ドキドキ文芸部しようよ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ドキドキ文芸部しようよ    

幸せになったことがないから、幸せについての詩は共感されないのだと、あなたはあどけなく言う。サンタクロースなんていないんですよと告げる、おませなこどもみたいに。孤独についての詩を書くと受けがいい、だけど幸せについて書くほうがじつは難しいんじゃないかな。それにいまのわたしにとっては、孤独について書くと偽りになってしまう。わたしは書こうとして詩を書いているわけじゃないから、いま自分の心にあるものしか書くつもりになれないんだ。過去の作風のほうがよかったとあなたは言うし、わたしもその自覚はあるけど、孤独だとか、いつまでもおなじようなものばかり書いていてもしょうがないし、いまだからこそ書けるものを書いていたい。クリスマスにあなたと満たされるまで食べたラム肉の、くせのある風味を思いだしている。ふたりだけの、ドキドキ文芸部しようよ。


作成日時 2023-01-18
コメント日時 2023-01-25
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ドキドキ文芸部しようよ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1123.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1123.5
2023/02/09 07時36分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ドキドキ文芸部しようよ コメントセクション

コメント数(16)
室町礼
室町礼
作品へ
(2023-01-18)

こんばんわ。 これはある意味、批評的なメッセージ詩とも読めるのですが、 その批評的な部分に注目して感想を述べさせていただくとすれば、 これは事実とはちょっとだけちがうような気がします。 わたしのような人間ですら他人が幸せな顔をしているのをみるのが大好きで、 まして幸せな気持ちをうまく表現しえている詩は大好きですから、 たぶん多くのひともそうだとおもうのですけどね。 ではなぜ作者がこのような批評をするかというと、認識にねじれが生じている としか考えられない。 サンタクロースはいないんだよと告げる子どもはリアルな現実を知ってるよ、と その知識を披露することで、わたしはおとなよと自慢して鼻を高くしている。でも 作者はそんなことを知らないほうがいいんだよ、知っていても信じたほうが じつはおとな、なのかもしれないよといっている。しかし、 これがどうして前置きの「幸せになったことがないから、幸せについての詩は共感されない」 という間違った現実認識を補強してする例になるのか論理的にどうもなっとくできない。 おそらく作者は、ぼくは幸せについての詩を書いて、人にみてもらうのだけど、あまり高評価をえられない といっている。わたしはそれが現実認識にたいするねじれなのじゃないかとおもうのです。 いくら孤独についての詩、あるいは幸せについての詩であろうと、どちらでも たんに詩表現が稚拙もしくは下手な場合も他人は共感や評価をしない。その原因を冒頭の間違った 世界認識にふっていないだろうか。そんなことをふと考えてしまう。 他人に評価されない原因を内容がゆえだと錯誤していないだろうか。 「それにいまのわたしにとって、孤独は......」以降、「いまだからこそ」うんぬんまで すべて弁解のように聞こえてしまうのですね。 そうすると結局、下手な詩でも笑顔でドキドキしてくれる、実は詩にはまったく関心が なく、相手を恋しているからその詩を認めてくれる恋人としか詩の評価をわけあえないことになる。 そいううドキドキ文芸部がはたしてどうなのか、ちょっとさみしいような 気がしないでもありませんでした。

0
タヌキが掘った穴
作品へ
(2023-01-18)

ドキドキ文芸部をすることが、登場人物の作中のあなたにとって幸せになるきっかけかになるのかもしれないなぁ、と言っているのかなぁと思いました。 幸せと孤独が、詩の評判を決めると云うように対象的に配置されていると思いました。 作者にとっては、今の心にあることを詩作するのが、幸せなのかもしれないのだろうと読めました。 ドキドキ文芸部という造語より、あなたとクリスマスに食べたラム肉のような癖を思い出している。しかし、一般的にラム肉は子羊の肉なので、癖がなく柔らかい肉の象徴として扱われることが多く、逆に癖があるのはマトン肉(成羊肉)の方なので、ここは、 >おませなこどもみたいに に、あなた、が、癖のあるラム肉と掛かっているのかもしれないなぁと思いました。 あなたは子供の頃からマセガキで、幸せより孤独について詩作した方が受けがよいと言うが、作者は幸せの方が、詩のテーマとしては孤独より難しい。又、作者は今は孤独ではないので、孤独をテーマに詩作すると自分の気持ちを偽ることになる。 だから、今は幸せなので幸せなことを書きたい、それがドキドキ文芸部なのだ。 作者はマトン肉なのだけど、ラム肉(子羊)の頃のようにドキドキしたいのかなぁと思いました。 アルプスの少女ハイジに登場する子山羊のゆきちゃんが成長し、ゆきさんになった頃、アルプスのおばさんになったハイジは、ペーターおじさんと一緒にゆきさんがゆきちゃんだった頃を思い出しながら搾乳をするようなイメージを持ちました。 作者は、恋人同士でしかわからない暗号文をドキドキ文芸として作ろうとしているのかなぁと思いました。

0
タヌキが掘った穴
作品へ
(2023-01-18)

