ひとりぼっちの、歌 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ひとりぼっちの、歌    

ひとりぼっち、の人は ひとりぼっちの景色を 知っていて 遠くを静かにみつめている たまに夜半の丘に立っては 叫んだり泣いたりしている 眠れば星雲の渦にまかれて わからない ばかりの銀河を 考える人のポーズで 億年も 浮遊して考えずに考えている いつも陽が沈んでいく泣いたり 笑ったり、笑われたり、躓いて ながくながく一本だけど、ながく 伸びた人びとの影に微笑んでいる ひとりぼっち、の人は ひとりぼっちの景色のなか 雨ざらしの丘を登って みえるすべてに手をふり 枯れた花の墓を掘る 最終電車がゆき船がみえなくなる また一日の背中が角を曲がり消えたら 電柱に背中を預け考える人のポーズで ひとりぼっち、で 墓守りの歌をうたい まだ遊びたりないから ひとりぼっちで 遊び、生きている


作成日時 2021-01-23
コメント日時 2021-01-31
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ひとりぼっちの、歌 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 1003.9
お気に入り数: 3
投票数   : 8
ポイント数 : 21
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性77
前衛性11
可読性55
エンタメ00
技巧44
音韻11
構成33
総合ポイント2121
 平均値  中央値 
叙情性1.81.5
前衛性0.30
可読性1.31.5
 エンタメ00
技巧10.5
音韻0.30
構成0.80.5
総合5.34.5
閲覧指数:1003.9
2021/02/25 06時05分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ひとりぼっちの、歌 コメントセクション

コメント数(11)
アオ
作品へ
(2021-01-23)

綺麗な詩だと思いました。ひとりぼっち、というのをひらがなにされているところも読んでいて心地よいです。 淡々と語られているのがまた、ひとりぼっちらしいなと私は思いました

0
沙一
作品へ
(2021-01-24)

平易なことばで素朴に書かれているようでいて、謎かけのようなことばや、「枯れた花の墓を掘る」といった華やかな詩行も利いていて、その塩梅がいいなと思いました。 ひとりぼっちを知っているのは、ひとりではないときを知っていたからだと思うんですね。かつてはだれかと一緒にいたのに、あるいは一緒にいることもできたはずなのに、いまはいないから、ひとりぼっちであることをつよく感じる。   墓守りの歌をうたい   まだ遊びたりないから その一緒に遊んでいたであろうだれかはもうこの世にはいないことが、墓守りに示唆されているのではないかと読めました。

0
蛾兆ボルカ
作品へ
(2021-01-24)

静かで綺麗な詩だなぁと思いました。 海辺で死者を弔いつつ生きる人々、そして陸上生物たちの姿が、丹念に描かれてると思います。

0
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

ひとりぼっちで悲しい詩なはずなのに温かいきもちになるのはなんででしょう不思議です

0
帆場 蔵人@⚰
アオさんへ
(2021-01-25)

きっとだれもがひとりぼっち、ですがかいているうちにそこにひとつの人格が生まれてきたようにも思います。ひらがなの使い方はなかなか難しいですが上手くいったようで良かったです。

0
帆場 蔵人@⚰
沙一さんへ
(2021-01-25)

>ひとりぼっちを知っているのは、ひと>りではないときを知っていたから その通りだと思います。あるときはひとりぼっちで、あるときはそうでないのかはわかりませんが、ひとりぼっち、で無い事を知ってはじめてひとりぼっちが生まれるのでしょうね。平易、平明にそれでいて味わい深いものが僕の目標でもあるので嬉しく思います。

0
帆場 蔵人@⚰
蛾兆ボルカさんへ
(2021-01-25)

海辺の町で育ったせいか、ボルカさんのコメントを読んで自分でもわかっていなかったものが詩のなかに潜んでいたのに気付かされました。

0
帆場 蔵人@⚰
福まるさんへ
(2021-01-25)

お読み頂きありがとうございます。何か感じて貰えたら嬉しい限りです。

0
ryinx
ryinx
作品へ
(2021-01-28)

なぜだかとても不思議な感覚になりました。 ひとりぼっち という言葉が使われているのですが、 けして情緒が強く記述されている感じはしません。 なにかより抽象的な、そうまるで宇宙空間を漂っているような感じもするのです。けれど、その言葉は確かに「星雲」「銀河」というかたちで文中で使われています。言葉の一語一語は確かに使用されているのです。 それから地上の描写に移行します。 けれどもそれは地上ではないのかもしれないのかもしれません。 - 最終電車がゆき船がみえなくなる この部分はなにかが遠のいていくような感じもします。  「墓」という単語が使われています。   けれど文末は - まだ遊びたりないから  ひとりぼっちで  遊び、生きている と結ばれています。 文章のすべてに均整がとれている感じがするのです。 けれども決して無機質で冷たい感じはしません。 なにかを遠目に、静かにみているような感じがします。 とても静かに眺めているような感覚を受けるのです。 コメントを終えようとして、作品を改めて読み返してみると - 遠くを静かに見つめている という行に気がつきました。 やはり、記述されているのです。 コメントを投稿しようとしている今。 なぜかとても深い、怖いくらいのひとりぼっちを感じているのです。  

1
帆場 蔵人@⚰
ryinx さんへ
(2021-01-31)

以前、ある方に帆場さんの詩はガラス一枚隔てて物事を観て書いている、と言われたことがあります。それは別に非難する言葉ではなく単純にそう言う書き方だという指摘でした。この詩にはそういう僕の在り方が如実に現れているのかもしれません。因みに自分がこの詩を読むとき矢野絢子のてろてろ、が頭の中を無限再生されます♾ 笑。 https://m.youtube.com/watch?v=PJEs7WQZXNE

1
エイクピア
作品へ
(2021-01-31)

墓守の歌ですか。墓守とひとりぼっちと言うワードが共鳴しあっているようなそんな感じがする詩でした。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2