本能 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


本能    

華奢な体、長い髪、花のような香り—— すれ違った女性が、かつての恋人にそっくりだった。思わず振り返って、声をかけた。 「あの・・・」 あらためて見ると、顔は似ていなかった。それにしても、あまりに蒼白な表情。うすい唇が微かに震えている。白いカーディガンに、白いロングスカートという服装が、彼女の姿をよりいっそう儚く見せていた。消え入りそうな声で、彼女は言った。 「わたしになにか用ですか?」 声をかけてはみたものの、そのあとをなにも考えていなかった私は返事に窮して、咄嗟に思いついたこと、おいしいアイスクリーム屋があると聞いたんだが・・・と苦し紛れに言った。彼女は細い指先で指し示した、その先には、まさしく〈牧場のおいしいアイスクリーム〉という看板を出している店があった。無意識に見たこの店の謳い文句が私の頭に刷り込まれていたのだろうか。 「せっかくなので、奢りますから、一緒に食べませんか?」 なりゆきとはいえ、私は人生最初で最後になるかもしれないナンパをしていた。 「ええ、よろこんで」 そして不覚にも成功してしまった。 「そう、旅を・・・」 ベンチに二人並んで座り、アイスクリームを食べながら、自分はあてもなく旅をしていることや、旅先で最近あった不思議なことなどについて話した。 「わたしにとっては、人の心より不思議なものはありませんけど」 意味深長な発言、メランコリックな表情や仕草から、なにか深刻な悩みがあるのかと、心配して彼女に訊いてみた。 「忘れられないことがあるのです。それが、つらくて、つらくて・・・ どうしたらよいのでしょう?」 そうだなあ・・・——  約束は要らないわ  果たされないことなど大嫌いなの  ずっと繋がれて居たいわ  朝が来ない窓辺を求めているの   ※椎名林檎『本能』より 華奢な体のいったいどこから、こんなに声が出るのか。忘れられない感情を発散するには、思いっきり唄うのが一番だ。なりゆきで、私たち二人はカラオケに来ていた。 それにしても美しい声。玲瓏、という言葉がよく似合う。しかし、どんなに力を込めて唄っても、彼女の表情は蒼白なままだった。依存的な恋の歌ばかり熱唱しているところを見ていると、彼女の悩みの原因がなんなのか、わかる気がした。 「あなたは唄わないの?」そう言いつつも、彼女は胸元でマイクをぎゅっと握りしめている。 「いや、自分はいいんだ。君の声を聴いている方が楽しい」 そんなことを言ったものだから、彼女はさらに調子づいて、気がついたときには三時間も経っていた。 「とっても楽しかったです」無表情で彼女は言った。 外は陽が落ちてすっかり暗くなっていた。冷たい夜風に身震いしていると、冗談のつもりなのか、彼女はいきなり抱きついてきた。 「あったかい・・・」 そう言った彼女の体は、ところが、体温がまるで感じられなかった。彼女の背に腕をまわして、ぎゅっと抱きしめてみても、それは変わらない。しかし、いまこの胸に抱いているのは、知り合ったばかりの女性ではなく、かつての恋人であるように思えてならなかった。ありえないことだと、わかっていても・・・ どれくらい抱き合っていたのか、抱擁がふっと解けると、彼女は素っ気なく立ち去ろうとした。 「あの・・・」 もう二度と逢えないだろうという名残惜しさから、私は彼女を呼び止めた。出逢ったときと同じように。彼女は振り返り、狐みたいに微笑むと、夜の闇に溶け入るように去っていった。頬に、ひとひらの冷たいものがふれた。初雪にしては、すこし早いというのに。


作成日時 2019-11-08
コメント日時 2019-11-27

本能 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 727.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 22
#テキスト
項目全期間(2020/03/29現在)投稿後10日間
叙情性42
前衛性21
可読性84
エンタメ75
技巧00
音韻00
構成11
総合ポイント2213
 平均値  中央値 
叙情性1.32
前衛性0.71
可読性2.73
 エンタメ2.32
技巧00
音韻00
構成0.30
総合7.37
閲覧指数:727.3
2020/03/29 15時15分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

本能 コメントセクション


コメント数(2)
千才森 万葉千才森 万葉(2019-11-26):

