私達が隠者になる日 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

私達が隠者になる日    

戦争なんて…と続く言葉を 蝿の雲がかっさらっていった 目の前の、畳の上のうめき声も羽にのまれてく かたわらに雲をながめる少女 包帯の交換とうじを箸でつまんで皿の上に集める日課をくりかえす小人の戦争 海のそばにあるちいさな家のなかで 黒い雲がだんだんと勢いをましてゆく かまどで煮える包帯がもくもくとけむる ちいさな家をとじこめているようでした。 四六時中、腹をおさえて なんて惨めなのだろうと柱にもたれる ざらつく新聞と油ぎったネットニュースが毎日流れるだろう。 少女の口のなかに隠れている私達。 蝿の雲に煙を巻かれてるかのように いずれおちゆくさだめならば なんのためにうたってきたのだろうか 上等な皮肉をつくりあげるためにうたってきたのだろうか 口のひらけぬ少女のもどかしさ、口惜しさ いかばかりかならむ。


作成日時 2017-05-31
コメント日時 2017-06-10

私達が隠者になる日 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 418.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:418.2
2021/04/17 23時41分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

私達が隠者になる日 コメントセクション

コメント数(5)
るるりら
(2017-05-31)

おはようございます。 絶句でございました。 世界情勢は雲行きが 日々あやしいというニュースが流れていますね。 わたしは広島で育ったので、蛆との格闘 蔓延する蠅が生活を覆っていた話を多く聞いて育ちました。わたしが 書けずにいる 漠然とした不安が、この詩には描かれており 驚いています。 今の うちに 言うべきことは、ないのか!と、いう気概を得ました。 重箱の隅をつつくようなことを ひとことだけ言います。 ≫包帯の交換とうじを箸でつまんで皿の上に集める ここが「交換とうじ」に読めてしまうので、すこし わかりにくいと思います。 包帯の交換で 蛆を箸でつまんで 皿の上に集める。ですよね。 私は広島で育ったので 蛆が わいていた話をよく聞きました。 あまりに繰り返し聞いてきた話です。ですが それを私が書こうとしたことは ありませんでした。 書くべきことだと思います。聴こうとすめことだとも 思います。 口のひらけぬ少女と 比喩されている人々の思いとはいかばかりかということを書いておられる、 この詩のこの言葉の率直さに、詩人が ここにいると感嘆しました。

0
るるりら
(2017-05-31)

えらそうですみません。 言ったはしから誤字を しました。 × 聴こうとすめことだとも  〇聴こうとすることだとも  です。(陳謝いたします。)

0
まりも
(2017-06-08)

「戦争なんて…と続く言葉を 蝿の雲がかっさらっていった」 変形86体のような、独特の韻律の持つ陽性の軽さと、戦争、蠅、という言葉の重さ。 蠅、と打ちかけて「南風」という文字も出てきたのですが・・・なぜ、蠅?と思ったところで、 「はだしのゲン」に出てくる重傷者の姿が浮かび・・・蚊柱のように、真黒に蠅が雲のように立ち昇る末世を想像しました。 核戦争後の世界、各々の家から、大量の蠅が空に舞い上がっていくような・・・。 「なんのためにうたってきたのだろうか 上等な皮肉をつくりあげるためにうたってきたのだろうか」 歌い手を口に含んだまま、口を開けない、開こうとしない少女・・・ 「詩」が肉体を得たら、少女の姿をとるかもしれません。 しかし、今、詩が大量の蛆に蝕まれているとしたら・・・ そんなことを考えさせられる詩でした。

0
鈴木 海飛
(2017-06-10)

やぁ、るるりら様。コメントありがとう。 反戦というより、 もし戦争が始まるなら歌っておこうと思って書きました。あとから、文句をいうのは嫌だし、掲示板で隠者となって文句をぐっちかぐっちと垂れ流すのはやだなー。と思ったのです。どのみち、戦争が始めれば、我々はいずれ、掲示板で書き込む自由くらいしかのこされていないのかもしれません。ふふふ。 それが、隠者になる日です。

0
鈴木 海飛
(2017-06-10)

まりも様へ つい、この間、まりも様の真似してコメントたくさんつけてみました。もちろん、自分が気になった作品にしかつけれなかったようです。 まりも様の視野の広さに憧れますね。もし、私がそんな風に色んな人に感想書けたら素敵だなと思いましたよ。 うん。素敵だよ。 さて、詩に群がる蛆とは、ふふふ。ずいぶん、詩とは難儀ですねぇ。 しかし、蛆は腐ったところにしか発生しません。宿主が生きていようと死んでいようと。 詩は音楽に栄養を吸いとられて餓死寸前だと話を聞いたことがあります。あれから、半世紀たったいま。 詩は肉も食われきって、まわりに蠅が飛んでいるでしょう。 さて、そこで残ったのは骨でしょうね。 どんなに有名な詩人の詩でも無名の詩でも 私にはよめば詩の骨はもっている現実があるとおもいます。その詩に血肉はかよわなくともです。 B-reviewに投稿したきっかけのひとつで 詩が絶滅するのなら、 せめて「狂」でもいいから進取の波にいたいと願ったような気がいたします。 もしくは、私は狂の人々の腸の中のうんこでぎょう虫のようにぬくぬくしていたいだけかもしれません。 ただ、そう。 振り返っているほど、 後悔やら悩んでいる猶予もないほどの速さで 詩が絶滅するのなら どこでもいいなと思いつつ うん、ここで、私は遊んでいこうとおもいます。 感想ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1