かきさらし - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


かきさらし    

かきつらねてみるのは きらきらぼしと さらさらぼしと らいららいのほしのこと しんぼうたらんのかなわし よんどころないこと んんってあたまひねっても どうにもこうにもさ こころってなんだろねってよふけ ろうかにはしるぬくいかぜ なぐごはいねがって いねわげねがなげねのがって あんたのそのてにはのらない まっているひとはもうこないこと つきよりとおくってこと さすがのあたしにもわかるから えんりょなんかいらない よるは むげんにつながっとること べんきょうしとったら くろんどさんがつれてった もはんかいとうもなんも なんもないせかいこそ しあわせやったかもしれんて けさの すずしい あさのかぜ さいたはなのか もうすぐなのかな こいもうすいもなも ずいぶんとわすれても 書き連ねてみるのは キラキラ星と さらさら星と ライラライの星のこと 辛抱足らんのかな儂 拠所無いこと んんって頭捻っても どうにもこうにも 心って何だろねって夜更け 廊下に走る温い風 泣ぐ子は居ねがって 居ね訳ねが泣げねのがって 貴方のその手には乗らない 待っている人はもう来ないこと 月より遠くってこと さすがの私にも判るから 遠慮なんか要らない 夜は 無限に繋がっとること 勉強しとったら くろんどさんが連れてった 模範解答も何も 何も無い世界こそ 幸せやったかもしれんて 今朝の 涼しい 麻の風 咲いた花の香 もうすぐなのかな 濃いも薄いも何も ずいぶんと忘れても


作成日時 2019-08-09
コメント日時 2019-08-15

かきさらし ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 1180.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 10
#テキスト
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性41
前衛性00
可読性00
エンタメ22
技巧22
音韻22
構成00
総合ポイント107
 平均値  中央値 
叙情性1.31
前衛性00
可読性00
 エンタメ0.70
技巧0.71
音韻0.71
構成00
総合3.33
閲覧指数:1180.8
2020/03/31 04時41分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

かきさらし コメントセクション


コメント数(6)
藤 一紀 (2019-08-09):

こんばんは。アクロスティックですね。ひとり語り調で、中身もおざなりにせず、しかも、こんなに長くできるものなんですね。お見事です。

0
AB (2019-08-11):

藤 一紀 いやいや、独りよがりのかきさらしです。でも、すこしでもひっかかるものがあれば幸いです。もう少し、なんとかしてから、と思いますが、自分に甘いです。コメントありがとうございます。

0
千才森 万葉千才森 万葉(2019-08-12):

お邪魔に来ました。 ああ! コメントを読ませてもらってようやく気が付きました。こういう作品をアクロスティックって言うんですね。なるほど。面白いですね~。 平仮名綴りも読めてしまいました(笑) 北の言葉かな。 夏の夜風に当てられたかのような、しんみりする詩ですね。夜の風は、どこか遠くだったり、離れた誰かだったり、もしくは自分の内面の深い場所だったり。普段意識しないところを想わせる不思議な力を持ってるような気がしますね。 あまり綺麗に書いてしまうと、心情を吐露する感じが薄れてしまいますし、かといってダダ漏れみたいな書き方では作品として読みにくくなってしまう。この手の作品は難しいですね。 泣く子はいねがー。海外では虐待だと批難されたりするみたいですね。まあ、今とは時代背景が違いますし気候も違うでしょうから、やむを得ないかも。今は文化として残ってるだけですし。 泣くのが正しい子供の姿なのかもしれませんね。 そうそう、くろんどさんって何でしたっけ? どこかで聞いたような。 一連目が好きですね。頭文字を整えながらこれを書けるのは凄いなと思いますよ。 星への想いが溢れてる感じが伝わってきます。星と言っても、実際の星では無くて、幻を感じさせる創作に見る星。 >んんって頭捻っても この描写がいいですね。難儀している様子が伝わってきます。所々に言葉遊びもちりばめられていて、頬が緩むような楽しみも感じます。でも、しんみり。 夜の深みに沈んでも、やっぱり朝日は昇るんだ。 そしたら、また前を向かなきゃいけないんだろうなー。

0
三羽 (2019-08-13):

こんにちは。 心を覗いているようで、ワクワクもハラハラもしました。 涼しさがあるのに、あたたかくて、少しさみしくて、とても素敵ですね

0
AB (2019-08-15):

千才森 万葉さん コメントありがとうございます。 アクロスティック、私も今回初めて聞きました。 全体的に意味のあいまいな言葉に何か感じていただけたらのなら、幸いです。 一連も多少力ずくかな、と思いますが、よかったです。

0
AB (2019-08-15):

三羽さん 覗かれてしまたようで、うれしはずかしです。 コメントありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1