うずくまるもの - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

うずくまるもの    

1 アンモナイトからタピオカまで アンモナイトは尊敬される 深く うずくまっているからだ うずくまっている人は きっと何かを 自分一人のためではなく、 みんなのために考えているんだろうって 見えるから おなかが痛くて うずくまる娘 世界が怖くて 丸まるダンゴ虫 月 昼寝する猫 木々のつぼみ 少年の包茎 クロスワードパズル 迷宮 赤血球 コーヒーカップの中に うずくまる黒いコーヒー 牛乳の底に うずくまるタピオカ うずくまる者たちが (賢者のように) 世界という全体に抗い 時間をきしませる 2 その夜を、雨が慰めている 深夜、 (うずくまる者たちのなかに、明日の朝、芽吹くものがないか) (うずくまる誰かが、生きることへと誘惑されないものか) と、 布団の上でうずくまる私の、うずくまる願いのように 地球に雨が降る 彼方では 夜の畑の地下十四ミリメートルに、 灼熱の昼、私の蒔いた、いんげんの種がうずくまっている そこへと到達する雨が 彼を揺り起こす そのことが ふいに私のあたまに閃き もしも アンモナイトがうずくまることをやめたら (そういう、のびてしまったアンモナイトは実在するが) それでも私は彼を尊敬するのだろうか と、私は考え始める へびだって いつまでもとぐろを巻いているわけでは ないじゃないか どの花も花弁は花を去り 一枚の花弁として地上までの短い旅に出るではないか 背をそらして、猫は屋根を歩くのだから と、 布団の上に転がって 私は私の背を伸ばした (初出:焔.117号.2019.11.25発行)


作成日時 2019-12-03
コメント日時 2019-12-19

うずくまるもの ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1628.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 52
#テキスト
項目全期間(2020/07/13現在)投稿後10日間
叙情性117
前衛性33
可読性61
エンタメ85
技巧138
音韻40
構成72
総合ポイント5226
 平均値  中央値 
叙情性1.41.5
前衛性0.40
可読性0.80
 エンタメ10
技巧1.61
音韻0.50
構成0.90
総合6.53.5
閲覧指数:1628.6
2020/07/13 19時54分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

うずくまるもの コメントセクション


コメント数(13)
みうら (2019-12-04):

深遠なところに降りていく。そのように読み入ってしまうことを味わい読むというのかもしれません。本作を幾度か読み返しました。 深遠なところに降りていくとは、具体的にみえる像を示せば、その詩を詠んでいる人の佇まいです。 一つの言葉それ自体の表記に意味は宿らない。平易であれ難易であれ使う言葉の選びは、音韻の作りを含みながら、作者固有の文脈が詩を創出します。本作にある文脈とその音韻は、丁寧な響きとその佇まいです。それは「外界のうずくまるもの」によって「私」の内面を表されている。 >布団の上でうずくまる私の、うずくまる願いのように >地球に雨が降る 「外界を書くこと」による「内なる世界」の比喩としての表現。なかでも、「布団の上で」との前置きが現実空間と眠りにみる夢の空間の中継地としての味わいを醸し出しており、そこに丁寧さをみるのです。 丁寧さを感じる私には、この詩を詠む人の佇まいが像として浮かびます。それは、うずくまる姿ではなくて、本作にある背を伸ばした人がみえます。それが丁寧さと私が言うところの効果です。 読んでよかったです。

0
沙一 (2019-12-05):

脳をマッサージされるような詩だと感じました。それというのも、アンモナイトからうずくまるもの、娘、ダンゴ虫、月、猫、などなど、めまぐるしく変転するイメージに意識を向けさせられてゆき、2では、あいまに灼熱の昼をはさんで深夜の雨という、相反する大自然のスケールまで意識は拡大され、そのあとふたたびアンモナイトに戻ってくるわけですが、そのころには脳はすっかり痺れてしまい、のびてしまったアンモナイトについての話をぼんやりした意識でしか聞いていられないような心地のところに、こんどは弛緩のイメージがおとずれる。いままで、ぎゅっぎゅっとうずくまるものに向けられて緊張しきっていた意識が、ゆっくりと弛緩していく開放感。凝りがほぐされていくかのようでした。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-08):

