Tender - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Tender    

二つの道がある 言い淀んだその後に惨めな川が生まれる 流れるでも滞留するでもない 軸のないカラダになってしまった 軸のないカラダになってしまった 例えなければ、それはただの あまりにも ただの ん苛々するナァ なんやようわからん植物を ブドウと思って口に入れたときの 人生の方がよかった 食う前からまずいと決めて馬鹿野郎が 能書き垂れよる 能書き垂れよる ワシわなぁ 轢き殺されたいときかあるんじゃ 気に食わんからのう ズルしよるやろ みんな、ズルしよるやろう こんな世界で生きてナァ 何になるんや そこのアンタ 詩なんか書いてアンタ なんか答えてみぃや 黙っててよう、何のための詩ぃか 睨みつけてばっかり 人生が素晴らしいと言うんなら 心から誓えるか 叫べるんか ゆうてみろや 派遣社員 泥だらけ途中下車 右膝ジーンズの穴 穴、穴ぼっこ こりごりの穴ぼっこ 左膝、擦り切れた糸くず 有り金はたいて給料取りに行く 嘘みたいな巧妙 ヘルメット代、制服代 べんきょ出来ないからよくわからないけど何かの保険 言いくるめられた そう言えばあの時も言い淀んだな 流れるでも滞留するでもない 軸のないカラダになってしまった 軸のないカラダになってしまった 例えなければ、それはただの あまりにも ただの 苛々する 苛々して何かしでかすくらいなら そのまま竜巻にぶち切られて、その終わりと共に消えたい うまく生きられへんから うまく生きられへんから


作成日時 2018-08-29
コメント日時 2018-09-26

Tender ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1258.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 1
#受賞作
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合ポイント11
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成00
総合11
閲覧指数:1258.0
2021/09/20 20時21分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Tender コメントセクション

コメント数(12)
カオティクルConverge!!貴音さん
(2018-08-29)

eastern youthみたいな音で疾走し 感情を剥き出しにして読みたい 最近辛くなって泣いてた私を、傷付けながらも抱き締めてくれる あだすもうまぐいぎらんないからしゃ~

0
三浦果実
(2018-08-29)

声が聴こえた。ユウさんの肉体が宿った詩だと思う。一読しただけだけどいいと思った。感情の走り出しがとてもよかったんだけれども、少し息切れした感じが最後残ったけど。またタイトルが良いよね。

0
杜 琴乃
(2018-08-29)

とにかく何を食べたのかすごく気になります!ヘビイチゴとかグミの実を食べてた頃を思い出しました。ジャングルジムにのぼって、それが食べれるのかどうかもよく分からないまま、毒があるかも...とかどこかで思いながら食べてました。あのちょっとしたスリル、とっても楽しかったなぁ。 もうそんな冒険はしないけど、冒険しない日々はなんだか生きづらく感じますね。 道行く人を指さして「あの人なんで禿げてるの?」とか「唾吐いてる!いけないんだ!」とか言えないですし。むしろその口を塞いでしまいますし。 この、ぶどうの部分と「みんな、ズルしよるやろう」の部分がとくにグサリときました。 すごく好きだけど、読んでると辛い、けど好きです。

0
エイクピア
(2018-08-29)

ただの不満のぶちまけとは違う、でも「ワシ」が語る「みんな」や「アンタ」に対する不満のぶちまけには真摯な側面があるでしょう。後半から出て来る派遣社員はキーワードでしょう。キーフレーズの様に始まりにも終わりにも出て来る「軸のないカラダ」とは何か。アンタとカラダを並べて自分の他者性を言うことも出来ましょう。ランボーの私とは他者であると言う言明。何か詩があると思いました。

0
帆場 蔵人@⚰
(2018-08-30)

軸のないカラダになってしまった、流れるでも、滞留するでもない この言葉は何だろう?生きるのが難しい、というあっさり流されてしまうでもなく、その場に留まれるわけでもない、自身の在り方でしょうか。主体性のある存在になれない?派遣社員のくだりは、リアリティを感じました。何かの保険、とか言いくるめられる、など立場は違っても日常の中で時折、上手く言いくるめられているような不安。この派遣社員のくだりが凄く上手い、書き方だと思いました。 ぼくも うまく生きられへんから、 なのでしょうね。

0
まりも
(2018-08-31)

