遠い風習 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

遠い風習    

芝草をかむとね 破裂の音が聞こえるのさ 新しい月の生じる音 コップン コップン という音がね たとえば 糸のような雪がふり始めたら すぐにかんでみるといい 四月が破裂を始めているかもしれない それなら コップン コップン 伝えてくれる 芝草をかむとね 夢の端くれが見えるのさ 古い月が見そびれたさざなむ夢がね じっと目を閉じてごらん そして涙一粒落とすんだ 来年また月がきてくれるようにね 今ではもうあまりかまなくなったね 皆 忘れたのかもしれないね でもお前に伝えておくよ 芝草をかんで 耳をすまして 目を閉じてごらん 月たちが お前を遠くへ連れていってくれるだろ


作成日時 2020-03-19
コメント日時 2020-04-17

遠い風習 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 1719.0
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 25
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/01/20現在)投稿後10日間
叙情性114
前衛性20
可読性42
エンタメ00
技巧43
音韻44
構成00
総合ポイント2513
 平均値  中央値 
叙情性2.83
前衛性0.50
可読性11
 エンタメ00
技巧10.5
音韻10
構成00
総合6.34.5
閲覧指数:1719.0
2021/01/20 05時52分07秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

遠い風習 コメントセクション

コメント数(14)
湯煙
作品へ
(2020-03-22)

コップン コップンという破裂音ですか。初めて聞くオノマトペです。呼び掛けるような語り口と月やさざなむといった言葉が印象に残りますね。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
湯煙さんへ
(2020-03-23)

湯煙様 コメントをありがとうございます。感想をお聞きすることができて嬉しいです。平易な言葉での呼びかけに様々なものをこめるというのは難しいのかもしれませんね。夢の中のような失われた原風景の雰囲気に、なにかをこめてみたいと思いましたが。感傷的に過ぎたのかもしれませんね。

0
stereotype2085
作品へ
(2020-03-28)

良いですね。芝草と破裂の音、およそなかなか一文の中で出会いそうもない言葉と表現。この冒頭で最後まで読ませましたね。コップン、コップンという擬音も煩わしくない程度に効果的。最後「月たちがお前を遠く連れていく」という一節、音と時間を感じこの詩を引き立てているように思いました。

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-03-29)

芝草を噛むというなかなか、思いつかない一文から、コップンコップン、、、しずやかな語りのなかで確かに流れる時間のなかの破裂の音。そこに痺れるものがあります。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
stereotype2085さんへ
(2020-03-29)

stereotype2085様 コメントをありがとうございます。つたない作品ですが感じていただけた部分があって嬉しいです。最後の一節に注目して下さったのも嬉しいことです。おっしゃる通り、芝草と破裂の音という組み合わせに頼った作であり、技巧のない全体でありながら、雰囲気だけでどこまで読む方をひきつけられるのだろうかというようなことを思っていました。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-03-30)

帆場 蔵人様 コメントをありがとうございます。もったいないお言葉をいただいてしまって恐縮です。そんな風に感じていただいて凄く嬉しい一方で、自分で作を読み直してみると、なんだか牛の顔が浮かんできて、ああそうかそんなとらえ方もあるかと赤面しました。ただ、帆場様がとってくださったような世界が私の本意でありそれを理解していただけたことがとても嬉しかったです。ありがとうございます。

0
エイクピア
作品へ
(2020-03-30)

良質な抒情詩だと感じましたが、解釈となるとどうでしょう。芝草や月、糸のような雪、涙など、キータームだと思いました。さざなむは漣(さざなみ)を動詞化したものだろうかと思いました。

0
沙一
作品へ
(2020-03-30)

本作における月は、天体というより暦であるように感じられました。それ自体では定かではない語の、多義性を活かしているのではないでしょうか。 遠い風習、月を暦と捉えて、本文からは時間的に遠いことを思わされましたが、距離的に遠いこともなかなかすてきれず、やはり夢見心地な世界へつれていかれるような印象がありました。 芝生をかむ、草を噛むといえば大麻をやることの隠語が思い浮かびます。夢の端くれが見える、のちの展開にも通じていくような。耳をすまして、目をとじて。 芝生 - grass -glass - グラス - われもの - 破裂 という連想もしてみました。コップン、という音と、コップ(グラス)の類似も見いだせますが、これらは見当外れかもしれません。 芝生と、糸のような雪、これも形象的にどこか似ていて、芝生は下から、雪は上から、という方向性の対照を感じました。また、雪や氷、つまり冷たいものは、やはり薬物の隠語としても一般的で、こじつけるつもりはないのですけど、夢みるように時空を超越した自然との一体感、そこに往年のヒッピーカルチャーめいたものを想いました。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
エイクピアさんへ
(2020-03-30)

