作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

雑談と「ままならぬ恋の詩」   

作成日時 2018-10-20
コメント日時 2018-11-06

少なくとも3人はミチコがいた。詩人の石牟礼道子と、デザイナーのミチコロンドンのミチコと、皇后ミチコだ。だがそのたった一人とも私は面識がないので、私にとってその人たちは物理的な存在というよりは脳細胞にオンオフ二進数で記憶されたデジタル情報に過ぎない。とすれば、個別であると確信する根拠もないわけであり、むしろこの人たちは同一の1人のミチコの3つの活動であるとも考えられるし、同一の1人に関する3つの情報なのではあるまいか、とも考えることが可能である。 偶然だが、私にはミチコという名前の知り合いが、実生活上の知り合いとしては一人もいない。そのことも考慮してほしいものだ。ミチコは実在するとされる記号だが、「される」というだけの話である。ミチコなんて人間ほんとにいたのか? 私は物理的には確かめていない。 だからミチコという3人ではなく1人の女がいて、皇后であり、デザイナーであり、詩人であったのであり、皇居と水俣とロンドンにいた。(ある瞬間、東京のチッソ本社前路上で3位は一体化する。)別にそれでいい。どうせ知らないひとだ。 そもそも物理的存在としてのアイドルなどありえない。アイドルは象徴だ。だから存在する場所の次元は正しくは2までである。 ミチコがイコンだった時代があった。今年で終わるので、次は何なのだろう。「愛、AI、アイ」か? そうだろうな。しかし俺のアイドルではないな。 女には名前があるとされていることは知らないではない。だが名前の3次元付属物として女が存在するとされているだけで、名前が実在より実在するときもあり、場合によっては実在を伴う必要がないほど実在する名前もある。 この詩は、りな、についての詩だ。 【あの日、隅田川の堤の下の路地で】 ままならぬ恋の終わりは 生きるのをふと諦めた 見慣れない虫の死に似る 雨の中雨傘の下君の目を見る その銀色の瞳静かに 唇は震えずにあり 残り香の消えゆくときに残されて 一抹の煙のような気配漂い 地下水の匂いがしている


項目全期間(2019/11/19現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:379.1
2019/11/19 18時34分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(15)
かるべまさひろ (2018-10-20):

『雑談と「ままならぬ恋の詩」』 おもしろかったです。タイトルが直球なのもやや意外でした。 いわゆる男性・女性を内容だけでなく書き筋でも異化しているようにも読めて、おもしろかったです。

蛾兆ボルカ (2018-10-21):

かるべまさひろさん ありがとうございます。 男女を書き筋で異化するとは、語り手に関する解釈でしょうか。 味読していただき、嬉しいです。

st (2018-10-21):

お久しぶりです。 なつかしいボルカ節ですね。雑談の内容、とても面白いものでした。 自分が実際に見ないものは、実はそれが実在するかどうかわからな い。(われおもう、ゆえに我あり)的な、哲学にも通じるものですね。 ここで、われと我はおなじとは限らないという面白さ。 つきつめると、自分が死ぬとこの世界も消えるということでしょう か。 さて、詩のほうですが、この雑談があるとないとでは、その印象が 変わるような気がします。 ない場合、りな との単なる別れの詩です。 ある時は、別れの詩であるとともに、このとき見た瞳などの りな  とその香りが、いわゆる りな となり、これが記憶される。 その後に りな は死亡して消えてしまうかもしれないが、すでに りな は実在を伴う必要がないほど実在する名前となる。 そのような哲学的なものを伴う詩となるような気がします。 また、このような試みは、新しいやりかただと思います。 詩の感想ですが、突然に、確かな理由もなく訪れる別れを、美しい 情景とともに表現していて、私の好みです。

