琵琶湖疎水扁額史會 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

琵琶湖疎水扁額史會    

さくら淡く電燈に透けながら ほどけるをみる ※1)萬物資始 :すべてのことがこれによって始まる もこそに馳せた大陸は ※2)気象万千 :千変万化する氣象と風景の変化はすばらしい 帯状に弛む疎水の門をくぐり あかりまるく落ちるを知る ※3)寳祚無窮 :皇位は永遠である 長等山のトンネルを抜け 四ノ宮の船だまりで時の歩み蒼白に微睡む ※4)廓其有容 :悠然とした大地のひろがりは奥が深く悠久の水をたたえる 飛沫の余波(なごり)山麓に乗りあげ 月光の果てで、時と混じりあう ※5)仁以山悦智為水歓 :仁者は知識を尊び知者は水の流れをみて心の糧とする ※日御山に沓を遺し 陽はのぼり※御廟野に影を縫う ※6)隨山到水源 :山にそって行くと水源にたどりつく 永遠を呼び醒すこゝろの逝くすえは 琴線をかき鳴らしている わたしは琵琶湖うまれ わたしは琵琶湖うまれ 季節の袖で風を拭う ************* 花冷えに春嵐の舞踏をみるを 新緑、水盤に移り映える ※7)過雨看松色 :時雨が過ぎるといちだんと鮮やかな松の緑をみることができる ※8)美哉山河 :なんと美しい山河である為政者の徳と国民の一致が大切である 古都を燈すあかりの配列は ※9)藉水利資人口 :自然の水を利用して人間の仕事に役立てる ※11)一身殉事萬戸霑恩 :明治35年、田邊朔郎、※蹴上に第1疏水殉職者慰霊碑を私費建立す 蹴上に水は京を禊ぎつづけている 螺旋状に編み込まれたねぢりマンポを潜れば まもなく4000本の躑躅が花をつけているのを観る ※10)雄觀奇想 :それは見事なながめとすぐれた考えである ※12)亮天功 :民を治めその所を得さしめる 我、大陸黄土に霞むをみる ※参考 ※1萬物資始 第2疏水 (取入口) 久邇宮邦彦 筆 すべてのことがこれによって始まる ※2氣象萬千 第1疏水第1トンネル東口 (大津側) 伊藤博文 筆 千変万化する氣象と風景の変化はすばらしい ※3寶祚無窮 第1疏水第1トンネル (内壁) 北垣国道 筆 皇位は永遠である ※4廓其有容 第1疏水第1トンネル西口(藤尾側) 山縣有朋 筆 悠久の水をたたえる 悠然とした大地のひろがりは奥が深い ※5仁似山悦智為水歓歡 第1疏水第2トンネル (東口) 井上馨 筆 仁者は知識を尊び、知者は水の流れをみて心の糧とする ※6隨山到水源 第1疏水第2トンネル (西口) 西郷従道 筆 山にそって行くと水源にたどりつく ※7過雨看松色 第1疏水第3トンネル (東口) 松方正義 筆 時雨が過ぎるといちだんと鮮やかな松の緑をみることができる ※8美哉山河 第1疏水第3トンネル (西口) 三条實美 筆 なんと美しい山河であること 為政者の徳と国民の一致が大切との含意 ※9藉水利資人口 疏水合流トンネル (北口) 田邊朔郎 筆 自然の水を利用して,人間の仕事に役立てる ※10雄觀奇想 ねじりマンポ (南側) 北垣国道 筆 見事なながめとすぐれた考えである ※11一身殉事萬戸霑恩 田邊朔郎 筆 明治35年 田邊朔郎が私費建立した第1疏水殉職者慰霊碑(蹴上) ※12亮天功 第2期蹴上発電所 (入口) 久邇宮邦彦 筆 民を治めその所を得さしめる ※日御山 京都府 京都市山科区にある山の名前。(天智天皇が行幸した折「日の山」と 名付けたことから「日ノ山(日御山)」呼ばれている。) 京都で最古の宮「日向大神宮」がある。 ※御廟野(御廟野町) 京都府 京都市山科区にある地名。天智天皇陵がある。 ※蹴上 京都府 京都市東山区にある地名。蹴上浄水場や蹴上インクラインがある。


