作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

かでぃなー 嘉手納   

作成日時 2018-01-02
コメント日時 2018-02-03

おっきいおばあ おきなわでもきしゃがはしってたって ほんとぅ ええ やーぬわらばーや        ねえ お前の子は ぬーんでぃいちょーが         何と言っているのかい うちなーんんかしや          沖縄でも昔は きしゃぬあたんなーんでぃ       汽車があったのかって ああ ケービンぬくとぅやさや     ああ 軽便(鉄道)の事だね ケービンんでぃいーねー        軽便といえば  せんぜんにあたぬきしゃやいびーさやー 戦前にあった汽車ですね なーふぁぬみぐいびけーや       那覇の周辺だけじゃ あいびらんたがやー          なかったですか おばあ                おばあ ぬたぬくとぅあいびんなー       乗ったことあるんですか あねーあらんどぅ           そうじゃないよ かでぃなーまでぃちょーたんど     嘉手納まで来てたよ かでぃなーまでぃ           嘉手納まで かでぃなー までぃ          嘉手納まで  さんじかんぬかかたがやー       3時間程かかったかな   あっちどぅいちゅたんどー       歩いて(こそ)行ったんだよ    うぬおじさんや            このおじさんは    わんがてぃーひち           私が手を引いて    やーぬおとーや            お前のおとーは    わんがうぶてぃ            私がおぶって    おじいぬいくさにいちゃぬひやさ    おじいが戦争に行った日だ    うぬとぅちはじみてぃ         この時初めて    きしゃんでぃぬむぬ          汽車というもの    わがみでぃいんじゅたしが       我が目で見たけれど    うとぅるさたっさー          恐かったよお     おじいうとぅるさや          おじい恐さは    ねーんたがやー            無かったのかなあ    きしゃぬちゃーに           汽車が来て    んーなならでぃ            皆並んで    ケイレーぬすたしが          敬礼をしたけど    わったーぬおじいや          私達のおじいは    どぅぬじーそーたが          どのようにしてたのか    わしたっさー             忘れたねえ    どぅぬじー              どのように       そーたがやー             してたのかなあ      どぅぬじー              どのように          そーたがやー           してたのかなあ    けーいぬみちどお           帰りの道も    わらばーたーぬ            子供達の    てぃーひちうぶてぃ          手を引きおぶって    やがてぃ               やがて    ひぬくりとーたんやー         日が暮れていたねえ   あいえーあいえー           あれまあ あれまあ えー やーぬわらばーや        ねえお前の子は ぬーんでぃいちょーたが        何と言っていたのかい なあしむんどーおばあ         もういいよおばあ ああ やさやさ            ああ そうだそうだ みったおりこーぐわーやさやー     本当にお利口さんだねえ かでぃなーまでぃちょーたんど     嘉手納まで来てたよ かでぃなーまでぃ           嘉手納まで      


項目全期間(2019/11/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:155.4
2019/11/18 08時52分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(15)
仲程 (2018-01-02):

あぁ、一箇所、マス目間違い、残念。すみません、そこに意味はありません。

完備 (2018-01-07):

ヴィジュアルの面白さと、沖縄方言を知らない人間が読んだ際の新鮮さがまずあります。「子供の発話」と、「標準語とは程遠い方言を話す沖縄の老人の発話」という二つの全く異なる「発話」が、同じひらがなによる表記で効果的に文字化されることそれ自体が文学的発見である……とか、さらには、「親」が、そういう会話を、標準的な書法によって下段に註解をしている……とか、言えばいいのでしょうか。いずれにしてもこの作品はかなり特異な書かれ方をしているので、感想も書きにくいですね。

アラメルモ (2018-01-07):

怨み辛みなんでもいい。歌はもちろん、沖縄の人たちの詩をもっと読みたいと思う。方言じゃ解説がいるけど、沖縄と聞いただけで胸が重く熱くなる。ヒロシマじゃけんね。本土に向けてどんどんメッセージを発信してほしい。

仲程 (2018-01-09):