追記 室町さんのコメントにある >ドキドキ文芸部がはたしてどうなのか、ちょっとさみしいような 気がしないでもありませんでした。 に私も同感で、この私の想起に至るきっかけは、 昔、NHKで放送していた、「明るい農村」というテレビ番組を思い出したことに由るものです。 その番組は、明るいと称すれば称するほど、暗さをともなった寂しさが農村につきまとうイメージを全面に醸していました。 もう40年以上前の話ですが、その頃の私は、農家は暗くて寂しいのだなぁと思ったものです。 このドキドキ文芸部も、ドキドキと称すれは称するほどに、「はぁ?」みたいな冷めた気持ちを想起させます。

0
黒髪
作品へ
(2023-01-18)

ニンテンドースイッチに、そういう題名のゲームありますよね。僕はバッドエンドしてしまいましたよ(;O;)

0
沙一
作品へ
(2023-01-18)

皆様、精緻な批評をありがとうございます。 やはり「ドキドキ文芸部」に注目されているようで、じつは同名のゲームがあり、比喩的にお借りしました。おそらくゲームをご存知なくてもインパクトが伝わるのではないかと思いましたが、まさしくそのようです。 本作の元ネタになったゲームの「ドキドキ文芸部」にも興味をもっていただけましたら幸いです。

0
三浦果実
作品へ
(2023-01-18)

これは「真剣に」に詩を書いている人を冒涜していると思いました。三浦は「真剣に」詩を探究しているのですぐに見分けがつきました。これは「真剣に」詩を書いていない人が書く作品です。毎月、「真剣に」詩を投稿している人達に謝ってください。とくに「真剣に」詩を書いている三浦果実にごめんなさいして下さい。ビーレビでは謝罪要求はトレンドですから要求します。謝ってください。サンタクロースにも謝ってください。サンタクロースは「真剣に」プレゼントを配ってまわっているのですから。

0
沙一
三浦果実さんへ
(2023-01-18)

まいりましたね…… ごめんなさい、正直に言いますと、詩よりも相方さんに夢中です。

0
タヌキが掘った穴
作品へ
(2023-01-19)

俺は真剣に詩作した実感がないな。あと努力もしたことがないな。てか、真剣も努力もしている実感を得たことがないや。 事後に振り返って夢中だったな、なんてことはあるけど。 まぁ、他人から「頑張ってますね。」 なんて言われることがたまにあるくらいで、でもそれを言われると、もっとがんばらなくっちゃ!と俺の場合は、自分のペースが乱れるから受け流してるな。 でも、外から見てて、物事に対して真剣に取り組んでいるなと思える人を見ると、自分ができる形で応援はしたくなるな。 駅前でティシュを配っていたサンタクロースは見てて応援したくなったな。 とうぜんその時サンタクロースに真剣とか努力している実感はないと思うけど、、。 仕事を終えて、私服に着替えて、どこか一杯やりながら、 「今日も寒かったなぁ。」 なんて言ってると想像すると、 「お疲れさん!」 と心の中で呟きたくはなるな。 ま、本当に真剣に物事に対して打ち込んでいる人は、真剣なのではなく、真剣を携えているのだと思う。 そういうのを真剣と略して呼んでいるのだろうな。 だから、あらゆる道の型や形が整って出来ている人が、携えた真剣を抜いてたまに振ってるのを見ると、凄いなぁと思うときがある。

1
吸収
吸収
作品へ
(2023-01-19)

いや、良い作品 螺旋、落ちる方だけど 心地よい無重力で螺旋に押されて落ちてゆく

1
柳煙
作品へ
(2023-01-19)

詩なんて嫌い、ポエムはもっと嫌い。詩もポエムも同じだから、ドキドキなんてできない。そんな暇があったら、ブラックホールに飲み込まれる準備をする。

0
沙一
吸収さんへ
(2023-01-19)

言葉や意味に惑わされることなく、貴方だけは文体を味わった上でご感想を寄せていただいたようで、励みになります。ありがとうございます。

0
AB
作品へ
(2023-01-20)

タイトルとは違って、なんだかすごく悲しいに近い淋しい感じを受けます。そんなことではなくて、ということも判ってはいても。 ラブポエムというお題が出たときにチャレンジしましたが難しかったです。これも違う話ですが。

0
妻咲邦香
作品へ
(2023-01-21)

他の部員は先に帰ってしまったのか、最初からいなかったのか、途中でやめてしまったのか、いずれにしてもその部室には大きなソファーがあって、皮が破れて中の黄色いスポンジがはみだしているに違いない。

0
沙一
作品へ
(2023-01-24)

表面だけを読んでいてはわからないであろうと思いながら、しかし表面だけを読んでもなにかしら感じられるものがあるようにと、考えながら書いてはいます。感じとってもらえたことがあるのだと、伝えていただきありがとうございます。

0
つつみ
作品へ
(2023-01-25)

幸せな詩なんだけど、そういう要素を取り入れずに、誰にも気づかれないような幸せな詩をいつか書けるようになりたいです。

0
沙一
つつみさんへ
(2023-01-25)

光によって影ができるように、影があるのは光があるからですね。 幸せを書いた詩が幸せなだけとは限らず、逆もまた然りですが、気づかれにくいことではあります。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1