作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

二月からのこと   

作成日時 2019-07-11
コメント日時 2019-07-11

平易な朝と言えばいいのだろうか ひさびさに雪除け作業もなく道路は凍っている 稜線には水色の空がのぞいている 声を枯らし、鬱陶しい汗が肌着を濡らし 昨日の日雇いはきつかった だだをこねていた中国人の子供が にこやかに礼を言ってくれたのが唯一の救いだった 気持ちはいつも 揺らいでは落ち、昇り、また降下していく中で 私は今日、遠出のための準備を終えた 遠方まで出向き、私は私の存在意義のために動こうとしている この先どんなふうに未来は動くのだろう 豊穣の未来のために 私は利口な農夫になれるのだろうか 新しい種を求めて 私は遠出する * まだ夜も明けない朝 また目覚めてしまった 玄関をあけ、階段を降りる 道路には闇にたたずんだ外灯がある 何かが舞っている 羽虫のような生き物 排尿をしながらそれを眺めていると 細かい雪だった 外灯の後ろ側には月があるのに 闇はしずかに 月光とともにそこにあった 裸に冷やされた仕事場の戸を開け 電灯をともし ヒーターを点ける マグカップに白湯を注ぐ 数回 息を吹きかけて 口の中に湯を回す 無味な湯が口中をころがり 私の芯へと落下していく もうすぐ夜が明けるだろう 失われた時間が次第に元に戻ってくる でもまだ三月だ * 闇の西の空に赤みがかった月が浮いている 未だ目覚めない命の群落は音を立てていない 傍に立つ電柱の静けさとともに 小池にそそぐ水の音が耳から浸透してゆく 夜半に目覚め再び眠りに落ちて めずらしく夜が明けてから外に出た やわらかい空気が皮膚に触れる 包まれていると感じる あらゆるものに理不尽さを感じながらも 四月に抱かれるように すこしだけ腑に落ちる 新しい物語のために四月はおとずれ 感傷は三月に見送る 夢はまだ終わったわけではないよと 君に言いたい気がする * 物語のはじまりにも慣れ 風の速さも感じられるころ あかるみを帯びた月がはじまる 大きく風を飲み込む鯉が 初夏の結実を促すように泳いでいる 命の蓋がひらかれる スイッチを入れられた生き物たちはうごめきまわり 生をむさぼっている 五月は裸の王様だ どんな生き物も性器を陳列し 淫靡な香りと誘惑の痴態を広げている 農民は田へ田へと 呪文のようにリピートし 土のにおいにおぼれている 車は疾走し続ける 五月の空気は錬金術師 後方のナンバーには 「五月」と記されているかのように * 六月の雨音が聞こえる 今は空のうえで 六月の雨が育ち きっともう 豊かに実りはじめているのだろう 誰もが六月の雨を待っている やさしく皮膚に染み入り、 あらゆるものを平坦に均し 雨は果実のように地面に注ぐ やさしさや安らぎは 雨から生まれ やがて血液の中に混じり込んで やわらかなあきらめともに 人ができてゆく * 七月の 少しむっとした空間があった 上空ではまだ とぐろを巻いた怪物が 大きく交尾をしているという 集落のはずれは 言葉を使い果たした老人のようで かすかに草は揺れ どことなく 小さな虫が飛翔していた 他愛もない会話の中で 使い古しの愛想笑いを演じ 私は居場所のない場所に居たのだった なにもかもが濁っていた 七月の まだ梅雨空の上空は 肥大した内臓のようで 大きく膨らんでいた さび止めをし忘れた 私のねじが コロコロと 助手席の上に 転がっている * 深い霧がうっすらと見える まだ明けきれない朝 ニイニイゼミの海が広がり その上をヒグラシがカナカナカナ、と 万遍なく怠惰が体を支配し 私はその中をぷかりぷかりと泳いでいる 上空には巨大なウミウが舞い 血だるまの現実がホバリングしているが 私の心は心細いマッチ棒のようで ぶすりぶすりと煙い火をかすかに灯している 私は またこのように道を失い いつ来るともしれない 風を待っている 八月はまたやってくる 夏の痛々しく残酷な暑さは あらゆるものを溶かし崩してゆく 釈然とするものが何一つない真夏の炎 それはすべてを燃え上がらせ 骨も髄も溶かし 念じたものをも溶かしてゆく * あらゆる裸を晒し続けた真夏だった 饒舌にまくしたてる命の渦 夏はすべてをあらわにし やがて鎮火した 隔絶された山岳の一角で 口も利かず 私は一人で作業をしていた 何も無いその佇まいの中で 私は何と戦っていたのだろう でも確かに戦っていたのだった 少なくとも日没は一時間は早まった 夕暮れ近い山道を登り返す時 うすい靄がオレンジ色に差している ホシガラスが滑空し叫ぶ 断崖を蹴るように降下し 再び上昇した いくつか濁った声を出し 私の上を飛んだ 額に灯火されたランプのもとには 蛾や羽虫が擦り寄り 光源に酔っている ヒキガエルのこどもが のそりと動く わたしも彼らも きっとどこかに帰るのだ ねぐらへ棲み処へと ザリッ スパイク長靴が石とこすれあう音が 九月の夜の山道に 孤独に響いた * 空が重く垂れさがっている 泣きそうな重い空気が 地面に着陸しそうになっていた 野鳥は口をつむぎ 葉は雨に怯えている 狂騒にまみれたTVの音源だけが 白々しく仕事場にひびく 悪臭を放つ越冬害虫が空を切る その憎悪にあふれた重い羽音が 気だるく内臓に湿潤するのだ 不快な長い季節の到来を 喜々として表現している こうして、悪は新しい産卵をし 悪の命を生み続ける 不快な空間はあらゆる場面でも 途切れることがなく存在してゆく 十月はあきらめの序曲 乾いた皮膚をわずかに流れるねばい汗 かすかな望みを打ち消す冷たい風音 風景はさらに固まり続けるだろう 思考は気温と共に鬱屈し乾いてゆく ひとつふたつと声にならない声を発し ねじを巻くのだ * 男に足はなかった 有ったのは、たった一つの脳と心臓だけだ 脳と心臓からやがて手が生え、足が伸び それらが男に足され、人になる 十一月の肌寒い雨の日 男はのっぺりとした顔をして歩き出す 友もなく、鉛筆の芯のような思いだけで 歩いているのだった 雨降りの山道は 一人姥捨て山への階段のようで 目的地に行こうとする あきらめに似た感情だけだった 息が上がり心臓は早鐘を打ち続けるが かまわず男は登り続けた やはり、頂きには誰も居なかった 霧に浮かんだ道標と祠が男を迎えた たしかに男は何かを捨てた いや、捨てなければならないのだと悟った 汗まみれの帽子を脱ぎ、合掌した * 首を失った生き物のように、残忍に打たれ 転がっているのは私だった 十一月の刃物が寒さとともに研がれ、この加齢した首を削いだ 十二月、私の頭上にあるのは妄想という球体 腐れかけた妄想がその中に入り込み、浮かんでいる 失われてゆく季節、失われた私 水に名が無いように、私の名も失われ このように、丸い球体となって、殺がれた私を見ている 木は失意し、空は失速する 草は瘡蓋を置き去りにし、すべての血はうすくなる 時間は歴史となり、眼球は軽石となる 十二月は無造作に私を葬る 影を作ることも忘れた冬が 名もない私を狩る


項目全期間(2019/10/23現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:417.8
2019/10/23 19時39分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(0)
投稿作品数: 1