昨日私は悲しみについての詩を書いた - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


昨日私は悲しみについての詩を書いた    

悲しみには 理由がある悲しみと 理由はよくわからない悲しみがある 昨日私は、理由がわからない悲しみについて 究極的な真実として、誰かが一切を解明したときに やっぱりその悲しみに理由が無かったのだ、としても 私が私の悲しみを 悲しむことが無意味だとは思わないのだ と、いうようなことを述べる詩を書いた のみならず同人誌に掲載することにした(*注2) 本当には、 理由がない悲しみを悲しむことに意味がないかどうか、 私はわからない わからないが 例えばダンゴ虫が丸くなるとき ダンゴ虫が、なんとなく (ダンゴ虫自身としては、理由を理解せず) 悲しいのだ、として 誰にダンゴ虫が批判できるだろうか いや 誰かは馬鹿にしたり さとそうとしたりするかも知れない むしろ そんなことをダンゴ虫は考えない、なんて 脳外科医とかは、ひどいことを言ったりするのかもしれないが 私はそんなことはしない 悲しいなら 悲しむさ 私もそうする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 初出:私家版詩集「アガルタのシャンバラ」(2017) 注:本作品では、蛾兆ボルカの作成した他の詩におけるのと同様に、作中の「私」や「僕」などの言葉は、作者を指します。


作成日時 2018-01-27
コメント日時 2018-02-06

昨日私は悲しみについての詩を書いた ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 231.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 8
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性44
可読性00
エンタメ00
技巧44
音韻00
構成00
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性44
可読性00
 エンタメ00
技巧44
音韻00
構成00
総合88
閲覧指数:231.6
2020/03/31 04時28分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

昨日私は悲しみについての詩を書いた コメントセクション


コメント数(21)
蛾兆ボルカ (2018-01-28):

注2):POEM ROSETTA掲載、「悲しみについて」

0
花緒 (2018-01-28):

表層的な読みとしては、意味なく、なんとなく、悲しい、ということは、時代の気分とは合致していないと思うのです。時代の気分としては、意味なく寂しい、とか、意味なく消えたい、とか、意味なく鬱屈する、とかであって、意味なく悲しい、はなんだかアナクロ感がある。にもかかわらず、アナクロというよりは、何か新鮮な読み応えを覚えました。前半の反復する導入が効いているからかもしれませんね。このモチーフで、今の時代の読者に詩情を感じさせる力技に感服します。

0
まりも (2018-01-29):

植物は「考えない」「感じない」考えたり感じたりするように「私」が「感じた」ことを書くのは、擬人化である、と、言われてきたけれど・・・植物の中を流れる微弱な電流であったか、そういうものを検出できるようになったら、まるで「人間と同じように」植物にも「気分」の変動があるらしい、ということがわかった・・・というような話を思い出しました。 ○○についての詩を書いた、というメタフィクション的な作りですが、存在することの悲しみ、さびしさ、というような名状しがたいものを、私は詩に書くのだ、という、詩論的な作品になっていると思います

0
みうら (2018-01-29):

毎度投稿ありがとうございます。私が受けるボルカさんのすべての作品の印象を、ちょっとだけ上から目線で申しますと、「カッコつけない詩」という感じがずっとありまして。何がカッコよくて、何がカッコ悪いかというのも主観でしかないのですが、例えば、今作でも、ダンゴ虫が出てきたりするんですが、ダンゴ虫がカッコ悪いわけでなく、、いや、、ダンゴ虫はカッコ悪いと一般的に認識されている生き物だと私は思うんです。そのダンゴ虫を作品に登場させるのが、逆説的に美しさを表してるんですよね。ブルーハーツの「リンダリンダ」という歌の歌詞で「どぶネズミみたいに美しくなりたい」という素敵なフレーズがあるんですが、それを聴いた時に受ける感じと同じ気持ちになりました。それは、黄色いパンも同じで。黄色いパンは一般的には不快な物質ではないけれども、黄色いパンをみつめる視線がダンゴ虫をみつめる視線とまったく違わないんですよね。それって、美しいものとは、対象ではなくて、美しいとするこちら側にあるんだってことなんだろうなあって思うんです。それは、なんというか、私みたいに、詩作品でカッコばかり気にしている人間からすれば羨ましく、また、詩の本来あるべきものというか、自分を偽っても、見抜かれるという、私が持ってる本質的な課題を解決する鍵のようにも思いました。

0
survof (2018-01-30):

「悲しみ」という感情について語っているのに、それがとても即物的なものとして扱われていて、読んでいるうちに自分の中にある「悲しみ」のイメージや感情がたとえば「コップ」とか「鉛筆」とか、なんでもいいんですけど、その辺にある物体としてのモノに変換されていくような不思議な感覚がありました。そして、また頭から読み直すと「悲しみ」「悲しむ」はたとえば「広さ」「広げる」に置換しても文章として十分に成り立つことが非常に興味深く感じられました。そして、そうしたまったく無関係なことばに置き換えたとしても文章としての魅力はそのままのように感じられるんです。「悲しみ」について語っているのだけれども、「悲しみ」はモノに変換されて思考だけがぐるぐると回転し続ける。その渦の中心に残されているのは思考を持て余した作者の存在。言葉や感情をこえて物体としての作者が強烈に迫ってくるように感じられました。

