メタバースと二種回向 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

メタバースと二種回向    

「梅原猛と仏教の思想」という思想評伝、「龍とそばかすの姫」というアニメを見て、思ったことを徒然に書く。  浄土真宗の根本教義は二種回向である。二種回向は現実から浄土に向かう往相と浄土から現実に向かう還相に二分される。浄土教といえは死後に浄土に向かうというイメージだが、親鸞は還想も同様に重視したとのことである親鸞の目には師の法然は極楽から現実に還想した人と認識していたようである。  浄土は本当に存在するのか。それは分からない。少なくとも現代を生きる我々には実感できない。ただ、バーチャルな世界を信じることは容易だ。その点は中世の人々より現代の我々が優位である。つまり浄土は信じれなくてもバーチャルは信じれる。  そもそも浄土を含めた概念全体がバーチャルではないか。中沢新一もグレートスピリッツをバーチャルとして表現している。バーチャルとは人の脳が作り出した仮想世界である。古来、人々はバーチャルな世界からダウンロードした情報を文字や声でしか表現できなかった。経典に描かれた浄土とはバーチャルな理想郷そのものであるが、それを見るにはイマジネーションの力が必要であった。  メタバースは現代の浄土となりえるのではないか。メタバースにおいても二種回向は中心概念となりえる。ただ、メタバースにおける二種回向は非常に素早いPDCAサイクルである。メタバースが現実に影響をあたえ、現実がメタバースに影響をあたえる。この二種回向を凄まじい素早さで行うことでなにか大きなものに近づける。  メタバースに存在する、なにか大きなものとはなにだろう。主人公のシズが最後にベイルアウトして歌う場面では、なにか大きなものが存在していた。そのなにかを阿弥陀仏とここではよんでみたい。  ただ阿弥陀仏は本当にメタバースにしかいないのだろうか。龍とそばかすの姫においてメタバースは当初から美しい。現実世界は母を奪った川があり廃校になりかけている限界集落である。光のメタバースに対して現実世界は闇であった。メタバースの光はBellと龍がダンスをするところでひとつのフィナーレを迎える。ここはディズニー映画のパロディというべきものだが、歌もどことなくディズニーである。ディズニーランドのエレクトリカルパレードが具現化されたような世界である。  しかしメタバースにも闇はあった。しかし、その闇は現実からの光によって払拭された。往相のみならず、還相そのものが浄土たるメタバースをよりよいものにする。二種回向を繰り返すさなかに顕現するものが阿弥陀仏なのかもしれない。その阿弥陀仏は信じれば必ず助けてくれるというものなのかは、分からない。ただ、それでも光を信じ続けるときにしか阿弥陀仏は顕現しないのだろう。   現実とメタバースの二種回向が極地に達するのが、最後のベイルアウトして歌う場面である。現実世界の人間が踏み込めないはずのメタバースでアバターではなく人間として歌いきった。メタバースの世界は光であふれた。光こそ阿弥陀仏である。不可思議光そのものである。  そしてメタバースから還相した現実は実はとても美しい。清流な川、大切な友人やパートナー、雲高い入道雲、温かい家族。それらは最初からそこにあったのだ。その美しさはメタバースからの還相で、はっきりと理解されたのだ。  この美しい山や草、空、という現実世界のありようは、山川草木悉皆成仏と呼んでも差し支えないのかもしれない。誤解があるのは承知だが、メタバースで引き起こされる人工的でかつ高速な二種回向は、現実を肯定するという密教の要素を帯びてくる。  メタバースはバーチャルな浄土となりえる。ただ、その浄土は最初からあるのではなく、人々の各々の光が作り出すものである。南無不可思議光は人々の光の集合体であるのだ。  

scroll


作成日時 2022-08-13
コメント日時 2022-08-17

メタバースと二種回向 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 566.4
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 13
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性55
前衛性00
可読性55
エンタメ11
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント1313
 平均値  中央値 
叙情性55
前衛性00
可読性55
 エンタメ11
技巧11
音韻00
構成11
総合1313
閲覧指数:566.4
2022/12/01 06時44分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

メタバースと二種回向 コメントセクション

コメント数(11)
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-08-13)

読ませて頂きましたが........ まことに失礼ながら最後の連が多分けつろんなのでしょうが そうとうに大雑な感じがしてよく掴めませんでした。 偉そうな言い方になったら失礼ですが宗教論議というものは 「痛み」をもって近づかないと空疎な論議に陥るのではないでしょうか。 真宗のニ種回向なんていってもいまどきだれも信じないような気がします。 だけど人間は「痛み」を知ってはじめて他者の「痛み」がわかる存在になるという 言い方をすればそれはある真実をもっているような気がします。 もちろん親鸞は「痛み」をもって語っていましたから本人も浄土教のニ種回向なんて 信じてはいなかったでしょう。親鸞のニ種回向はおそらく現実の話です。 でなければあそこまで突き詰めた思想は生まれなかったとわたしは思っています。 メタバースの世界の唯一の欠点というか欠落は「痛み」がないことです。 その世界に人工的な「痛み」を作り出せればメタバースは現実と同じリアルなものに なるでしょうが、参加者は果たしてそれに耐えられるか。 耐えられなければメタバースの世界も空疎なものでしかないでしょう。 いや、ここで宗教論議はしたくありませんので反論されても応答はできません。 わたし自身、極楽などあるとは思っていませんので。ただ、あるとすれば地獄だけがある。 その地獄から逃れたければ極楽をあきらめるしか無いと考える者ですので。

0
森川 暢(Toru Morikawa)
作品へ
(2022-08-13)

