影を追う」と、これまた放射された陽の光(夕陽があらぬところに射し込む)が影という一つの形に集約される焦点の絞り方が見事で。だけど、影そのものはその持ち主の所有物ではあるものの、その持ち主がわからない=見えないでいます。常にその持ち主を探し続けているわけではないのでしょうが、陽の光が放射状に散々となっていくように、この語り手もまた「こんな日」においては放射状に散りゆく存在(僅かなアイデンティティクライシス)だったのかもしれません。  そして唐突な「とんぼ」の存在。もちろんこの「とんぼ」は「僕」と対比的な存在、コントラストをもたらすために用意された装置・演出であるわけで。では、どうして作者は「とんぼ」を登場させたのかと言うと、「とんぼ」は宙に浮いていますから、電車のゆれを感じません。電車のゆれを感じるか感じないか、これが「僕」と「とんぼ」の違いです。だからこそ、「僕」のこころは「かっくん」とするのですが、「とんぼ」は「かっくん」とせずに、「すい」としているわけですね。これもまたすれ違いの演出にもなっているような。  ところで、この語り手は本当に電車に乗っているのでしょうか。電車に乗っている割には、内省ばかりというか、想いばかりが述べられていて、地名という固有名詞にまつわる情景描写がほとんどありません、というか主眼が置かれていません。でも、私たちの日常においても眼では外の景色を見ながらも、想いはその土地にまつわる記憶や思い出ばかりに集中していることがよくあるように思えます。むしろ、電車に乗っている時の詩だからと言って、情景描写ばかりではなく、心情描写に主眼を置いたということ自体が、電車に乗っているということのリアリティを演出しているのではないでしょうか。  そうした外の景色にも眼もくれずに、想いの中にある景色ばかりに眼を向けてばかりいたからこそ、「すっかり乗り過ごした僕も/すぐに引き返す気にはなれない」のでしょう。最後もまた「通過します」で終わっていることによって、電車の中で呆然と内省している語り手の姿だけがそれこそまるで電車に住み着いた影のように存在しているように見えました。

0
AB (2020-02-02):

なかたつさん コメントで、私のつくれない世界をつくりあげていただけるので、ほんとにありがたいです。 内側というのは、的を得ているというか、読み手側の中で思いをぐるぐるしてもらえたのなら、と。「  」もどこから聞こえてくるのかというところも。 蛇足ですが、ごく個人的には横浜-川崎は通勤区間、久里浜方面は休日です。そういうところも、それぞれにしみていくものがあれば幸いです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1