みうらさん コメントありがとうございます。 丁寧に書くということを考察/評価して下さり嬉しいです。 おそらく、筆者は目に映ることを丁寧に見ることを通じて、詩作をしようとしてます。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-08):

沙一さん コメントありがとうございます。 出発の緊張からリラックスまでへの旅を共にして下さり、嬉しいです。

0
曇鸞曇鸞(2019-12-08):

 通底する表現内容について。一見すると、「うずくまっている者たち」は「自分一人のため」に「世界という全体」が「怖くて」怯えて、小さくおとなしくしている。けれども、著者の目によると、「うずくまっている者たちが」「みんなのために考え」「世界という全体に抗」う。それから、「うずくまる」ことをやめて「背を伸ば」す。こんな希望に充ち溢れた詩に出会えたことを誇りに思う。  表現方法・内容について。題名が「うずくまるもの」であり、落ち込んで悲しくなっているような人を、惹きつけるものがある。篇1が「アンモナイトからタピオカまで」であり、「アンモナイト」と「タピオカ」の奇妙な組み合わせが、くすっとした笑いを起こさせる。「アンモナイト」は地下深くに「うずくま」り、「タピオカ」はティーの深くに「うずくまる」。しかし、「アンモナイト」が砂の中に硬いものとしてある一方、「タピオカ」はティーの中にやわらかいものとしてある。時間的にいうと、「アンモナイト」は太古で、「タピオカ」は最新である。  1で取り上げられた「うずくまるもの」を順に略記すると、アンモナイト、娘、ダンゴ虫、月、猫、つぼみ、少年の包茎、クロスワードパズル、迷宮、赤血球、コーヒー、タピオカである。これらによって話の筋を描きながら、短文や言葉をとつとつと緊張感ある形で語りだす。  アンモナイトへの憧れから始まる。肯定的な響きがある。  「お腹が痛」い娘、「世界が怖」いダンゴ虫が続く。否定的な響きが忍び込む。そこで、ぱっと現れる月が照らす。「昼寝する」猫、これかれ咲くはずのつぼみは、穏やかさと希望的な響きを与える。  少年の包茎は、難しい。これから包茎でなくなるかもしれないし、包茎のままかもしれないから。クロスワードパズル、迷宮は、これらそのものが「うずくまるもの」ではない。厳密には「うずくま」らせるものだろう。ここにははっとさせられた。「うずくまるもの」だけでなく「うずくま」らせるものを入れ込むことで、読む人により「うずくまるもの」の気分を味合わせてくれる。少年の包茎と同様に、「うずくまるもの」の葛藤的な状態がこれらの言葉で構成されている。クロスワードパズルには、きちんとした終わりがあると分かるが、迷宮にはきちんとした終わりがないかもしれないのである。  赤血球は「うずくまるもの」たちの中で、「うずくまるもの」でありながらものすごい速度で動き、身体全体に酸素を送り届ける。個人的な感想を述べさせて頂くと、「赤血球ばりやばい、うずくまるものフィーバーちゃうか。」「うずくまるもの」たちが「世界という全体」のために活躍するのだ。  ここで月の深い意味がやってくる。赤血球と月は同等だ。赤血球がミクロで数多く「フィーバー」しているとすれば、月はマクロでただ一つ「フィーバー」している。個人的な感想をここでも述べさせて頂くと、「赤血球と月が同等!赤血球と月が同等!大事なことなので二回言いました!」  コーヒーと「牛乳の底」のタピオカは赤血球でたどり着いた緊張の最高点から脱力させてくれる。コーヒーも牛乳も人をリラックスさせる効果がある。タピオカはまるで愛おしい赤子のように「うずくまるもの」を表してくれる。なぜ赤子かというと、牛乳が母乳に思われてその中に静かに、養われているように思えるからだ。母胎回帰が埋め込まれているのか。  篇2が「その夜を、雨が慰めている」である。「雨」によって「うずくまるもの」が「背を伸ばし」始める。「雨」=水は生命には欠かせないものである。「雨」は「慰め」るだけではなく恵みもする。悟りを開いたものがここにある。悟りという堅苦しい言葉は似つかわしくない、もっと柔らかで優しさのある詩だけれど。  2で取り上げられた「背を伸ば」す「うずくまるもの」を順に略記すると、私、いんげんの種、アンモナイト、へび、花弁、猫、私である。1のとつとつとした緊張感ある文体をやめて、安らかに流れるような口語に近い言葉で語る。  最初の私は、布団の上で「うずくま」ったままで、「うずくまる願い」を抱いている。「蒔いた」いんげんの種は「雨」が到達すると、いんげんの種は「揺り起こ」される。そのことを「閃」く=悟って私は「背を伸ばし」始める。ここにも母胎回帰が埋め込まれているのか。  ここから次々と、アンモナイト、へび、花弁、猫が「うずくま」っていた状態から「背を伸ばし」始める。注目したいのは、アンモナイトが古代の哲学者であると感じられ始めることだ。「のびてしまった」アンモナイトは、哲学を実践する満足をもつだろう。だが、「のびてし」まうことは危険ではないか。「そうだよ、危険なんだよ。」と、作者は優しく語りかける。へびはとぐろをまいている方が安全だ。花弁は空中に飛び出さない方が安全だ。猫は屋根を歩かずに、昼寝をしている方が安全だ。  それでも、最後の私は「背を伸ばした」。けれども、それは布団の上だった。朝起きて「背を伸ば」すこと、そんな小さなことも素晴らしいことだと、気づかされる。  1は釘を打ち込まれるような感じがしていた。2になると、布団の上で寝転がって安らかでいた。「うずくまるもの」が死んで再生するのだ。  長々と書いてすいませんでした。とても感動致しました。この詩は今まで出会った詩の中で、最も素晴らしい詩の一つです。今後の作品も楽しみにしています。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-09):