エイクピア様 コメントをありがとうございます。確かに解釈となると、広がっていかないような、感じがするでしょうか。土地を思い、風を聴く、といったイメージを綴じこんだつもりです。そうですね、さざなむという言葉は実際にはないと思うのですが、想像が容易で語感もよいなと思い使ってみました。目を留めて下さりありがとうございます。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
沙一さんへ
(2020-03-30)

沙一様 コメントをありがとうございます。はい、実際に示しているのは暦の月なのですが、やはり天体の月が浮かびますね。その多義性が少し空間を押し広げてくれていたのだなと思いました。 大麻は意外な連想でした。しかし興味深いですね。私としては、愚直ながら、土地に根差すこと、風を読むこと、といった連想につながればという意図でした。遠野物語へのオマージュで常野物語という連作があるのですが、その世界に影響されているかもしれないと、沙一さんの連想につれられて思い至りました。 詩作は無意識の力を多く借りてするものかなと今はまだ思っているので、自分では説明づけられない色々がありますが、こうして様々な可能性を並べていただけるのは楽しいものですね。意識を超越していくことへの憧憬のようなものが漏れ出ていたのだろうかなどとも思いました。夢見心地な世界をわずかでも感じていただけたのなら嬉しいです。私も連想の世界で楽しく遊泳させていただきました。ありがとうございます。

0
いけい・るか
作品へ
(2020-04-16)

芝草の中の、血脈のように通った芝草の人生経験みたいなものを全身で感じるイメージが湧きます。一見なんてことはない草にも経験が豊富につまっているように思えてきました。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-04-16)

「芝草をかむ」というのは面白いなあ。いま、久しぶりにかっぱえびせんを食べているんですけど、かじるとポリポリって音がして味が広がって、「ああ、かっぱえびせんだなぁ」って思うんですね。緑の「芝草」を踏んでもあんまり音はしないかもしれない。でも噛んだら音はするかっていうと「芝草」自体の音はやっぱりしないかもしれない。でもそこに「新しい月」の現れを感じることができるってことはあるかも。噛んだ時に鳴る音、泡のようになにかが弾けて破裂したあとぷつぷつ現れるもの、見えてくるもの、それが「新しい月」なんだろうな。それはコップン、コップンだからタプン、タプンほど柔らかくなくて、もっと硬くてはっきりしている。だから、普通は「芝草」を踏むことでなんとなく新しい月の訪れを知ることになるんだろうけど、そうじゃなくて、「新しい月」の訪れをもっとはっきりした実感あるものとして、言葉で掴みにいった結果、こういうへんちくりんで面白くて新鮮な、それこそ「詩行」が生まれたんじゃないかな。だからここでの言葉は解釈というよりも言葉で掴まれたイメージそのものとして読むと「糸のような雪」も見えてくるし、「さざなむ夢」も浮かんでくると思う。でもファンタジーとか幻想という言葉では括りたくないな。読み手を遠くへ連れて行ってくれる、そうですね、やっぱりポエジーって呼びたいです。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
いけい・るかさんへ
(2020-04-17)

るかお様 はじめまして。コメントをありがとうございます。イメージを広げて下さってとても嬉しいです。私の世界もより広く明度を増したように思います。もっと様々なうつろいを全身で感じて、もっと遠くへいけたらいいなと思います。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
藤 一紀さんへ
(2020-04-17)

藤 一紀様 コメントをありがとうございます。かっぱえびせんの登場でコメントにぐんと惹きつけられました。そうですね、芝草をかむ音というのは実際にはそれほどしないとしても、繊細な口に運ぶことで与えられるもの、想起されるものというのは色々あると思います。「言葉で掴まれたイメージそのもの」、良い形容をいただきました。とても参考になります。自分でやっていることが腑に落ちる形でうまく言語化されるということには時間がかかりますし、必ず起こるとも限らないので、私にとって。「へんちくりんで面白くて新鮮な」という言葉も沁みました。大切にとっておきます。遠くへ…嬉しいです。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2