作成日時 2017-05-03
コメント日時 2017-05-05

琵琶湖疎水扁額史會 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 382.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:382.2
2021/05/07 00時12分03秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

琵琶湖疎水扁額史會 コメントセクション

コメント数(4)
neue Ära records
(2017-05-03)

仕事で琵琶湖近辺の長浜へよく行く機会があるのですが、なかなか、その歴史をなぞっていく散策に気が向かず。しかしながら、本作『琵琶湖疎水扁額史會』で謳われる、 大津からの疎水のルート、でしょうか、桜の季節にはとても素晴らしい地ときいたことがあります。土地と共にある詩歌。詩歌や芸ごとが知識・学識と対峙する位置付けでなく、土地の歴史を知ることによる歓びを作品とする。そのようなことを考えました。毎度、投稿有難う御座います。

0
まりも
(2017-05-04)

以前の投稿作、疎水情繪を改変して下さったんですね。ありがとうございます。 註を付けた方が・・・というようなことを記した記憶があり・・・忠実に実践して下さったのだな、と思い・・・もちろん、私の書き込みのみの影響、という事だけではないでしょうけれども・・・註を、意味もろとも本文の中に入れ込むのは、読みやすさの点でどうなんでしょう、読みの流れを分断しすぎる印象を受けました。文節する、という意図があるなら、また別の読み方をしなくてはいけないのでしょうけれども。 琵琶湖疎水を辿りながら、過去の偉人が刻んだ(そして、この流れを行く旅人が、様々な感慨を込めながら見上げたであろう)「言葉」がまとう歴史性に、現在の「わたし」が想いを馳せる、ということと、今、咲いている桜によって喚起される情趣、その融合を目指した、ということなのだろう、と思います。 あえて漢文読み下し調に直しておられますね。刻まれた漢詩文から得た感慨が先なのか、情景や歴史への思いが先にあり、そこから喚起された想いがあって、そこに漢詩文の意味や想いが重なるのか・・・前回の投稿作は、情景から喚起されるものが先で、そこに漢詩文の思いが重ねられている、ように感じました。 今回は、ご自身の投稿作を推敲していく過程で、むしろ漢詩文の醸し出す意味や歴史性に引かれての改作、と感じます。 たとえば、冒頭部分、 萬物資始 ※1) さくら淡く電燈に透けながら ほどけるをみる 気象万千 ※2) もこそに馳せた大陸は 帯状に弛む疎水の門をくぐり 寳祚無窮 ※3) あかりまるく落ちるを知る というような感じで、漢文の読みもリズムに取り込みながら、全体の可読性を考えてスッキリ記して、「意味」や出典は、作品の最後にまとめて註の形で記す(それも作品に含める)というような方法の方が、流れの美しさ(疎水のイメージ)に沿って行くことになるのではないか・・・などと、思いました。 時間がかかったと思います。それなのに、色々、注文メイタことを言って申し訳ないですが、読みにくいなあ、と感じてしまったのは、事実なので・・・。

0
Comoestanuqui
(2017-05-05)

三浦さん コメントありがとうございます。大津市から京都市に至る琵琶湖疎水が舞台です。仰る通り自分の悦びを吐露しているのですが、歴史を辿るのは想像力無しでは語れないと思うので、(伊東博文に会ったことがありません。)ですので、なにかの機会があり、赴かれることがあれば、善知識のネタとしてお調べになられるきっかけくらいにはなれば幸いです。春夏秋冬まことに派手さはありませんが、均等の取れた美しい景色であります。

0
Comoestanuqui
(2017-05-05)

まりもさん コメントありがとうございます。 改行につきましては、非常に参考頂きました。ありがとうございました。文章に語風というのでしょうか、僕的はもっとわかりにくく良いようにしたかったのです。 例えば、 小鳥が帰ってきました。(※a) ありがとう よりも、 小鳥が帰ってきました。(※a あひがとふ くらいに造語してみたかったです。 ただ、僕の技術不足で造語がガラクタになってしまい、 申し訳ございません。 またよろしくおねがいします。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1