 はい、お邪魔します。  えっとですね、実のところ、3行目ぐらいまでで「あああ、ちょっと待った」と言いたくなったんですよね。うん。  散文と詩の違いの一つに文字数があると思うんですよ。そんなもん見ればわかるだろ?という話ですけどね。詩には疎いので散文メインの個人的な意見を書きたいと思います。  詩は一行、もっと言えば数文字で詩情を醸すことが出来るわけですけど、散文、特にこの作品のようにまっとうな小説文の形式では、情感を醸し出すのにそれなりの文章量が必要になるんですよ。一行で、ぐいっと惹き付ける文章を書く方もいらっしゃいますけど、その一文は散文の力を使ったものじゃ無くて、詩としての力を使った文であることが多いように感じます。  散文の場合、五感に触れる情景を描いてキャラクターの心情を書き込み、読者をその世界に引き込んでからようやく、読んでいる人の情が揺れ始めるんだと思います。いきなり任意の方向に読者の心を動かすのは難しいんですよね。余談ですが、詩文と散文の違いに、読者の感情を動かす向きが有るんじゃないかな、と考えています。詩文では、文章からどんなことを想像するか、何を感じるかを読者に委ねる事が出来るんです。だから、好みや文章が読者の心にクリティカルヒットすれば、文章が生み出す感情や情景を際限なく広げさせることが出来ます。一方、散文では、作者の望む方向に読者の心を動かすことが出来ます。ただし、半強制ですから制限が掛かり、広がりはある程度抑えられてしまいますね。広げようとすれば、その分文章量を増す必要があります。上手く使い分けられれば、作品の幅は広がるんじゃ無いかなと思ってますけどね。  『見つめかえす瞳』を例に挙げると、主人公がいる場所の情景や少年との会話を描くことで、読者をその場の雰囲気に慣れさせています。そして、最後で読者の情をぐいりと動かす。後半までのやりとりが情を動かす為の準備段階になっているんですよ。もっと言えば、読者の心を目的の方向へ動かすために30行ぐらい必要だった。  一方で詩としての形式で書かれた『音のない町』。こちらは最初の3行で読者の情が揺れ始めます。これは詩文としての力が働いているからでしょう。具体的に何が効いているのかは、詩に疎いわたしにはわかりませんが、確かに感情が心地よく揺れるんですよ。  戻って『本能』です。  最初から終盤まではストーリー・出来事を読ませる流れで、形式は散文の小説の形です。散文として機能しているんですが、詩としての力はあまり働いていないように感じます。あ、いや、それが悪いって話じゃ無いです。散文には散文の力があります。  最後に作品の肝である怪しい雰囲気が揺らめいているのですが、最後を機能させるためには、そこまでに読者を作品世界に入り込ませないといけません。御作はどんな人がどこで何をしているのかはしっかりと書かれていましたが、作品には入り込みにくかったです。恐らくストーリーの情報量が多すぎるんですよね。詩なら、一行ごとに立ち止まって噛みしめる読み方をすることも多いのでしょうけど、散文の場合はサクサクと読み進めてしまう場合が多いです。そう読んだ場合、ストーリーを追うことと与えられる情報を暗記することに精一杯になってしまって、心が作品に入り込みにくかったのです。上辺だけ触れている感じで。このシンクロ率では、なかなか情は動かないかなと。  よーく考えてみると、町で出会って、ナンパをして、一緒にアイスクリームを食べた後にカラオケに行ってめっちゃ歌って、抱きつかれ、雪女のように彼女は立ち去った。このシナリオをこの文字数の散文で書き切って、なおかつ読者の心を動かすって、すごく超級テクニックですよ? 多分、これが出来たらプロ作家になってますね、はい。  雪の描写を入れずに、雪女の雰囲気だけを纏う不思議な女性を描く。このコンセプトは好きなんですよ。純粋に、ああ、さすがだなと思いました。  そうそう、あと気になった点がもう一つ。描写の表現が安直に感じましたね。恐らく、文章量を圧縮しようとした弊害じゃないかなと思いましたけども。沙一さんの腕を考えれば、もっといけるはずなのに。  ああ、なんだか纏まらなくなってきました。叩くだけ叩いてしまった感じになり、ほんと申し訳ないです。他の作品を読ませてもらっているので、なおさら色々書きたくなってしまって。  もっと良くなるはずの作品です、ということを伝えたかったのです。続けることは必ず力になります、マジで。頑張って下さい。では。

0
沙一 (2019-11-27):

千才森さんへ 散文と詩の書き方の違い、なるほどなあと感心しました。とても参考になります。 いつ・どこで・どんな人か、などは、私が省いてしまいがちなものですね。散文を書くとき、それら背景の描写を野暮ったく感じてしまうところが、詩書き、というか私の性分なのかもしれません。 「見つめかえす瞳」に関しては、なぜ情景描写を書けたのかというと、読者を作品に惹き込ませることは意識しておらず、場所自体に象徴性があったからでした。今作を書いているときは、雪女みたいな女性と出逢う場所に意義を見いだせず、どこでもいいんじゃないかと感じて、艶がないなと思ってばっさり省いてしまいました。街中なのか、フードコートみたいなところなのか、どちらにせよ、日常的な場所を描くことに魅力がなかったんですね。そういった点もつきつめて描写していけば、たしかにもっとよい作品になれたかもしれません。 文章による描写に厚みをもたせるか、そうでなければいっそ、短い文章に訴求力をもたせる詩的な書き方もあったわけですね。小説にも散文詩にもなりきれていない、ということがわかって、蒙を啓かれた思いです。ありがとうございます。 いままで自分の書いてきたもののほとんどは、内からふつふつと沸いてくるものを作品にしていたんですね。だけど今作に関してはどちらかといえば、連作のコンセプトが先にあり、そこから書いたお話。上辺だけ、という千才森さんの印象は、まさにそこにあるんじゃないかと思いました。 最後に、とても真摯に批評していただき、あらためて感謝です。あと三作ほどで終わらせるつもりなので、しばしおつきあいいただけたらと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1