「ラーメン道」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

「ラーメン道」    

人が何かを決めるとき、そして、何か変化を求めるとき、その臓腑を充足させる食べ物があるとすれば、それはラーメンである。 近代、中華そばと命名され、しなちくとかん水の芳香が界隈を漂い暖簾に染み付いている。 笑顔のない、高圧的な店主の声は、互いのこれからの戦いの前の効果的な精神戦である。 洋食がテーマパークなら、ラーメンは自分で作り上げる私小説である。 スープの表面に適度が脂液が漂い、トッピングはその沼を彩る食欲の蓮である。 麺は小麦臭を残し、歯の圧力を俄かに跳ね返す弾力ではなく、ほどよく包み込む肉布団のような性格を保っている。 スープをすすり、麺を噛み締め、胃に落とし込んだとき、頭の切っ先に一つの光りのようなものが浮かび上がり、その瞬間、店主は教祖となり、あなたは信者となる。 * 秘密の食材を混沌と混ぜ合わせ、火力との逢瀬を繰り返し、光るスープが出来上がったのか。 胡散臭そうな紳士達が食券を買い、店員に渡す。 ここのラーメンが食いたいのだ、一心不乱にそう思い込んでいる客、そう、その中の一人でもある、私は。 新しい具材が鍋の中で出会い、互いの良さを引き出しながら別の味に変る。 店主の混沌とした思考と吐息のから編み出された味。 それは店主の主張である。 かん水がほどよく香り、ねっとりと絡んだ麺は自らの存在を鼓舞するわけではない。 シナチクも焼き豚も、それらそのものが独立して物事を主張していない。 とてつもない、奈落を彷彿とさせる、やるせなく切ない食い物、それがラーメンだ。 客は誰でもラーメン炎を燃やしている。 めらめらと立ち上がる炎は、備え付けの雑誌やコミックで誤魔化すのだ。 誰にも悟られたくないこの熱きラーメン炎は人には見られたくない。 だから、目で追うことしかしないコミックを見るふりをして、喉が嗚咽する。 ラーメンが臓腑の収まるべき所に収まるその安定と密着、その達成感に血流は落ち着くのだ。 ティッシュで洟水を拭き、ゴミ箱に捨て外に出ると心地よい、風を感じる。


作成日時 2019-10-15
コメント日時 2019-10-22

「ラーメン道」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1236.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 25
#テキスト
項目全期間(2020/07/05現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性11
可読性44
エンタメ66
技巧55
音韻11
構成44
総合ポイント2525
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性0.30
可読性1.31
 エンタメ22
技巧1.71
音韻0.30
構成1.31
総合8.37
閲覧指数:1236.8
2020/07/05 03時13分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

「ラーメン道」 コメントセクション


コメント数(11)
yamabito (2019-10-15):

前回は蕎麦、今回はラーメンで行ってみます。 うーん、まぁしかし・・、既視感と言えば既視感なのですが。

0
帆場 蔵人 (2019-10-15):

ラーメン好きとしては楽しく読ませて頂きました。ラーメンが私小説、洋食がテーマパーク、解るのですがジャンルを揃えても良かったのかと思いました。後、かん水の臭いもやや古き時代のイメージがあります。しかし、誰にも見られたくないラーメン炎、これはわかるような。本来、独りで食うものだという気持ちが何故かありまして、店主と相対して切りむすぶように勝負しているような気になります。洟水を拭くからのくだりが何かすがすぎしいですね

0
はちこ (2019-10-15):

ラーメンを食べたくなりました。

0
survof (2019-10-15):

ラーメンをお題にしてみんながラーメンにまつわる文章を書くという企画があっても面白いと思う。おそらく文章力や表現力はむき出しになる。基礎訓練としてこうした基本的な生活にかかわる衣食住の描写をやってみるというのはもしかしたら絵画でいうところのデッサンのような役目があったりするのかもしれない、と思った。 最初の一文は名言だ。最初の一文と同じくらいの濃度でラーメンと人生(?)をもっと絡めてほしかった。文章力を感じさせるだけに読者としては物足りないのだ。せっかくラーメンについて書くのだ。惰性で書いたようになってしまうのではカップヌードルのようで勿体無い。最初の一文が書けた作者ならもっといけるはずだと思った。 あと改行の多さは可読性を重視してのものだろうか。PCでみたときの投稿欄の横幅は広過ぎて改行なしの散文にはちょっと不利だし、改行をなくすとスマホでは文章の塊がガッツリしてしまって、それを嫌う読者もいるのかもしれない。それでも、個人的には改行なく繋がっていた方が、文章にリズムが生まれるので好きである。