曇鸞さん コメントありがとうございます。 深く味わって下さり、詩作の励みになります。

0
たけだたもつ (2019-12-09):

こんにちは。 言葉の選択、繋ぎ、いちいちオシャレで かっこいい。 うずくまる、という一つの言葉から、深 く深く、それこそアンモナイトの殻のよ うに、螺旋状に落ちていく。 詩を書くのに大事なのは、作者が何を見 て、生きて、詩を書いているのか、とい う目であり視線であると勝手に思って いますが、しっかりとそれが伝わってき ました。 最後は救いなのでしょうか、諦めなので しょうか。 叙情とエンタメにポイントをつけさせて いただきました。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-11):

たもつさん こんにちは(*´∀`*) お久しぶりであります。 たもつさんの作品を拝読できて、またこうして拙作へのコメントも頂けて、嬉しいです。 私も管理者ではなく参加者なのですが、たもつさんのご参加はとても嬉しいです。 このサイトもちょうど盛り上がるタイミングのようにお見受けしてます。 「強敵」と書いて「とも」と読む、少年漫画の心持ちで、詩を拝読できる愉しみはもちろんですが、月間賞におけるたもつさんのご健闘ご活躍もワクワクと期待しております。 どうぞごゆっくり楽しんでください。 頂いたコメントは、私も大事にしているところです。生きて、何事かを見て、書く。私にはたいしたものは書けませんが、行けるところまであるき続けようと思っております。 コメントありがとうございました。

0
真清水るる (2019-12-18):

>アンモナイトは尊敬される >深く うずくまっているからだ うずくまっているものは(アンモナイトとか人とか)は 深く うずくまっているがゆえに 尊敬されるというモノの見方が、私にとって新鮮でした。 私が世の中を見渡すと 世の中の人々のモノの見方って、この詩の対極にあるように思います。つまり、うずくまっているものの対極にある姿ばかりが賞賛されがちな気がします。 たとえば、スピーチの上手いアナウンサーやセールスマン。しゃべくりの上手いお笑いタレント。踊って歌える笑顔の素敵なアイドルタレント。オープンマインドの王様、松岡修造。等々、世間を見渡せば、せなかをまるていない人々こそが、賞賛されていると、私は思うのです。 うずくまっている人々は、その対極の姿であり、うずくまっている人々は えてして、なにもしていないと、おもわれがちです。 それを >きっと何かを >自分一人のためではなく、 >みんなのために考えているんだろうって >見えるから と、この詩は言ってのけておられる。私は、ああ わたしも一人で 膝を抱えてうずくまっているような心境のことがよくあるけれど、わたしにだって きっと 何かができる。その何かは、私自身一人のためではなく、なにか だれかのためにできることが きっとある。そんな風に思いました。この詩に うずくまったままで自分の心を温めていただいた感じがします。 なにもできないんじゃあないかと 思い悩むことのある私には、この詩句は、 薬です。 薬って、楽になると楽しいです。この詩は、楽しい詩です。 拝読できてよかったです。ありがとうございます。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-18):