蛾兆ボルカ (2018-10-21):

stさん こんにちは。お久しぶりです。 コメントありがとうございます。 昨夜私は盲目の老いた(というにはギリギリ早いか)女装者と、ライブをご一緒したのですが、そのひとが素晴らしい技巧のギターと、セクシーな美声で、与謝野鉄幹の「ひとを恋うる歌」を歌ってくれたのがとても印象に残りました。 惚れたかもしれない(^^) 「一を恋うる歌」は、ユーチューブとかで聴くと全然面白くないのですけど、そのひとが歌うとなるほどなあ、と沁みました。 (部分) あゝわれコレッジの奇才なく バイロン、ハイネの熱なきも 石を抱きて野にうたう 芭蕉のさびをよろこばず 「柔肌の熱き血潮に触れもみで淋しからずや道を説く君」 とエロく歌う晶子に、これでは負けてしまうわけですが、敗北にも美学はあります。 今回の拙作は、鉄幹の熱にすら遠く及ばず、芭蕉のさびにも甘えたかも知れないなあと思いつつ、ご指摘の構成においては、私なりに頑張れたかも知れません。 ありがとうございました。

渚鳥 (2018-10-21):

こんにちは、拝読いたしました。 名前をきっかけとしたミチコの連想連鎖、そして「りな」へのターン。ここの辺りは楽しいです。作者さんの精神が若々しいな、と。何かをしっかり把握したいときに連想を使う人はかなりいらっしゃるのでしょう。私も確かそういうことがあり、その頃を思い出し、この詩の軸に魚のように自由な、精神の躍動を感じました。地下水がいいですね、好奇心をくすぐられます。 拙い感想コメントですが、お受けください。

蛾兆ボルカ (2018-10-21):

こんにちは渚鳥さん コメントありがとうございます。 拝読して、嬉しく思いましたし、はっとさせられるところもありました。 私にとっての言葉は、時々、盲人にとっての杖のようなものであったりするのかも知れません。 地下水の匂いのフレーズ、自分でも気に入ってます。

るるりら (2018-10-22):

おはようございます。 だれかの 特別な人になるってことって、うわさには 聞いてはいたけれど、 すてきなことですねぇ。恋愛ドラマの恋バナのシーンなどで さんざん言われてきたことではあるじゃないですか?けれど、わたしは はじめて理解できた気がします。特別とは素晴らしい。 ミチコという3人は3人ではなく1人の女。皇后であり、デザイナーであり、詩人であって、ある瞬間に一体化する?別にそれでいいんすね~。だってどうせ知らないひとだから。え゛ー。あのぉ こういってはなんですが、すごすぎるキメラ化ですけどぉ? とくべつなおもいには 確かに受け取りました。たしかな体感がある。その体感とは 生きるのをふと諦めた/見慣れない虫の死。/雨傘の中の銀色の瞳【銀色がね衝撃です。】/一抹の煙のような気配漂い/地下水の匂いがしている あー ためいきしか でません。 よいものを読ませていただきました。ありがとうございます。

蛾兆ボルカ (2018-10-22):

るるりらさん ありがとうございます。 ロシア系のひととか、銀色の瞳の日本人のひとって、割りと居るものですよ。新潟あたりの別嬪さんとかに。 気がつくとドキッとしますな(^-^ゞ 合体ミチコは、なんかもう太陽の塔みたいなもんで、大したものですな。 皇后陛下の末永いご健康と、お静かな日々を祈念します。

かるべまさひろ (2018-10-23):

蛾兆ボルカさん お返事ありがとうございます。 「語り手に関する解釈」だと思います。 僕がなにを「書き筋」と呼んだのか、再考していたのですが、「語り手」という存在と、この作品の構成、の二点についてかなと感じたからです。 ここは深く読みきれてはないんですが、 「語り手」がいわゆる「男性」性をもっていることと、語りパートとりなの詩パートという二段づくりとタイトルを含めた構成の整理され具合について、 目的をもってつくられているという読感でした。自然と自らの(あるいは「語り手」の)性で語られるものではなく、「男性」として語られるものとして少し強調されている印象をその二点から感じました。 それはこの詩の題材ともあてはまっているので、すごく上手で面白いなと思ったのです。 コメントにあったボルカさんが聴いた「ひとを恋うる歌」を聴きたくなりました。

