春のひと - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


春のひと    

例の四月だ、まるで春のようだ、少し浮ついている 交差点を行き交うひと達には、それぞれに著しいハレルヤがある 肩掛けカバンを短めにかけて、カバンの中にはチョコレートが二枚 みんなみんな、春の中身につぶされてしまえばいい ひしゃげた人生、粉々の感情、それとビターチョコレート よくある話に季節は関係ないと言う ハレルヤだ この交差点の先は唐突にくだり坂、そしてその落差こそが修羅だと 今まで何度もあなた達に聞かされた苦しみの話と、哀しみを巡る季節だと けれど、 ほらまたハレルヤだ ようやく例の四月に来た 今年もまだ会いたいひとがいるのでしょう? 春ばかり続いて、みんな気狂いになっていただけ 祈ったり祈られたりしながら、春の街は常に少しずつ浮ついている チョコレートひとかけら たったいま、信号は青


作成日時 2017-04-01
コメント日時 2017-05-07

春のひと ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 164.4
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:164.4
2020/03/31 03時44分07秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

春のひと コメントセクション


コメント数(12)
花緒 (2017-04-02):

ハレとケの峻別がつき難くなっているのが現代社会だとするなら、つねにハレルヤだともいえるし、そうではないともいえる。というような話が書かれているのだろうか。チョコレートのシンボリズムが、わたしにはうまく入ってはこない。初読の印象を綴るライトレス。

0
まりも (2017-04-02):

公立高校なのに、音楽の先生の趣味で、なぜか卒業式や入学式にヘンデルの「メサイヤ」のハレルヤコーラスの部分を歌う学校だったので、語感の晴れのイメージだけではなくて、春とハレルヤのイメージが重なるのですね。 ビターチョコレート・・・と四月。どうしても、チョコレートというとバレンタインを連想するのですが・・・ 「この交差点の先は唐突にくだり坂、そしてその落差こそが修羅だと 今まで何度もあなた達に聞かされた苦しみの話と、哀しみを巡る季節だと」 このあたり、とてもいいと思います。 この詩では学生のイメージが強いのですが、社会人にとっても、「春」は悦びではなく、苦悩や不安の季節の始まりであることも多い。 春、ということで、全体に浮ついた感じの町のイメージと、重さに打ちひしがれるような主人公のイメージ、それなのに青信号で前に進まねばならない、そんな強制感が伝わってきました。若々しさを感じます。

0
もとこ (2017-04-02):

一読して、なぜか中原中也の「正午 丸ビル風景」を連想した。柏原芳恵の歌ではないけれど、楽しいはずの春なのになぜか悲しいと歌う曲は少なくない。浮かれる春に取り残されたような寂しさ。だが、この詩は愚痴をこぼすだけでは終わらない。辛い気持ちを吐き出して、目の前を見れば信号は青。上手くまとめられた作品だと思う。

0
武田地球 (2017-04-04):

花緒さん こんにちわ。チョコレート好きなんです! 人に伝えることじゃないし、伝わらないですよね笑。あーチョコレート食べたい。

0
武田地球 (2017-04-04):

まりもさん こんにちわ。やはり、チョコレートが浮いているようですね。 季語のような文法が、詩にもあるのですね。 褒めてくださったところ自分でももう一回読んでみて、どうよいのか考えます。

0
武田地球 (2017-04-04):

もとこさん こんにちわ。上手くまとめられてたらよいですけど、今みると、まとめてしまった感もあります。 正午 丸ビル風景、読んでみます!

0
みうら (2017-04-13):

にがわらいがバランス 暴発された季節 咲かせましょうか 桜 桜 カルシウムが足りないなんて言わないで 僕は君のバター犬 春の街に泣かないで 噛ませて眠るビターチョコレート べたべた これは『春のひと』からインスパイアされた共感詩です。 投稿有難う御座いますっ。

0
武田地球 (2017-04-14):

三浦果実さん こんにちわ。 共感詩という言葉は初耳ですが、おもしろいのですね。 詩そのものでコミュニケートしていく「共感詩」は新しくてとても素敵だなと思いました。 詩の世界が凄く広がります。 私もやってみたいです。

0
白犬 (2017-04-19):

私の記憶が確かなら、この作品がB-REVIEWで最初にこの春、を描いたものだった気がします(違ったらすみません!)春の使者みたいに。 春の微かに強くなってきた陽ざし、信号待ちの雑踏の音、街路樹の鮮やかな緑、温かい風の感触と匂い…そういったものが脳内にまざまざと浮かびました。 しかし、甘いだけではない。「この交差点の先は唐突にくだり坂、そしてその落差こそが修羅だと/今まで何度もあなた達に聞かされた苦しみの話と、哀しみを巡る季節だと」この視点は、しかし、そうした苦しみや悲しみ、修羅の季節をどこか冷静に眺めている。そこが強いな、と思いました。 春のイメージと、ほろ苦く甘いチョコレートのイメージから、軽やかだが決して弱弱しくはない、背筋の伸びた女性が信号を渡り歩いていくイメージが浮かびました。

0
武田地球 (2017-04-21):

白犬さん おはようございます。 書きたかったイメージを理解してくださっているようなコメントを頂けて、励みになりました。それともっともっと強い詩を書きたかったと思いました。 ここの掲示板では色々批評?するようですが、 白犬さんの批評はとても綺麗でわかりやすく、読ませられます。 コメントありがとうございます。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-05-05):

   >今まで何度もあなた達に聞かされた苦しみの話と、哀しみを巡る季節だと  ここに下ってくるまで、色々感情が例えられる行為によって秘匿されている感じがします。「例の四月だ」というちょっとマイナスの春のイメージに加えて、「ハレルヤ」という形で歓びのイメージっていうのがちょっとだけずらして書かれている。後はビターチョコレート、それから最後の「祈ったり祈られたりしながら、」という風に祈りに絡めていく。そこから、青信号のイメージに重ねていくという終わりかたが少しだけ春っぽい感じがするという感じでしょうか。(最近見た新社会人のCMのイメージですね。)

0
武田地球 (2017-05-07):

hyakkinn おはようございます。二回目の挨拶。 十戒でのコメントを見て、こちらも見にきてレスを発見しました。重ねてありがとうございます。 チョコレートと祈りがどんだけすきやねん。と思いつつ、 やはり自分の切り取られた瞬間しか詩にできていないのだなあ、と再認識です。 そして、それを時間をおいてみるととても不格好ですね。それがわかりました。 技術が伴わないでその瞬間だけ切り取っても、不格好な違和感しか残ってない。自分で見てそうなんだから、他人が見たらもっとそうでしょう。綺麗な表現力をみにつけたいです、あとチョコレート食べたい。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1