0
岡田直樹 (2018-01-31):

うわあ、なんかすごくいいです! 特に主題が素晴らしい。 簡単なコメントでごめんなさい。

0
夏野ほたる (2018-01-31):

私にとって悲しみは何らかの原因があるもので、理由の無い悲しみというのがあるのだと少し驚きました。 悲しいなら悲しむさ 私もそうする にダンゴムシや生きる人々への無理やりじゃない、寄り添うような優しさが感じられてとても好きです。

0
グーグルグル夫 (2018-01-31):

悲しいから泣くのか、泣くから悲しいのか、私ごとで恐縮ですが、以前縁のあった躁鬱の症状がある人が、急に泣き出したりして、悲しくもないのに涙がぽろぽろ止まらなくなるのだと言っていたことを思い出しました。 理由なく悲しむことの意味の有無はわからないが、無意味だとは思わない、ということから、語り手様はどこかで、悲しむことの合目的を求めているのかな、などと読んでいて思いましたが、読み進むにつれ、ある意味そんなことはどうでも良く、理由なき悲しみの目的は、悲しむことにそのものにあるのだと受け取っておられるように感じられ、そんなことよりも、上の方のコメントにもあるように、自分以外の存在の悲しみへの寄り添うような共感に、仏教的(?)な諦観と、優しさを感じました。きっと指で触れられたオジギソウやナメクジもそうするのだと思います。

0
グーグルグル夫 (2018-02-01):

何かコメントを残そうとして偉そうなことを書いてしまったと思います。すみません。失礼しました。 本編でない部分と、(注)をコメントで回収するのとかクールだと思います。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

花緒さん ご批評ありがとうございます。 拝読して、なるほどなあ、と得心しました。 三浦さんの、言葉に対する感覚を私は高く買っているのですが、彼はしばらく前にツイッターで、「死にたみ」がどうのとかほざいていやがりました(笑) そのとき、私はスルーしましたけど、「それだよね」、と、思いました。 消えたみ、とかね。 「よごれつちまつた悲しみに」 と、いうフレーズが、若い人たちの唇に戻るのは、今ではないのかも知れません。 その感覚を私も持っています。 しかし、私は悲しみということを大事にしたい気持ちがあり、この作品が、そこへと誘う力を、もつことができていたならば、それは光栄です。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

まりもさん ご批評ありがとうございます。拝読して、作品が広がるように思いました。有難いです。 生きとし生けるものは喜怒哀楽を感じるのだ、と私は思っています。まだ科学がそれを理解していないだけで。と。 それはきっと、詩人VS科学者の長い戦いですが、あと数千年は決着が着かず、それまでは「擬人化」という言葉の仲裁を受け入れて(あるいは受け入れたふりをして)、我々人類はやっていくのだろう、と思います。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

三浦さん いや、僕のほうが、あなたよりカッコイイじゃんか!ダンゴ虫、イカスし!ナウシカなんかダンゴ虫の上歩いて伝説ですよ!と、思いました(^^) なんちゃって、ありがとうございます。おっしゃることは、ありがたく、よくわかります。私の目指すところでもあり、光栄です。ドブネズミみたいに美しくありたいですよ。クロマニヨンズも良いけどね(^^)

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

survofさん ご批評ありがとうございます。 先月、「焔」という同人誌で、稲村さんという方が私について作家論的な批評を書いて下さいました。 その中で、「純粋おっぱい」という拙作を取り上げて、「おっぱい」を全部消してもいいのかも知れない、という実験的な読みがあり、面白かったのですが、この詩でも、もしかしたら「悲しみ」を全部消しても何かが残るのかも知れません。 「本当には、 「理由がない○○を悲しむことに意味がないかどうか、 「私はわからない と、いった調子です。 それは、あなたがおっしゃるモノへの変換ということと、何かつながるのかもしれないです。 クセかもしれませんが、たぶん私なりの技巧です。ですが、それについては、まだ作者にもよくわかっていないことが多く、コメントを興味深く拝読しました。 ありがとうございます。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

岡田直樹 さん ご感想ありがとうございます。 今後の詩作の糧にさせて頂きます。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

夏野ほたる さん ありがとうございます。 理由のない悲しみ、ということについて、私に説明ができると良いのですけど、難しいです。すみません。 あまり良い説明ではないかも知れませんが、自分が(いつかは)死んでしまうこととか、そのあと忘れ去られることとか、そういうことと漠然と関係していそうな、全身を包み込まれるような感情です。 「ダンゴムシや生きる人々への無理やりじゃない、寄り添うような優しさが感じられてとても好きです。」 と、コメントして下さり、嬉しいです。 三浦さんのご批評にも通じますが、そうした詩を書くことを目指しております。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-01):

