匿名 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

匿名    

いつ頃から降り出したのか さっきからずっと 雨の音がしている 蜂蜜を垂らしたみたいな あめ 私は、ビル・エヴァンスの 静かなジャズを聴きながら 読みかけの本に栞をはさむ タイトル 匿名 この街の一画で 世界はいつだって、私の好きなように回る 私は世界を選択するが 世界は私を選択しないのだ 傘をさす人々、点滅する信号 雨水に混ざってカラフルな泥 その光に映った 琥珀のような刹那 呼吸すれば 飛んでしまう 薄い銀のせい 私の周りの透明な壁が 六枚の鏡になった 通りを歩く人々が消え あとにはただ パッとしない灰色の私 私たちしかいない 昔から 本を読むのが好きだった 私 夕飯の時間になっても 終わらない 時間 読書の時間 一冊の本は 世界への窓だった モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子の不思議な物語 事実私は、時間を追っている ……追われている 繰り返しの時間 蛇行した時間 カットガラスに透かした壊れやすい光の機械 喋る灯芯草 いつ頃から絡まってしまったのか 世界は次々に電線で結ばれてゆく 人々は思い思いの孤独を画面に映している 目をつぶっても 終わらない 不安 存在の不安 自分専用のキャンプファイヤー     闇に浮かぶ幾億の灯     それらは千差万別で     七色に輝いている けれどよく見たら 全部長方形だった     目をつぶっても     終わらない 不安 存在の不安     自分専用のキャンプファイヤー 都会の公園に一人の少年がいる 見えないゴールに向かって サッカーボールを蹴っている     闇に浮かぶ 幾億の 灯     闇に浮かぶ 幾億の 幾億の 灯     闇に浮かぶ 幾億の 幾億の 幾億の 灯 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子の不思議な物語     目をつぶっても 目をつぶっても 目をつぶっても 終わらない 終わらない     目をつぶっても 目をつぶっても 終わらない   終わらない 終わらない     目をつぶっても 終わらない   終わらない   終わらない 終わらない 蹴り出されたボールは 世界のあらゆる凹凸にぶつかって 無数の残響が斜陽に溶ける

scroll


作成日時 2022-09-07
コメント日時 2022-09-12

匿名 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 765.0
お気に入り数: 0
投票数   : 4
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性22
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:765.0
2022/12/01 05時10分46秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

匿名 コメントセクション

コメント数(10)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-09-07)

人間の意識というものが外部から与えられたマニュアルや型式やパターンの 寄せ集めと複雑化という側面をもつ、というわたしの考えからすれば、 たとえばこの詩の二連などは、ああ、とすぐに気がつくひとつの自己陶酔のカタチ であるわけですが.......。いや、それが悪いというのじゃないです。 そういうことをいってるのじゃなく、そういう様々なパターンがどういうふうに ひとつの詩のなかにあらわれてくるかという1つの典型のようなものを この詩にみて、むしろ、だから書かれた内容とは別に、詩としては安定しているなと 感じたわけです。 でもそういう安定した言葉の舞いのようなものが、わたしのようなイケズな人間の 邪悪なこころに何かを着火させるかというとちょっとわたしのような擦れた人間には もう無理なところがある、そんなことを感じました。 作者さまのスタイル、姿勢、心のありようにはまったく何の不満もありません。 かってな感想、どうかお許し下さい。

1
カワセミ三太夫
カワセミ三太夫
作品へ
(2022-09-07)

タイトルが途中で挟まるの、いいですね。

1
薄楽
薄楽
作品へ
(2022-09-07)

ビル・エヴァンスの2連目。ぼくもほぼ同じようになったことがあります。主題部があって、中間部は即興的展開。後半は演奏者の掛け合い。ジャズを聴いてるような感じで読みました。読書とジャズと意識の彷徨。勝手な解釈です。(_ _)

1
沙一
作品へ
(2022-09-07)

音楽と読書、そして内省。インドアな状況でありながら、「キャンプファイヤー」「サッカーボール」といったアウトドアな語が後半に出てきますね。  蹴り出されたボールは  世界のあらゆる凹凸にぶつかって  無数の残響が斜陽に溶ける 内向的なようでいて、意識はじつは、外へ向かっていくことを求めていたのだと、展開がドラマティックでした。

1
Kasaba Rū
薄楽さんへ
(2022-09-08)

ありがとうございます。 この詩は私が風景のスケッチとして書いた短い文章を一度戯曲化し、さらに詩として再構築した作品です。そういういった意味でパフォーマンス的な部分や即興的な部分を汲んでいただきとても嬉しく思います。

0
Kasaba Rū
沙一さんへ
(2022-09-08)

ご感想、ありがとうございます。 あまり意識せずに書いておりましたが、言われてみると内向⇒外向の流れがありますね。 私自身いつも孤独に飛び込もうとして、しかし同時に孤独には耐えられないというような気質があり、それが詩に現れているかもしれません。

0
Kasaba Rū
カワセミ三太夫さんへ
(2022-09-08)

ありがとうございます。

0
Kasaba Rū
室町礼さんへ
(2022-09-08)

 かなりしっかり読んでくださり、ありがとうございます。参考にさせていただきます。  私の作品でよく指摘される点として《読まれることを意識している(良くない意味で)》というのがあります。この作品にも恐らくそれはあります。  戯曲として書いたものを詩に再構築したというのもありますが、より正確に言うと、私はいつも読まれないことの恐怖を抱えて書いているということだと思います。

0
妻咲邦香
作品へ
(2022-09-12)

全部蜂蜜に絡め取られた風景だとしたら面白いなと思いました。孤独も不安も甘美だけど少しエグい。灯も闇も同じ。サッカーボールだけが白い。少年は世界の外に手紙を出そうとしているのかもしれない。そんなこと想像しました。わけわからないこと書いてすみません。

1
エイクピア
作品へ
(2022-10-10)

ああ、モモが、時間泥棒が出て来る。少し昔を懐かしく思いました。しかし今でも読まれていますね。終わらないのは不安だけだろうかと思いました。もしかしたら、希望に不安を見出して居るのかもしれません。だとすると何か不吉な事の契機を警戒して居るのかもしれないと思いました。存在の不安は、ワールドワイドなのだと思いました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2