泥 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

   

泥の中を歩いている はじめは靴の裏の湿った音だったものが 足の指の間に入り込み 気がつけば腿の半ばまで浸かっていた 月のないなか どこまでが夜闇で どこからが泥なのか 感覚だけでしか計れない いつまで歩けば抜け出せるのかも、漠 蓮が、あるそうなのだ この泥中から咲く花が それを探していたらこうなった だが一向にみつからない 浄蓮の花はこの世の涙の結実 葉には仏がおわし法悦を説く けれど それはもうどうでもいい はやく この泥から抜け出したい一心 いまや泥は腹まで迫っている 月明かりも 花明かりもなく 疲れ切ってしまった 泥、泥、泥、いつまでもどこまでも 境目が、少しずつ、溶けていく


作成日時 2019-01-01
コメント日時 2019-01-12

泥 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 654.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:654.2
2021/10/28 05時50分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

泥 コメントセクション

コメント数(19)
環希 帆乃未
(2019-01-01)

探している方が蓮なんです。

0
ふじりゅう
(2019-01-01)

拝見しました。 蓮、とは天国、浄土といったものの隠喩の意味もありますが、さらに転じて、主人公の理想のようなものと捉えました。しかし、泥にはまっていって抜け出せない様子を見るに、ギャンブル依存症のような、そんな情景も浮かびます。 御作には主人公に対しての具体的な情報がほとんどありませんが、だからこそ、読み手は色々な想像が出来て楽しく読むことが出来ます。

0
༺❦柿原 凛☂༻
(2019-01-01)

蓮根畑を想像しました。あれ相当深いらしくて、頭の先まですっぽり浸ってしまうそうですね。 紅一点のために泥沼でもがき続ける一人の人間を蓮根畑を使って暗喩しているのかなぁと思いました。

0
stereotype2085
(2019-01-02)

暗い。暗澹としているが、その先に希望のあることが仄めかされていて良い。法悦はどうでもよいとの趣旨の記述があり、宗教色を一蹴し、極々パーソナルな詩として完成させ、なおかつみなが関心を注げるレベルにしているのも素晴らしい。この詩は桐ヶ谷さんの詩的探訪の一貫として読みました。この先桐ヶ谷さんがどんな詩を書かれていかれるのかとても楽しみです。

0
ほば
(2019-01-02)

泥に沈んでいく抜け出せない、探していたものは見つからずもがき続ける様に、自分が足掻いているかのような気持ちでよめました。関係ないが泥の滑りある感触は、奇妙に心地よいと感じだことがあります。境い目も無くして泥なかに埋まったらわたしから発芽する蓮を想像してしまいました。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-02)

つきみ様 あけましておめでとうございます。 探している方が蓮ですか、なるほど。 探していたつもりが、探されていた。 おもしろいですね笑 どうもありがとうございます。ぺこり。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-02)

ふじりゅう様 あけましておめでとうございます。 蓮は、そうですね、浄土とか希望とかを表しているように思います。 泥が、はまってはいけない底なし沼のようなもの、というのはなるほどなーと思いました。 何度か言っている事なのですが、私は自分が書いた物が何を表そうとしているのか、ある程度時が経たないと分からないという事がありまして、この詩も分かっていないんです。 だからふじりゅうさんの解釈をとても面白く拝読させてもらいました。 どうもありがとうございます。ぺこり。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-05)

༺❦柿原 凛☂༻様 あけましておめでとうございます。 蓮根畑! 私見た事ないのですが、どういうところで栽培しているのでしょうね? しかも頭まですっぽりですか…確かにこの詩から連想できる発想です。へえ。面白いなあ。 紅一点の為にもがき続ける…うん、どことなくこの詩って恋愛要素も混じってますよねぇ。 自分で書いといてなんですが、ほんと他人が書いたものとしてしかまだ分かってないので、そういわれればそういう風にも読めるなあって ある意味無責任な驚きしか出てこなくて申し訳ないのですが、面白い解釈を聞かせて頂きました。 どうもありがうございました。ぺこり。

0
オオサカダニケ
(2019-01-05)

沈む怖さから逃げられない。不可思議です

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-06)

stereotype2085様 あけましておめでとうございます。 え、希望が見えますか? 私にはお先真っ暗の詩にしか見えないのですが笑 そうですか…なにかしら明るいものが私の中から出ているのでしょうね。肝心の本人が分かってないだけで。 先月は私らしくない詩だと仰られましたが、これはいかがでしょう。 私らしさのようなものが出ていますでしょうか?笑 どうもありがとうございます。ぺこり。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-06)

