とある湿原にて - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

とある湿原にて    

なにかを期待するわけでもなく 木は透明な思いで空を見上げていた 野鳥の尖った飛翔が 空間を切り裂くのを楽しんだり みずからが浄化した 清廉な空気を謳歌している 人がまだいない頃 木はみな足を持ち 好きなところへ歩いていた しかし、とてつもない罪でも犯したのか 木は今、足さえ持たず立っている その寂しい木をなぐさめようと 名も無い地衣類やら 苔やらが樹皮をつつみ 野鳥がからだの隅をつついたりして刺激してくれる 風は、少し動きが固くなった部分をゆさぶり 体液をうながしたりしている 冬になるからといって寂しいわけではない 雪が降るからといって目をつぶっているわけではない あきらかに言えるのは なにかを期待するわけでもなく ただ、待ち続けるという事なのだ


作成日時 2019-09-02
コメント日時 2019-10-09

とある湿原にて ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 28
P V 数 : 1852.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 193
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/06/01現在)投稿後10日間
叙情性2515
前衛性10
可読性30
エンタメ30
技巧2924
音韻50
構成127118
総合ポイント193157
 平均値  中央値 
叙情性3.12
前衛性0.10
可読性0.40
 エンタメ0.40
技巧3.61
音韻0.60
構成15.91.5
総合24.16.5
閲覧指数:1852.5
2020/06/01 17時23分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

とある湿原にて コメントセクション


コメント数(27)
龍斗龍斗(2019-09-02):

感動しました。語り手にも背景の世界観にも艶がありますね。

0
yamabito (2019-09-03):

龍斗さん、おはようございます。 この作品は、数年前の物なのですが、何処か引っかかっていて昨日少し手直しした作品です。 好意的な御批評、恐縮です。ありがとうございました。

0
みうら (2019-09-03):

無常を感じさせるいい作品だと思います。ただ正直に申し上げまして、自我といいますか、個がみえにくい作品になってしまっているのではないかとも思うのです。木を見て誰人も同じ木として認識しているとしたら、それを詩として表現する意味は当然ながら無くて、詩を表すこと、比喩を使うこと、そこには日常の息遣いが宿ると思うのです。他者に喩えを用いて何かを伝えようとする。日々感じとっている事象の中から喩えとして適当なことを自ずと選ぶ。その日常のオリジナルな息遣いが本作からは感じとることが出来ませんでした。これは私の感性が鈍いことが要因としてあるのだとは思うのですが。上手く伝えることが出来ず、すみません。こちらには点数制度がありますので、最後にこれを用いて言いますと、本作が本来持つべきではなかろうかと思う叙情性は0でしたが、技巧に7点投じさせていただきました。

0
survof (2019-09-03):

もちろん技巧的にはもっと練っていける余地はあるのかもしれませんが、非常に美しい作品だと思いました。作者が感じたであろう空気の質感が読み手にはっきりと伝わるという点において写生としてとてもうまく機能していると思います。しかもその写生が直接的な描写によって行われるのではなく寓話的な比喩によってなされる点、非常に興味深いです。空気の移り変わりのほんのちょっとした機微を捉えるのにこんな方法があったのかと新鮮でした。 私の読み方が作者の意図通りであるとするなら、みうらさんのおっしゃるように「個」はみえなくて当然だし、そうした「個」を軸とした「叙情性」はこの作品から欠落していて当然であって、むしろそれらが欠落しているからこそこの作品の美しさが一層際立つのだと私は感じました。

0
survof (2019-09-03):

空気の移り変わりのほんのちょっとした機微 ... というよりも一つの景色がもつ情動的な繊細さとでもいうべきもの

0
藤 一紀 (2019-09-03):

こんばんは。例えば私がどこかへ旅行に行ったとして、そこでなにか日常的とは異なった物事を発見し、心が揺り動かされたとする。そうするとその物事ばかりか、物事に遭遇した場までがメモリアルな意味を帯びるようになる、ということはあると思います。 これは作品なので、必ずしも行ったとは限らない。にもかかわらず、あたかも行き、且つ発見したかのように書かれており、また、特に、木が木でないもののような姿を表すというふうに、言葉との私的な馴れ合いが漂白され、日常性から逸脱した木として、質的変化をさしめています。とても優れた作品に思います。