〈軸のないカラダになってしまった〉この繰り返しがパツッと入って来るところと、〈なんやようわからん植物を/ブドウと思って口に入れたときの/人生の方がよかった〉ここからの、地声が聞こえて来るあたりから、動き出すところが、良かったです。 〈ズルしよるやろ みんな、ズルしよるやろう こんな世界で生きてナァ 何になるんや そこのアンタ〉 だから、ぶっ殺してやりたい、ではなく、〈轢き殺されたい〉・・・あまりにも純粋すぎて、この世に留まっていられない天使が、引き絞るような声でつぶやいたワンフレーズ、みたいだなあ、と思いました。 〈苛々する 苛々して何かしでかすくらいなら そのまま竜巻にぶち切られて、その終わりと共に消えたい〉 こうしたフレーズにも、まっすぐさというのか、誠実さというのか、そういう・・・人間性のようなものが、剥き出しで出ているような感じがありました。なまみの心をさらして歩いている、というのは、なかなか、しんどいだろうな、と思いつつ・・・。 ・・・俺はもう、情けないよ、なんでなんだよ、ご立派な大人が、れっきとした社会人が、なんなんだよ、恥しくないのかよ・・・ と、泣きたくなるような気持ちになる、そんなとき、が・・・ニュースを見ていても、新聞を読んでいても、あまりにも多すぎる。 仕事をしていると、どうしてもそういう人に遭遇せざるを得ない、逃れられない、ということもあるのだろうなあ、と・・・。

0
ふじりゅう
(2018-08-31)

拝見しました。 上手いです。途中からの文体の変化、その仕方が絶妙です。主人公の人物像がくっきりと浮かんできて、読みやすい。そして読めば読むほど、その技術や奥深さにのめり込んでしまう。非常にクオリティの高い詩だと感じました。

0
stereotype2085
(2018-08-31)

諦念にも似た人生観を披露したあと「軸のないカラダになってしまった」と二度繰り返される。そう言えば僕も人生、試行錯誤している内にそう感じた時期もあったと振り返されました。デヴィッド・ボウイか誰かの曲、失念してしまいましたが「僕は年老いた」と繰り返される曲があるのですが、思い出しました。

0
IHクッキングヒーター(2.5kW)
(2018-09-09)

苛苛するのはまだ期待しているからだ、とか言ってみたりして。適当言いましたすみません。 タイトルのTenderというのは理想なんでしょうか。優しくなりたい。

0
藤 一紀
(2018-09-10)

こんにちは。最後の一行にいたるまで、悲しみとも怒りともいいかねるような(この場合は混濁していて言いかねるわけですが)、惨めな感情に貫かれているように感じました。流れている「川」でしたし、軸の「ある」作品だと思います。

0
鈴木 海飛
(2018-09-15)

