小心者の朝 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

小心者の朝    

すっと、 レコード針を落とすように、 薄いはねを細かくふるわせた、 虫の音の朝が 浮き出している 亀が、 少しづつ目を見開き、 もるる、 うぐり、 と前足を次の時間へと伸ばしていくように 朝は、 苦いコーヒーをすすりながらやってきていた 小心者の僕は、 ちいさなちいさな一コマが 凝縮された劇場のような朝が好きで いつも、朝にたわむれている また暑さは、 老化した皮膚を食い破り、 凶悪な虫が 肉の中で発火する 夏が大好きな虫たちの 発狂の季節だから ぽつんっ、 とスイッチを入れられる 神様の肉厚の巨大な人差し指で 最高ですか!? さいこうです!!! 自問自答して僕は 夏のよだれの中で解体する


作成日時 2019-08-01
コメント日時 2019-08-31

小心者の朝 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1557.2
お気に入り数: 0
ポイント数 : 103
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性362
前衛性31
可読性311
エンタメ00
技巧310
音韻11
構成10
総合ポイント1035
 平均値  中央値 
叙情性92
前衛性0.80.5
可読性7.80.5
 エンタメ00
技巧7.80.5
音韻0.30
構成0.30
総合25.84.5
閲覧指数:1557.2
2020/06/02 06時15分10秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

小心者の朝 コメントセクション


コメント数(13)
暗谷時宗 (2019-08-03):

情景と感覚がヒシヒシと伝わります。独特な表現が言い得て妙で面白く感じます。

0
yamabito (2019-08-04):

おーーー、ひっさびさにレスをいただき感謝感激です( ;∀;) クラヤさん、お初です。 いやー、なんか素敵なコメありがとうございます。

0
舞浜舞浜(2019-08-18):

繊細な表現の書き出し、そして最後のおとし方!にやられました。夏のよだれ、という表現が、とてもしっくりじっとりしてて、最高でした。

0
エイクピア (2019-08-18):

最高ですかと言うフレーズであのパナウェーブの教祖様と言うのですか、その人の口癖を、私は信者ではありませんが、思い出しました。詩全体に比喩の緊張があると思いました。解体される僕は詩を書き始めるのでしょう。

0
ふじりゅう (2019-08-18):

拝読しました。朝の描写が大変美しく、個性的になっていると感じました。 >虫の音の朝が >浮き出している 訪れるわけでなくやってくるわけでなく「浮き出している」としたところに、筆者のこだわりを感じます。 >夏のよだれの中で解体する 夏の溶けるような暑さを非常にうまく表した言葉だと感じました。 他方、惜しいな、と思う点もいくつか。 詩としての、心情描写の掴み具合がもう一歩ほしいなと個人的には感じました。風景描写は大変すばらしいものですが、詩句のほとんどがこの朝の描写となっているので、主人公がこの朝に対して、好き、最高、などの言葉以上の描写がほしかったな、と思うところです。折角風景描写はテクニカルなので、心理描写にもっと注ぐことができれば本作はさらに良くなるのでは、と考えた次第です。 >最高ですか!? >さいこうです!!! ここの下りは私としては、今までの清々しい、幻想的ともいえる詩の流れを断ち切るような印象を受けましたが、何となく狙ったものなのかも、とも感じております。

0
藤 一紀 (2019-08-18):

遅ればせながら今初めて読みました。いまは時間がないのでひとまず一言だけ。 もうダメ。悶絶する。

0
藤 一紀 (2019-08-19):