真清水るるさん コメントありがとうございます。 僕はるるさんの詩が好きだし、長年に渡ってチラチラ拝読させて頂いたので、色んな良い影響を受けてますし、着想の栄誉も頂いています。 この詩は直接るるさんに捧げる作品ではありませんが、この詩を書くに至った思考過程には、るるさんのお名前の「る」という文字の影響はかなりあったと思います。 「る」と「の」は可愛らしくて僕も好きなのですが、どうもうずくまってますよね(笑) なかでも「る」は、うずくまるだけではなく「の」より動的でちょっと面白いです。 あなたのペンネームをみながら、そういうことを長年(ときどき)考えてました。 そう言えばるるりら作品にも、うずくまる「る」を主題とした作品があったような気がします。記憶が定かじゃなくてすみませんが、もしあったとしたら、この詩の根っこには、その作品からのエネルギーを貰ってます。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-18):

失礼。誤字でした。 ✕栄誉 ○栄養

0
藤 一紀 (2019-12-19):

うずくまる形というのは中心に向かってかぎりなく凝集していく運動を連想させます。これは地表から空を眺めてビッグバン以前を見晴るかし遡るような思考の運動や、見方を変えると、逆さまの円錐状に落ち込んだ地下へえんえん堕ちていくような──この点に関してはみうらさんのコメントに「深遠なところに降りていく」という表現がありますが──地獄下りを思い起こさせます。これはどこまで(いつまで)つづくのかわからない彷徨と不安におかれるという点で迷宮的です。また迷宮という点でいえば、外部に対して閉じられた世界であり内部をその出口が見えないまでも歩き回らなければならないという意味で、図らずも「蛹」と呼ばれることもある思春期(少年の包茎)の深層や、マス目が黒く伏せられ解かれるまでは答えが隠されている(閉じられている)こととも繋がります。作品の言葉としては一見静止状態にあるこれらうずくまるものは、2において開放への予感として逆方向の動きを見せます。それはうずくまるものたちがすでにもっている潜在的な表象可能性(あくまでも可能性である)への視線のはたらきでしょう。もっと単純にいえば身体的な構造でさえ、小さく丸く縮み(閉じ)、内部に溜め込まれた力は反作用によって伸び開くようにできています(この閉じることによって内部に溜め込まれた力とは1における《世界という全体に抗い》抑圧に堪えている力であるように思います)。つぼみは花を咲かせ、花弁はほどかれて地まで旅をする。少年の包茎は剥けてやがて種を付けるかもしれない(避妊具推奨)。外部からの力に堪えつつ、一見静的状態にあるようで、内部では活発な変化への動きがあるそれら(《うずくまる私の、うずくまる願い》も含めて)は、ちょうどよい時に終わると同時に開かれるのではないでしょうか。しかし、それはどのようにであるかは保証されない。潜在的な表象可能性は表象したとして必ずしも望ましいとは限らないから。それでも明るい印象で結ばれているのは、外部に対する視線とそこからくる外圧に堪えてうずくまっているもののうちにある、開く可能性への信頼が感じられるからだと思います。 古典的なテーマとの共通性もうかがえながら、現代的につくられた作品に思いました。また、背後に(音韻ではなく)音楽性の感じられると同時に、体の内側で収縮と開放(解放)とを感じる良い作品でした。

0
蛾兆ボルカ (2019-12-19):

藤一紀さん コメントありがとうございます。 私には、うずくまるものへの想いは「最終形態」への思いなのだ、という感じもしますが、そうではない、という想いもあります。迷宮というのは、誘われる思考で、そういえば生命とは迷宮のようなものなのかも知れません。 理由はわからないのですが、コメントを拝読して、墓石というのもうずくまるモノだよなあ、とイメージが拡がりました。 もしこの詩の3を書く機会があれば、墓地の風景を書きたいな、と、今ふと思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1