お知らせ

待合室   

作成日時 2017-11-25
コメント日時 2017-11-29

視界の端で 席を立つ人 座る人 私は本を読んでいる 物語に戯れている 帽子のひさしの 視界の端に 座る人 名前を呼ばれ 席を立つ人 しかし座席は 依然として存在している 人だけが 座っては立ち 来ては去り 呼ばれるまでの そのひとときに たまたま他人と相席し 名を呼ばれたら 離れてしまう 私もいつか 呼ばれるだろう 数十年後か それとも不意に 呼ばれるだろうか かわるがわるに 座る人 席を立つ人 しかし座席は 依然として存在している


項目全期間(2019/06/18現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:39.1
2019/06/18 00時16分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(13)
静かな視界 (2017-11-25):

沙一さん、こんばんは。 まずは、先ほど私の作品へのレスレスを書いたのですが、名前を「渉一(さん)」と記してしまいました。 お詫びいたします。 作品読みました。 これを読んだとき、尾崎豊の「存在」をイメージしました。 現存・存在、今或ること。いろんな存在があるのですが、あまり人はそれを意識しておりません。 それは人の一生を左右する何らかの岐路であったり、ボーダーラインであったりします。 それらはその人の生命線を奪う存在であったりしますが、無慈悲で無機質で神的な輝きを放っては居りません。  本作品は、その様子を訥々と描き出しています。 なんといいますか、ここからの飛躍と言いますか、そう言うものが一説欲しかったかな・・と個人的に感じました。まぁ、私にはもちろん書けませんが。 では失礼します。

沙一 (2017-11-25):

静かな視界さん、こんばんは。 入力間違いは、ネットではありがちなことですので、気になさらないでください。 尾崎豊さんとは、意外な名前が出てきて、おどろきました。 存在や、自我といったものは、たしかに普段は意識していませんね。存在について、なくなってはじめて気がつくこともあるかもしれません。 ご指摘して頂いた通り、もう少し飛躍があれば、一味違ったものになったかもしれないと思いました。 ありがとうございます。

仲程 (2017-11-25):

手前の話になってすみません。昔、似たようなシチュエーションを書いたのを思い出しました。 先に入室した人からエアキャップ(ぷちぷち)を「持っておいて」と言われて、ぷちぷちしながら、ずっと待ってる、とっくにならなくなっても、帰ってこないし、呼ばれない、という感じの、 沙一さんの世界はそんな小手先の道具なしに、しかも短い文章でしっかり作り上げているのはすごいな、と思います。 沙一さんにとってドアの向こうをどんなところなんでしょう。 私はまだわからないままです。

仲程 (2017-11-25):

あ、誤字すみません。

沙一 (2017-11-25):

仲程様へ 読んでいただき、ありがとうございます。 私はむしろ文章の長い詩を書くのが得意ではなくて、そうした作品に憧れもあります。 こちらでは、いまは自分の詩と客観的に向き合うつもりで、過去に書いた詩を投稿させてもらっています。 コメントをいただけて、感謝しています。

まりも (2017-11-27):

電車の中、病院の待合室・・・他者が来て、座る。立つ。立ち去る。こうした「動き」をリズミカルに刻んでいく「滑走」部分があり、〈私もいつか/呼ばれるだろう〉ここに離陸ポイントがある。いつ、どこで想念の世界、自らの詩の世界に到るか。外界を感性で捉えていく場面から、世界観なども含めた自身の詩の世界へと移る地点に、どこで踏み切るか。そこから、さらに大きく詩の空間に踏み込んで行ってほしい、と思ったところで、この作品ではまた、「外界を感性で捉えていく場面」に戻ってしまうのですね。もちろん、帰還して良いのですが(最近、あちら、に行ったっきり、の詩が多いですよね、と、親しい詩人と最近、話したばかりでした)帰還するまでに、もう少し「作者自身」の世界を彷徨うなり、堪能するなり、したかった、そんな、若干の物足りなさも残りました。

沙一 (2017-11-27):

まりも様へ 滑走と、離陸。うまく捉えたコメントをしていただき、ありがとうございます。 離陸したと思ったら、すぐ着地してしまうところに、臆病な自分が表れているなと、まりもさんからのコメントを読んで思いました。 厭世から、超感覚的な世界に憧憬を抱き、覗いたり、触れたりしてはみるものの、私が本当に求めているのは、〈安心感〉なのではないかと思います。それで、飛躍せずに着地してしまう。 それと関係あるのかわかりませんが、最近は詩がなかなか書けず、定型的な俳句や短歌に、心が落ち着くと感じています。

コーリャ (2017-11-27):

これはレス読んでかくけど まりもさんすごく良いレス さすがビーレビの母 そしてなるほど そういうのもあるのか でもねあえて俺は反対したいな あえてと言うか これはこれで僕は満足しちゃいました 同じ語句をリフレインするのは たしかに音的なこともあるんですが やっぱり言葉なんでその内容 論理の意味でも変わってくるんですよね うまく言えないんですけど これはたしかに記述としてはただの待合室の描写(ただ描写としても上手いというかすごいと思う 滑走とおっしゃった部分視線の話しかしてないですもんね 映画の台本みたい)なんですけど それらの描写を全部取っちゃうと けっきょくこの話者は物語と戯れている 本を読んでいることだけが残ります ストーリーというのはものごとのはじまりとどうしてそうなったかのおわりで出来ています 時間経過なんですよね 数十年後のお話のことだと思ったんです

カオティクルConverge!!貴音さん (2017-11-27):

ライトコメンター貴音です。強引なのでしょうが、座りに来るは生前、座るは生後、座席は世界、席をたつは死後という感じで読ませていただきました。私はそれで、面白いなと思えました。

沙一 (2017-11-27):

コーリャ様 はじめまして。 物語に戯れている という、細かいところに注目してくださり、とてもうれしく思います。 たしかに、詩のなかの当人は視線の移動しかしていませんね。笑 この場で様々な方から客観的なコメントをいただいて、自分の詩について新しい発見があることを、楽しく感じています。 ありがとうございます。

沙一 (2017-11-27):

貴音様 はじめまして。 読んでいただいて、また、面白いと言っていただいて、ありがとうございます。 生や死について、考えることも多いです。

イチゴミルク (2017-11-29):

はじめまして。言葉でさらに掘り下げていくことば詩表現の上で重要な要素の一つですけれど、 あえてそこに踏み込まずに、自分と他者を並列にならべることで調和のとれた世界であったなと感じることができ、 読者視線ではとても広がりを持つ作品だなと感じました。様々な「待合室」が想像できることにおいて、とても親切な作品であるといえると思います。 とても気に入りました。

沙一 (2017-11-29):

イチゴミルク様 はじめまして。 あえて表現し過ぎない、読み手に想像の余地を残す表現というのは、たしかにありますね。 コメントをありがとうございます。

投稿作品数: 1