0
survof (2019-09-03):

追記: 描かれた景色に自分を投映しているという点においては「個」を消している訳ではなく、むしろ描かれた対象との距離感そのものに美しさが宿っているという感じがなんか感想としてはより近いかもしれません。といいつつ、やはり「個」のリアリティを重視しているというよりも、「「個」のリアリティ」への諦観のようなものが宿っているような気がして私は特にそこに魅力を感じます。 藤 一紀 さんへ >言葉との私的な馴れ合いが漂白され、日常性から逸脱した木として、質的変化をさしめています。 このご指摘、私がうまく表現できなかった感覚を見事に表現できていて、非常に共感するものがあります。

0
AB (2019-09-03):

二連の三行、好きです。

0
帆場 蔵人 (2019-09-03):

端的に好きな作品。 ひとがいなかったころの木の描写があるから、他の箇所が生きている。木というものを通して、距離を保ちながらそこはかとなく"私".やある種の諦観が書かれていて静かな余韻が後を引くように感じました。

0
藤 一紀 (2019-09-03):

survofさんへ まず最初に、私がはじめに書いたコメントは「美しい作品です」ということでした。どこがという部分的なものでなく、総合からそう感じました。あんまり時間がかかったのか、反映されませんでした。苦笑 次にご指摘の件ですが、上に書いた通り、技巧もありますし、例えば、仲程さんや帆場さんのコメントにもある第二連の《木はみな》の「みな」と三連の《その寂しい木》の「その」などの焦点の絞る語や、静的な木を動的な存在にすることで相対的に木の動かざるさまを強調するなどといった技巧、それらを含めて、作中の言葉が、詩を成立させるために機能していると思われたので、あのような書き方をした次第です。普段使っている言葉であっても、同じ「意識」では、このような美しい詩作品にはなりがたいように思います。

0
yamabito (2019-09-04):

三浦さん、おはようございます。 端的なご指摘痛み入ります。 私が主に書く作品は個があり、わたしがわたしが・・・とリピートするような作品が多い中、この作品ではおっしゃるように「個」が出てきません。 現実な話をしますと、この地はクライマックス(極相林)樹林帯であり、まさに木を楽しめる場所でもあるのです。  正直、かなり木についての、あるいは木に係る作品を書いてきましたが、果たしてそれは木のことのみについて描いてきたかと言えば、三浦さんおっしゃるところの抒情性を意識していたように思います。しかし、この作品では四六時中木について触れています。 それは木に対しての観察眼が今一つであると思ったためであり、そこを集中的に描いてみたいという部分もあったようです。 色々とありがとうございました。

0
yamabito (2019-09-04):

survof さん、おはようございます。 そうですね、結局のところおっしゃるところの「諦観」の部分に落ち着くのかもしれません。 とかく現世では、現実の厳しさ(その逆もありますが…)を感じるところではありますが、あえてそれに立ち向かうのではなく、その限りある中での心の状態とでも言いましょうか、そういうものを木から得たいなどと思う気持ちもあったのでしょう。 いろいろと好意的にお読みくださり、ありがとうございました。 尚、複数のレスをいただきましたが、このレスにてまとめさせていただいております。

0
yamabito (2019-09-04):

藤 一紀さん、おはようございます。 >>言葉との私的な馴れ合いが漂白され、 たいへん深い言葉だと思います。 とかく詩を書く際に、どうしても痒いところに手の届く部分のパーツを持ってきたくなりがちになりますが、それではいけない、と常々苦労するところです。もっと別な言い方、あるいは表現が必ず存在するであろうと色々と足搔いていくスタンスはとても詩書きにとって大事か行為だと思います。 >>日常性から逸脱した木として あり得ないことを言いきってしまうという、一見卑怯な手法は私の常套手段でもありますが、そこがある種の荒さととられても仕方ない部分でもあろうかと思っております。  たいへん、ためになる御批評、ありがとうございました。

0
yamabito (2019-09-04):

