お知らせ

黄色くて丸いパン   

作成日時 2017-12-16
コメント日時 2017-12-24

夜八時を過ぎていた 自宅のある駅に着いて、その通路を改札口へと歩いていたら、 きれいな黒髪をショートボブにした、黒いブラウスに黒いスカートの女性が、ベビーカーを押して来たのだった ベビーカーに乗っていた子は、やっと歯が生えてきたぐらいの乳児で その子の顔半分ぐらいの、大きな黄色いパンをもって嬉しそうにしていた 思えばものすごく沢山のことがダメだった いろんなことを、やろうとしたのに 誰だって時々そう思うのだろうけど、その時の私は、実際そんな気分だったから (いいなあ)と、思ったのだった そのちびが、ちょうど私の前あたりに来た時、パンを落としてしまったんだ とても黄色くて、とても丸いパンだったのに 母親は気づかない ベビーカーは通り過ぎて、私の足元すぐ前に、そのパンがコロンと落ちている 私は、どうしてよいのかわからなくて もし振り返れば、ちいさな腕を伸ばすちびの、悲痛な顔を見てしまいそうな気がして 立ち止まらずに歩き去った 改札を出ようとして、気になって 駆け戻ったんだけど すでにパンはなかったんだ 駅の通路なんて、酔っ払いのげろがどこにあったか知れたものじゃないのだし 私がパンを拾っても、あの母親はそれをあの子に渡さなかったかもしれない(あの子はもういちど悲しむだろう) それでも私は一秒も迷わずに、拾うべきだったんだ 今更だけど ごめんよ、ちび 初出:「焔」111号 2017年11月20日


項目全期間(2019/09/16現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:107.7
2019/09/16 05時34分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(11)
岡田直樹 (2017-12-16):

都会生活の中の何気ない一場面が、穏やかな目で書かれていて好感が持てました。黄色くて丸いパンは、幸せの比喩でしょうか、都会の暮らしの中で、実にさりげなくこぼたれてゆく幸せは、よくみるとかなり頻繁であり、それを目撃したひとは小さく、けれど夥しく傷ついている、という。いい作品だと思います。

蛾兆ボルカ (2017-12-16):

岡田直樹さん ありがとうございます。 小さいけど、悩ましい痛みをくんで頂き、また好評を頂けてとても嬉しいです。

武田地球 (2017-12-16):

誰にでもおこる日常の どこにでもあるすこし哀しい瞬間が丁寧にかかれて その中にある 「黄色くて丸いパン」ということばの存在感がすごくすきです。 かざらないのにパワーワード。つよい。 黄色くて丸いパン、探しに行きたいです。

渡辺八畳@祝儀敷 (2017-12-17):

こういうエッセイ然とした詩にはどうしても難色を示してしまう 結局書いてあることばかりしかそういう詩にはなくて、読んでああそうねと思ってそれで終わってしまう わからんよ、実際はなんか飛躍があるのかもしれんよ、でもエッセイ然としたやつはただの書かれたことの内容伝達のためのものにしか思えない 詩読みにきてんのになぁ、って感じ、うまく言えないが

蛾兆ボルカ (2017-12-17):

り さん コメントありがとうございます。 丸い、ということ きいろい、ということ たべもの(パン)である、ということ その3つの出会いは、何なんだろうか、と思うのですが、何なのか考えるだけで嬉しくなりますね。 パワーワードという評価、ありがとうございます。詩作の励みにさせて頂きます。

蛾兆ボルカ (2017-12-17):

祝儀敷さん コメントありがとうございます。しかし、おそらく、「うまく言えて」いません。 エッセイには、文芸として歴史もありますし、現在の日本にも、エッセイを主目的にした協会やクラブがあり、教育コースや理論があり、お金が動き、自費出版も盛んで、まともに修練してみたことのない者には、とても口が出せません。 まずそこ、「エッセイとは何か」への考慮が、あなたのコメントには欠落しているように思います。 正面から受け取ると、そんな感じなのですが、おそらくあなたは「うまく言えていない」のではないか、と思います。 スタイル論として、他人のスタイルを否定するのは、多くの場合、不毛です。あなたの好き嫌いに合わせたスタイルで、私が書く道理がありません。 「エッセイのような詩」に、どれだけ膨大な数の、文学史上の傑作や名作が当てはまるか、、、 こんな話ではなく、もっと有意義な対話を希望します。

百均@B-REVIEW ON/ (2017-12-17):

個人的な体験になってしまうので、しかもここで書くの難しいんですが、少し嘘を交えながら書いていきます。僕以外の人の迷惑は掛けられんみたいな感じです。 僕は健康な体なんですね。で、偶々一週間くらい体の不自由な方と一緒に過ごす日があったんですけど、そこは毎朝決まった時間に近くの寺に行って、お参りを絶対にしないといけない所でした。その人はおじいさんで目が見えない人で、歩く事は出来るんですが、階段を上がる事が出来ない。一段上がると疲れてしまう。介錯している人も側に勿論ついているんですが、その人の妻なもんですから、同じくらい年を取っている。そして僕以外にも若くて健康な人がいましたから、大体見かねて階段登るの手伝ったりしてたんですけど、僕は出来なかったんですね。他の人がいるし、僕以外の人もやるだろうと思ってたし、なによりやってもし迷惑に思われたらどうしようと思っていました。最終的に色々な思いを思いながらその人が階段を上る手伝いをする事に成功したのですが、そこはこの作品の話題から逸れてしまうのでいいませんが、そういう事だと思いました。 「黄色くて丸いパン」そういう事を思い出しました。思い出してしまったんですね。それくらい、僕にとっては抽象度の高いモチーフでした。この作品は多分、自分に出来た筈の事が出来なかった時に取りこぼしてしまった、その後悔を、自分の中にため込んでいる後悔を思い出して理解し食べる事の出来る作品だと思いました。いい悪いのではなくて、強いですね。痛みを覚える作品もありますが、僕はちょっと救われました。 あのときの自分の気持ち、パンを拾って届けた時の気持ち、見過ごしてたなぁと、ちょっと思いました。大事な事は忘れてしまいがちだ。