改めまして。おはようございます。いまレコード針を落とす、ってことをわかるひとがどのくらいいるのか、わからないんですけど、《すっと、/レコード針を落とす》という、この慣れた、自然な手つき、とてもきれいですね。そこから、この作品がスタートしているからか、言葉の背後に音楽の存在を感じます。また《薄いはねを細かくふるわせた、/虫の音の朝が》で《薄いはねを細かくふるわせた、》のは《虫》なのだけど、この《はね》の細かいふるえと、《レコード針を落とす》動きが、指揮者がタクトを振るイメージと重なりました。レコード針がレコードに落ちて音楽ははじまるし、虫ははねを振動させて「声」をだすというところで音楽的なのだけど、同じように、指揮者がすっとタクトを振ることで演奏ははじまる。というわけで、作品が冒頭から(他の方が「出だし」と書かれているように)音楽が流れるようにはじまっている、と感じたのです。 「指揮者」のような映像を思い浮かべた点では視覚にも訴えてくる作品と言えます。また、作品世界に《すっと、》、構えるより先に予備動作なしで入っているので、私は気づいたら作品世界にとりこまれてしまっている。 さらに、《亀》の目や動き、また最終行の《苦いコーヒー》にあるように、とてもゆっくりと《朝》はきつつある、その時間の経過と進み具合を感じることができる。細かいところで言うと、最終行の《やってきていた》、これは絶品だと思います。これによって、第一連を通して、時間の経過だけでなく、近づきつつあるものの気配を感じとる主体の静けさのなかでの澄まされた感覚をも感じることができます。 そして拡大解釈になるかもしれませんが、夜が過ぎて朝がくるという、ただただ時間が経過するというよりは、様々な事象がそれぞれに地球の自転といった法則のなかにあって、うごめきながら、ひとつの音楽を構成している、そういう大きな世界へのつながりを感じることができます。 まさに《小心者の僕は、/ちいさなちいさな一コマが/凝縮された劇場のような朝》である、その通りだと思います。 勝手な推測ですが、《僕》は夜通し起きているんじゃないか。たとえば何か心配事があるために眠れないとか不眠症とかの理由で。 第三連は、意識が別の方へ流れはじめたと読んだのですが、《凶悪な虫が/ 肉の中で発火する/夏が大好きな虫たちの/発狂の季節だから》の《虫》は様々なイメージを喚起させてくれます。それは文字通りの「虫」であり、また「(凶悪な)欲望」であり、それを心中に飼っている私たち、熱に浮かれて我を忘れ、箍を外して行動に走る「人間」でもある。 このような暑さや、暑さに取り込まれて、自制を失うことに、もしかしたら《僕》は強い抵抗(逆に言えば「憧れ」)があるんじゃないでしょうか。 第三連での意識の流れが、次の連で切断されたのはそのためでもあるように推測しました。もっと読みたい気持ちはやまやまだけど。《神さま》(自分ではない)の仕業なら仕方がないです。 ときに《スイッチ》は何のスイッチなんだろう、と考えてみました。ちょうど明け方を過ぎて、陽が当たりだすとじわじわ蝉が盛んに鳴きはじめて、ざんざか降りそそいで、暑い一日が動きだしたことを否が応でも意識させられますが、そういう一日を動かすための《スイッチ》なのかもしれません。とすれば《僕》の《小心者》ぶり(受動性、消極性)がよく語られていると思います。 そこからの飛躍に最終連では呆気にとられながら、なんとなくアントニオ猪木の「元気ですかっっ!」を思い出して、笑ってしまいました。それにしても《夏のよだれ》という、、、この締まりのなさというか、だらしなさというか、放心のなかで現れる生理的反応を持ち出してくるとは。《解体》については、ついに眠りに落ちたのかと考えましたが、ともすると、《小心者》であるはずの《僕》が、やはり夏にやられて、《小心者》の繊細な注意力や自制を失ってしまうことを意味しているのかもしれません。 全体として、背後に曲調をかえながら音楽の流れを感じさせ、映像としても体感としても、様々なイメージの複合を味わえる作品で、細かいところまで気を配られた作品ですが、是非とも加えておきたいのは、そのような作品でありながら、上段から振りかざしたような言葉遣いがされていない、ということ、詩的な(詩の言葉とはこういうものだと「ぶった」)言葉を運用せずに作られているということ、こんな難しいことを収めているというところです。 長々と書きましたが、一言でいうと悶絶ものです。

0
yamabito (2019-08-21):

レスに気づかず、亀レスレス失礼いたします。 お一人づつ返信させていただきます。 舞浜さん、おはようございます。 ここ1年程、かなり作品を増産していたのですが、かなり駄作も多く結構廃棄した作品もあります。 なので、それ以降、何かキラリと光る表現などを模索しつつ詩作しております。 お読みくださり、ありがとうございました。

0
yamabito (2019-08-21):