帆場蔵人様 あけましておめでとうございます。 泥と一体化した「私」から発芽…! いや、それすごくいい!!いいですね! あーその発想があったらオチももっと面白く書けたかもしれません。 悔しい~笑 やぁ、新年早々悔しい思いと、羨ましい発想をお聞かせ下さってありがとうございます。ぺこり。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-06)

オオサカダニケ様 あけましておめでとうございます。 上のステレオさんは仄明るいと仰ってますが、オオサカダニケさんは沈む怖さを感じられたのですね。 うーん、正反対かぁ…私も不可思議だなあと思います。 他人事みたいな書き方ですみません。 私も、私はこの詩にコレコレコウイウ思いを込めたのだとか言えれば良いのですが、まだ今の段階では無理なんです。 どうもありがとうございました。ぺこり。

0
じゅう
(2019-01-07)

拝読しました。希望を探し歩いていたら、気づけば暗闇の真っ只中にあり………という状態。泥との境界が不明瞭になっていく、つまり自分自身、不安で染められて、何も分からなくなってしまうことは、誰しも経験したことがあるのかなと思います。 そのなかで、それでも蓮、つまり希望を忘れずに、ふと思い出しては歩き続けられるのかどうかが大切ではないでしょうか、、、。

0
AB
(2019-01-07)

最後の一行に、うまくつながって、そこから何か始まる感がいいです。

0
AB
(2019-01-07)

最後の一行に、うまくつながって、そこから何か始まる感がいいです。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-08)

じゅう様 あけましておめでとうございます。 どんな状況でも希望を忘れずに…ああ、そうですねえ。 それと近いような言葉を散々浴びてきたのに、すこーんと忘れていました。 多分、聞いたり読んだりしていただけで、私自身は本当はいざという時、希望をたやすく忘れてしまう種類の人間なのだと思います。 だめだなあ、とコメントを拝読して自省しました。 思いださせて下さってありがとうございました。ぺこり。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-09)

仲程様 あれましておめでとうございます。 最後の一行は、この詩を思い付いた時に、セットで浮かびました。 でもそうですか、なにか始まる感がありますか。 実は皆様から頂いたコメントを拝読して、最後の一行は本当にこれで良かったのかとちょっと悩んでいたので、 「なにか始まる」というのはすごく嬉しいコメントでした。 どうもありがうございました。ぺこり。

0
るるりら
(2019-01-11)

おはようございます。 蓮という花は、 仏教といえば、蓮と言ってよいくらいの花ですね。 様々な場所で 仏教徒によって蓮が語られている。 法話と詩の違いについて考えさせられました。 この詩は、迷いが現在進行形なんです。と、語られています。ご法話は、いつも迷いが解決することを語る。詩とは、今を語る もっとも適切な芸術かもしれないなと思いました。 題名が漢字一語なのも、効果的ですね。 わたしも、漢字一語の題名で書くことにチャレンジした時期があるのですが、潔い良いです。 泥 泥、という漢字を ひさびさにまじまじと見ました。なんと、尼さんが いてはるではないですか?この詩は、すみずみまで 仏教が息をしている。の、現在進行形と言えます。

0
桐ヶ谷忍
(2019-01-12)

るるりら様 あけましておめでとうございます。 法話と詩。そうですね、法話はこうなりました、とか、こうなります、っていう現在の話ではないですね。 詩は現在の話を書かなくても成り立つし、現在進行中の話を書くことも出来るし、とても自由ですね。 でもるるりらさんが仰るように、現在進行形のことを書くのに、詩ほど適した媒体もないように思えます。 泥中の蓮というのは仏教に欠かせない説法の一つですが、宗教色をぬぐい去りたいのに、降ってきてしまったから仕方なく詩にしました。 泥というのも、末法の世を表しちゃっているんでしたっけ。昔習ったことなのであまり覚えていないのですが。 自分で、何を書いてるのか理解できない、と散々うえで書いてきましたが、るるりらさんのコメントを拝読して、なんとなく分かりかけてきました。 ちなみにタイトルを「泥」としたのは、正直にいうと、企まざる偶然の産物です。コメントで、ああっほんとだー!って笑 狙って書けていたならかっこうよかったのになあ。 どうもありがとうございました。ぺこり。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1