グーグルグル夫 さん ご批評ありがとうございます。とても有難いです。 コメントを拝読して、この詩には、仏教的な世界観や思想につながるものがあるのかもしれないなあ、と思い、光栄に思っております。 この詩を収めた詩集も、宗教的な伝説と(やや遊び的に)関係します。 アガルタとは伝説の地底国であり、シャンバラとはそこにあるとされる理想郷です。 横尾忠則は、宇宙の生物は、シャンバラのビラミッドから放射される生命エネルギーで生きている、と解釈した時期があり(今もかもしれません)、この詩集に収めた標題作「アガルタのシャンバラ」は、横尾の描いた曼荼羅図により着想した詩です。 とは言え、それもかなりふざけた詩でしたし、あなたのコメントを拝読するまで、この作品と仏教の関連は作者は意識していなかったのですが、いろいろ考えてみると作者ながら頷かされるところが多々ありました。 地蔵菩薩は、一切諸衆が救われるまで自分は成仏しないとの悲願を立て、地獄に立っておられるとのことですが、この「悲願」という言葉の「悲」という言葉は、悲しみではなく、「強い想い」の意味だといいます。 そのことを私は十代の頃、小耳にはさみ、今に至るまで時々思い出します。 作品を豊かにする読みを、ありがとうございました。

0
るるりら (2018-02-02):

おひさしぶりです。こんにちは。感想を書かせていただきます。 この詩と 接していると、なんだか 言葉でない言葉で喋っている私に、詩が うなづいて くれているかのような気持ちになりました。 なんとはなしに アンニュイな気分なんてものは、いくら自身を もてあましていても、誰も 寄り添ってはくれぬのが通常ですが、この詩は わたしの隣で わたしの気分に 寄り添って 「 (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウンと るるりらの まるまるような 今の心も だんごむしてき かなしみと いえると思うよん」と、言ってくれているような 気がしたのです。 だんごむしは、さわられると おせなかをまるくするものです。 だんごむしと むきあっているときの 心って、 なんとも矮小な気分ですよね。 言語化できない気分だから 言葉で寄り添うことなんて ないと おもってましたが、 あのエモーションは、かなしみ だったのだなーと。そう思うと、なぜか なんだか 安心しまし そういえば アニメ映画 「借りぐらしのアリエッティ」の中で、アリエッティが、だんごむしを両手で もてあそんでいるようなしぐさのシーンがありました。そのときにも 私は、おもったのです。(アニメでないと あのなんとも いえない気分は 表現できないかもしれないなー。)などと……。 しかし、映画の場面は ストーリー全体のための一部なので、ストーリーがすすめば 私の感じた なんともいえない感情も どこかに流れていきました。 詩は、ちがいます。わたしのスピードに 合わせて 文が進みます。これは、ありがたいことです。 だんごむしと向き合う気分は、心の動きというには あまりに微細な気分です。 悲しいという漢字は 心に非ずと書くけれど、たぶん すべてのことは心で なりたっているのだと思うのに、心に未明な部分があるのが、さびしいかったのかもしれません。 どうやら それを この詩は救ってくれたようです。 あのなんともいえない気分は かなしみだったんだなー。そう思うと私は 温かい気持ちに なりました。ありがとうございました。

0
なかたつ (2018-02-03):

昔、悲しみについて考察したことがあります。 https://po-m.com/forum/showdoc.php?did=273834 理由のない悲しみはあります。 感情が先立つ経験と一緒です。 理由や原因があって経験がある、というのが一般論ですが、人間の感情はそれに限りません。 悲しいという結果が先立ち、それに対して、理由や原因をその人なりに位置付ける、つまり、一つの物語化をするという作業をすることが大事なのだと結論づけています。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-03):

るるりらさん ありがとうございます。 あなたからコメントを頂いて、私も温かい気持ちになりました。 ここに出して良かったです。 投げ瓶通信だな。いつか読んでくださると思ってました(^^) コメントを拝読して、一つ、忘れていたことを思い出し(思い付いたのかも)ました。今思いついたのか、前にも言ったか、どっちだったかなあ。 「悲」という漢字は、一般には非と心ですが、実はダンゴムシに由来する象形文字なのかもしれません。 それは嘘ですが、そんな気がします。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-03):

なかたつさん コメントありがとうございます。 あなたのその論文は、拝読した記憶があります。虫歯の例はとてもわかり易いし、論旨について同意です。 その上でですが、この詩では、どこまでも科学が進化し、無限の時の果で悲しみの理由が解析しつくされた、というSF的な仮定をします。そして、そうその時すらも、どうしても理由が分からない悲しみがあった、とも仮定されている、と思います。 あるいは、一つの解釈としては、そうも読めるのではないか、と私は思います。

0
蛾兆ボルカ (2018-02-06):

追記します。 なかたつさんの論考を私は過去に読んだ記憶がありますし、その趣旨を興味深く思い、賛同しました。 それはこの詩を着想するより前だと思いますので、なかたつさんの論考に影響されて私も思考したのではないか、と思います。 記して感謝します。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1