ピピ(十二歳の犬へ) - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ピピ(十二歳の犬へ)    

朝はトーストに薄焼き卵をのせて食べる そんな俺の朝食におまえは異常な興味をしめす あんまり見つめないでくれ というわけで俺のトーストの三分の一を食べてしまう リンゴもしゃりしゃりする おまえは十二歳 犬の年齢ではもう老犬になるのだろうか 大きな手術をして今は回復期だ お尻の毛は刈られ縫い後も痛々しい でも、日一日とよくなってゆくね 抱き上げればトクトクと早い鼓動を感じる 小さくて温かくて耳のあたりが少し臭い 茶と白のぶちの毛むくじゃら 俺の腕から逃げ出そうともがく 俺はおまえに首輪をかけたが 芸は教え込まなかった 五九歳の俺と十二歳のおまえはいいコンビかい おれも少しくたびれたが おまえも眠っていることが多くなった いいよ、お眠り 俺のベッドに飛びのり 熱い一杯のスープのように なみなみに注がれた夢のなかで すーすーといびきをかき 腹が上下する ときおり足を動かす おまえの眠りがまろやかで 絹のようでありますように おまえは十二歳 巡る季節の中を走り抜けてきた 点灯する街の灯の其処此処を二人で歩いた 朝の月の下 夕陽の坂道  小刻みに揺れる尻尾があった 雪の日だって冷たい空の底を歩いた また春が来る 夜明け 俺たちは布団から這い出し散歩に出かけよう 春風の礫は鼻先で弾けろ おまえは十三度目の春を行く 川沿いの桜並木の下を


作成日時 2018-11-14
コメント日時 2018-11-16

ピピ(十二歳の犬へ) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 902.6
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:902.6
2023/02/09 09時16分25秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ピピ(十二歳の犬へ) コメントセクション

コメント数(9)
じゅう
(2018-11-14)

拝読しました。片時人生の相棒のような、短いときを駆ける犬。そんな犬を想う気持ちの暖かさが、「絹のよう」に伝わってきました。この詩からは、表現は多様で繊細でありながらも、希望に満ちみちていて、力強い印象を受けました。

0
ふじりゅう
(2018-11-14)

拝見しました。 愛犬との日常。そのかけがえのなさを、高い技術を持って書かれています。 「熱い一杯のスープのように/なみなみに注がれた夢の中で」この一文は中々生み出せるものでは無いように思います。 本作の愛犬が12歳、である所にまた、いつ失われるか分からない、そんな切なさを覚えました。

0
滝本政博
(2018-11-14)

じゅう様 はじめまして。お読みいただき、コメントを感謝いたします。 こちらのサイトには初投稿となります。そして最初にレスポンスいただきました、ありがとうございます。 <希望に満ちみちていて、力強い印象を受けました。>とのこと、最終連に向けてまさにそのような印象になるよう気をつけましたので、嬉しい感想でした。 ふじりゅう様 コメントをありがとうございます。 好意的に読んでいただき、またお褒めくださった部分もあり、胸がほかほかいたします。 犬の12歳は人間に換算すると65歳くらいでしょうか。いずれにせよピピは私よりは早くに亡くなりそうです。そのような思いも含めて書きましたが、こまかなところまで読み取っていただきました。

0
羽田恭
(2018-11-14)

12歳の犬。 顔が白くなり、脚が震え始める頃でしょうか。 実家で飼っていた17年の天寿を全うした犬を思い出してしまいました。 >俺たちは布団から這い出し散歩に出かけよう >春風の礫は鼻先で弾けろ 今を全力で生きている作者と老犬のコンビが生き生きと思い浮かびます。 なかなか良い作品だと感じました。

0
滝本政博
(2018-11-15)

羽田恭さま お読みいただき、コメントを感謝いたします。 犬は髭等が白くなり、片目は白内障になりました。私も持病がありますが、一人と一匹、同じ部屋に寝起きしてなんとか元気に過ごしております。元気に過ごしてゆくぞーと、から元気も込めてこの詩をかきました。 <実家で飼っていた17年の天寿を全うした犬を思い出してしまいました。>とのことですが、なにかしら伝わるものがあったとしたら、嬉しいです。

0
藤 一紀
(2018-11-16)

おはようございます。諸感覚でとらえた描写が丁寧に配置されていて、良いなあと思いました。語りかける語り口も、関係の親密さを感じさせます。夢をスープに、眠りを絹に喩えるのも新鮮ですし、この部分が描写を詩作品へ高めているように思いました。(ただ、私だったら《熱い一杯の~/夢のなかで》は一行にしたなあ。あー、でもそうしたら「なみなみに」が弱くなるから、ウーン、悩む) 《春風の礫は鼻先で弾けろ》なんてのもね、ゆっくりとしたリズム、なにげない言葉のなかに急に差し挟んで破調しつつ、「なにげなくない」イメージを想起させるのも見事です。 犬と生活している方は沢山いるでしょうけど、こんなふうに愛情や祈りにも似た「想い」を「詩作品」として成立させるのは難しいと思う。しばしば味わう「幸福な読者」感を堪能しました。

0
alice1017
(2018-11-16)

とても暖かい詩だと感じました。 galapaさんが眠っているピピくんを優しいまなざしで眺めている情景が浮かび、読んでいるこちらがあたたかさに包まれます。 「   いいよ、お眠り   俺のベッドに飛びのり   熱い一杯のスープのように   なみなみに注がれた夢のなかで                  」 この部分がとても好きです。 そして、この優しい気持ちが詰まっている詩の中に、ピピくんとの別れを憂う気持ちを感じました。出会いがあれば別れがあるのは必然で、ピピくんがこれから何度春を迎えられるのかは私にはわかりませんが、galapaさんとピピくんが幸せにあふれる時間をたくさん過ごせることを祈っています。 ありがとうございました。

0
滝本政博
(2018-11-16)

藤 一紀さま お読みいただき、コメントを感謝いたします。また、好意的に読んでいただき、過大なお褒めの言葉……恐縮です。 <しばしば味わう「幸福な読者」感を堪能しました。>なんて殺し文句です。もう私、地に足が付いておりません。いただいたお言葉に恥じないように次の作品を作りたいと思いました。

0
滝本政博
(2018-11-16)

alice1017さま お読みいただき、コメントを感謝いたします。 夢をスープにたとえたのは、結構効いたのでしょうか、何人かの指摘がありました。Aliceさまもその部分、好きだと言っていただき嬉しいです。詩を読む楽しみの中の一つに、比喩の楽しみがありますね。そういうところ大事にしてゆきたいです。 ピピのこともお気遣いいただき、ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1