完備さん お読みいただきありがとうございます。 気を使っていただきすみません。すっと情景が浮かんでいれば成功なのですが、なかなかです。

仲程 (2018-01-09):

アラメルモさん コメントありがとうございます。 いろんな読み方あると思いますかが、祈りの詩に感じていただけたようで、うれしく思います。

まりも (2018-01-15):

うた、を感じますね・・・ゆったりと時が流れる感じ。 伸ばす音が多いから、でしょうか。 漢字が多いせいか、右側の共通語訳部分が黒ぽく見えるのですが、 全体の形も含め、縦書きにしたら機関車のようだ、と思いました。 横書きで見ているときと、縦書きはまた、異なって見えるような気がします。

仲程 (2018-01-18):

まりもさん ありがとうございます。この詩については縦書きは私的にはあまりよくなかったです。 横二段組みのほうが、すっと見やすいようです。 あ、ほんとに唄のようでしたよ。もう、そんな味のある語り手も少なくなっちゃうかもしれません。

原口昇平 (2018-01-20):

きしゃ、ケービン、せんぜん、ケイレー、そういった音音読みの言葉はすべて支配するヤマトの側からモノと一緒にやってきて、おじいを奪っていったのかと目をきつく閉じながら思いました。しかしその記憶はおっきいおばあと孫のあいだの言葉の壁のおかげで、直接伝えられていかないかもしれない。ヤマトからの言葉はウチナーに入ってきたのに、なぜウチナーからの言葉はヤマトに届きにくいのか。仲程さんの詩業は届くことに賭けているかのようで、あらためて貴重だと感じました。おひさしぶりです。

仲程 (2018-01-22):

原口さん 目を閉じて感じていただいて、ありがたいです。何を届けたいのか自分ではわからないままです。

緑川七十七 (2018-01-25):

すごく不思議な読書体験で、本当にとりとめのない文章になってしまいそうです。 私のルーツは沖縄なのですが、小さい頃から引っ越しが多かったので、うちなーんちゅ が目の前にいないと、うちなーぐち のイントネーションが上手く取り戻せないんです。 もう、「本土」と呼ばなくなり、話し言葉は「標準語」に定まっています。 私のおじいはボケてから繰り返し繰り返し、戦中の光景を語っていました。 その語りが書き文字で書き起こされたような、その隣に唐突に標準語が並べられているような、 それを久しく沖縄に戻っていない自分が、他人事の対話として読んでいるような、この不思議な感覚とちょっと向かい合ってこないと、仲程さんの作品に対しての自分の感想など書けないのかもしれません。 なぜだか、どっちも外国語に見えてしまう。

仲程 (2018-01-27):

緑川七十七さん わたしももともとまともなうちなーぐちができないまま(内地)に出て、同じような感覚を持ってますが、だいたい話相手の話し方にそまってしゃべってます。それで、標準語、大阪・京都、能登・加賀、沖縄なまりの詩なんか書いたりしますが、いずれもネイティブからしたら歯がゆいものになってるかもしれません。 どちらも外国語に見えてしまう というのは判る気がします。 コメントありがとうございます。

百均@B-REVIEW ON/ (2018-01-31):

土地の名前は多分音として残り続けるのだと思います。 詩は多和田葉子のエクソフォニーで読んだだけなので、あれですが、少数言語で描かれれば描かれる程、売れるのだそうです。それはなぜかというと、言語の保存に適しているのが、詩であるという事なのかもしれませんが、多和田葉子が示していた論理の内実は忘れてしまいました。 ただ、この詩を見た時に思うのは、話し言葉だけをくりぬいてそれを作品として残す時に、詩の方がやりやすいのかもしれないと思いました。 詩の構造がとても面白いです。ここら辺は完備さんの感想に近い物を覚えます。右と左の役割の違いという所もそうかもしれませんが、なんだが二本のレールみたいにも見えて面白い。平仮名と仮名かなの使い分けも面白いです。 僕は沖縄行った事が無いので、モノレールのイメージしか分かりませんでしたが、ここでは詩に読者を引き込む契機として汽車の話が滅茶苦茶フィットしていると思います。孫の素朴な疑問が最初に置かれている事。それが左に置かれているという所にも語りきれない程の意味があります。孫が何を言っているのか分からないという所が、本当にびっくりしました。そういう感覚は年を取らないと分からない事かもしれません。それは、「汽車と軽便」という語レベルの話ではなく、話し方そのものの差違だと思います。それから、孫と祖母、そして父という三世代による語りのグラデーションの傍に置かれる、右側に置かれた標準語約、その構造的な役割の提示という仕事を孫の発語が同時にこなしているのも無駄がありません。 つまり何が言いたいのかというと、僕が一読して思ったのはとても丁寧な作りの為された作品だという事です。 非常に魅力的な作品で、語りきれないですね。 取りあえず寸感としておかせていただきます。