0
yamabito (2019-10-17):

帆場さん、おはようございます。 ラーメンも時代とともに様変わりしてまして、私のような年代になると今流行りのストレート麺や、かん水無しの麺など食えたものではありません。 麻薬の様な、後ろめたい気持ちで食べるからこそラーメンであると私は思っています。 御批評、ありがとうございました。

0
yamabito (2019-10-17):

蕪城一花さん、おはようございます。 良い御評価、恐縮です。

0
yamabito (2019-10-17):

survof さん、おはようございます。 そうですね、いてみれば既定路線という感じもしなくはないです。 これはずいぶん前に書き残していたものを投稿してみたのですが、今回は蕎麦とラーメンという食べ物路線に拘って投稿してみた次第です。 ちょっと、私としてはイマイチの評価だったな、という感じです。 もっと精進する所存です。 ありがとうございました。

0
南雲 安晴 (2019-10-18):

 詩など、作品は、かっこいいのが良いと思っています。それで、この作品にはタイトルの『「ラーメン道」』からして、あまりかっこよくないなという印象を受けて、長いこと読まなかったのですが、せっかく印刷してあったので、今日読んでみました。すると、私のこの印象は砕かれました。  読み始めて数秒、 >洋食がテーマパークなら、ラーメンは自分で作り上げる私小説である。  あたりから、断定的表現にぐっと引き寄せられ、また、頷かざるを得なくなりました。  最後まで途切れない気の利いた表現、意想外な語の使用、それから断定的調子に心を奪われました。  yamabitoさんはどんなものもこのように芸術作品に落とし込むことができるのではないかと感じました。

0
yamabito (2019-10-19):

南雲さん、おはようございます。 お褒めくださり、なんか恐縮です。(^^ゞ  南雲さんのように、内面からポエジーが湧きたつような文体も好きですが、このように派手に断定し切ってしまうというスタイルも捨てきれないのです。 ただ、読み手によってこれが痛く感じてしまう部分もあるので、多用すると怪我の元という事なのでしょう。 いろいろとありがとうございました。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-10-22):

お邪魔します。 わたしは断然こちらが好きですね。作者さんが持っている独特の旨味がしっかりと出ている気がします。 >洋食がテーマパークなら、ラーメンは自分で作り上げる私小説である。 >店主の混沌とした思考と吐息のから編み出された味。 >めらめらと立ち上がる炎は、備え付けの雑誌やコミックで誤魔化すのだ。 >誰にも悟られたくないこの熱きラーメン炎は人には見られたくない。 これらの表現がずっしりとした満足感を与えてくれます。 1行目も、もちろん好きなのですが、この行を書くのであれば、裏付ける文章が欲しかったかなと思いました。詳しく書かないのも詩らしくていいですが、散文の形を取るのなら、より強調させてもいいのかなと。 実のところ、視覚や行動の描写については、多分yamabitoさんが持っていない書き方を、わたしは持っているなと見ました。なので、結構読んでいてもどかしかったですね。ここはこうした方が……みたいに。 ただ、そういった単純な描写は身につきやすいと思っています。数をこなせば、書けるようになりますし、料理系のマンガなんかでも見た目や触感の描写はよく見ます。一方、なかなか書けないのが、今作品でyamabitoさんが書かれたような思考、思想を伴う描写ですね。これはセンスや経験が大きく関わってきますから、どれだけ考えながら生きてきたかが問われるんだと思います。誰にも真似できない武器になるのでしょう。学ばなければ。 最後の行の心地良さはよくわかります。この共感を伴いながら、去って行く感じがたまらない。やっぱり強い旨味が間違いなくありますね。

0
yamabito (2019-10-22):

千才森さん、こんばんは。 そうですね、私も調理人みたいな仕事も少しやりますので、そういった食に関するものは割と書いております。 現実的な話をすれば、手打ちそば職人時代もあったのです。 なので、私の作風は何方かもおっしゃっていましたが、どこか既視感があるという風なものは感じとれてしまうのかもしれませんね。 私も実は、詩小説的なものをこちらでも少し書いています。 千才森さんの様な繊細で肌理の細かい描写はまだまだ私にはできませんが、いろんな物を読み(・・といってもネットでしか物を読みませんが苦笑)心に留まるようなものを書いていければと思っております。  この度は、いろいろと御批評いただきましてありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1