エイクピアさん、おはようございます。 私が影響を受けた農民詩人さんの娘さんがその教会に入信しており、興味を持っていました。 おっしゃるように、「最高ですか―――」というのは、その某教祖の信者への投げかけの言葉です。 気が滅入り、最悪な時、そんな時に敢えて、最高ですか!と言ってみることのバカバカしさ。そのバカ加減に自分自身が呆れて、思わず笑えてしまうようなそんな目的を有する言葉ではないでしょうか。 お読みくださりマリがとうございました。

0
yamabito (2019-08-21):

ふじりゅうさん、おはようございます。 風景描写は巧い。よく言われてきましたし、仰るように心情が伴っていないというのも、ずっと指摘されてきた部分です。 たいへん、適切な御批評今後に詩作に生かせるかと思います。 お読みくださり、ありがとうございました。

0
yamabito (2019-08-21):

藤一紀さん、おはようございます。 たいへん丁寧に私の作品を撫でていただき、喜んでおります。 また、色んな読みをしていただき、うれしく思います。  詩って何だろう?って、よく考えるんですが、言葉にならない気持ちを敢えて言葉にするんじゃないのかな?って最近考え始めたのです。というか、もともとそういうものなのかもしれませんが。 私には技術的な暗喩でモノを表現することがとても難しく、苦痛に感じてしまいます。 ですから私は、技巧的な作者さんにはとてもかなわないや!といつも尊敬してしまうんです。 でも、いつかはそういうものにもチャレンジしていかないと…とは思っているのですが。  で、今自分ができることは、冒頭にも書きましたが、言葉にならない気持ちを言葉にしていこう、とする試みです。さらに言うと、表現したいものをもっと確実にわかっていただけるような表現にしてみよう、という事です。 今回は、大変貴重な御批評を詳細に書いていただき、また訂正できる部分はして行ければと思います。 あらためて、お読みくださり、ありがとうございました。 

0
真清水るる (2019-08-29):

こんにちは、 先日、電気屋のレコードプレーヤー売り場で、レコード針を落とすタイプのプレーヤーを見ました。いまどきの展示は、針部分が客には落とせないようにしてあります。レアだから しらない世代の人がすると壊すかもしれませんよね。今朝 傘の中で、ぷつぷつという雨音を聞いていると 針が落ちてしばらくの間のぷつぷつした音と この詩の冒頭のことを思い出したので コメントを書かせて頂くことにしました。 ≫もるる、 ≫うぐり この擬音 いいですね。 レコード針を落とすしてから はじめの 一音がスピーカーから出てくるときの感じでもある気がするし、虫を用いた朝の比喩だと書いてあるから そうなのでしょうが、朝に布団からでる前に もぞもぞしている あの身体感覚な感じも想起しました。腹の虫という表現もあるように、人の心は あんがい虫っぽいなと yamabitoさんの虫シリーズを読んでいて思ったてことがあるのですが、今回のは 過去に私が読んだものと すこし違うようです。ポップですね。 yamabitoさんの虫への違化を表現した詩群が好きなのですが、この詩の場合は変化ではなく そもそもが人とは蟲であるかのような身体感覚表現だと思いました。 虫であるかのような表現なのに、ポップですね。神様の肉厚の巨大な人差し指が、やる気スイッチを押しているかのようです。人差し指だから なんだか箱庭ゲームみたいでもあるとも 思いました。 !? とか!!! とか ポップが炸裂してる。 ≫最高ですか!? ≫さいこうです!!! このコール&レスポンスて 猪木の「元気ですか?」…ぽいです。って、言っても良いですか?筆致自体に対しても自問自答して、おられる気がする。なぜなら、結構ポップなのに、「解体す」という古文的な終り方。むむむ むむむ。意欲作であると感じました。 あと、「、」が いつもより多めですね。過去に 「、」を多用しておられる詩人さんに 「なんで多用しておられるですか」を伺うと、「俺のリズムだ」とか「感覚だ」という答が返ってきたことがあります。本作品の場合は、 yamabitoさんの心の汗のような気がしました。興味深い作品でした。読んでいて楽しかったです。

0
yamabito (2019-08-31):

るるりらさん、こんばんは。 お読みくださり、ありがとうございました。 そうですね、一味違うものが書けないか?という事で、一応足搔いたりしてみた次第です。 読点を必要以上に使うお方と言えば、およそ見当がつきますが、それもアリでしょうね。 逆に読点句点一切なしっていうのもあるので、それもまた楽しかったりしますね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2