仲程さん、おはようございます。 仕事柄、山林に身を浸す時間が圧倒的に長い私ですが、その中で感じることは、木を含む生き物の逞しさなんですね。 灌木の中に大きな岩が転がっていても、そこに枯葉が堆積し腐敗し土となり、そして何種類かの草本類が芽吹き、また腐って土となり、長い年月ののちに樹木の種子が発芽するわけです。そしてその大岩に木が生える。 生きる場所を選択すらできない木にいっそ歩かせてみたらどうだろう?という一見無茶苦茶な発想はある種の放棄なのかもしれませんが、時折そういう、ある種投げやり的な言葉群は詩の中の一つのスパイスになり得るのではないか?という勝手な思いをしている自分がいることも確かです。 御批評、ありがとうございました。

0
yamabito (2019-09-04):

帆場さん、おはようございます。 >>木というものを通して、距離を保ちながらそこはかとなく"私".やある種の諦観が書かれていて静かな余韻が後を引くように感じました。 書き手としてはあまり意識していない部分なのですが、木に自我を投影したものなのかもしれません。 青年期に較べると色々と制約が出てきたりし、思い通りに行動できない部分も出てきたりしますと、老いを感ずることがままありますが、そういう部分を潜在的に感じていたからこその作品なのかもしれません。 いろいろと御批評ありがとうございました。

0
stereotype2085 (2019-09-04):

何か突き刺すものがない。いきなり否定的で失礼を。自然を悠然と描く筆致には確かな実力を感じますが、もっと読み手の心を「刺す」表現があってもいいかなとも思いました。私の勝手な要望ですがこのような主題だからこそ、驚きが欲しい!そうも思いました。

0
yamabito (2019-09-05):

stereotype2085 さん、おはようございます。 そうですね、そのとおりだと思います。 それが私の欠点でもあり、長所といったところなのでしょう。 今後これを某板に投稿しようかどうかと考えていたところですので、貴重なご意見、ありがたく受け止めておきたいと思います。

0
杜 琴乃 (2019-09-05):

湿地、という場所に行ったことがないのですが、靄が立ち込めていて時間の流れを感じないような風景を思い浮かべました。その「静」に訪れる「風」が印象的です。 > 風は、少し動きが固くなった部分をゆさぶり 句点が効いているなぁと思いました。ここで風が吹くことによって「自らの体が動く感覚」の新鮮さが心地よく伝わってきました。大きな木の枝の一本一本がザワザワとゆっくり揺れているのって、じっと見ているとなんだか圧倒されます。 木の細かく具体的な描写(名も無い地衣類やら/苔やらが樹皮をつつみ...等)が淡々と語られていますが、 > 雪が降るからといって目をつぶっているわけではない この一行は他と少し違い抽象的で興味深かったです。 さらっと読み流すことができる簡潔な文章でありながら、読めば読むほど新しい発見があり、とても楽しく拝読いたしました。

0
ふじりゅう (2019-09-07):

木が主人公であることが良いと感じつつ、後半は木を俯瞰的に見る視点の変化が起こっており、それが最も特徴的に感じました。 木は何かを待っている、それは作中では示されていない。だからこそ、そこが読者に考える余地を与えていていいと思います。 一点、気になったのは「浄化した空気」と感じているのは我々の、言わば酸素を取り込む我々の視点であり、木本人は(たとえ僅かに木が酸素を取り込んでいる事実があっても)我々が二酸化炭素を排出することに対して「浄化」と思っている方が自然なのではないか、と考えた点です。「浄化」は傍観者として詩句に取り入れ、木の視点ではその対比をはかった方がよかったのではないか、と個人的には思いました。

0
宇佐見踏繁 (2019-09-07):

はじめまして。 やわらかな雰囲気が絵本を思わせるような素敵な作品ですね。 以前から自分が苔や地衣類にどこか温かみを感じていた理由が分かった気がしました。

0
yamabito (2019-09-08):

杜 琴乃 さん、おはようございます。 そうですね、自分は技巧的な作品は苦手としていますので、やはり総じて簡潔な文体にならざるを得ないのですが、その中で(凡庸さの中で)えぐさを演出できればいいな、と常々試行錯誤しています。 いろいろと参考になる御意見、ありがとうございました。