詩における ふたつの例えはTender につづく ぴったりとした単語を命中させたいのだけど 見つけづらい。 はがゆい姿にも思えた。ただ、それだけはないのでしょう。 言葉通りにとらえることができているなら 軸のない身体は 問いに対して答える 己の人生に対して応える 言い淀むことなんてしない そんなはつらつとは真逆の人間性のことだろう。 …ただ、それだけではない。 ふれにしてもTenderという単語は不思議だ パーツを組み立てて、完成品によって意味が変わる接着剤の様な言葉だから tender 【1他動】 ~を優しく扱う 【1形】 〔物・肉などが〕柔らかい◆【反】tough 〔年齢が〕若い 感動しやすい、感じやすい、敏感な 優しい、思いやりのある、親切な、情け深い 心配する、気を使う、気遣う 取り扱いが難しい、扱いにくい、面倒な 圧痛のある、触ると痛い 【2自動】 入札する、応札する 【2他動】 〔辞表などを〕提出する 〔礼・わびなどの言葉を〕述べる 〔配送物を〕委託する 《法律》〔弁済金を〕提供する ~を弁償[弁済]する 【2名】 提出、提供、申し込み、申し出 提供物、通貨、貨幣◆【参考】legal tender◆支払いに提供するもの。 《商業》入札 弁償金、賠償金、弁済金 【3名】 世話する人、看護人、〔子どもの〕おもり、番人、監督、整備[保守]会社 連絡船、補給船、補給艦、本船と岸の間を行き来する小型の舟 蒸気機関車の後ろの燃料石炭や水を積んでいる車両、炭水車 他にも、英語の例文をみてみる。 1a〈肉など〉柔らかい (⇔tough). a tender steak 柔らかいステーキ. b〈色・光・音調など〉柔らかな,弱い. the tender green of new leaves 若葉のほのかな緑色. 2a壊れやすい,かよわい,虚弱な,きゃしゃな. a tender constitution 虚弱な体質. b(寒暑に)傷みやすい. tender plants 傷みやすい苗木. 3触ると痛い; 感じやすい,敏感な. tender skin 敏感な肌. 4(他人に対して)思いやりがあって優しい; あわれみ深い,愛する. a tender heart 優しい心. 5限定用法の形容詞 若い,未熟な. a child of tender years=a child at a tender age [of tender age] 幼い[世慣れない]子. 6〈問題など〉微妙な,扱いにくい,難しい. a tender subject 微妙な問題. 面白いのは、看護人と監督という意味があることに注目したい、いや、そこに私とこの詩をつなぎとめるものがあった。 それは私が管理監督者であること。そしてその側面から業務を遂行する上で、tenderという意味から離れることがある。 けして、柔らかくはないだろう。時に問題のある労働者を「配置変更」という方法を迫られるものがある。 船と船をつなぐ小船は血管のように働き、私は小船の作業管理のような業務もする。 ときに別の小船の船長が時間にずぼらだったり、届けなければならない荷物を海に捨てたりするが、言い訳と文句は一人前のような人間を見る。 そういう人間は場合によっては船から降ろさざるをえない。 昼休みの休憩中は船長たちは信用をバンス( 前借という意味。古い船乗り用語 例、船で稼いだ給料、全部スッちまった。バンスしてくれる?だからもう一回船乗るわ。)して文句を「肴」として、笑いあったり、ときに親身に悩んだりもする。 そうだ、かつて自分もそうであったのだから。 だが、問題を起こした人間に対して、過失の具合によっては容赦はできない。tenderのままではいられない。 しかし相手は人間だ。代わりはいくらでもいるなんてよくできた世界じゃない。それは私の世界じゃない。 問題を起こした人間の過失は、場合によっては私にもありえた。それでも決断を選択しろと声はやまない。 tenderになりきれない自分やtenderを捨てきれない 二つの道に言いよどむ。 tenderという意味で同じ働く人間で、監督ではなく、看護人に思いを寄せる。 近頃あの世界では事件があった。大量殺人者が世間を騒がせた。驚くのは殺人者の言葉に堂々と同調するものもいる。 もちろん反対するものもいる、道がある時代には答えは誰かが見つけてくれた。それに従えばよかった。 確かに、産まれてまもなく欠陥が見つかったら殺していた時代もあった。 今は道も価値も多様化するなかで答えはどこにあるのかわからない。 だが、いずれ生きすぎて、生きすぎて欠陥がでる。いつか私にも出るだろう。 そのとき、他人には俺を殺してくれなんて頼めないから、俺も自然に頼むだろう。 いつか年老いてベッドで動けなくなった俺、その俺を見る看護人の目を想像する。 モノとモノをつないできた俺にも色々あったけど、ヒトとヒトをつなぐお前にもいろいろあるんだよな。 お前もきっと、言いよどむものがあるんだろ。違うのかな。まぁいいさ。 …なぁ、俺とお前は全然違うよな。 でもおんなじtender同士、お前を見てて、辞書にいい例文があったぜ。俺のおしめをかえながら聞いてくれよ。 Like the town in which he lived most of his life, he was tough but tender.

0
クヮン・アイ・ユウ
(2018-09-26)