ありがとうございます。たしかに、最後の連はおおざっぱですね。ただ、どこに着地したらいいのか、最後よくわらなくなってしまいました。僕自身は地獄の深淵にきらめく光にしか救いはないと信じています。改めて自分が書いたものを読むとたしかに地獄がないですよね。なぜ、こうなったのかは不思議ですが、たぶん映画の影響でしょうね。この映画も痛みがあるのですが、最後に自分に残ったのは美しいものだけだったのでした。地獄では世界や光がやたらと美しくなるような気もします。おっしゃるとおり痛みや地獄を伴わない光は空虚なのだと思います。

0
あめんぼ
作品へ
(2022-08-13)

メタバースと宗教的な天国地獄みたいものとの差ってなんだろうかと考えさせられました。 コンピュータの世界で見えるなら「有る」と言えて、見えないと「無い」のか。

0
森川 暢(Toru Morikawa)
作品へ
(2022-08-13)

ありがとうございます。昔の経典など書かれている描写は見えていたのだと思います。ただ、それが見えるには修行が必要だった。メタバースは修行しなくても見えるのでしょうか。

0
ふかお
作品へ
(2022-08-13)

浄土真宗の門徒なのですが、母が信じている浄土世界は坊主の言うオタク的ものではなく、他界した肉親との思い出から展開される個人的な世界だと言います。言わば個人的記憶の仮想現実なのでしょう。そして真に現実を生きるということは、記憶をとおして思考することです。 >経典に描かれた浄土とはバーチャルな理想郷そのものであるが 阿弥陀仏が存在するのかは、答えの出せない事柄です。やはり浄土とは生きている個人の心の中にあるものを指すのかも知れないと考えます。 >メタバースは現代の浄土となりえるのではないか。 現実の疑似体験でしかありえないと考えます。

0
森川 暢(Toru Morikawa)
作品へ
(2022-08-13)

ありがとうございます。浄土真宗は阿弥陀仏を信じ切ることで、阿弥陀仏に救われ、死後に浄土に行く思想だと個人的には思っています。ただ、日本では先祖が向かう死後の世界という土着の思想と融合しているような気がします。今は盆です。先祖の霊が帰ってきて、そしてまた盆が終わると帰っていく。実はその先祖がいるところはバーチャルな世界です。科学的にはバーチャルな世界は脳の機能というしかありません。そしてコンピューターが作り出したありありとしたバーチャルな世界、それも大勢がありありとリアルタイムに作り出せるメタバースの世界と浄土に、どういう関係があるのか。そういうことが、気になりました。

0
wakuwaku
wakuwaku
作品へ
(2022-08-14)

色即是空 メタバースは初めからメタ・メタバースとしての次元に配置されているのであって、現世もその言葉で共有されているようなメタバースでしかないということを否定できない以上、このような論考?にいったいどれだけの価値があるとかと疑問に思いました。 もっとメタに世界のことを観察してみてはいかがでしょうか?

0
森川 暢(Toru Morikawa)
作品へ
(2022-08-17)

色即是空という言葉は般若心経が由来ですが、密教の最重要のお経でもあります。ニヒリズム的な解釈になりがちですが、最後の羯帝羯帝波羅羯帝 波羅僧羯帝菩提僧莎訶は、真言ですね。それも、梅原猛に言わせればニーチェ的な、肯定の思想に聞こえます。これは実際に読み上げると理解できる気がします。山川草木悉皆成仏は、比叡山系の密教の言葉で、仏性は山にも川にも国土にもあるということを示します。 つまり、メタバースにも仏性があるのではというのが仮説です。ご指摘、ありがとうございます。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-08-17)

少女が幼い頃に人形を抱いて話しかけるように、メタバースはリアルの代替品に過ぎないと思います。釣りに行く資金が無い貧乏な人や外で人と交流できない障害者など、なにがしかの弱者が体を失い心だけ満たすことでバランスを取ってあぶなっかしく生きるのだと思います。つまり、一級酒ではなく二級酒、リア充という言葉には負ける。仏性があるのはメタバースではなく、人間そのものではないでしょうか。無記名であることが多いネットより、目を見て愛や友情を確かめることを手に入れられない苦しみの底に立ち昇る陽炎の中に経典のような言葉も読めることはあるかもしれません。でもそれは人間存在の持つ力でメタバースの力ではないと思います。宗教やメタバース自体には知識が浅いので変なことを言っていたらすみません。勉強になりました。

0
三浦果実
作品へ
(2022-08-17)

これは「竜とそばかすの姫」評文としては最高だと思う。よくぞこのような深遠な考察を場末の空間に発表されたと思う。私は一連のこの監督作品の上滑り感が不快で観た後、つまらなさだけが残っていた。けれども、「竜とそばかすの姫」には優れた良作映画にあるカタルシスがこの映画にはあった。もちろん、ただのディズニー映画の焼き直しやんけ?という批判があったとしてもその批判が示すところも理解出来る。けれども、ただのトラウマ乗り越えのテーマだけに終始していない「妙な深遠さ」がこの映画には宿っている気がしてならなかった。それをこの評文は言い当ててくれていると思った。主人公の声役である歌手の中村佳穂さんの声質、そしてその語口には普通さと神がかりさの両方がそなわっていて、しかもそれが万人にあるのだと、決して特別なものでないと、天才主義の否定でもあり、それは親鸞の思想に一致している。

0
エイクピア
作品へ
(2022-09-10)

メタバーストは?とか二回三回と読みたくなる詩ですね。読むたびに印象が変わる詩と言うよりはむしろ理解が深まる詩なのかもしれません。仏教の親鸞、法然、現代の梅原猛、そしてアニメと組み合わされば、望むところよと何か詩読みのパワーが、意欲が身ぬちより沸き上がって来るような気がしました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2