0
yamabito (2019-09-08):

ふじりゅうさん、おはようございます。 そうですね、私の場合、言葉を軽んじてしまう癖がありまして、あまり考えず使ってしまう言葉が往々にしてあるようです。 大変参考になる御意見、ありがとうございました。 持ち帰り、精査し、より良い作品になるよう考えてみます。

0
yamabito (2019-09-08):

宇佐見踏繁さん、おはようございます。 別サイトに投稿している作品に多いのは、逆に柔らかいイメージではなく硬質なものが多かったりしますが、俳優がいろんな役にトライするように、私は詩でも「役柄」というものを意識しているようです。 >>やわらかな雰囲気が絵本を思わせるような素敵な作品ですね。 これも一つの「役」を意識した作品と言えるかもしれません。 御過分な御批評、ありがとうございました。

0
真清水るる (2019-09-09):

こんにちは この詩の主人公は、一言でいうと 【山の人】であるなと思うと同時に【植物人間】という言葉を思いつきました。 山の人とは、山に居る人のことです。そして、植物人間とは、いうまでもなく かつては 動くための五体を持っていながら 動くことが ままならなくなった人のことです。この詩は動物ではない生き物が かつては動くことができたという想定の物語ですよね。でもそれは、ある意味、植物人間であると思いました。  しかし、作者であるyamabitoさんは、とても骨太な作品をお書きになる方であり 実際にも 実際にも体幹がしっかりとしておられるのだと お見受けしています。 yamabitoさんは、たとえば、木を見ても 動き出せば良いのにと想像されるほど、動くが当たり前の方であるように 私は感じております。 わたしは、【植物人間】という言葉に対して、動くということの幸せをしっている人々の造った悲しい言葉だと思っています。そして、この詩も 同じ類の哀しさが漂っていると感じました。 「動かけないものに対して なにかの罪がある。」と、いうのですから 哀れみが この詩にはある。植物であるなら、光合成ができるだの 種は 遠くまで飛翔するだのということは この詩では関係がない。 ≫なにかを期待するわけでもなく ≫ただ、待ち続けるという事なのだ この結句なのですが、逆に なにかとても期待している事柄がある。と私は感じました。 たとえば、かつてのように 普通に 動き回りたい。 まっすぐに 背筋を伸ばして、動き出せる明日を 望んでいる。私は、そんなふうに感じました。 私のこの読みが誤読であるかもしれないです。詩は ときよりロールシャッハ・テストのように、読者の思いが投影されて読まれます。 わたしは、動けるような体幹が欲しいです。木を見て、動くと良いなあなどとは 思ったことのない私なのですが、(木が動ける)と良いのになあと妄想できような頭が欲しいです。 なので、私は 体幹を鍛えることにします。私の読みは、誤読がもしれません。しかし、良き気づきを いただけました。まずは、スクワットします。ありがとうございました。

0
yamabito (2019-09-09):

るるりらさん、こんばんは。  こちらでは、ブナの純林が多く、樹齢数百年というものもたくさんあります。 特にブナは成長が遅いため、年輪はとても密です。 7年に一回ブナの実の豊作年がありますが、その次の春にはたくさんの新芽が土の上にぞろぞろ揃いますが、このブナが立派な木になるまで見届けることは無いな、とがっかります。  私自身、さほど萬意的なものを意識せず、木というものを童話の一コマのようなイメージで描いてみたのです。 ですので、この作品の雰囲気やイメージを感じていただければ成功かな、と思っております。 たくさんの批評文をお書きいただきありがとうございました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2019-10-08):

とても静的な詩と感じました 動いてるものでもなく 動かしてる感じもなく 切り取ったシーンを 広げていくような印象です 動きの少ない詩です。 良くも悪くも平坦で 落ち着いてる詩です。 じっくり味わうのが欲しい時に とても適してる作品だと思われます

0
yamabito (2019-10-09):

カオティクルConverge!!貴音さん、お読みくださりありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2