カオティクルConverge!!貴音さん様 コメントをくださりありがとうございます。 「〜疾走し感情を剥き出しにして読みたい」のところ、詩の朗読やポエトリー・リーディングの意味で受け取っていました。不思議なんです。同じことを考えていたのに、リーディングして録音したものを聴いてみると、雰囲気の違う音源になっていました。 「傷付けながらも抱き締めてくれる」という言葉、うんうんとうなづいて読ませていただいていました。ありがとうございます。 三浦天才詩人果実様 ありがとうございます。後学のために、可能でしたらまたいつか息切れについて教えてください。もちろん自分でも今から考えてみたいと思います。大切な気づきをくださりありがとうございます。 杜 琴乃様 ふと、小さいころに親に内緒で、しかも外で葡萄が食べられると喜んで口に含んだときのことを思い出しました。味は・・・思い出の味です。 「道行く人を指さして「あの人なんで禿げてるの?」とか「唾吐いてる!いけないんだ!」とか言えないですし。むしろその口を塞いでしまいますし。」 すごく共感します。本当にそう思います。言葉を覚えて、沈黙をそれ以上に覚えさせられたような。成長と悲しみとを感じます。 辛さを与えてすみません。ポリシーとして、かなしみをちゃんと描きたいという想いがあります。好きと言ってくださり幸せです。ありがとうございます。 エイクピア様 ありがとうございます。コメントを読ませていただき、自分の知識の無さを恥ずかしく思っておりました。未熟ではありますが、こうして多くの方から様々なお言葉をいただくことで、言葉の、詩の山を登る足がかりをいただいているような気持ちです。感謝しております。ありがとうございます。 詩があるとおっしゃってくださり幸せです。 帆場蔵人様 コメントをくださりありがとうございます。 むかし、実際に働いてよくもわからないうちに色々なお金をとられることがありました。何だろう?と思いながらも払いました。給料を受け取りに行くために交通費が必要なこと、小銭を数えるかなしみを知りました。 コメントをくださり、ありがとうございます。 まりも様 コメントをくださりありがとうございます。 自分で書いておきながら、コメントを読ませていただいて、何だか泣いてしまいそうになりました。 この詩は、ご指摘いただいた、 〈なんやようわからん植物を/ブドウと思って口に入れたときの/人生の方がよかった〉 のフレーズというか、詩情の核となる部分が心に浮かんだ時から書き始めた詩でした。ですので、そのようにおっしゃっていただけて本当に嬉しいです。ありがとうございます。 ふじりゅう様 ありがとうございます。 文体の変化の件、技術として意識的に出来ていれば、プロの詩人とまではいかなくても、もしかして日銭くらいは稼げるのかなというようなことを考えておりました。 縁あって、このような文体となりました。 お褒めの言葉、ほんとうにありがたいです。嬉しいです。ありがとうございます。 stereotype2085様 コメントをくださりまして、ありがとうございます。 おっしゃっていた楽曲、見つからなかったのですが検索していました。ぜひ聴いてみたいです。 軸のないカラダは、なぜ「軸のない心」ではなくカラダだったのだろうかと、自らに問いながら改めて読み直していました。 コメント、本当にありがとうございました。 IHクッキングヒーター(2.5kW)様 コメントをくださり、ありがとうございます。 期待の件、おっしゃる通りだと思います。ほんとうに、おっしゃる通りだと思いました。 理想や期待がどうしても入り混じる、あるいは滲んでくるような詩であったのかも知れないと、考えています。 ありがとうございます。 藤 一紀様 こんばんは。 コメントを下さりまして、ありがとうございます。 >>「悲しみとも怒りともいいかねるような(この場合は混濁していて言いかねるわけですが)、」 コメント内のこの文章にも、強い感謝を覚えました。伝わるように書いていただけるということの尊さを改めて深く感じました。本当にありがとうございます。 「軸のある」とおっしゃっていただけて、幸せです。ありがとうございます。 鈴木 海飛様 コメントをくださりありがとうございます。 皆様にも、鈴木様にもコメントを書いていただけるということへの感謝が尽きません。特にこれだけの文量と想い、本当にありがとうございます。 >>「軸のない身体は 問いに対して答える 己の人生に対して応える 言い淀むことなんてしない そんなはつらつとは真逆の人間性のことだろう。 …ただ、それだけではない。」 大変嬉しく読ませていただきました。 最後の例文素晴らしかったです。 どうしてでしょう。日本語でこれを書いたときここまで浮かび上がるものや、深く入り込んでくるものがあったのでしょうか。外国語が生み出した何かがあったのでしょうか。不思議です。 鈴木様のコメントを読ませていただきながら、自分は、今の自分はどのような立ち位置(例えば資本主義社会におけるヒエラルキーの中での立ち位置など)でこの詩を書いたのだろうかということを考えていました。 管理する側、される側、共通する人間の葛藤。コメントが詩だと強く感じ入りました。 ほんとうにありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1