花緒 (2017-12-17):

とても平易に書かれていて、且つ強い余韻の残る一作だと思いました。すでにパンはなかったんだ、という一行が効果的ですね。母親が拾ったのかもしれないし、誰か他の人がすぐさま駆けつけて拾ってくれたのかもしれない。落としたけれど、すぐに新しいものを買い与えられた可能性だってある。あるいは、ここで書かれた光景自体が、語り手の見間違いや夢であったのかもしれず、だからパンが無かったのかもしれない。作品全体を宙吊りにする効果が働いていると思いました。

蛾兆ボルカ (2017-12-19):

hyakkinnさん 花緒さん コメントありがとうございます。 この詩は、最初、黄色いパンの素敵さに心撃たれて、ニコニコしていた子どもへの心からの賛同、「いいパンだったねえ!」と、いう思いを作品にしたくて書き始めたのですが、さんざん難航しました。 推敲していて、ある時ハタと、そうか俺はあの子に謝りたかったんだ、と気づいて(最初は全く気づきませんでした)、この形にこぎ着いて、なんとか自分で納得できた作品です。 でもこの件だけで言えば、僕はそんなに鬼畜な所業をしたわけではありません。この子は僕のせいではなく、神から罰せられたようなものですが、何の罪なのか。罪びとは神秘ですね。罪と言うことも、自責ということも。 戻ったとき、無かったというのは、ご指摘のとおり、宙吊りにしていると思います。 もしそのまま落ちていたら、僕はそのパンを拾ってどうしたのか。どうするつもりで駆け戻ったのか。 そう言えば、初期のバージョンにはそれを書きました。 なぜそれを削除したのか、正確には思い出せませんが、拾ったとしても母子をホームまで追いかけはしなかったでしょう。たぶん、少とも踏まれるのは嫌だった。せめてゴミ箱に捨てたかった。でもそんな自分は、そのまま書きたくはなかったのかもしれませんし、なぜか上手く書けなかったのかもしれません。 パンの落下を、夢や見間違いとする解釈は、個別具体的な解釈ですから、その可能性もあると読むかどうかは読者にお任せです。それが許したりうるかどうかも。 しかし、パンが消えてしまったことで、事態が語り手には完結不能なものとして、読者に渡されてしまうことでは、作者も花緖さんのおっしゃる通りだと思いますし、そこに着目いただき嬉しいです。 動機はともあれ、作者もあえて、パンがそのまま落ちていたケースを語らない形にしました。

まりも (2017-12-24):

>私は、どうしてよいのかわからなくて >もし振り返れば、ちいさな腕を伸ばすちびの、悲痛な顔を見てしまいそうな気がして そこに、人間の誰もが持つ、弱さやためらい、どうせ・・・しても、仕方がない、というような諦めといった心情のようなものが、現れているように思いました。語り手は、すぐに思い直して拾いに戻る。 >駆け戻ったんだけど >すでにパンはなかったんだ 黄色くて丸い、大きなパン・・・その子にとっては、お月様のような、パン。きっと、その子の心をいっぱいにしてくれる、それだけでもう、しあわせ、にしてくれる、そんなパン・・・語り手は、その子の笑顔を見て、その子の胸を満たしている満足感に想いを馳せたのでしょう。だからこそ、今の自分の満たされない心情が逆照射される。 >思えばものすごく沢山のことがダメだった >いろんなことを、やろうとしたのに いささか、唐突な感じで出て来るこのフレーズも、その子の胸いっぱいの幸せに照らされたがゆえの空虚感があって・・・それゆえに出て来たフレーズなのだろう、と思いました。 語り口が、~した、ではなく、~したんだ、と語りかけるような調子であるがゆえに、若干、ぜんたいに弛緩した感じが出ていると思うのですが・・・作者が、全体にまったりした感覚、ゆるい流れの中に、ああ、俺は謝りたかったんだ、というオチに結びつけるような流れを作りたかった、のであれば、この語り口がふさわしいのかな、と思いました。

蛾兆ボルカ (2017-12-24):

まりもさん コメントありがとうございます。 解釈、構成、語り口を丁寧に検討して下さり、また率直なご意見をいただき、嬉しいです。 この詩の口調を選択したのには、シャープさを減じて、キメを先延ばししたいという気分もあったように思います。また感情の流れも、語り手の動線も、行きつ戻りつします。ですから、ご指摘の通り、人によっては弛緩した印象となるかも知れません。

投稿作品数: 1