蛾兆ボルカ (2018-10-23):

かるべさん ありがとうございます。 作者としては、前半と後半では、カメラの位置(視点)と語り手の関係を変えてるつもりですが、効果は明瞭ではないかもしれません。語り手が交代する、或いは語り手が消える(または語り手の属性がそぎ落とされる)、とも読めるかもしれません。 読み込んで頂き、嬉しいです。 構造を作った事が、奥行きみたいなものになってるといいなあと思います。 ひとを恋うる歌、ユーチューブで聞けるのですが、男性というものへの先入観や前提が揺らぐような歌い手が歌うと、一味違いますよ(^^)v チャ子さんという方ですが、オリジナルの歌を歌う方で、この歌はめったに歌わないそうです。

stereotype2085 (2018-10-24):

展開、構成ともに素晴らしいです。三人のミチコについて書かれた記号論? 認知科学的考察が読み物としてパーフェクトな域で面白く、りなについて書かれた後半へと流れていく。後半部も短いながらも美しく、安定した抒情を覚えます。以前ボルカさんの作品の一つをコントロールの精度をひたすから磨くことに懸命、賢明なピッチャーのようだと例えたことがありましたが、この作品は高速スライダーも剛速球も駆使している作品ですね。素晴らしいの一言です。最終連「残り香の消えゆくときに残されて/一抹の煙のような気配漂い/地下水の匂いがしている」は、関係がおそらく終わりを告げただろうりなという人物との、錆びた、どことなく虚無感の漂う余韻を残していて良いです。

蛾兆ボルカ (2018-10-25):

stereotype2085さん ありがとうございます。私はスペルを覚えるのが苦手でして、もし間違ってたらすみません。 なるほど。 投球に喩えると、この詩はいくつかの球種や球速を混じえた配球で、120キロの速球を160キロに見せ掛ける技術を使っているのかも知れません。 最終連、評価して頂き、嬉しいです。

ふじりゅう (2018-10-30):

拝見しました。 私文極には殆どいなかったものですから、ボルカさんはこの様な詩も書くのか、という思いと共に、その引き出しの多さに驚きました。 まず「ミチコ」なる人物を「2進数」としてバッサリ切り捨てる辺りに「雑談」の名の通りだな、と思いつつ。最後に登場する「りな」についての詩のしっかりとした構成から、主人公が恋をしていたのはりなただ一人だったのだろうか、2進数ではなかったのはりなだけだったのだろうか、と思いつつ、アイドルすらも2進数として切り捨てる様は痛快にも思いました。

藤 一紀 (2018-10-30):

こんにちは。小学生の頃に、父親に「なんでお父さんのことをお父さんて言うの?」と訊ねたら「お父さんだからお父さんなんでしょ」と母親に言われて、「そうじゃなくて云々」とがんばってたら、母親にひっぱたかれたことを思い出しました笑。やな子どもだ。 切り換えがはっきりしていて、且つ自然で快いです。

渡辺八畳@祝儀敷 (2018-11-06):

大賞候補なので読んでみた。 1連目、「個別であると確信する根拠もないわけであり、むしろこの人たちは同一の1人のミチコの3つの活動であるとも考えられるし、同一の1人に関する3つの情報なのではあるまいか、とも考えることが可能である。」という論は非常に面白い発想だ。思考実験にも発展させられそうだし、SF小説のネタにもできそう。発想の勝利である。 ただ私には1連目のその発想内容だけにしか関心がいかず、以降の連、とくに最期の詩とその発想とがうまく繋がらなかった。詩中主体にとって「りな」は「実在より実在するときもあり、場合によっては実在を伴う必要がないほど実在する」存在なのだろうが、私にとっては結局人物の情報以上の意味を持ち得なかった。実はそれこそも狙いだったとしたら上手いもんだが。 さぁどの作品が大賞に選出されるか、勝負じゃーー!!

投稿作品数: 1