仲程 (2018-02-01):

百均さん 丁寧なコメントありがとうございます。 少数言語の件、そうか、とあらためて感じました。 読んで感じていただいた情景でもちろんありがたいのですが、無粋ながら少しグラデーションについて、、おっきいおばあ は曾祖母です。その隔たりということで。 ありがとうございます。

渡辺八畳@祝儀敷 (2018-02-02):

方言にはビートがある、ってのが私の持論でして。そのビートってはバリバリ表に出てくるものというよりはベースギターみたいに内に秘められている感じで、だからこそ別の要因でかすれてしまうこともないし、聞く側が意識しないうちに響いている。(個人的に方言のビートはたまの「らんちう」のビートに近いと思っている http://www.nicovideo.jp/watch/sm26662661) 仲程さんは明確に方言・地方性が武器になっているね。ほうげんふだも沖縄だったし。牧歌的なだけじゃないんだよ、方言って。使い方によっては先鋭的な武器になる。左側はドゥンドゥンビート刻んでいるよね。それに対応する右側は、対してテクノのクリック音みたいな無機質さをおぼえる。サラウンドにして音声で聞くのもいいかもしれないが、いやでもこれは視覚でのほうが映えるだろうね。 だから、まぁ私が言うまでもなくそうしていくでしょうけど、仲程さんは沖縄とか方言とかは武器としてずっと保持していった方がいいかもね。私事だがこの前あるツイキャスで朗読やりまして、んで別に方言ある詩じゃなかったから普通に、でも詩中主体の独白文みたいな詩だったから少し演劇かけて朗読したんですよ。そしたら福島訛りをとても指摘されて。日常会話で訛っているならもう別にって感じなんですけど、演技中に訛りを指摘されるのはかなりショックなんですよ。演技を完全に自己制御できていないってことだし。だけどその訛り部分が高評価でして。いやぁこれは自分も朗読においては訛りを意識して効果的に使っていくべきなんかなって思いました。 方言も共通語も外国語に見えてしまう、という書きこみが上にあるが、言語学的には方言と言語の違いってはなくて慣例的に決められているだけなんですよね。だからフランス語が英語方言となっていた可能性もあるし、沖縄方言が琉球王国語として明確に日本語と違うものとなっていた可能性もある。この論でいくと現代の方言話者はバイリンガルなんですよ。日本共通語と方言の。バイリンガルって威張っちゃっていいの(笑)

仲程 (2018-02-03):

祝儀敷さん らんちう ですか。あんな天才といい意味の変態のかたまりまではいかないと思いますが、今度、じっくり聞いてみて共通点 感じてみます。ドゥンドゥンビートよりは たま かもしれません。 それますが、Girl が大好きです。いっちゃやあ~あ~だよっていうかわりに、いってらっしゃい って ところが、、めざしてみたいところです。 実はというか、わたしのちょっとだけの悩みは無アクセントです。アクセントないだけで聞き取って、もらえないことがあります。なまりの一種かもしれませんが、例えばサーターアンダギーとかゴーヤーチャンプルーにアクセントはありません。 だから、話が長くなると、相手が寝ちゃいそうになります。 と、話がそれましたが、いろいろ感じてもらえて ありがとうございます。

投稿作品数: 1